基本情報・旅のヒント

《2020年》バリ島のネット事情とおすすめWiFi徹底検証

数日のバリ島観光でも、自由にインターネットを使ってSNSのチェックや情報発信、メールは最低でもチェックしておきたいはずです。

では、バリ島を観光している間にもインターネット環境をどのように確保すれば良いかを紹介します。

東京⇔バリの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復3万円以下でバリ行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでテンパサールへの格安航空券をみてみる

バリ島で最も安くインターネットを使うには

バリ島でインターネットを使う手段には大きく分けて4つあります。

①現地のフリーWiFiを使う
②現地のSIMカードを購入して使う
③携帯会社の定額プランを使う
④レンタルWiFiを借りる

この4つの方法の中で最もおすすめなのが、レンタルWiFiです!

mari
mari
今回は、なぜレンタルWiFiがお得でおすすめなのか解説します!

また、海外のネットを使う手段について詳しく知りたい方は「海外旅行でインターネット|SIMフリー端末・レンタルWi-Fi・データローミング徹底比較」にまとめてありますのでご覧ください。

複数人ならグローバルWi-Fi、ひとり旅なら現地SIM

レンタルWiFi or 現地のSIMカードがお得でおすすめ!と言いましたが、旅行に行く人数や、選ぶWiFi会社によってもお得さが異なるので、注意が必要です。

そこで、WiFi大手3社と、日本の電話会社、現地SIMの価格を比較してみました!

通信会社別に、7日間使った場合1日当たりの料金を算出しました。表の一番右側に、2人で使った場合に1人あたりが支払う金額を並べています。

通信会社 7日間の場合 1日あたり 2人で使う
イモトのWiFi 5,900円 842円 421円
グローバルWiFi 5,432円 776円 388円
jetfi(ジェットファイ) 4,220円 602円 301円
ドコモ 6,860円 980円 980円
au 6,860円 980円 980円
ソフトバンク 13,860円 1,980円 1,980円
TELKOMSEL RP 90,000  12,857(¥100) 25,714(¥200)
IM3 Ooredoo RP 59,000 8,428(¥70) 16,857(¥140)
XL AXIATA RP 59,000 8,428(¥70) 16,857(¥140

この表を見ると、圧倒的に「現地SIM安い!!」です。インドネシアで最もカバー範囲が広く、おすすめのTELEKOMSELがRP 90,000(約700円)ですからね(;’∀’)

mari
mari
私がSIMカードを選ぶのがこの圧倒的な価格差・・・。

とはいえ複数人で使えるレンタルWiFiは、一緒に使う人数が多ければ多いほど、一人当たりの値段が安くなります!

それに対し、現地のSIMカードは、1台のSIMフリースマホに上記の料金が課せられます。

また、1日であっても10日間であっても料金は同じなので(容量を購入するため)、短期の場合だと割高になることも。

レンタルWiFiは1台で4~5つの端末をつなげるので、複数の端末を持って行く方にもおすすめです。

結論から言うと、料金だけで選ぶなら現地の格安SIMがお得という結果になりました。

レンタルWiFiの料金は3社でそれほど大きく開きはありませんが、jetfi(ジェットファイ)が最も安かったです!

バリ島のネット事情完全比較

海外旅行でWi-Fiを使う方法を比較した表
フェニー
フェニー
ここからは、バリのインターネット事情を解説します!

バリで使える通信手段は大きくわけて4種類。それぞれメリットとデメリットを紹介します。

現地のフリーWiFiを使うメリット・デメリット

最も手軽で安いのが現地のフリーWiFiです。旅慣れた人や携帯の電源をオフして旅したい人におすすめです。

フリーWiFiの一番の欠点はいつでもどこでもといかないところ。「今使いたいのに!!」というイライラが抑えられないうえ、セキュリティが怪しいので金額以外のメリットはありません。

mari
mari
クレジット情報を悪用されたことがあります。利用には十分注意してください!

バリ島では宿泊しているホテルやレストラン、街中のカフェにもWiFiがあり、暗証番号を教えてもらうだけで繋がります。

基本、時間制限などはありませんし、ゲストは誰でもインターネットが使用可能になります。

<メリット>

  • 無料で使える

<デメリット>

  • 個人情報の登録や使用制限があるケースがある
  • 使える場所が限られる
  • セキュリティの安全面が気になる

現地のSIMカードを購入して使うメリット・デメリット

日本ではdocomo、au、Softbankをはじめとした通信会社と契約する時、その会社のSIMカードがスマホに挿入されています。

契約時はその会社のSIMカードしか使えないロックがかけられているのですが、長く使うとロックを解除することができ、その状態をSIMフリーと呼びます。※端末を一括で支払っていればすぐに解除できるケースあり。

mari
mari
私は頻繁に海外行くためスマホをSIMフリーにしています。

バリ島があるインドネシアのSIMカードは現在、観光客も購入時にパスポート等の身分証明の登録が必要になります。

mari
mari
インドネシア国内でも、日本同様のオレオレ詐欺のような事件を避けるための措置で、2018年から急に厳しくなりました!

インドネシアの通信会社

インドネシアにも日本と同様通信会社があります。

  • Telkomsel
  • Indosat ooredoo
  • XL
  • Axis

この中で一番大きなシェアを誇っているTelkomselと有名どころのIndosat ooredooについても価格をみていきます。

<メリット>

  • バリ島の空港出口で買うことができる
  • どこにいても繋がる安心感
  • 格安な値段で購入できる
  • データ通信のみのSIMも選べる

<デメリット>

  • ハイシーズンは空港出口のSIM売場は長蛇の列になる
  • アクティベート(開通して使える)まで時間が掛かることもある
  • 街中のSIM屋によっては制限があり買えない所もある
  • 現地の言葉か英語ができないと難しい
  • SIMフリーのスマホでなければいけない

海外レンタルWiFiを使うメリット・デメリット

複数人で旅行するならレンタルWiFiがもっともおすすめです。レンタルWiFiの料金はやや高めではありますが、なんといっても電波の良さと、複数人でシェアできるのが最大のメリット!

あもちゃん
あもちゃん
たいてい4~5台で繋げられることが多いので、4人で割れば激安ですね!!

また、日本で事前に借りられるので使い方など日本語でレクチャーを受けられるのも魅力です。海外旅行にそれほど慣れていない方にはレンタルWiFiが最も使い勝手が良いと思います。

4Gプランで補償などのオプションなしの場合、jetfi(ジェットファイ)が一番安い結果となりました。

<メリット>

  • 日本で予約できるので安心
  • 簡単に使えてキャリア定額プランより安い
  • 複数人数・端末で使える

<デメリット>

  • 事前申し込みが必要
出発2日前の午前中まで

jetfi(ジェットファイ)
公式サイトをみてみる

携帯会社の定額プランを使うメリット・デメリット

日本の3台キャリアスマホ、docomoやソフトバンク、auにはそれぞれ国際ローミングプランがあります。

なかでもソフトバンクは「アメリカ放題」のプランがありますが、インドネシアは適応外なので数日の旅行であってもおすすめできません。

日本の携帯電話会社の定額プランを利用する

格安SIMは基本的に海外では通話しか使えません。大手キャリアは足並みそろえてどこも同じような金額ですが、docomoを例に詳しくみていきましょう。

docomoなどの大手キャリア

docomoは1日定額980円のプランを用意しています。

こちらは日本で契約しているパケットをそのまま消費することになるため、通常日本で大容量プランに加入されている方はそのまま使えば問題ありません。

 

普段あまり使わないので、すぐに上限を超えてしまうという方に、海外ダブル定額というプランもあります。パケ放題ですが、1日2,980円と高すぎるのであまりおすすめできません。

auとSoftbankもdocomoと同様に定額プランがあります。ご自分が加入してるプランを確認し、最適な商品を選択ください!

mari
mari
Softbankは1,980円と2,980円のプランがあります

<メリット>

  • そのまま自分のスマホが使える
  • 海外にいても日本の番号で通話ができる

<デメリット>

  • データ通信の使用限度を気にしながら使わなければならない
  • 各携帯会社のパケ放題プランは1日当たりが高額
  • パケ放題プラン以外は翌月の請求が高額になる
  • 海外に渡航している場合、日本からの電話に出てしまうだけで料金が発生する

バリ島のレンタルWi-Fiならjetfiがおすすめ

レンタルWiFiは出発空港で受け取りもできて、面倒な設定も要りません。

到着したその時から電源をONするだけで数人同時にシェアして使えます。jetfiは出発の2日前までの予約が必須なので直前予約は注意してください!

mari
mari
1日前ならグローバルWiFiがおすすめです。
通信会社 7日間の場合 1日あたり 2人で使う
イモトのWiFi 5,900円 842円 421円
グローバルWiFi 5,432円 776円 388円
jetfi(ジェットファイ) 4,220円 602円 301円

有名どころの大手三社と比較しても、お手頃価格なのが嬉しいですね♪

上記の料金は、速度の速い 【4G/LTE】かつオプションなしの料金です。保険をつけると値段があがりますが、管理に不安がある方は補償をつけておいたほうがいいですよ!

mari
mari
WiFiの保険とは、破損や紛失、盗難にあった場合の修理代金や再調達代などの補償がつくプランのことです。

jetifiはシンプルな商品サービスで、価格を抑えたわかりやすいプランが魅力です。

金額も一番安いので、バリのWi-Fiならjetfi(ジェットファイ)が一番お得です。

SNSにアップする写真などは滞在先のホテルや、フリーWiFiの場所で行えば余分なデータ通信を使わずに済みますよ!

バリ島のネット事情まとめ

バリ島の空港出口で現地のSIMは購入できますが、日本からのフライト到着時間帯は長蛇の列で、アクティベートまで時間も必要になります。

ドライバーやホテルのお迎えが来ているのであれば、他の人や友人を待たせるのもパックツアーでは難しいでしょう。

長いフライトの後は疲労もあり、気温や湿度の差で体力も消耗します。

時間を有効利用して旅行を楽しむにはレンタルWiFiが無駄もなく、現地でそのまま使えますし、家族やグループ旅行でも格安で通信環境が整います。

快適なネット環境をサッと整え、残りの限られた時間は思う存分、バリ島を満喫するようにしてみませんか?

👉バリの超おすすめホテル!滞在するなら絶対ウブド♪

👉チケット・ツアー予約はボヤジンが安くてお得!!

 

バリで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
バリの人気チケットが
最大50%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる