目から鱗!アドラー心理学「ほめない・叱らない」勇気づけの子育てとは?

アドラー心理学「勇気づけ」との出会い

妊娠中に子供が生まれたらどんな子育てをしようかドキドキワクワクしていた私は、趣味のネットサーフィンに輪をかけておもしろ教育法を調べまくっていました。

そこでみつけたアドラー心理学の勇気づけの子育て論に興味津々。

ほめても叱ってもいけないってどういうこと??

これから長い子育てがスタートする中でたくさんの情報を取捨選択していくことになると思いますが、私はこの本にとても良い影響を与えられたので、ここで学んだことをベースにして子供とともに成長していきたいと思います。

『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』(以下、『嫌われる勇気』という)とは、心理学者アルフレッド・アドラーの思想を、物語にしてまとめた自己啓発書です。累計発行部数は135万部超え、ドラマ化されるほど大ヒットしました。

※ドラマは書籍と全然違っておもしろくないと見聞きしましたので、ドラマをみてつまらないと思った皆さんドラマのことは忘れてください!

 

叱らないっていうのはわかるけど、ほめないっていうのはどういうこと??

最近よく聞く子供の「自己肯定感」を上げる。という言葉。

とにかく叱ったり、怒ったりするのではなくほめて子供の意欲や能力を伸ばしていこうというもの。
私もこの意見には賛成で、両親は私をほめて伸ばしてくれたので、なるべく感情で叱ることのないようにしようと思っていました。

 

しかしアドラー心理学的にはほめてもいけない。

その理由は、こうです。

 

「ほめるという行為には『能力のある人が、能力のない人に下す評価』という側面が含まれています。」(p.197)

アドラーは対等な関係、つまり「横の関係」を築くようにすることが良好な人間関係を築くのに必要だということを提唱しているためほめることによって上下関係、つまり「縦の関係」をつくることを明確に否定しています。

子供とはいえ一人の独立した存在。両親がそうしてくれたように、できることなら対等の関係でいたいと考えているためこの考えを意識してとりいれていきたいと考えています。

それでは具体的にどう接すればよいのか?

子供がお手伝いをしてくれたときにかける言葉。

たとえば、あなたと対等なパートナーが仕事を手伝ってくれたら?そのとき、あなたは相手になんと言うでしょう?

「えらかったね」という方はおそらくあまりいないのでは?
「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるか、「うれしかった」と喜びの言葉を伝えるか、「たすかった!」とお礼の言葉を伝えるかもしれませんね。

 

とはいえ私はほめられたらとっても嬉しいたちなので、場面によってうまく使い分けていくつもりです。
自分が親や夫にどう声をかけてもらったら嬉しいのか、本当に基本的なことですね。
子育て以外のどの人間関係にも使える考え方で、昔からある話なのですが「嫌われる勇気は」非常にわかりやすくストンと心に落ちてくるので読まれていない方は是非読んでみてください!

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!