Wi-Fi・SIM

海外旅行でインターネット!SIMフリー端末・レンタルWi-Fi・データローミング徹底比較!

みなさんは旅行の際にかかせないアイテムはありますか??

私は海外旅行に行く際の持ち物の中で最も大切なのはスマホです。(パスポートは当たり前ねw)

mari
mari
学生時代は携帯は海外でつけず、家におきっぱなし。なんどか絵葉書を出したこともありしたねー。

時代は変わり、いま気になることはその場で検索する時代になりました。

旅行中にインスタやツイッターなどSNSにオンタイムでアップするのも当たり前。

今回の記事では、海外でネット環境を手にするための方法を4つお伝えしていきます。

フェニー
フェニー
それぞれのメリット、デメリットを踏まえてご自分にあったもの選んでくださいね!

1.無料で使える!「現地のフリーWi-Fi」を活用する

日本で暮らしていると、フリーWi-Fiはいろんなところで見つけることができますよね。空港やレストランにカフェ、さらにはコンビニなどなど・・。

海外でも日本と同じように空港やレストラン、ホテルなどでフリーWi-Fiを使うことが可能です。

フェニー
フェニー
「野良Wi-Fi」なんて呼ばれているけど、町中にいるだけでいろんなフリーWi-Fiiを見つけられるよね

フリーWi-Fiのメリット

フリーWi-Fiの最大のメリットは、「無料」であること。

「フリー」である以上、料金はかかりません。ただしカフェやレストランなどの施設の場合、何かを注文してそのレシートにwifiパスワードが記載されているケースが多いので、実質有料になるケースがあります。

フリーWi-Fiのデメリット

メールアドレス・電話番号などの登録が必要なケースがある

フリーWi-Fiは、パスワードを入力すれば簡単にWi-Fiに接続できる場合も多いのですが、メールアドレスや電話番号など情報の入力を求められる場合もあります。

英語ならば登録しやすいのに、現地の言葉で表示されている場合だと、入力の仕方がわからず、結局使えなかった・・なんてこともありますよね。

mari
mari
登録画面に表示される項目の言葉の意味が分からないと、名前を入力するのか、メールアドレスを入力するのかわからないんだよね・・・

また、現地の電話番号でSMS認証を求められることもあるので、そうなるとお手上げです。

データ通信に制限があるケースがある

フリーWi-Fiには、使える時間やデータ量が限られている場合があります。

たとえば、1時間だけ使える、とか500MBだけ使えるなどルールを設けていることも。また、そのWi-Fiを使う人が多い場合、ネットの速度が著しく遅くなるケースも見られます。

セキュリティの安全性が確保されていない

セキュリティ面の不安がフリーWi-fiの最も大きなデメリット。

フリーWi-Fiは、その空間にいる不特定多数の人が使える回線です。

そのため、あなたの個人情報などが盗まれる可能性があります。フリーWi-Fiに繋ぐときは、盗まれると困る情報を入力するのはおすすめしません。

mari
mari
私はブログを運営してるので乗っ取られたら本当にやばい!!
要点まとめ

<メリット>
・無料で使える

<デメリット>
・個人情報の登録や使用制限があるケースがある
・セキュリティの安全面が気になる
・使える場所が限られる

2.「現地のSIMカード」を購入する

現地の空港などでプリペイドのSIMカードを購入し、日本で使っていたSIMカードと入れ替えて使います。

空港にSIMカードを販売するカウンターがあり、旅行者用の短期プランがある場合がほとんど。

街中のショップでも購入することができますが、旅行者に慣れている空港のショップの方が使い勝手が良いと思います。

mari
mari
SIMカードとは、携帯に必ず入っている小さなICチップ。これがないと、ネットや電話が使えません!

また、事前にAmazonなどの通販で海外用のSIMカードを購入することも出来ます。この商品はバックパッカーの間でも有名で、私も以前購入しました。

現地SIMカードのメリット

現地でSIMカードを購入する方法のメリットは価格が安いこと!

短期間の旅行であれば、空港で売られているSIMカードと旅行者用1週間プランを合わせても、かなり安い金額です。

その国の物価にもよりますがアジアの場合1,000円~2000円しないぐらいが相場です。

SIMカードを販売しているお店は空港にいくつかありますが私の経験上、お店による価格の差はほぼありません。(これは日本もおなじですね)

mari
mari
私のスマホはSIMフリーにしているので、基本的にSIMカードを購入してネットを使っています。

現地SIMカードのデメリット

SIMフリーの携帯電話本体が必要!

日本でも最近は格安SIMを使う人が増えてきていますが、SIMロックがかかっている携帯電話の場合、SIMを付け替えても認識されません

SIMフリーの携帯電話を持っていることが前提になります。ちなみにdocomoの携帯電話の場合、購入後100日以上が経過しないとSIMロック解除の手続きは行えませんので注意!
⇒くわしくは、ドコモのHPから

SIMフリー携帯なのに使えないケースも

SIMフリーの携帯電話であっても、すべての国で使えるわけではありません

その国で使われている対応周波数(バンド)に対応している携帯電話でないと、 SIMカードを購入しても使えないことがあります。

あもちゃん
あもちゃん
ちなみにiphoneはほぼすべての国の対応周波数に対応していますよ!

APN設定が場合な場合も

SIMを交換することによって、ANP設定と呼ばれる初期設定が必要になる場合があります。

実際にあったケースとして、SIMカードを交換したのに使用できず、店員さんに設定をお願いしたなんてことも。

このように親切な店員さんが助けてくれる場合もありますが、お店によるとしか言えないですね・・。英語の通じにくい地域だと、言葉の壁も気になります。

結局のところ、自分できちんと設定できないと、せっかく買ったSIMカードが使えない可能性もあります。

mari
mari
私は事前にAmazonで購入したSIMカードをデンマークで使いましたがダメでした。結局たしかな理由はいまだにわかりません…。

いつもの電話番号が使えなくなる

音声通話ができるSIMカードを使うと、携帯の電話番号が変わってしまうということが起きます。

基本的に携帯の電話番号は、SIMカードと紐づいています。そのため、現地のSIMカードに入れ替えると、日本で使っている電話番号が使えなくなってしまうのです。

連絡が取れなくなると困る出張・ビジネスなどで海外に滞在する方は、注意が必要です!

あもちゃん
あもちゃん
ちなみに、SIMカードは音声通話可能SIMとデータ通信のみのSIMがあります。
要点まとめ

<メリット>
・格安な料金で使える

<デメリット>
・その国の対応周波数に合ったSIMフリーの携帯電話がないと×
・面倒な初期設定をしなければならない場合も

・音声通話可能SIMだといつもの携帯番号が使えない

3.日本の携帯電話会社の定額プランを利用する

日本の各携帯会社は、海外に短期で旅行される方向けに1日単位での定額プランを用意しています。

海外版パケ放題のようなものですね!

定額プランのメリット

携帯会社の定額プランのメリットは、申し込み不要で手軽に使えるということ。

渡航先でデータローミングをONにするだけで205の国と地域で使うことが出来ます。

【例:docomoの海外パケ・ホーダイ

定額プランのデメリット

とても手軽に使える定額プランですが、とにかく料金が高額!

docomoの海外パケ・ホーダイを例にとると、2,980円/日というのはいかがなものだろう・・。

データ容量が使い放題&申し込み不要ということを考慮しても高額すぎます。実際に私も使ったことはないですし、あまりおすすめしません

フェニー
フェニー
ネットに高額な費用をつかうなら海外旅行のその他の旅費にあてたほうがいいと思うな~

例外はソフトバンクのアメリカ放題。ネット料金の高いアメリカで、追加料金なく携帯を使えるソフトバンクはやはりすごいと言えるでしょう。

要点まとめ

<メリット>
・申し込み不要でカンタンに使える

<デメリット>
・料金が高額すぎる

4.レンタルWi-Fiを借りる

最後にご紹介するのが日本の空港または現地の空港などで、レンタルWi-Fiルーターを借りる方法です。

借りた後はそのルーターの電源を入れ、携帯電話にそのルーターのパスワードを入力すればすぐに使うことが出来ます。

海外WiFiレンタル
グローバルWi-Fiをみてみる

レンタルWi-Fiのメリット

日本で事前に申し込みができるので安心!

海外でSIMを購入したり現地の空港でWi-Fiを借りるには、英語や現地の言葉でコミュニケーションが必要になります。言葉の壁があると、設定方法などの説明を受けてもチンプンカンプン・・なんてことも。

事前に日本で申し込んでおけば出国前にWi-Fiルーターを借りられるので、言葉の壁を感じることはありません。また、現地でSIMやWi-Fiを調達するという時間を省けるので、時短にも繋がります。

フェニー
フェニー
入国審査が混んでたり両替もなくちゃいけなかったり、結構空港で時間がとられちゃうことってあるよね。。

キャリアの定額プランと比較するとお得♡

キャリアの定額プランは2,980円/日だったのに対して、私が使っているレンタルWi-Fiは300円~1200円/日とかなり安い!

事前の申し込みは必要とはいえ、現地で面倒なやりとりがなく料金も割安なのが嬉しいポイントですね♪

mari
mari
国や地域によって価格が変動しますので、行き先が決まったらHPをチェックしてみてください!

Wi-Fiを複数人で共有できる

レンタルWi-Fiの大きな利点は、1つのモバイルルーターを複数人で共有できるところ。

プリペイドSIMやキャリアの定額プランだと、自分の携帯電話しかネットに繋げませんが、Wi-Fiだと一緒に行ったお友達や家族と一緒に使えます♪

また、携帯電話以外にもタブレットやノートパソコンを使う方も1台のモバイルルーターで共有することができるので便利です。

あもちゃん
あもちゃん
大体どこのWi-Fiルーターも4、5台までOKなので、複数人での利用なら1番お得になることも!

レンタルWi-Fiのデメリット

事前の申し込みが必要

レンタルWi-Fiは、事前にネットなどで申し込む必要があります。

出発する空港によって異なりますが、成田空港であれば前日の16時までなどと申し込み期日が決まっているので注意が必要です。

渡航先の空港で予約せずにWi-Fiを借りることもできますが、事前予約しておいた方が安い料金で借りられます!

mari
mari
私は台湾の空港で予約せずにWi-Fiを借りてみましたが、深夜だったこともあり、料金がいつもより割高でした・・
要点まとめ

<メリット>
・日本で予約できるので安心
・簡単に使えてキャリア定額プランより安い
・複数人数・端末で使える

<デメリット>
・事前申し込みが必要

ひとり旅なら「現地SIM」グループなら「レンタルWi-Fi」がおすすめ!

海外でネットをつかうための4つの方法をご紹介しました。

私の結論としては、ひとり旅で携帯や英語に強いなら「現地SIM」、グループでトラブルなく海外旅行を楽しみたい方は「レンタルWi-Fi」がおすすめです!

4つの方法の中でも一番バランスが良く、どんな方でも簡単に使えるのはレンタルWi-Fiだと思います。

日本で予約しておけば、言葉の壁や「なぜか使えない」などのトラブルに見舞われることもありません。

そして、海外でも常にインターネットを使える環境を整えておくというのは、実はとても重要なこと。

SNSにオンタイムでアップできるなど楽しい面もありますが、緊急時や道に迷ったとき、行きたいお店を探すときなどに活躍します。

あまり考えたくはありませんが、

  • 具合が悪くなったから近くの病院を調べたい
  • パスポートを紛失したから対処方法を調べたい
  • お財布を盗まれたからクレジット会社に連絡したい

など、焦ってしまうようなトラブルに合ったときこそインターネットは心強い味方になってくれるはすです♪

レンタルWi-Fiはみんなが一緒に使えるので、かかった料金もみんなで割り勘すれば、一人当たりの金額をかなり抑えられるのも大きなポイント!

あまり旅行慣れしていない方や現地でやりとりするのが面倒な方には本当におすすめです♪

海外WiFiレンタル
グローバルWi-Fiをみてみる

インターネットの環境を整えて楽しい旅を・・♡

世界中のどこにいもインターネットにつながるなんて、便利な世の中になりましたよね!

旅慣れてないと色んなことが心配になる方もいるかもしれませんが、旅は楽しんだもの勝ち♡

インターネットの環境を整えて、海外旅行をエンジョイしちゃいましょう!

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA