人気のお土産

【2019年オーストラリア土産】人気のおすすめホホバオイル5選と選び方

オーストラリアの方が日本より安く買える、ホホバオイル(jojoba oil)。

オーストラリアには有効成分量のたっぷり入った高品質なホホバオイルがたくさん出回っていてお土産に大人気!

「ホホバオイルをつかってみたいけど、種類が多すぎてどれを選んだらいいの?」というあなたのために、この記事ではホホバオイルの選び方おすすめ商品についてご紹介します。

オーストラリア産人気のホホバオイルブランドおすすめ5選

ホホバカンパニー(jojoba company)

ボトルのカタチもかわいいホホバカンパニーのオイル。

特徴は完全無農薬でつくられていること。

顔や髪につかうオイルなので、ケミカルなものをつかっていないのは安心ですね。

動物実験をしないと宣言している会社でもあり、ここのオイルを買っておけばまず間違いありません♪

マッドマックス (MADMAX) ホホバオイル

MADMAX ホホバオイル 50ml

created by Rinker

マッドマックスのこだわりは、実の中心の芯からのみオイルを採取していること。

厳選に厳選を重ねて、実の一番いい部分だけを使用してつくられています。

オイルを塗った直後でも普通にメイクできるくらい、よく肌に浸透しますよ!

ラニー(LANNY) ホホバオイル

送料無料 ラニー ホホバオイル 50ml LANNI ホホバオイル オーガニック

created by Rinker

オーストラリアではアプレーという名前で売られているのがラニーホホバオイル。

子どもがなめても大丈夫なオイル、と宣言しているくらい不純物が入っていません。

オーストラリア産のホホバオイルの中でも高級ラインですが、品質重視で選ぶ方にはイチオシです。

チャルマーズデール(Chalmers Dale)ホホバオイル

オーストラリアでプロポリスと言えば、まず思い浮かぶブランドがチャルマーズデール。
実はこの会社、ホホバオイルもつくっているんですよ。

ホホバオイルは元々ほとんど無臭ですが、香りつきの製品がつかいたいという方はチャルマーズデールのものを探しましょう。

ラベンダーやユーカリの香りつきのホホバオイルを売っています♪

ネイチャーズハウス(Nature’s house) ホホバオイル

オーストラリア ゴールデン ホホバオイル 15ml

created by Rinker

オーストラリアで健康食品やコスメを扱っているブランドがネイチャーズハウス。通信販売の会社なので残念ながら現地で購入することは出来ません。

こちらの会社の商品はオーストラリアから直送した後、日本でアフターケアをしているので海外から直送で買うのが不安という方によいですね。

オーストラリアでホホバオイルが買える場所

次にオーストラリアのお土産にホホバオイルが欲しい!という方のために、ホホバオイルが売っている場所を紹介します。

ちあき
ちあき
ホホバオイルは油だけどスーツケースに入れて持ち帰れるから安心して買えますよ!

街のお土産屋さん

ホホバオイルはお土産に大人気!

ツアーガイドをしているときに、ホホバオイルが買える場所をたずねてくるお客さんも多いんですよ。

とーっても人気なので、お土産屋さんに行けばだいたいどこでも売っています!

お店によって値段が違うので比較して底値で買えればお買い物上手♪

ちなみにホホバオイルは抗酸化作用が高く劣化しにくいので、入荷したてのものにこだわらなくても大丈夫です。

薬局

ドラッグストアにもホホバオイルが売っています。一番有名なのがケミスト。黄色い看板が目印のお店です。

薬局で買うメリットは、品揃えが豊富なお店が多いこと。

1回使って気に入ったから、同じブランドのものが買いたい!といったこだわりがある人は、薬局でホホバオイルを探しましょう。

スーパー

スーパーにもホホバオイルがおいてあることがあります。
まとめてお土産を調達したい人には便利ですね。

種類はそれほど多くなく、定価で売っていることも多いので、安く買いたい方はお土産物屋や薬局で買う方がよいかもしれません。

オーストラリア産のホホバオイルがおすすめな理由

ホホバオイルは、ホホバの木から抽出したオイルです。ホホバの木は水が少ない砂漠地帯でも育つことが出来ることができるのが特長で、ホホバの木からとれるオイルは保湿効果バツグン

オーストラリアのホホバオイル特徴

ホホバオイルは南米産も有名ですが、オーストラリアのホホバオイルは品質が高いことで注目されています。理由は以下の2つ!

  1. 使用感がよい
  2. 有効成分が豊富に入っている

メキシコやペルーのホホバオイルは、ややベットリとした使用感で匂いもあるため好みがわかれるところ。

一方で、オーストラリアホホバオイルは高濃度でもサラッとした使用感で匂いもほとんどありません

[/chat]オイルがあまり得意でない人でもつかいやすい![/chat]

また、オーストラリアのホホバの質が高い秘密はきれいな空気と土壌にあります。

工場の数も少く環境の良いオーストラリアは、植物を育てるのにピッタリなんですね!

mari
mari
オーガニック大国で、農薬にとても気を遣っている点も嬉しいです♪

そんな環境で育ったホホバでつくったオイルだから、ビタミン・ミネラルなどの有効成分が豊富に含まれているのです。

オーストラリア産ホホバオイルの選び方

次にホホバオイルの選び方を紹介します。ホホバオイルを選ぶときに注目してほしいのは2つ!

  1. 精製度合い
  2. 製法

精製度合い(未精製or精製済)

精製とは、不純物を取り除いたり脱臭や脱色をすること。未精製、精製済みのオイルの特徴の違いを表にまとめました。

未精製 精製済み
黄金色 無色
有効成分 多く入っている 取り除かれて減っている
値段 高い 安い

いちばん簡単な見分け方は「色」です。

未精製のホホバオイルはキレイな黄金色をしていますが、精製済みのオイルは無色。

精製済みのオイルは抽出の過程で脱色・脱臭をしているので癖はなくなりますが、その分有効成分も取り除かれてしまうのが欠点です。

未精製のものはミネラルやビタミンが多く含まれているのですが、精製済みのものはほとんど含まれていません。

ちあき
ちあき
ホホバオイルの効果を感じたいなら、未精製のオイルを選びましょう!

未精製のオイルはつくるのにより手間がかかるため、値段が高価になります。

ついつい安いものを選びたくなりますが、有効成分がほとんど入っていないオイルでは効果が十分に得られません。

せっかくホホバオイルをつかうなら、絶対に未精製の商品がオススメですよ!

肌が極端に弱い人の場合は、未精製のオイルをつかうと不純物が刺激になることがあります。

使用感を重視しており、マッサージ用オイルなどで伸びのよさだけを求めている方には精製済みオイルがオススメとなることもあります。

オイルの抽出方法

次に重要なのがオイルを抽出する方法!大きく以下の3つに分類されます。

  • 水蒸気蒸留法
  • 溶剤抽出法
  • 低温圧搾法

私のオススメはズバリ低温圧縮法!

低温圧縮法とはその名の通り、熱をできるだけ加えず、圧力をかけることでオイルを抽出しており、その他の2つは抽出の過程で熱を加えています。

オイルを抽出する際に熱を加えると、熱に弱いビタミンなどの有効成分が破壊されてしまうんです。

効果にこだわりたいなら、熱のダメージを受けていない低温圧搾法が高品質です!

ホホバオイルの選び方まとめ

効果の高いオイルが欲しいなら

  • 未精製
  • 低温圧搾法でつくられたもの

以上、効果の高いホホバオイルの選び方でした。

オーストラリアのおすすめホホバオイルまとめ

オーストラリアの品質の高いホホバオイル、ぜひつかってみてくださいね!

お肌にはオイルでの保湿が一番ですから。リーズナブルでお得に買えるオーストラリア土産にピッタリですよ♪