基本情報・旅のヒント

ニュージーランド旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

ニュージーランドは日本と反対の南半球に位置する国。いったいどんな洋服を着ていけばいいの?と悩まれる方も多いはず!

そこで今回はニュージーランド旅行に行く際にどんな格好をすればいいのかについて、世界一周経験者、旅のプロのわたしが、季節ごと、シーンごとにおすすめの服装をまとめてみました。

この記事はこんな方におすすめ!
  • ニュージーランドに来ていく洋服がわからない
  • ニュージーランドのファッションの傾向が知りたい
  • 現地でのマナーがわかならいので不安
mari
mari
ニュージーランドに行くときの参考になりますように♪
東京⇔ニュージーランドの航空券は中国経由が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復6万円のチケットがみつかります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる  


海外旅行ってどんな服を着れば良いの?

ニュージーランドは日本と同じく四季がある国です。

そのためベストな格好は行く時期によってかなり変わってきます。

服で荷物を埋めてしまってせっかくのお土産が入らない!なんてことにならないように、事前にチェックしておきましょう。

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法や避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服をぶポイントを紹介しています。

海外旅行に持っていく洋服の選び方!必要枚数と避けるべきコーデもご紹介」もあわせて読んでみてだくさい♪

ニュージーランドのファッションの傾向

ニュージーランドは基本的にドレスコードを設けている場所やレストランがほとんどなく、現地の人も非常にラフな格好なのが特徴です。

時には裸足でスーパーをうろうろしている人を見かけることも!

mari
mari
ショッピングしていてもアウトドア系のお店が多いことにすぐ気づくと思います♪

柄物より無地、フリフリよりシンプル。がニュージーランドスタイル!

お洒落に着飾っているのは観光客だけ(笑)

メイクも元々の顔を「活かす」程度であまりバッチリしている人は見かけません。

旅行者も現地の人に合わせるべき?

結論から言うと、できる範囲で現地の人の恰好に合わせたほうが良いというのがわたしの考えです。

mari
mari
文化も気候大きく違うので難しい場合もありますが、あまり悪目立ちして犯罪のリスクを高めたくないからです。

日本と同じようなかわいらしい恰好をして旅を楽しみたいのも理解できますが、できるだけカジュアルな服装を選んだ方が無難だと思います。

基本的には動きやすくカジュアルな服装がいいでしょう。ニュージーでは無地のトップスにジーパン、スニーカーなどのスタイルがおすすめです。

ニュージーランドでタブーとされている服装

ニュージーランドでタブーとされている服装は特にありません。

しかし、白人が多数なニュージーランドではひとりひとりが《日本人》として見られるので教会やフォーマルな場所では服装やマナーに配慮してください。

また、ミニスカートは全世界共通でやめたほうが良いと思います。

ミニスカートに高いヒール、ばっちりメイクのような恰好をしているとナンパされたり、性犯罪に巻き込まれてしまう可能性も。

ニュージーランド教会見学時の服装

ニュージーランドは無宗教の人が多数おり、欧米と比べると信心深い人は少ないです。

しかし、信者の方にとって教会は神に祈りを捧げる場。

服装に明確な決まりはありませんが、基本的に教会では派手すぎる格好や露出が高い服は×。

男性でもハーフパンツはNG!ひじとひざが隠れていればOKと覚えておくと便利です。

そして教会に入ったら帽子やサングラスをとり、携帯は音が鳴らないよう電源を切るかマナーモードにしておきましょう。

ニュージーランドの季節ごとのおすすめの服装

ニュージーランドは日本と同様一年を通して四季があり、南半球に位置しているため日本とは季節が逆になります。

あもちゃん
あもちゃん
日本の夏がニュージーランドでは冬、クリスマスは夏ですね!

南に行くほど寒くなり、北に行くほど暖かくなるのも日本とは反対です。

北島北部のオークランドは年間を通しても暖かく、南島南部のクイーンズタウンは冬には積雪もあり厳しい寒さとなります。

そしてニュージーランドに住んでいて驚くことが、気候の変わりやすさ!

1日の中に四季がある」と言われるほど、気温の寒暖差があるので注意です。

また、雨も非常に多く、降ったり止んだりすることが多いのも特徴です。

ニュージーランドの気温や降水量をチェック!

ニュージーランドの気温と降水量ニュージーランドの気温と降水量

ニュージーランドは東京と比べ基本的には涼しい&寒いです。

氷点下になる地域は限られますが、冬以外の季節に関しては日本の北海道や東北地方と同じくらいのイメージを持っておくといいかもしれません。

グラフは北島のオークランドと南島クライストチャーチのもの。気温は南島がやや低く、降水量も異なります。

ニュージーランドベストシーズンは夏(12~2月)!避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説この記事ではニュージーランドの「観光に向いている季節」と「旅費が安い季節」の2つの観点からベストシーズンをご紹介します。季節ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!...

全季節に言えることですが、トレッキングなどアクティビティをする予定がなくても、スニーカーが一足あるととっても便利!

日本と違い、街中でも道がぬかるんでいたり道路が舗装されていない場所が多々あるのが外国です。汚れてもいい運動靴は必ず用意していきましょう。

ニュージーランドでヒールを履いている人なんてほとんど見かけませんよ。

mari
mari
わたしのおすすめはニューバランスとNIKE!軽くて歩きやすいので旅行にぴったりで愛用しています。

ニュージーランド春の服装(9月・10月・11月)

ニュージーランドの春は9月〜10月で、オークランドの平均最高気温は約16度~20度、最低気温が9度~12度

9月に入っても、まだまだ寒く特に朝晩はとても冷えるので、防寒具が必要。セーターやダウンがあってもいいですね。

気温がコロコロ変わるのがニュージーランドの特徴です。厚手のストールがあると気軽に体温調節できるので重宝します!

日差しが年中きついニュージーランド。

日焼け対策はマスト中のマスト。海外製品は肌に合わないことがあるので日本から買っていくのがおすすめです。

ニュージーランド夏の服装(12月・1月・2月)

ニュージーランドの夏は12月〜1月でオークランドの平均最高気温は21度〜24度平均最低気温は14度〜16度です。

日本ほど蒸し暑くなく過ごしやすい季節。

気候は良いのですが、気をつけるべきは紫外線!サングラスや長袖シャツなどで紫外線対策をしっかりしてください。

mari
mari
レンタカーで運転したらめちゃくちゃ焼けました(笑)

また、東南アジアでありがちな、お店や交通機関でクーラーがガンガンにきいて寒い・・・
なんてことはほとんどないので、安心してください!

真夏でも、夜や明け方は冷えることが多いので、季節にかかわらず長袖長ズボンは1セットあると便利。

防寒だけでなく虫よけや日焼け対策のためにも、活躍すること間違いなしです。

ニュージーランド秋の服装(3月・4月・5月)

ニュージーランドの秋は3月〜5月でオークランドの平均最高気温は18度〜22度平均最低気温は10度〜14度です。

日本が春を迎えるころ、南半球のニュージーランドは秋の紅葉の季節を迎えます。

4月~5月上旬には木の葉が色づき始め、一番秋らしさが感じられる時。

半そででも十分な日もありますが、長袖に薄手のダウンが便利。

1日の中でも気温が変わるので、着脱しやすいものをおすすめします!

オクトーバーフェストはビール好きなら一生に一度は参加したいイベントですね♪

ニュージーランド冬の服装(6月・7月・8月)

ニュージーランドの冬は6月〜8月。オークランドの平均最高気温は14度~15度、平均最低気温は7度~8度

ニュージーランド人は寒さに強いのか、真冬でもカフェやレストランで暖房が入っていないことが多々あります。

日本のように空調設備が整っていないことも多いので、暖かい服装は多めに持っていくことをおすすめします。

また、冬のニュージーランドは、一日の中でも雨が降ったり止んだりを繰り返すことが多いので、雨除けグッズも欠かせません。

特にトレッキングなどアウトドアアクティビティに参加予定の方は、上下セパレートタイプのレインウェアがあると重宝します。

ニュージーランドの服装まとめ

ニュージーランドは四季があり、季節によって気候が大きく異なります。

特に冬場は体調を崩したり、凍えるような思いをしないでいいように、しっかり事前準備を心がけましょう。

写真にも残るので、ぜひ旅先でのファッションも楽しんでくださいね♪

ニュージーランドを楽しむならベルトラで決まり!
ニュージーランド

ニュージーランドで自然を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

最大19%OFFの人気ツアーも!

安心の日本語サポート付きで
ニュージーランドの絶景を堪能できます。

\事前に日本語で予約できる/

ベルトラ
公式サイトをみてみる