旅の持ち物・豆知識

バリ旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

リゾート地として時差も日本からマイナス1時間しかないバリ島。

年間を通して過ごしやすく、温かいイメージがあります。

日本では四季があり、春には桜が咲き、夏は暑くなりますが、バリ島は基本的に季節は2つしかなく、乾季と雨季だけです。

1年中タンクトップにショートパンツで構わないのかと思われがちですが、実はそうでもない時期も!

今回は、バリ旅行でおすすめのシーズン別のコーディネートをご紹介します!

東京⇔バリの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復3万円以下でバリ行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでテンパサールへの格安航空券をみてみる

海外旅行ってどんな服を着れば良いの?

海外旅行へ行くとなると、「いつもと同じ格好でも良いのかな?」と気になる方も多いと思います。おしゃれも楽しみたいけど、荷物をたくさん持って行くのはイヤですよね。

バリはLCCの飛行機を使えば格安料金で行けますが、荷物の重量制限も気になるところ。

私は、どこに出かけるにもシンプルな恰好を心がけています。

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法や避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服をぶポイントを紹介しているので、こちらも併せて読んでみてだくさい♪

関連記事海外旅行に持っていく洋服の選び方!必要枚数と避けるべきコーデ

バリのファッションの傾向

バリ島では男性はTシャツに短パンやジーンズが現地の人でも一般的。女性であれば、Tシャツにジーンズやパンツ姿が主流です。

mari
mari
バイク王国、東南アジアの一部でもあるバリ島は女性でもバイクに乗るのは日常なので、パンツスタイルが多いんです!

リゾート地で多く見掛けるツーリストのスタイルでは女性はワンピースやキャミソール、タンクトップが主流。

男性はTシャツやタンクトップが圧倒的で、短パンの動きやすい服装をしています。

最も気をつけたいのが履物(サンダル)

有名なショッピングモールや、スーパーの周辺では余り見掛けなくなりましたが、まだ歩道や道路の一部では穴が開いた道や、デコボコの段差で歩きにくい場所があります。

mari
mari
ヒールの高い靴は逆に歩きにくく足が疲れてしまうと思います

現地の方はビーチサンダルを愛用していますが、旅行でバリ島へ行く場合は男性も女性もホールド感がしっかりしているサンダルを履くことをおすすめします。

暑い日でも足元が蒸れずに風通しの良いサンダルはビーチや、ショッピングを楽しむ時間でも歩きやすく、靴ずれせずに快適です。

運動靴やスニーカー、ヒールがある靴はバイクに乗る時や仕事中、運動やジムに通う時に現地の方が履いていることが多いですよ!

旅行者も現地の人に合わせるべき?

結論から言うと出来る範囲で現地の人の恰好に合わせたほうが良いというのが私の考えです。

文化も気候大きく違うので難しい場合もありますが、あまり悪目立ちして犯罪のリスクを高めたくないからです。

日本と同じようなかわいらしい恰好をして旅を楽しみたいのも理解できますが、比較的カジュアルな服装を選んだ方が無難だと思います。

バリでタブーとされている服装

バリでタブーとされている服装は特にありません。

とはいえ、ミニスカートは全世界共通でやめたほうが良いと思います。

ミニスカートに高いヒール、ばっちりメイクのような恰好をしているとナンパされたり、性犯罪に巻き込まれてしまう可能性も。

日本人の女性はチョロいなんて勝手に思っている男性もいるので、自衛の意味でも露出のしすぎはやめておきましょう。

mari
mari
ミニスカートを履いていなくてもしつこい人はしつこいです!女子旅では十分気を付けてくださいね!

仏教寺院見学時の服装

バリにはたくさんのお寺があり、多くの旅行者から人気で見学ができます。

観光でお寺や寺院に行く場合は肌の露出は極力抑えましょう。神聖な場所であるため、タンクトップや短パンはNGとなります。

サロンを用意してくれているツアー会社もあるので、現地の方の指示に従って楽しい観光ポイントを巡ってください!

高級レストラン・ホテルでのドレスコード

大晦日や新年を迎えるホテルではガラディナーがある所や、高級レストランではドレスコードが常識。

男性は襟付きの半袖シャツに長ズボン、女性はワンピースで充分です。少しだけドレスアップをして、浮かない服装で向かいましょう♪

バリの季節ごとのおすすめの服装

熱帯モンスーン気候。日本のように四季はなく、雨季と乾季の2つに分類されます。

あもちゃん
あもちゃん
基本的に年中日本の夏服で対応できると考えて大丈夫!
バリ島のベストシーズンは4月~11月!おすすめの服装&必須アイテムもチェックしよう!東南アジア屈指のリゾート地、バリ島。 「地上最後の楽園」とも呼ばれる美しい島で、日本からの旅行者も多い場所です♪ 今回は、そ...

バリの平均気温や降水量をチェック!

グラフの赤い線は年間の平均最高気温、青い線は平均的な最低気温を表しています。紫色の線は雨が降った日、緑色の線は降水量です。

これを見ると、降水量が10月以降一気に上昇しているのがわかります。

この季節から雨季の始まりで、雨の日が減ってくる4月、5月辺りから乾季になります。

気温はデンパサールを基準にしているので少し高いですが、ウブドや山間部に行くと夜や朝方は少し涼しくなり乾季の合間の7月、8月は寒いくらい。

あもちゃん
あもちゃん
日中は日差しがとても強いのでサングラスや日焼け止めは忘れないで!

乾季(4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月)の服装

カラッとした天気が続き、雨が降ってもスコール程度で終わります。

風が強くなり、ランニングやタンクトップでは太陽が雲に隠れると少し肌寒く感じる日もあります。

フェニー
フェニー
カーディガンや羽織物が1枚あるととっても便利!

夜になると、比較的暖かい南部でも少し寒くなるので、寒がりさんは長袖のトップスやパーカーがあっても良いでしょう。

雨季(12月・1月・2月・3月)の服装


photo by Loïc Ventre

雨季とはいえ、雲が多い日もありますが太陽が顔を出すとジリジリと暑くなります。

1日中雨が降る日はそれほど多くはありません。しかし、乾季と違い湿度が高く蒸す季節。トップスはTシャツやタンクトップのような軽い服装で暑さをしのぎましょう!

雨季は雲行きが怪しくなると急激に暗くなり、バケツをひっくり返したような大雨になります。

濡れたままの服装でいるとホテルや建物内はエアコンで冷えているため、風邪を引きやすい環境に。

mari
mari
雨具が役に立たたず濡れた場合は直ぐに着替え、体を冷やさないようにしてください!

現地のスーパーで売られているバイク用のポンチョ型の合羽があると便利です。

バリの服装まとめ

真夏の日本からバリ島に入ると、思ったより涼しくて風邪を引いたと言う方が結構います。

日本が寒い季節、バリ島は蒸し暑く湿度が高い雨季になります。脱ぎ着しやすく、動きやすい服装で、羽織れるアウターも準備しておくと快適な旅行になりますよ!

mari
mari
サロンと呼ばれる布は寺院を訪れる際、腰に巻くこともできますが、羽織り物にも大変身♪

1枚用意しておくと、プールサイドやビーチから部屋でシャワーを浴びる移動中にも使えて便利なアイテムです!

バリ島旅行は着回しやコーデも考慮して、ファッションも楽しみながら素敵な旅にしてくださいね♡

バリで遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
バリの人気チケットが
最大50%オフになるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや
クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる