パース

子連れロットネスト島見どころ・料金・レストラン徹底ガイド《パース》

ロットネスト島はフリーマントルから西に18km離れた、パースから一番近い島。

ピカチュウのモデルになったとも言われている野生のクォッカが生息しているんですよ♪

手軽にいけるにも関わらず、手つかずの自然が残っていて非日常を味わうことができるので、パースに行くなら外せない観光名所!

この記事ではロットネスト島の見どころや知っておきたい情報をギュッと詰め込みました。

ロットネスト島を100%楽しむために、ぜひ予習しておきましょう!

ロットネスト島のツアーなら「ベルトラ」がおすすめ!

ロットネスト島の
ツアーをみてみる

元ケアンズガイドのちあきが1番おすすめするツアーはコレ!

東京⇔パースの航空券はジェットスターかエアアジアなどLCCが1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!

往復4万円台でパース行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでオーストラリアへの格安航空券をみてみる

ロットネスト島基本情報

ロットネスト島チケット・ツアー料金

ロットネスト島への入場料というのは特にありません。

チケットは定価で往復$72から。ベルトラならばたびたびセールをやっていますよ!

ロットネスト島の
ツアー・チケットをみてみる

ロットネスト島の行き方・アクセス

ロットネスト島への行き方は通常フェリーと飛行機があります。

飛行機だと12分で到着するなど非常に便利ですが、チャーター代や飛行場までのアクセスなどを考慮すると、フェリーが無難です。

ロットネスト島の移動手段

島内は周回バス、レンタルサイクル、徒歩のいずれかの散策になります。

道は舗装されていますが、アップダウンが激しいので、歩きやすい靴を用意しておきましょう。

ロットネスト島の見どころ

それではロットネスト島でおさえておきたい見どころを紹介します。

ロットネスト島は自然を楽しむ島なので、ぜひ冒険してみてくださいね。

クウォッカ

やはりロットネスト島と言えばこの動物、クウォッカです!!

世界一幸せな動物と言われており、島の至る所で見ることができます!

ちあき
ちあき
餌付けや触れるのは禁止なので注意してくださいね!

 

ウォークトレイル

Wadjemup Bidi と言われ、5つのハイキングコースがあるウォーキングアクティビティです。

各コース10km以下とちょうど良い距離で、山など森林を体験したい人におすすめです。

Wadjemup Bidi

サイクルトレイル

レンタルサイクルを利用して、島内を回りましょう!

レンタルサイクルは島内で借りれるほか、フェリー予約時にオプションで一緒に申し込むことができます

フェリーと同時予約の場合、ロットネスト島への下船時に借り、乗船時に返却すれば大丈夫。

島内で借りた場合は営業時間が8:30から17:00までなので要注意です。

 

オフィシャルの選定コースは3つ。

北側のみを周る4kmのコース、島の中心から南東部を周る10kmのコース、島を1周する20kmのコースがそれぞれあります。

ちあき
ちあき
ご自身の予定、体力に応じて島内サイクリングを楽しみましょう!

 

Cycle Trails

島周回クルーズ

こちらは各フェリー会社や旅行会社から申し込むことのできる、アクティビティーです。

特に9月から11月はクジラが島の近くまで来るため、ホエールウォッチングをすることができます。また、海の幸を楽しめるものもあり、船上で食べるロブスターは最高です!

Rottnest Express

Rottnest Cruise

Rottnest Fast Ferries

スカイダイビング

ロットネスト島ではスカイダイビングをすることが可能です。

美しい島とインド洋、そして遠くから見えるパース街を一望しながらのダイブはスリル満点です!

Skydive Geronimo

ゴルフ

実はロットネスト島内でゴルフもすることができます!

リゾート感覚を味わいながら、楽しむことができますよ!!

Karma Golf

海で遊ぶマリンアクティビティ

ロットネスト島では、マリンアクティビティ用の道具を貸し出し、または購入できます。また持ち込むこともこともできますが、サーフボードはフェリー代とは別に料金がかかりますので要注意です。

  • シュノーケリング
  • パドルボート
  • スタンディングパドル
  • サーフィン
  • 釣り
  • 海水浴

を楽しむことができますよ!

船のチケットを買うときに、アクティビティ付きプランにしておくと割安になってお得です。

ぜひキレイな海でアクティビティを楽しんでくださいね♪

Beaches  & Bays

子連れロットネスト島お役立ち情報

ロットネスト島は自然を楽しめる一方、小さなお子様向けの施設は整っていません。

そのため、一人でしっかり歩ける年齢になってから来る方がベター。

家族旅行に気になる情報をまとめてみました。

ベビーカーレンタル

ロットネスト島ではベビーカーのレンタルはありません。基本的に持ち込みになります。

ただし、レンタルサイクルでは、ベビー用荷車を借りることができますよ、

オムツ交換・授乳室

オムツ交換台・授乳室の準備はフェリー乗り場付近のみとなっています。

島中心部のトイレは仮設に近いのできれいとは言えず、オムツ交換する場所に困るかもしれません。

ロットネスト島のレストラン・食事情報

ロットネスト島のレストランは数件あります。日帰りの方がおおいので、持ち込みされる方も多いです。

パブやチェーン店のカフェ、サブウェイがあるので、ビールやハンバーガーなどの軽食を食べることができます。

Thormsons Restaurant

名物のフィッシュ&チップスやお酒も一緒に楽しめる、船着場沿いにあるレストランです。

ツアーの昼食付きプランにも含まれていたりと、メジャーなお店です!

Thormsons Rottnest

ロットネスト島の宿泊情報

ロットネスト島には宿泊施設が数件あり、さらにキャンプ場やロッジを借りる事もできます。

夜になるとたくさんのクウォッカに会えるので、一晩過ごしてみるのはいかがでしょうか。

Discovery Eco-village Rottnest Island

(出典:Booking.com)

宿泊者専用プールが使えたり荷物の配達サービスなど特典があるのがこちらのホテル。

ロットネスト島でリゾート気分を味わい方にはぴったり!

ちあき
ちあき
フェリー乗り場から少し距離がありますが、ホテルから見える海と灯台の絶妙なバランスが最高です!

ロットネスト島の注意事項

ロットネスト島は自然保護の観点から、様々なルールが定められています。

クウォッカの餌付け禁止や、立ち入り禁止エリア、遊泳禁止エリア、釣り禁止エリア、また釣った魚のサイズや漁獲量の制限など色々あります。

美しい自然を守るためにも、地図や看板を注意書きをよく読み行動しましょう!

また、6月から8月までの冬は気温が下がり悪天候が多いので、この期間中に行くのは避けたほうが良いでしょう。

ロットネスト島のまとめ

パースからのアクセスが非常によく、自然を楽しむのにピッタリな島です。一日のんびりと自分の時間を過ごせます♪

特に利便性から休みの日は現地の人たちで大にぎわいです。

ロットネスト島でゆったりとした休暇を過ごしてきてくださいね。

ロットネスト島のツアーなら「ベルトラ」がおすすめ!

ロットネスト島の
ツアーをみてみる

元ケアンズガイドのちあきが1番おすすめするツアーはコレ!

オーストラリアで遊ぶなら絶対ベルトラ!
オーストラリア

オーストラリアで世界遺産を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

2人目無料の超お得なチケット多数!!

安心の日本語サポート付きで
オーストラリアを堪能できます。

\事前に日本語で予約できる/

ベルトラ
公式サイトをみてみる