ジンバラン

ウルワツ寺院のケチャックダンス行き方・見どころ・料金完全ガイド【子連れバリ】

あまりローカルダンスに興味がわかないことが多いのですが、ウルワツのケチャックダンスはとてもおもしろくて終始爆笑でした。

小さな子供と一緒でしたが、わからないなりに迫力を感じて楽しんでいたようです。今回は実際ケチャックダンスを生で見た感想と、見どころを詳しくご紹介していきます。

東京⇔バリの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復3万円以下でバリ行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる 

最終日におすすめ!ウルワツ寺院でケチャッダンスとサンセットを楽しもう

レギャン・スミニャックウブドでの滞在を終え、ついに帰国です。

フライトが深夜1時半なのでホテルをチェックアウトしてからかなり時間を持て余してしまいます。日本への直行便も深夜出発なので最終日をどうしようかみなさん悩まれているようです。

子供がいないなら、ロングスパ一択!!(バリは4時間~6時間くらいのスパマッサージが1万円くらいという天国のような場所)

でもさすがに子連れだと厳しいですよね?

私たちも悩みに悩んで、とりあえず最終日はカーチャーター→ウルワツへ向かうことに決めました。

結果的にこれがものすごく良いチョイスだったのでみなさんにもご紹介させていただきます♪

ウルワツ寺院ケチャックダンス見どころ

実は私、あまり民謡・舞踊は得意ではなく結構な確率で寝てしまいます。

mari
mari
ミュージカル好きな方に怒られてしまいそうですが、ニューヨークのブロードウェイですら爆睡した経験あり(・∀・)
フェニー
フェニー
僕もミュージカルはちょっと苦手。ライオンキングは大好きだけどね!正直バリの歌やダンスもあんまり興味なかったんだ。

そんなやる気のない私たち家族ですが、ケチャッダンス、本当に最高でした!!

単なる伝統舞踊と思ったら大間違い!ケチャダンスは現代のエンターテインメントだったんです。

正直ガイドブックやブログなどの写真を観ただけでは、ケチャダンスの良さが10%も伝わりません。

ネタばれはあまりしたくありませんが、動画を見てもらうのが一番手っ取り早い!!でも動画でも30%くらいしか伝わらないから絶対行ってみて(笑)

演者のおじさんに注目

きらびやかなダンサーというわけではなく、本当にその辺にいるおじさん達が主役です。

年齢も20歳くらいからおじいちゃんまでバラバラ。彼らが本当に見事なハーモニーを奏でるんですよね。

一見まじめなショーと思いきや、途中で観客をイジッたり、参加させたり、「日本から来た人~??」と声をかけてくれたり会場全部が一体化して楽しめます。

もちろんたくさんの子供たちが観に来ていましたよ!

会場は断崖絶壁のこんなにすごい場所にあります。

ウルワツ寺院ケチャックダンス公演時間・チケット料金

ウルワツ寺院のケチャダンス公演は毎日18時~19時。その時間に合わせて観光客が集まり毎日満員御礼状態。多い時で1000人を超えるとか。

この日は17時50分くらいから始まった気がするけど(笑)公演が始まっても次から次へとお客さんが入ってくるのでかなり自由な感じです。

シーンと聞き入る場面もないわけじゃないけど、笑いや歓声につつまれているので子供がいても本当に安心。

気に入った席をとるには30分以上前がベスト

完全自由席なので、ベストポジションを確保したい人は早めに会場入りするのがおすすめです。

mari
mari
30分前なら結構席が選べそうだったよ!

ケチャダンスが終わるころ、空が美しい夕焼け色に変わっていました。海に落ちる夕日って本当にきれいです。

ウルワツ寺院の入場料:30,000ルピア(約260円)
ケチャダンス観賞料:100,000ルピア(約850円)

サンセットツアーも人気

 

ウルワツ寺院からテンパサール国際空港

テンパサール空港からウルワツ寺院までは車で約1時間。ツアーに参加するか車をチャーターするのがおすすめです。

この辺りは中心地から離れているため流しのタクシーは使わないほうがいいでしょう。予約の際は往復で依頼するのを忘れないでくださいね!

19時に公演が終わり、その後空港近くでお土産店やレストランで2時間ほど過ごせば22時に空港到着となり丁度良い時間です。

11世紀ごろ建造されたウルワツ寺院。バリヒンドゥーにおいても重要とされる由緒あるお寺で、景色が素晴らしいので必見です!

本殿は残念ながらヒンドゥー教の方しか入れませんが、ぜひ崖沿いの遊歩道から絶景を堪能してみてください。

バリ島最後の食事はジンバランのレストラン「Balique」でドライバーのワヤンと一緒に

高級リゾートが集まるジンバランエリアは、大きな繁華街がないのでゆったりと食事を楽しむのにもってこいのエリア。

私たちが選んだレストラン「Balique」はインターコンチネンタルホテルのすぐそばなので、有名なレストランみたい。

海外ドラマに出てきそうなお洒落なお店で、あまりバリというよりアメリカンな雰囲気な気がしないでもないですが、食事は美味しくいただきました。

フェニー
フェニー
僕の大好きなビンタンレモンがなかったのが残念だったな

2日間お世話になったワヤンと一緒に食事ができたので良かったです。

海外あるあるですが、ドライバーと一緒に食事をすると結構な割合でお金の話題になります。

ワヤンの奥さんは、本当に安い給料でしか仕事がないので今は専業主婦だそう。

ドライバーのお給料も平均すると月5万円程度とまだまだ給与水準の低いバリ島の人たち。

それでも真面目に一生懸命働いて「仕事が大好きだよ!」というワヤンは、幸せそうだったなぁ。

バリ島は本当に良い人たちが多かった。最終日ちょっとお金が余ったら、ぜひドライバーさんにチップを渡してあげてください!多分めっちゃ喜んでくれると思います♪

私たちのドライバーワヤンの連絡先はこちら
Eメールアドレス[email protected]  電話番号:+6282144024977

 

バリで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
バリの人気チケットが
最大50%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる