地中海の宝石!マヨルカ島で過ごす、地中海大人リゾートのすすめ MSC地中海クルーズ7日目

マヨルカ島で過ごす、地中海大人リゾートのすすめ

クルーズもいよいよ7日目。この日は日中ほぼ航海でした。

日本人にはイビサ島のほうが有名かもしれませんね。ハネムーンでスペインを選ばれた方がイビサかマヨルカのリゾート滞在を検討されているようですが、イビサは欧米人の若者(特にイギリス人)のパーティーアイランドです。

クラブ好きでなければ高級リゾートのマヨルカのほうがゆったりと過ごすことができるのではないでしょうか。

飛行機で行く場合はバルセロナから1時間弱。
年間300日以上は晴れているというお天気に恵まれた温暖なリゾート島です。

マヨルカといえば、2004~2006年にサッカー日本代表大久保嘉人選手がパルマ・デ・マリョルカのRCDマヨルカにレンタル移籍したことで、日本でもマヨルカ島の認知度があがりましたね。そのほかにも、全仏オープンテニス男子シングルス優勝者、ラファエル・ナダルはマヨルカ島マナコル出身として有名です。

そして、マヨルカ島といえば忘れてはならないのが、ポーランド人の作曲家フレデリック・ショパン。日本ではあまり知られていませんが、ショパンは恋人ジョルジュ・サンドと結核療養のために息を呑むような美しさの小さな村バルデモサで、有名な「雨だれのプレリュード」を作ったのです。今では、ショパンが住んでいたアパートがショパン記念館となり、そこからはショパンのピアノ演奏が流れ、村を散策しているとその演奏が聴こえてきます。なんと風情があるのでしょう・・・。

マヨルカ島は海の透明度も高く、単にビーチ地中海が好きな人にもピッタリの観光地ですが、是非、小さな村などにも足を運んで、真のマヨルカを体験してほしいですね。

出典:MY TRAVEK UNPACKED​ http://www.mytravelunpacked.com/mallorcatop

パルマデマヨルカの過ごし方

波が少し荒かったのか、今までになく船が揺れました。
私は大丈夫でしたが、船酔いに弱い母がさすがにダウンしたようです。

1週間の旅行中船の揺れが気になったのはこの1日だけでしたが、心配な方もいらっしゃると思います。
酔い止め薬はレセプションや医務室で無料で貰えますので、事前の準備は不要ですが天候だけはどうにもならないので荒れないよう祈りましょう(笑)

マヨルカについたのは21時。ついても何もできないのかなぁと思っていましたがみなさん下船しているので我々もついていきます。

タクシーで観光地のカテドラルまで向かいます。
夜のカテドラルはライトアップされていて、船のお客さんを待っているのかお土産物屋さんもかなり開いていました。

昼はこんな感じ。

街歩きを楽しみながら、ローカルレストランで軽い食事。最後の晩餐です。

この後来た道を戻らずに、進行方向へ進むと人気が全くなくなりタクシーも拾えず結構怖い思いをしました!
夜なので人が集まる場所へ戻った方がよかったですね。男性が一緒だったことと4人もいるからとわりと自由に行動できたクルーズ旅行でした。

エメラルドグリーンが美しい大人のリゾート。次回は昼の景色も楽しみたいです!

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!