旅の持ち物・豆知識

元クレカ社員が選ぶ!オーストラリア旅行で使えるおすすめクレジットカード3選

今回はクレジットカードのお話。オーストラリアは日本と違ってカード社会です。

台や個人店の小さなお店でも、ほとんどクレジットカードは使えますし、スーパーマーケットにはカード専用レジが多いんです。

スリも怖いのでお財布にはあまりたくさんの現金を入れず、スーパーやパン屋さん、カフェやレストランもクレジットカードでお会計!

それではオーストラリア旅行に持っていくべきおすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

mari
mari
私は長年クレジットカード会社に勤めていたので、クレカ情報にはかなり精通しています!クレカのことなら私に任せてくださいね♪
カード名 年会費 特徴
エポスカード ずっと無料 海外旅行保険自動付帯
年会費無料
楽天プレミアムカード 10,000円(税抜き) 天下のプライオリティパス
手荷物配送サービスあり
ANAワイドゴールド 14,000円(税抜) マイルが貯まりやすい
海外旅行保険が手厚い

オーストラリアでおすすめのクレジットカードブランド

オーストラリアは治安が良いので、強盗に遭遇するということは滅多にありません。

しかしながら観光客を狙ったスリはいるので多額の現金を持って旅行するのは少々危険。

やはりオーストラリア旅行に行くならクレジットカードは必要です。

オーストラリアで一番使えるカードはVISA・MASTER。JCBは使えるところが限られる印象ですが、JCBプラザというサービス窓口があるのでいざというときに安心です。

オーストラリア国内では、シドニー、ケアンズ、ゴールドコーストに支店がありますよ!

せっかくの海外旅行、スリやトラブルがあった時のために最低でもVISA・MASTER・JCBの中から2枚のカードを持っておくことをおすすめします♪できれば3枚以上を推奨します。

1位『エポスカード』

正直な話、おすすめのクレジットカードは人によって違います。

できれば直接聞いてもらいたいくらいですが、なかなかそんなわけにはいかないのでランキングを作ってみました!

個人的には年会費の高いカードで補償を手厚くするのが安心。だけど1万円以上の年会費払いたくない人多いですよね??

私もクレジットカード会社で働いてなければ1万円以上するクレカなんて作ってなかったかも(笑)

というわけで、「クレカに詳しくない」「高額な年会費をかけたくない」という人にいつもおすすめしているエポスカードを1位にしました。

エポスカード基本情報・特徴

  • 年会費:無料
  • 還元率:0.5%
  • ブランド:VISA

エポスは海外旅行好きなら絶対に持っておくべき超おすすめのクレカです。

なんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されているというお得度MAX!年会費無料のクレジットカードの場合、保険が付かないカードが圧倒的に多いのにこれはすごい。

その中でも特に補償額が高くとってもおすすめできる1枚です。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のこと

mari
mari
いちいち海外旅行保険に加入しなくていいのは本当に便利!

※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能

押さえておきたいのは治療費と携行品損害の金額です。(死んじゃったら保険もらっても仕方ないしね・・・)

たいていはお腹を壊すか、スリや置き引きにあうという被害だと思うのでこの2つを必ずチェックしておきましょう!

エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

2位『楽天プレミアムカード』

次におすすめなのが楽天プレミアムカードです。ここだけの話、電話での対応はあまりよくありませんでした(笑)それでも2位にランクインするほどの強い理由があります。

mari
mari
それがプライオリティパスの存在!!

プライオリティパスとは国内と海外で合わせて1,000か所以上の空港ラウンジを使うことができるカードのこと。

プライオリティパスが運営する空港ラウンジに行き、カードと搭乗する航空券を提示すれば利用できる仕組みです。

>>プライオリティパスの詳細をもっとみる(公式サイトへ)

このプライオリティパスは通常有料で購入でき、価格は以下のようになっています。

スタンダード会員 年会費99ドル 1回につき27ドル 同伴者27ドル
スタンダードプラス会員 年会費249ドル 1回につき27ドル
(10回まで無料)
同伴者27ドル
プレステージ会員 年会費399ドル 無料 同伴者27ドル

結構高いですよね。プレステージ会員にならないと毎回お金がかかってくるので大変です。

mari
mari
正直ラウンジによっては食事も全然たいしたことないから1回3,000円も払うのは割に合わないなーと思うことあります。

しかし「楽天プレミアムカード」を持っていれば自動的にプレステージ会員になることができるんです!

楽天プレミアムカード基本情報・特徴

  • 年会費:10,000円
  • 還元率:1.00%
  • ブランド:JCB / VISA / MASTER

楽天プレミアムカードは年会費も10,000円とそれほど高くないにもかかわらず、399ドル(約40,000円)相当のプライオリティパスのプレステージ会員になることができます。

つまり、無料で国内外合わせて1,000近い空港ラウンジを使うことができるというわけ!

mari
mari
正直、この特典だけでも楽天プレミアムカードは持っておく価値があると思います。

他のカードでもプライオリティパスが特典で付くことあるのですが、普通は年会費3万~5万以上のカードにしかつかないんですよ。

楽天本当に謎です。楽天市場で稼いでるので気にしてないのかな・・・なんて。

国際ブランドもVISA・MASTER・JCBから選ぶことができるので、海外利用にも気軽に使うことができます。また海外保険*もついており、1枚で3つ以上もメリットがある、おすすめのクレジットカードです!

楽天カード公式サイトで詳細をみてみる

楽天プレミアムカードなら
『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

楽天カードの保険は「利用付帯」のため保険を有効とするには、日本を出国する以前に旅費に該当する代金を支払っている必要があります。行きの電車賃でもOKです。

プレミアム(ゴールドカード)だと、普通は電話した時の対応がかなり良いはずなのに楽天はそんなことありませんでした。これだけのサービスを低価格で実現しているのでコストをかける部分が違うのだと思います。

サービスの点では不満が残りますが、コスパ抜群!

一般カードの場合も年会費無料でエポス同等の補償が付きますので、エポスを既に持っているという方は別ブランドで楽天の一般カードを持っておく手もありですね。

3位『ANAワイドゴールドカード』

私のメインカードである「ANAワイドゴールドカード」をご紹介します!

ブランドはVISA・MASTER・JCBがあり、一番人気はVISAカードとなっています。

mari
mari
ちなみに年間100万円の決済をするだけで東京〜沖縄往復分の特典航空券(無料で乗れるチケット)が手に入るほどのマイルを獲得できますよ!

スマホ・水道光熱費・一部税金などもクレジットカード支払いできるので、積極的にカードを使えばほとんどの方が年間100万円決済をクリアできるのではないでしょうか?

ANAワイドゴールドカード基本情報・特徴

  • 年会費:14,000円
  • 還元率:最大1.72%
  • ブランド:VISA・MASTER・JCB

私がこのクレジットカードを保有している理由は、ズバリANA「マイル」海外旅行保険です。

ゴールドカードは100円で1マイルたまるので還元率は1%。年に300万円以上使用すれば翌年ボーナスポイントが付還元率は1.075%となります。

VISA/MASTERの場合下記の条件を満たせば年会費が大幅に(約5,000円)安くなることから圧倒的に人気。

  • マイ・ペイすリボを使う
  • WEB明細にする
mari
mari
JCBで優位点があるとすればETCカードが無料なこと。あとは保険内容が魅力!

また海外旅行保険もその他カードに比べて手厚いので1枚あると安心ですよ。

公式サイトをみてみる

ANA VISA カード

「JCBプラザ」と「たびらば」を活用しよう

「VISA」か「MASTER」を持つのはマスト!おすすめのエポスカードも作ってみてほしい!

しかしながら「VISA」も「MASTER」も外国ブランド!困った時の顧客サポートはJCBが一番です。スリや盗難、病気など何かあった時のために国内ブランドのJCBを持っておくと安心感が違います。

日本人観光客が多く訪れる街にはたいていJCBプラザという日本スタッフがいる支店があり、何か起きた場合は実際に足を運んで助けを求めることも可能です。

オーストラリアにも「JCBプラザシドニー」「JCBプラザケアンズ」「JCBプラザゴールドコースト」があって、様々なサービスが用意されています。

  • ホテル・レストラン・ツアーの予約
  • JCBカードの紛失・盗難時のサービス

個人的に嬉しいのが紛失盗難時にすぐに再発行してもらえるところ!

mari
mari
友人が現地でカバンを落としてしまったとき、カードを即日再発行してもらったので事なきをえました。他のカード会社では難しい対応です。

JCBプラザ シドニー

住所 Level 18, 456 Kent St. Sydney, NSW 2000, AUSTRALIA(JTB内)
「Town Hall駅」から徒歩約3分のTown Hall House 18階。入口はKent St.側。
営業時間 10:00AM~正午、1:00PM~5:00PM
定休日 土・日・祝日
HP JCBプラザシドニー

JCBプラザ ケアンズ

住所 Ground floor, 17 Spence St. Cairns, QLD 4870, AUSTRALIA(JTB内)
DFS前の交差点より「OK Gift Shop」を左手に、スペンス通り(Spence Street)を約50メートル直進。
営業時間 9:00AM~4:00PM
定休日 年中無休
HP JCBプラザケアンズ

JCBプラザ ゴールドコースト

住所 Shop 3A, 3191 Surfers Paradise Blvd., Surfers Paradise, QLD 4217, AUSTRALIA(JTB内)
Surfers Paradise Blvd.沿い、Chevron Renaissance Shopping Centerの向かい。
営業時間 10:00AM~4:00PM
定休日 年中無休
HP JCBプラザゴールドコースト

JCBの海外優待サービス「たびらば」を使えばホテルやレストランで優待を受けることもできます。

サービスでデザートやドリンクが無料になったり割引があったりするのでJCBカードをお持ちの方は一度チェックしてみてくださいね!

ちなみに私はアメックスもいれて全部で4ブランド、計10枚くらいクレジットカードを持っています(笑)

もっと詳しく知りたい方は【2019年】世界60か国以上を旅した私が旅好きにおすすめするクレジットカード7選をご覧ください。

オーストラリアに持っていくべきおすすめクレジットカードまとめ

クレジットカードは年会費無料~高額なものまで様々あるので頭を悩ませてしまうと思います。とにかく何も考えたくない人は

①まずはエポスでVISA(無料)!!

もし既に持っていれば

②楽天の一般カード(無料)でMASTERかJCBを作っておいて

余裕があったら年会費が高いカードを1枚メインカードとするのが私のおすすめです。

外国に行くと落としたり盗まれたり使えなかったり思わぬトラブルもあるので複数のクレジットカードを別々のお財布やカバンにいれおくといいですよ♪

mari
mari
それにカードを複数持っていれば保険も合算!!できますしね( •̀∀•́ ) ✧ドヤ

では気をつけて行ってらっしゃい~!Have a nice trip !!

オーストラリアで遊ぶなら絶対ベルトラ!
オーストラリア

オーストラリアで世界遺産を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

2人目無料の超お得なチケット多数!!

安心の日本語サポート付きで
オーストラリアを堪能できます。

\事前に日本語で予約できる/

ベルトラ
公式サイトをみてみる