意外と知られていないクルーズ船の種類(クラス)

クルーズは高いと思っていた。の本当の理由

日本では「退職したら夫婦でクルーズ楽しむんだ!」

というのがよく聞く話。少なくとも私は船が高いと思っていたので、ご縁はないと考えていました。

そもそも日本の代表的な船「飛鳥」はやっぱりとても高額です。誰でも楽しめるような船ではないし、やっぱり退職後のお祝いにとっておいてよさそうな船ですよね。

正直ラグジュアリークラスのことは詳しくありませんが、飛鳥のイメージで「クルーズ=高い」というイメージがあるような気がします。

 

<3つのクラス>
ラグジュアリー(最上級)・・・1~2週間で 平均60~100万円程度
プレミアム・・・1~2週間で平均30~70万円。
カジュアルクラス・・・1~2週間で平均10~30万円。

プレミアムクラスも家族そろってとなると普通の家庭では難しいですね。

そのため私は最後のカジュアル船をおすすめします!
カジュアル船の中にもたくさん種類があって、とっても素敵なんですよ。

 

船の大きさと豪華さは比例しません

クルーズといえば大型の豪華客船のイメージですよね。
私はカジュアル船にのったのですが、初めて船を目の前にしたときとんでもない豪華な船だな・・・。と息をのみました。

実際は大きいほうが一人当たりのコストが抑えられて安くなるので、「大型≠豪華」です。
まあでもクルーズ船はどれも想像以上に大きいので私たち一般人からするとすべて大型と考えてよいかと思われます。

乗船するまでは知らなかったのですが、欧州ではカジュアル船はとてもポピュラーで、Tシャツに短パンの方や小さい子供もたくさん乗船しているので緊張するようなことは何もありませんでした。

特にイタリア船のMSCやコスタなどは3人目、4人目の料金は18歳以下の子供の場合無料なので、むしろ家族のほうがお得です。
この船はかなり安く、時期によっては10万円以下で乗船も可能なので、さすがにお料理はそれほど美味しいとはいえません。
当然カジュアルなので若い人の割合が高いです。それでもショーやカジノもあるし私には十分驚きの船でしたよ!

高級感を求めているならプレミアム以上の船で美味しい食事を楽しんだ方がいいですね!

 

<代表的なカジュアル船>

ロイヤルカリビアン、コスタ、カーニバル、MSC、ノルウェージャン、スタークルーズ。

クルーズマスターの知り合いに聞いてみるとイタリア船よりアメリカ船のほうがエンタメが充実していておすすめらしいので
今回はロイヤルカリビアンを楽しんで来ます。

 

船を選んだあとも、部屋のクラスや寄港地ツアーなどのオプションサービスなど無限の組み合わせがありますので優柔不断な方は旅行会社の提案に従うことをおすすめします。私のように永遠に調べて飽きない方はいくらでも調べられるのでどうぞ!

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!