基本情報・旅のヒント

バリ島のベストシーズンは4月~11月!おすすめの服装&必須アイテムもチェックしよう!

せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。

旅行会社に質問すると「バリのベストシーズンは乾季(4月~11月)」と回答されると思います。

なぜなら…

  • 天気の良い日が多くて、リゾートを思いっきり楽しめるから

このページでは、観光に向いているベストシーズン》《旅費の安さから見たベストシーズン》など様々な視点でベストシーズンを解説していきます。

年間の気温やイベントなどもご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

東京⇔バリの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復3万円以下でバリ行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでテンパサールへの格安航空券をみてみる

バリの観光ベストシーズンは乾季(4月~11月)

バリのベストシーズンは、4月から11月の乾季と呼ばれる時期に当たります。

雨の日が少ないのでマリンスポーツなど海のアクティビティーを思う存分楽しみたい!という方はぜひ乾季に訪れてみてください♪

ベストシーズンの中でも4、5月は多少なりとも、雨期を引きずっている感じがあります。なので、サーフフィンなどのマリンスポーツを楽しむなら6月から8月頃が一番のベストシーズンといえます!

とはいえ、8月は島中が混んでる!!

日本だけでなく、世界中から観光客が集まってくるので混んでいて、お値段は少し高め。

せっかくリゾートでゆっくりしたいのに混んでいるのは避けたい・・というのであれば、9~10月やGW後の時期がおすすめですよ!

mari
mari
雨季も乾季も気温自体は28度前後あるので、いつ訪れても常夏♪

バリの季節の特徴

バリでは年間を通して気温の変化がほとんどなく、高温多湿の熱帯性気候です。

四季はありませんが、降水量は季節によって変化するので、乾季と雨季があります。

バリの乾季(4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月)

バリの乾季の特徴は、湿度が低めで快晴の日が続くこと。

海や景色のきれいさを堪能したいなら、やはり乾季がおすすめです。特にお日様の照り具合によって海の見え方は全然違う!

ダイビングやシュノーケリングをしたい方は、海の透明度が高い乾季に訪れるのがおすすめです。ですが雨が少ないとはいえ、全く降らないわけではないので、雨具は必須アイテムです。

日差しが本当に強いので、紫外線対策必須です!

バリの雨季(12月・1月・2月)

バリの雨季の特徴は、湿度も高く蒸し暑い日続くこと。

「雨季」と言えども、毎日ずっと雨が降るというわけではありません。

スコールと呼ばれる、バケツをひっくり返したような激しい雨が短時間のうちに降ることがほとんどです。

1月が一番降水量が多く、8~9月の5倍ほどの降水量があると言われています。マリンスポーツにはあまり向かない季節ですが、ドリアンやマンゴーなどの南国フルーツが旬な時期!

本場のおいしい南国フルーツを味わいたい方は、12月~2月ごろがおすすめ。

また、雨季には雨季なりの楽しみ方があると思っています。スコールが降っている時間は屋根がついた建物に避難すれば、大丈夫なのでレストランやショッピングを楽しむのも◎

マリンスポーツも良いけど、スパ巡り♪なんていうのも良いですよね~!

雨季に訪れるなら、乾季とは別の旅の目的を持ってみるのも良いかもしれませんね。

バリの旅費が最も安い時期

  • パックツアーが安くなるのは4~6月、10~12月前半
  • 航空券が安くなるのは5~6月
  • 少しでも安くすませたいなら、まめに情報チェック!

パックツアーの場合

バリは日本人にも馴染みの旅行先なので、お手頃価格のパックツアーもたくさんあります。

安いツアーがあるのは、現地の気候にかかわらず旅行に出かける人が少ない時期。

つまり、大型連休以外の平日になります。

これは、バリに限ったことではありませんが、下記の期間はツアー料金が高騰します。

  • 年末年始
  • GW(ゴールデンウィーク)
  • 秋の連休
  • 夏休み

個人旅行(航空券)の場合

航空券の価格が安くなるのもパックツアーと同様に大型連休以外になりますが、特に5~6月に安くなる傾向です。

経由便を使うほうが直行便よりも安いので、時間はかかってもいいという節約派にはおすすめです。

航空券の情報をまめにチェックするのがおすすめ

旅行にかかる値段は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安く旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

格安航空券を探すなら「スカイチケット」

ちなみに、格安な航空券を取るのにわたしが愛用しているのはスカイチケットというサイト。

用事もないのに時々のぞいて安いチケットがないかチェックしています(笑)

国際線はもちろん、国内線も格安チケットが見つかるので気づいたらポチっと買ってしまうことがあり恐ろしいです・・・。ぜひのぞいてみてください♪

公式サイトスカイチケット

ホテルを安く予約するなら「booking.com」「agoda」

1年のうちでホテルの値段も変動しますし、ホテルによってまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言いにくいです・・。

そのため、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切です。

わたしはいつも場所に応じてBooking.comagodaを使いわけています。東南アジア圏はagodaが最安となることが多いので、本当に重宝します!

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。100泊以上予約してきましたが、一度もトラブルになっていないのでご心配なく!

公式サイト

関連記事東南アジアの海外ホテル予約は「agoda(アゴダ)」が超おすすめ

バリ旅行を避けたほうが良い時期

人気観光地なので節約派の方や混雑が苦手な方はピーク時期を避けたほうが賢明かもしれません。

その他、気を付けたほうがいい日として「ニュピ」をご紹介します。

ニュピの当日:3月頃

バリヒンドゥーのお正月のことをニュピと言います。

バリのお正月は静かに新年を迎える日。

レストランやショップは休業になり、外出は禁止、電気の使用も制限されます。

ですから、思いっきり賑やかに遊びたいという方にはニュピに訪れることをおすすめしません。

とはいえ、ホテル内のレストランやプールは利用できますし、静かなバリを味わうのも貴重な経験になると思います。

バリの年間平均気温・降水量

バリの平均最高気温と降水量バリの平均最高気温と降水量

熱帯性気候のバリでは一年中高温多湿。最高気温は常に30度前後と常夏です。

降水量は時期によって差がありますね。

バリに滞在する予定が決まったら、次にチェックしておきたいのはどんな洋服を着ていくのか。

わたしのおすすめは現地で浮かない恰好をすること!日本人らしい恰好をすると意外と目立って犯罪に巻き込まれやすくなることも。

次の記事でおすすめコーデについて詳しく解説しているので、旅行前にぜひ読んでみてください。

関連記事バリ旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

バリの人気季節イベント

バリで行われる人気のイベントをまとめてみました。

神々の島と呼ばれるバリなので、たくさんの宗教行事があります。

ここでは書ききれませんが、すべてのお寺ごとにもお祭りがあるので、知らずに行っても宗教行事に出会うことがあるかもしれません。

ニュピ:3月頃

バリヒンドゥーのお正月。

当日は「避けたほうが良い時期」でご紹介したとおり、外出ができない静かなお正月ですが、前日や翌日にもイベントが行われ、バリらしさを体験できる期間でもあります。

オゴオゴ(前日)

この日は悪霊を追い払う日。

お払いの儀式が行われたり、伝統楽器ガムランとともにハリボテ人形をのせた御神輿が練り歩いたりします。

ゲンバッゲニ(翌日)

ロカールの方は家族で出かけたりして賑やかな日。

クタビーチでは、例年大きなフリーマーケットが開かれます。

バリ島のお正月ニュピ徹底解説!おすすめの過ごし方とオゴオゴについて日本のカレンダーは365日を1年としていますが、西暦を使っているのは西洋の文化。 実はバリ島には「ウク暦」と「サカ暦」があり、西暦...

ガルンガンとクニンガン:2月頃と9月頃

先祖の霊を迎え入れて送り出すヒンドゥー教の行事。日本のお盆のような感じですね。

ご先祖様を迎えるのがガルンガンで、送り出すのがその10日後のクニンガンです。

寺院や各家庭には飾り付けが施され、バリらしい風景に出会えます。

バリのベストシーズンまとめ

バリ旅行におすすめのベストシーズンは雨の少ない乾季(4~11月)ですが、いろいろな楽しみ方ができるので雨季に行っても大丈夫!

いつ行っても魅力的な島なので、あなたにとってのベストシーズンを探してみてくださいね♡

バリで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
バリの人気チケットが
最大50%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる