地球の裏側から夫両親がやってきた!グルっと地球半周50時間の旅(ブラジル)

地球の裏側から夫両親がやってきた!グルっと地球半周50時間の旅

私の夫はブラジル人なのですが、夫が来日して4月でまる二年。
やっと両親が訪日するめどが立ちました。実は私も会ったことがないのでドキドキです。

夫の両親はブラジルでもカラジャスという田舎に住んでいます(世界最大の鉄鉱石の産地で鉄鋼業に従事する人たちのために作られた人口の街)。
サンパウロまでも2,500キロ近くあり、国内線でも直行便がないため家を出発してから成田空港に着くまで2日もかかってしまうのです!

お金も時間もみんなのスケジュール調整も、なかなか簡単ではありませんでしたがとってもハートフルな2週間でした。

今回は義両親が来日している中、外国人をどんな所へ連れて行ったら喜ぶのか、外国人と東京観光するってどんな感じ?にフォーカスして記事を書いてみたいと思います!

ドタバタの赤ちゃん、外国人連れ東京観光スケジュール

義両親が来日していたのは2017年4月30日(20時到着)~5月13日(17時出発)の2週間。

ここからはブラジルっぽくパパイ(お父さん)とママイ(お母さん)表記でいきたいと思います!

もともと築地を予定していたのですが、ママイが生魚は苦手だったみたいなのでパス。
池袋に二度も行っているのは今回来日できなかった弟にゲームを買うためだったり、電気屋さん・ドンキなどを散策するためです。

目の前に立ちはだかる言葉の壁!ブラジル人は生ものが苦手?!

始めの2日間は祝日ではないので夫は仕事。私ひとりでアテンドするのですが、ポルトガル語はあいさつ程度しか話せないため翻訳アプリを使いながら四苦八苦。

ご両親は海外旅行も初めて、日本のことよく知らないということなのでコンパクトで私がアテンドしやすい吉祥寺からスタートです。
とりあえず買い物に行きたいということでしたが、日本の物価もまだよくわかっていないのでまずは100円ショップや300円ショップ(アクセサリーとか買えるお店)に連れて行きました。

お昼はすき焼きとしゃぶしゃぶのお店で日本体験をしてもらいましたが、こちらのお店はわりと気に入っていたもよう。
基本的に外国人は生卵を食べる文化はほとんどありません。パパイがすき焼き用の生卵を丸のみしているのをママイがゾッとした顔でみつめていました(笑)


野菜好きのママイはたくさんの野菜をゴマダレで食べるのが気に入ったようで安心しました。
世界一肉の消費量が多いといわれているアルゼンチン、ブラジルですが、日本のあの薄切り肉はどうだったんだろう・・・。

1秒で終わる会話に1分以上費やしながらなんとか食事を済ませ、孫に歩行器を買いたいということで武蔵小金井の赤ちゃん本舗へ。
歩行器はアンパンマンと、ノーキャラの2種類しかなかったのでアンパンマンを知らないふたりはノーキャラのかわいい歩行器を選択。

今も私の横で楽しそうに歩行器で歩いているので、プレゼントしてもらってとってもよかったです。

↓これはお店の赤ちゃん用ジャンピングマシン?何?!


夜は帰宅する夫と待ち合わせて居酒屋さんへ。ここであまりお刺身が得意ではないということが判明!
卵焼き、エビマヨ、枝豆はよかったみたいです。頼んだお刺身は私が美味しくいただきました。

そんなこんなで一日目を無事に終えましたが、ふたりとも初海外とは思えないほどリラックス。これが日本の治安の良さがなせるわざでしょうか。
初日からsuicaを使いこなし、電車もバスも上手に乗っていましたよ。

あ、そうそう成田空港までは車でお迎えに行ったのですが、到着から1時間半以上出てこなかったので非常に心配しました。
相当混んでいたようで、出てきたときはほんっとーに安堵しました。長時間フライトおつかれさま!

 

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!