基本情報・旅のヒント

バリで両替するならクレカ利用がお得!レートを比較してみた《円→ルピア》

海外旅行へ行く前に気になるのが現地の通貨。

キャッシュレスな世の中になってきましたが、まったく現地の通貨を持たずに旅をするのは難しいので、必ずどこかで両替しなければなりません。

両替はいろんな場所で行えますが、「なるべくお得に両替したい!!」と誰もが思うはず。

この記事では、元クレジットカード会社勤務で毎月海外旅行をしている旅のプロのわたしがバリでお得に両替できるおすすめの方法をご紹介します♪

この記事を読むとわかること
  • どこで両替するのが一番レートが良いのか
  • バリのクレジットカード事情
  • 海外キャッシングのメリットデメリット
東京⇔バリの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復3万円以下でバリ行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる 

バリで両替するなら『キャッシング』が一番お得!

まず結論からお伝えすると、海外旅行でお得に両替するためには、基本的に現地で両替するのが鉄則です。

主な両替方法は下記のとおり。一般的にレートが良いと言われている順に並べました。

  1. 両替せずにクレジットカードで買い物(最強)
  2. クレジットカードの海外キャッシングを使ってATMで引き出す
  3. 現地の街の両替屋
  4. 現地の空港
  5. 日本の空港
  6. 日本の銀行

一番お得なのはそもそも両替せずに、クレジットカードを使って買い物することですが、どうしても現金が必要な場面もあると思うので少額の両替は必要ですよね!

mari
mari
バリではカードを使えるところが増えていますが、路面店やチップの支払いのため多少の現金は用意する必要があります。

そんな時は現地の空港でATMを使ったキャッシングが一番お得。

日本の空港のレートは悪いのであまりおすすめできません。

旅行までの日数がある方は、外貨の宅配サービスを利用する手もありますが、配送料がかかったり、大量に両替しないとお得感は感じにくいかも。

何となく前もって両替をしておいた方が安心・・という方もいるかもしれませんが、現地での両替はそう難しくはありません!

mari
mari
はじめての海外旅行でも自分の力で両替できるので安心してくださいね♪

わたしが愛用しているメインカードはANAのワイドゴールドカード。マイルがたくさん貯まるので重宝しています。年会費無料がよければ海外旅行保険がついてくるエポスカードが最強。

海外旅行にクレジットカードを持っていかないという選択肢はないと思うので、ぜひこの機会にお得なクレジットカードを申し込んでみてください! 

バリでの海外キャッシングのメリット・デメリット

バリにはATMがたくさんあるので、キャッシングする場所には困りません!

銀行のATMに手持ちのクレジットカードを入れて操作するだけで、ルピアを引き出せます。

しかしバリ島ならではの注意点が・・・。

スキミングやクレジットカードが飲み込まれたまま出てこなくなる犯罪が多く、街中のATMはあまりおすすめできません・・・(;’∀’)

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットは、レートが良いのに簡単でいつでも使えるというところ!

バリでは、日本と同じようにあちこちにATMがあるので、いつでも現金を引き出すことが可能です。

もちろん、空港内にもあるので空港に着いてすぐ、ルピアを引き出すことができますよ!

また、しっかり明細が残るので、帰国してからどんなレートでどのくらい両替したかが、ひと目でわかり、管理しやすいのもメリット。

キャッシングのデメリット

キャッシングとは、結局のところ「借金」にあたります。

なので、年利が18%ほどかかる場合がほとんど。10,000円分キャッシングし、1か月後に引き落としになると、150円が利息として引かれるということになります。

利息というと不安になる人も多いのですが、実際めっちゃ安いですよね(笑)

mari
mari
今回の利息は179円でした! 

帰国後すぐに支払いをすれば利息を減らすことも可能!そこまで利息に神経質になる必要はありませんよ♪

また、さきほどお伝えしたスキミングにも注意が必要。

バリ島でのATMキャッシングは安全な場所で、周りに人が居ないか確認をして引き出すようにしてください。

mari
mari
モール内や銀行前のセキュリティーの人が常駐している厳しい所でおろせば問題ありません。
要点まとめ

<メリット>
・レートが良く、いつでも現金を引き出せる
・ATMは色んな場所にあるので困らない
・明細が残るので管理しやすい

<デメリット>
・クレジットカードが必要
・利息がかかる
・スキミングの可能性あり

海外キャッシングの詳細は「海外の両替ならキャッシングがお得!元クレカ社員がメリットデメリット徹底解説」でもご紹介しています。

バリでお得に使えるおすすめクレジットカード

わたしのおすすめメインカードはANAのワイドゴールドカード。マイルがたくさん貯まるのでお気に入り。

ゴールドカードなので年会費が1万円ちょっとかかるのがネックですが、カードラウンジも使えるし、保険の内容がも手厚くめちゃくちゃ重宝しています。

空港から自宅までのスーツケース宅配が500円なのも最高!

mari
mari
わたしはコンビニですら全てカード払いにして、徹底的にカードを使い倒し、1年に東南アジアを往復できるくらいのマイルを貯めています♪

年会費無料のクレカがよければ海外旅行保険がついてくるエポスカードがとにかく最強!!

年会費無料でここまでお得なカードもめずらしいので、持っていない方はすぐに申し込まないと損ですよ!!(ステマでなく本気で一押しのカードです笑)

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

バリでキャッシング以外のおすすめ両替方法3つ

  • キャッシングに抵抗がある
  • クレジットカードを持っていない・作りたくない

という方に向けて、キャッシング以外のおすすめ両替方法をご紹介します。

現地空港の両替所で両替する

テンパサール国際空港では24時間いつでも両替をすることができます。

LCCで深夜や早朝に到着した際にも安心です。

現地空港での両替のメリット

現地空港で両替するメリットは、到着してすぐ、簡単に両替ができること

どこのお店で両替しようか迷ってしまうかもしれませんが、空港内の両替所のレートは、ほぼ同じような感じです。

あもちゃん
あもちゃん
「こっちのほうがお得かな?」なんて色々歩き回る時間の方が惜しいので、空いている所でサッと両替しちゃいましょう!

現地空港での両替のデメリット

デメリットはもちろん、手数料の高さ。

街中の両替所と比べるとレートが悪いので、最低限の両替が(3,000円~1万円くらい)推奨されています。

mari
mari
とはいえ、日本の空港より良いことは間違いありませんのでご安心を!
要点まとめ

<メリット>
・現地に着いてすぐに両替ができる

<デメリット>
・現地両替の他の方法に比べるとレートが悪い
・手数料がかかる

街中の銀行や両替所で両替する

国にもよるのですが、バリの場合は空港より街中の銀行や両替所の方が、レートが良いことが多いです。

できれば大きな両替所で、電光掲示板などにしっかり為替レートが表示されている、セキュリティーの人が店舗前に居るようなところを利用しましょう。

バリ島は歩いていると、街中の暗い場所にも看板で為替レートをマジック書きした両替屋があります。

質が悪い所はルピア札を一緒に数える振りをして、カウンター内の死角にルピア札を落としたり、引き抜いて渡したりもします。

その場で数える習慣を忘れずに、数が合わなければ、毅然と指摘をしてください!

あもちゃん
あもちゃん
最初に手数料が掛からないか聞いてみるのも忘れずに!

街中での両替のメリット

街中で両替するメリットは、レートが良い場合が多いこと!

銀行が開いている時間のレートが高く、手数料を取らないお店が大半です。

街中での両替のデメリット

街中の両替所にわざわざ出向く、というのはわたしの中ではかなりのデメリット!!

両替のために街を歩いたりする時間が惜しくてたまりません(笑)

また空港内の両替所と違い、多くの両替所が営業時間があるため、(ショッピングモール内であれば、だいたい夜9時~10時前後)時間に制限があります。

また手数料が安いとは言っても、空港で両替→市内で両替では2度手間になってしまいます。

両替は空港内で安くすませてしまうのもありかなというのがわたしの考えです。

要点まとめ

<メリット>
・レートが良い!

<デメリット>
・わざわざ両替所まで行かなければならないので時間がかかる
・営業時間内しか両替できない
・両替詐欺などのトラブルも考えられる

滞在先のホテルフロントでの両替

ホテルでの両替は街中の両替店や空港出口付近の銀行系の両替店舗よりレートが悪くなります。

滞在先のホテルでの両替は誤魔化す心配もなく、安全ですが、特に急ぎでなければ、手持ちが少なくなった時以外はおすすめしません。

要点まとめ

<メリット>
・誤魔化されず安全
・ホテルの敷地内なので移動がない

<デメリット>
・レートが悪い
・小規模ホテルでは対応していないケースも多い

バリではクレジットカードでの支払いが一番お得!

両替方法についていろいろ触れてきましたが、結局クレジットカードのレート(+為替手数料)が一番レートが良いです!!

クレジットカードが使えない場所もあるので現地の通貨は必要ですが、メインはクレジットカードでの支払いにするのがお得

ショッピングモールが年々増えているので、お土産はまとめてモールで買うことも多いです。

バックパッカーでなければ現金を使うシーンはそれほど多くないと思います。

クレジットカードでの支払いがお得な理由

なぜお得なのかと言うと、クレジットカード会社のレートと為替手数料が良いから♪

海外でクレジットカードを利用(現地通貨決済)した場合、利用した金額(カード会社が定める基準レートで日本円換算)+為替手数料(1.6%~2%)で決済されます。

両替するような手間もかからなければ、レートも良いのでクレジットカードが使える場所ではクレジットカードで支払いをするのが一番お得という訳です。

現金ばかり持つのは危険!

わたしは基本的にクレカ払い+必要最低限の現金をキャッシングして旅行をしています。

海外は国にもよりますが、スリやひったくりが日本より起きやすく、現金だけを持ち歩くのは本当に危険。盗られたら、まず返ってきません!

クレジットカードは、盗難手続きをすれば使われることはないので、被害を最小限に食い止めることもできるのです。

ただ、お店によっては使えないブランドのクレジットカードもあるので、必ず複数ブランドのクレジットカードを数枚持ち歩くようにしましょう!

バリならVISA・MASTERがおすすめ。JCBも使える場所が多いですし、割引が効くお店も多いので両方持っておくと便利です。

mari
mari
海外にクレカを持って行くなら、年会費無料+海外旅行保険がついてくる「エポスカード」がおすすめです♪
 エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

海外でのクレジットカードの使い方やキャッシングについて詳しく知りたい方は下記の記事をどうぞ♪

最後にアドバイスになりますが、両替店の最低金額は日本円の千円札1枚から。

バリ島に行く際は一万円札ばかりではなく、千円札を持っていくと最終日に少し足りなくなりそうでも、千円を両替し現地通貨をたくさん残さずに帰国できます。

この記事を参考に、ぜひ旅を楽しんできてくださいね!

バリで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
バリの人気チケットが
最大50%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる