57か国行ったけど、バリ島ウブドを観光したら移住したいレベルで気に入った




バリ好きの人が特に好んで足を運ぶ街ウブド。実際に行ってみてウブドの魅力にすっかりとりつかれてしまいました。

※2018年1月19日の記事をリライトしています。

\mariのおすすめサイト/
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

私がバリに移住してもいいと思ったウブドの7つの魅力

バリ島ウブド の評判は兼ねてからうっすら聞こえてきておりましたが、ここまでとは正直驚き( ゚Д゚)

海外旅行は大好きですが、本当に移住してしまおうかなと一瞬本気で考えたのはウブドが初めてかもしれません。

mari
次の海外旅行どこに行こうかな~と迷っているあなた!ぜひバリ島ウブドへ行ってみて!

私からあなたにウブドへの愛が伝わるよう、しっかりレポートしていきます。

1.最高級クラスのホテルも1万円以下の格安ステイが可能!(Blue Karma Ubud)

mari
私も世界各国いろんなホテルに泊まって来たけど、ブルーカルマウブドは確実にベスト5には入ってくるホテルだったわね。

まずお部屋の香りがヤバい!あまりにも良い匂いすぎてフロントに確認したら、このホテルのためだけに特別に調合している「ラジャスタン」という香りだそう。

買えないのが残念すぎる・・・。

朝食はもちろん夕食もいただきましたが、かなり美味。毎日ヨガクラスあり、子供利用可能なプールあり、ネット環境よしで最高のホテルでした。

mari
他にも良いホテルには泊まったことあるけど、これが1泊15,000円以下ってないわー。ウブド最高過ぎる!!

ウブドにはいくらでもこの手のホテルがありますが、次も絶対泊まりたい。どうやらスミニャックにも同じ系列のホテルがあるらしい。。

私たちは年末年始だったので少しお高めでしたが通常は12,000円くらいから泊まれるみたいです。お友達と2人でトマレバ1泊6,000円ですよ~

2.トゥガラランのライステラス(棚田)

バリの各地で見ることができる棚田!最も有名なのがトゥガラランのものです。

ライステラスを歩いて渡ることもできますが、手すりもなく土を削った急な階段を下りていくので結構怖い!

私たちは抱っこ紐だったので、「無理だね(笑)」ということで途中で引き返しました。

小さい子連れにはおすすめしません。上から景色を楽しむだけにしましょう(笑)

スリランカでもお茶の棚田をみたけど、緑が本当にきれいで心があらわれるようでした。

フェニー
階段を登りきったところで飲んだミネラルウォーターが美味しすぎて倒れそうだったね

3.ウブド市場(パサール・ウブド)界隈でショッピング

ウブド市場は実はそれほどおすすめではないんですが(笑)すぐそばの路面店が品質良し、デザイン良しで財布の紐がゆるみっぱなし。

私もフェニーもあもちゃんも、バリで着るためのリゾート服をたくさん買いました。これで今年の夏もハッピーです。

バリのリゾートワンピのデザインはめちゃくちゃ私好み。日本だと1万円くらいしそうなワンピが3,000円前後で買えます!

mari
500円で買ったカゴバッグ、軽井沢で3,000円で売られていました!

バリの食器も少々。家にスペースがあればもっとたくさんほしいけどガマン。

mari
誰に聞いても買い物しちゃうって♪日本よりずっと安いからついつい買っちゃいますよー!

4.街スパでバリニーズマッサージを受ける

ウブドにも、クタ・レギャンと同じく、歩いているとたくさんの街スパがあります。

料金も1時間1,000円以下と本当にリーズナブル。

もし移住したら週に3回はいけるな(*‘∀‘)と妄想が膨らんでいきます。

今回3店舗でマッサージを受けましたが、本当に素敵で良心的なお店ばかりだったな!時々ぼったくり店などもあるようなのでトリップアドバイザー等で口コミを読んでからいくと安心です。

>>>トリップアドバイザーでウブドのマッサージランキングを見る

5.ウブド王族の宮殿「サレン・アグン」での伝統舞踊観賞

現地に行くまで全く知らなかったのですが、ウブドには60種類も公演があるそうです。

mari
私のような一般人からするとどれも同じ?と思いがちですが、どうやらそれは全く違うらしい!!

ベリーダンスショップ経営お友達のしほさんから、こちらのサイトを教えてもらいました。

>>>ウブドバリ舞踊のおすすめはこちら

ウブド内でも有名なチームがあるらしく、せっかく見るならプロがおすすめしているダンスの方がいいですね!やっぱり旅は口コミが重要だわ。

mari
今回チャンスがなかったけど次ぎたら絶対行く!! ケチャもおもしろかったし

子連れでウルワツ寺院のケチャックダンスに行ったら想像以上で驚いた!

2018.01.18

6.バリアートの聖地でバリ絵画を鑑賞

バリでは信仰(バリヒンドゥー)が人々の生活と濃密に結びつき、独自の芸術、文化を創り出しています。なかでもウブドは、バリの神髄を感じられるアートの聖地。

ウブドのホテルでドライバーをしているワヤン2(バリではワヤンという名前の人がめちゃくちゃ多い)もお父さんは画家だったそうで、バリ絵画を購入&見学できるギャラリーへ連れて行ってもらいました。

驚くほど繊細な線で描かれたバリの風景や、目が覚めるような鮮やかな色彩で彩られたバリアート。

小さいものなら数万円~購入可能ということで、私たちがいたほんの短い時間にも日本人が大量に海外を買い付けていました。

mari
バリに住みながら、芸術活動をするなんて夢のようね

7.世界中のヨギーも絶賛するヘルシーな美食ランチ、ディナーを大満喫

ウブドは世界中からヨギー(ヨガをする人)が集まってくるほどのヨガの楽園。街を歩いていると健康そうな白人をたくさん見かけます。そんな彼らが経営したり、集まってくる素敵カフェやレストランがウブドにたくさんあるんです。

mari
ここは表参道かな?って思ったよね。バリの物価からするとかなり高いけど、表参道ランチがだいたい1000円以下で食べられるというイメージ。

バリのローカルご飯も美味しいけど、脂っこくて濃いめの味付けなので、毎日食べるならこっちのヘルシーレストランがいいなぁ。本当美味しくてびっくりです。

本当にどこで食べても美味しかったけど特にお気に入りのレストランを2つご紹介します。

ウブドトリップアドバイザーNO1カフェヨギーが集まるカフェ「mudra」

バリの暑さにやられ、トリップアドバイザーの評価が高く(帰国してみたら1位だった)たまたま近くにあったカフェmudra。

こちらで頼んだサンドイッチ、スムージー、アサイーボール、海鮮丼がすべて最高においしい!!

近所にあったら毎日通いたいレベル(笑)

私たちの前に座っていた現地在住のアメリカ人女性はこのカフェの常連らしく、本当に毎日通っているのだそう。

観光できていたアメリカ人カップルにいかにこのカフェが素晴らしいかを力説していました。

住所:Jl. Goutama Selatan no. 22 In the middle between Taksu and Soma ウブド インドネシア

車で行けないcafe pomegranate

こちらもたまたま現地で合流したお友達しほさんに教えてもらったカフェ。

ウブドの中心地から少し離れており、車では行けない場所にあるためレンタルバイクか徒歩で行くしかありません。日差しが強くない時間帯に30分ほど歩くと到着。

POMEGRANATEは日本語でザクロです。360度ライステラスなんてすごくないですか??

食事の出てくるスピードもかなりスローなので(笑)、ゆったりカフェを楽しむ時間の余裕がある時に足を運んでみてください♪

Jl Subak Sok Wayah, ウブド

番外編①:世界一希少な”luwak coffee”(ルアックコーヒー)

ライステラスの近くに、「死ぬまでに一度は飲みたい」と言われるルアックコーヒーを試飲できるお店があります。

たまーにテレビの仰天ニュース系の番組で取り上げられるジャコウネコの糞で熟成させる超高級コーヒー。

日本だと数千円するらしいのですが、バリでは500円で飲めます(笑)

mari
写真の10種類コーヒー紅茶セットは無料だけどまずい。全然美味しくないのに一口ずつ飲んでしまう意地汚さ・・・

フェニー
ルアックコーヒーは有料だけあってまあまあだったね!せっかくだから飲めてよかった~

番外編②:洗濯嫌いなあなたに、街のランドリーは激安ワンコイン

子連れ旅行は荷物が増えがち!洗濯物がたまってきたとき便利なのがランドリーサービスです。

バリの場合はホテルランドリーもそれほど高いわけではありませんが1着につき100円~150円は地味にお金がかかります。

そんな時はウブド市内中心地にたくさんある「ランドリーサービス」を利用してみてください。

フェニー
洗濯物5日分で5キロ預けて800円と激安でした!

ドライクリーニングではありませんが、乾燥後、すべて丁寧にたたんでくれるます。もし移住したら自分で洗濯することないわ!と思いました(笑)

mari
1年中暑いバリだと、冬物のクリーニングも必要ないし、冬服も必要ないし、意外とミニマルライフじゃない!?

ウブドはとにかく最高だった!

いかがでしたでしょうか?ウブドの自然がもたらす景観は、旅人を心から癒してくれます。

自然と人が一体となっており、それでいて不便ではなく、バランスが調和された稀有な街!なぜみんながバリに惹かれるのかよーくわかった!

今のところ私たち家族は日本に住み続ける予定ではありますが、1年くらい本当に住んでもいいかも。と思わせてくれる大好きな場所となりました。

▼mariのバリ島旅行記▼

 

\ブログランキングに参加しています/
記事がお役に立ったらポチッとクリックお願いします(・∀・)
 にほんブログ村 旅行ブログへ