MSC地中海クルーズ⑦侵略されし7000年の歴史マルタ島

マルタ共和国ってどこにあるの?どんな国?

みなさんマルタ共和国という国をご存知でしょうか?
私がマルタという言葉を意識したのは村上春樹の小説「ねじまき鳥クロニクル」に出てくる加納クレタとマルタ姉妹から。マルタという名前は、彼女がマルタ島で一週間マルタに湧く聖水だけを飲んで、体を浄化する修業をしたことから帰国後つけた名前。(読んだことない方はなんじゃそりゃって感じですよね。読んでも同じなので安心してください笑。)

マルタ島とクレタ島。なんとなくその後も頭の片隅にはあったものの、こちらも私の優先順位はあがらず未訪の地でありました。場所はイタリアの南、シチリアの下のほうです。
マルタ共和国の首都バレッタは欧州屈指の天然港グランドハーバーを一望できる、景色が素晴らしい街でした!

旅にでるきっかけってたくさんあると思うのですが、私の場合『好きな小説家やトラベラーが良かったと言っていたから』というのもよくありますね。自分と趣味のあう人をみつけて次の旅先を探してみてはいかがでしょうか?

マルタ共和国の歴史

とてもユニークな国なので少し歴史についてお話しします。苦手な人には眠い話ですがご容赦を。

マルタはフェニキア、カルタゴ、ギリシャ、ローマ、オスマン帝国など、数多くの国から攻められ侵略されています。その戦乱に満ちた歴史の核となっているのが「聖ヨハネ騎士団」、通称「マルタ騎士団」。城塞都市バレッタの基礎を築いたのも彼らなのです。その後はフランス、イギリスにも支配され・・・。イギリス連邦をはずれ完全独立といえるのは1979年のこと。涙涙です。

<マルタ騎士団>
国土を有しない、マルタ騎士団という「国家」が存在するのをご存知ですか?
国家が成立するための三要素とは「領土、国民、主権」だと定義されていますが、そんな常識を覆してしまうような「国家」がマルタ騎士団。
マルタ騎士団は、カトリックの騎士修道会です。十字軍時代のパレスチナに発祥した聖ヨハネ騎士団が現在まで存続したもので、領土を喪失しているため国土を保有していませんが、国際連合にオブザーバーとして参加。しかも、マルタ騎士団は世界の約94か国と外交関係を持ってるんです。残念ながら日本はマルタ騎士団を国として承認しておらず、外交関係もありません。

1798年にナポレオンに追われたマルタ騎士団。その後国家を作るなんてすごすぎますよね。第二次世界大戦で敗戦国にはなりましたが、諸外国の占領を免れた日本にはマルタの気持ちを測る由はありません。世界には私たちの常識では考えられないことであふれています。

 

バレッタでの過ごし方

もうパッと見ただけでこの港ものすごくカッコイイですよね!

4人の中でマルタを一番気に入ってたのは夫のフェニーでした。お城好きの男性にはたまらない要塞都市です。

旧市街全体が世界遺産に登録されているので、どこを見渡しても中世の雰囲気を感じることができます。マルタの観光名所を網羅するホップオン・ホップオフバスという2階建てのオープンバスで移動!
バスの中ではオーディオガイドがついていたのでおかしな日本語でしたが、歴史について知識を深めることができました。

うちの家には全く合わないので購入は見合わせましたが、取っ手一つみてもかわいいアンティークがたくさんあって素敵です。

バレッタで一番の見どころ聖ヨハネ大聖堂へ。

身廊の両側には、騎士の出身地の言語別にプロヴァンス、フランス、イタリア、オーヴェルニュ、アラゴン、イングランド、ドイツ、カスティーリャ=レオンの8つの礼拝堂があります。

裏側に迷い込んでみえた景色もよかったなぁ。
11時にオープンするジェラート屋さんを5分前から待ってできたてのハンドメイドジェラートをいただきました。

ここで食べたジェラートが今回の旅行で一番美味しかったです。

聖ヨハネ大聖堂は床がすごかった!聖ヨハネの生涯が描かれ、約400枚のモザイク画で埋め尽くされてるんです。
オーディオガイドで説明があった方がいいと思うけど時間の関係で私たちはパス。街歩きと地元民に人気?(そうな)ローカルレストランで食事を楽しみました。

記憶が曖昧なのですが、帰りのバスが全然予定通り来なくて乗船時間に間に合うかどうかドキドキでした。
バスは通るものの会社が違うから、満員だからという理由でいくつか見送り、他のツアー客も憤慨していた記憶が・・・。
バスを利用の際には自分がどのバスに乗って来たか十分確認するようにしてください!

港街はどこに行っても小舟をたくさんみることができました。眺めてるだけでウキウキしてくる景観です。

日本人にはまだまだマイナーなマルタ。今度は少しのんびりした日程で楽しみたいなぁ。

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!