ケアンズ

ケアンズのベストシーズンは4〜11月!年間の気候・現地の服装は?

ケアンズに旅行をしたいけれど、いつがベストシーズンなんだろう?と迷っている方も多いのではないでしょうか。

ケアンズは乾季と雨季にわかれていて、自然を楽しむには乾季がおすすめです。

自然を楽しむ観光地が多いので天候のいい時期を狙うとよいですよ!

今回の記事ではケアンズに丸1年在住して現地ツアーの仕事をしているの私が乾季・雨季それぞれの注意点や、年間の気温、服装について解説していきます。ケアンズ旅行を検討している方は必見ですよ♪

旅行の計画を立てる際や旅行の荷物を詰めるときに、参考にしてみてください!

東京⇔ケアンズの航空券はジェットスターが1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復4万円台でケアンズ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでケアンズへの格安航空券をみてみる

ケアンズのベストシーズンは乾季(4月〜11月)

グレートバリアリーフやキュランダなど自然を楽しむ観光地が多いケアンズ。

ケアンズは一年中暖かい熱帯雨林気候ではっきりとした四季はありません。そのかわり、大きく乾季と雨季に分かれています。

12月から4月初旬が雨季にあたり、この時期は気温も湿度も非常に高くスコールのような雨がよく降ります。

>特に1月から3月は大型のサイクロンが発生するので、ツアーやアクティビティが中止になることも。

せっかくツアーに行ったのに観光地がどこも雨で閉鎖されていてホテルに缶詰ではせっかくの旅行も台無しですよね。

一方で乾季の4月〜11月はほとんど雨が降りません。

湿度も低くなりカラッとしていて快適に過ごすことができる季節です。冬の季節でも日中は25度くらいまであがるので海のアクティビティも問題なし!

ケアンズに来るなら乾季の4〜11月がベストです!

ケアンズ乾季と雨季の特徴と現地での楽しみ方

ケアンズに旅行を決めたけれども、雨季の時期だった・・・とがっかりしている人もいるかもしれません。

もちろん乾季の方が過ごしやすいのは事実ですが、雨季の時期の方が楽しめる観光スポットもありますよ!

ちあき
ちあき
ツアーの仕事で乾季、雨季両方のシーズンを見てきた私がそれぞれの時期の楽しみ方を教えます!

ケアンズ乾季の特徴と楽しみ方

乾季の時期は雨がほとんど降らず、雲がない日も多いです。

オーストラリアは日本に比べて紫外線が強いので、この時期は特に日焼け対策をするようにしましょう。

乾季の時期はマリンアクティビティに最適!

雨が少ないため海が濁っていない日が多く、グレートバリアリーフでダイビングやシュノーケルを存分に楽しめます。

その他も基本的にケアンズ周辺の観光地は屋外のものが多いので、どこに行っても楽しめるでしょう。

特にケアンズの冬(6〜8月)は暑すぎず、湿度も低いので外を歩くにも気持ちいい季節です。

この時期になると地元の人たちは「キャンプシーズンがきた!」と喜んでました。

ケアンズ雨季の特徴と楽しみ方

雨季の時期は直前まで晴れていたのに突発的なスコールやサイクロンが起きたり、一日中しとしと雨が降ったりお天気は安定しません。

観光するのに晴れ間が少ないのは残念だなぁと思う人もいるかもしれませんが、この時期の方が楽しめることもあるんです!

ちあき
ちあき
雨季のシーズンにおすすめなのが、滝や川遊びのアクティビティ

世界遺産のあるキュランダにいく列車で見られるバロン滝や、ストーニークリーク滝、モスマン渓谷などは雨季の方が迫力満点!

乾季の時期は滝が干上がってしまってまるで糸のようにみえることもあるのですが、この時期は水しぶきを感じるくらいの勢いになります。

滝の水蒸気によって虹が見られることも多いのがこの時期です。

mari
mari
また、川の水量も増すので、ラフティングを考えている人にも嬉しい季節です。

乾季の時期は水量が足りず、一部船を押していかなければいけない時もありますが、雨季のシーズンはそんな心配は無用!

雨季の時期は、この時期にしか見れない雰囲気をたのしみましょう。

ケアンズの年間平均気温・降水量

ケアンズは1年を通して暖かい常夏の国!平均気温も湿度も日本より高いのが特徴で、冬でも基本的には半袖で生活できます。

では、参考までにケアンズの年間平均気温と降水量を見てみましょう!

ちあき
ちあき
ケアンズは四季がないから、平均気温がほとんど一緒であたたかいです!
雨の量には差がありますが、雨季の時期は数時間だけ激しく雨が降る(スコール)がほとんどで、天気が変わりやすいのが特徴ですよ。

ケアンズ観光するときの服装は?

ケアンズは基本的に暖かいので、半袖短パンで過ごせます。

ドレスコードが厳しい店も少ないので、きっちりした服はほとんどいりません。

室内が寒いことはあるので羽織りものがあればよいですね。ちなみに、現地の人はかなりラフな格好をしています。

男性ならばTシャツに短パン、女性ならば薄手のワンピース。

こちらでは年齢によって着る物を変えようという雰囲気はあまりないので、年配の人も、明るい色で露出が多めのワンピースを着ています!

現地の人の服装を見ると、暖かい場所に来たなぁーという気分になりますよ!

いつでも常夏のケアンズを楽しもう!

ケアンズは基本的に一年中暖かいので、寒いのが苦手な人には嬉しい地域。

乾季と雨季にわかれるので天候が気になる人は乾季の時期に来るのがおすすめですが、雨季の時期でも十分楽しむことができます。

いつでも常夏気分を味わえるケアンズで、ビーチをはじめとする大自然を楽しみましょう♪

東京⇔ケアンズの航空券はジェットスターが1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復4万円台でケアンズ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでケアンズへの格安航空券をみてみる

オーストラリアで遊ぶなら絶対ベルトラ!
オーストラリア

オーストラリアで世界遺産を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

2人目無料の超お得なチケット多数!!

安心の日本語サポート付きで
オーストラリアを堪能できます。

\事前に日本語で予約できる/

ベルトラ
公式サイトをみてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA