わたしのこと

自己啓発嫌いのわたしがずっと大切にしている神本!7つの習慣

スティーブン・R.コヴィーの7つの習慣という本をご存知の人は多いと思います。

自己啓発嫌いのわたしですら会社員の若手時代に読みました(笑)

最近Youtubeの中田大学(オリラジあっちゃんのチャンネル)で扱っていたので久しぶりに読み返してみたところ、

当時は全然できていなかったことが、今はかなりできるようになっていることがわかってとても嬉しかったです。

というわけで・・・!今日はわたしが実践できるようになっていたこと、まだまだ難しいと感じていることなどをみなさんとシェアしたいと思います。

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

自己啓発嫌いのわたしがずっと大切にしている自己啓発本

自己啓発嫌いのわたしですら手放したくないと思って保管している超有名本が

《7つの習慣》、《エッセンシャル思考》、《嫌われる勇気》の3冊。

他の本も読みやすくて面白いのもあるけど、結局言っていることは同じような感じなので「読んでやる気になって終わり」というのではあまり意味がないですよね。

自己啓発本はほどほどに、小説や歴史の本など読んで海外旅行して見聞を広める方がわたしには向いているようです。

ちなみに自己啓発が嫌いというのは、「結局言っていることは同じ」「ポジティブなことばかり言って現実的でない」「読んでやった気になることが多い」からであって、

日々真面目に努力して自己研鑽している人は大好きですし、わたしもそうあれたらいいなとは思ってます。

苦手なワードは「効率的に」「最短距離で」「簡単に」。

人間遠回りしてなんぼでしょ、無駄こそ人生。という家庭で育ったので、効率性だけを追い求めているものに興味が湧きません。

先ほど紹介した3つは、大変なことを泥臭く乗り越えましょう。という内容なので嫌悪感を抱くことなく読破できたのかも(笑)

それぞれ漫画だったり、動画だったりわかりやすく解説しているものが多いので、活字が苦手な方は別の媒体で読んでみてください。

7つの習慣でわたしができるようになったこと

7つの習慣とあるように、コヴィー氏は以下7つの習慣について提唱しています。

◆私的成功
第1の習慣:主体的である
第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

第3の習慣:最優先事項を優先する

◆ 公的成功
第4の習慣:Win-Winを考える
第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣:シナジーを創り出す

◆ 再新再生
第7の習慣:刃を砥ぐ

会社員時代のわたしはお恥ずかしながらどれもできていませんでした。

今は第1~3の習慣、《私的成功》についてはかなり理想のレベルまできたので、今回は第3の習慣を中心に実践方法を解説します。

全部できれば最高ですが、女性の場合仕事での達成感が幸福につながる人はまだまだ少ないので・・・

1~3までいけば、じゅうぶん「あーわたしの人生って最高だわ!!」と思えるレベルに達するのではないでしょうか。

実際わたしはそうなってます。もちろんもっと友人、家族のためになるよう次の習慣も身に着けていけれるといいなと思ってるけどね!!

第1の習慣:主体的である

第1の習慣と第2の習慣についてはサラッと。文字通り何事も人のせいにするなということですね。

ブラック企業に勤めている、パワハラ上司がいる、仕事が楽しくない。→その会社選んだのあなたですよね?

夫(恋人)が浮気する、家事を手伝ってくれない、モラハラ→そのパートナー選んだのあなたですよね?

どんな困難な時でもこの道を選択したのは自分です。

自分の行動に責任を持ち続けることが第1の習慣となります。(耳が痛いですよね、若手社員の時に読んだけど当時全く響かなかったよw)

第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

自分が亡くなった時、具体的に葬儀の場面をイメージして周りから自分がどんな風に思われていたいと思いますか?

  • 誰にでも優しい人だった
  • いつもポジティブで新しいことに取り組んでいた
  • 家族を大事にする人だった
  • 葬儀には誰にも来てほしくない、家族だけ感謝してくれればいい

死ぬときに友人や家族に思われたいことこそ、わたしたちが人生をかけて達成すべき「成功」です。

人によってそれぞれ全然違うと思いますし、正解不正解もありません。

ちなみにわたしは・・・発表するのも恥ずかしいのですが・・・

《面白い》《優しくて親切》《色んなことをよく知っている》《友達が多い》《家族が好き》でした!

《良いママ》とか《家庭的》《料理上手》とかは全然出てきませんでしたね(笑)

あとは《お金持ち》《ロジカル》《センスが良い》《モテる》なども興味なかった!

あなたはどんな風に思われたいですか?

第3の習慣:最優先事項を優先する

第2の習慣は思い浮かべるだけなので、すぐにできると思います。第3の習慣はかなり難しいですよ!!

でもね、実はわたし、最近かなりできるようになったんです。

社会人の方はどこかで聞いたことがあるかもしれません。物事を緊急度と優先度の表にしてマトリクスを作ります。

大体どのマトリクスも仕事関連のものでフリーランスのわたしや主婦の方にはあまりピンと来ない内容だったので自分なりに表をうめてみました。

【一般的な緊急度重要度のマトリクス】

緊急 緊急でない
重要 重要な会議
クレーム対応
病気や事故
納期が迫った仕事
友達と遊ぶ
家族と過ごす
運動、予防
勉強、読書
重要でない 重要でない会議
重要でないメール、電話
接待や飲み会
ゲーム
テレビ
動画
暇つぶしのSNS

【わたしの緊急度重要度のマトリクス】

緊急 緊急でない
重要 育児
最低限の家事
ブログの執筆
旅行
友達と遊ぶ
家族と過ごす
運動、予防
勉強、読書
重要でない 必要以上の家事
必要以上の調べ物
付き合い程度の食事
ブログ以外の仕事
動画
暇つぶしのSNS

「緊急かつ重要」としてあげたのは、まったなし、絶対に毎日やらなければいけない育児と家事。そして一番メインの仕事であるブログです。

そして・・・ここで何より大事な項目が「緊急でないが重要なこと」

黄色で塗りつぶしている部分。これこそが人生における最優先事項なのです!

最優先事項のために時間をどれだけ避けるかが人生の充実度を大きく左右することになります。

大抵の人は「緊急かつ重要」なことでほとんど1日終わってしまうんだって。

それで疲れ果てて緊急でも重要でもないスマホゲームとか、ゴシップ検索とかしてしまったことないですか??

とにかく「緊急でないが重要なこと」をやるのが難しいらしいのですが、わたし!!今!!できるようになってましたー!!!

7つの習慣はしばらく読んでいなかったのだけど、去年1年ずっとこれからどうしていくか考えていました。

会社員をやめて、将来について考える時間を持てたことで、自分に何が必要なのか何度も何度も問いかけました。

結局わたしにとって充実した人生を送るには《健康》《家族》《友達》《趣味》しかありえないと思い、仕事の時間を少し減らして運動の時間を増やし、11月から毎日欠かさず1万歩歩いています。

最優先事項を優先することで得たもの

その結果・・・

  1. 歩く→SNSや動画が見られない→考え事をする→自分の将来について真剣に考える時間が増える
  2. 歩く→体力が付く→疲れにくい健康的な身体に
  3. 歩く→幸せホルモン「セロトニン」が出て幸せな気分に
  4. 歩く→暇な時は両親や友人と電話して楽しい

ただ歩いただけなのに、全部うまくいってる・・・!これに気づいた時は感動しました。

そして、これはとにかく友達にシェアしたいと思い立って柄にもなくこんな記事を書いています。

これを読む人の大半が、時間がないことは百も承知です。が!!!

もし今人生に満足していないなら、やっぱり何かを切り捨てるしかありません。わたしは考えたり悩んだりする時間を捻出するため・・・

  1. シェアメイトと暮らし、
  2. 3種の神器を購入し(乾燥機付き洗濯機、食洗器、お掃除ロボット)、
  3. 旅ブログ以外のブログを閉じました

結局自分で責任をもってどこかで何かを捨てるしかありません。

月曜日から金曜日、1日25分間だけこの「緊急でないが重要なこと」の時間を作ってみてください。

通勤中のネット検索をやめるか、25分早く起きるか、ランチや仕事を切り上げるか何でもよいので25分を自分のやりたいことに割り当てましょう。

わたしはこれで、本当にほぼ理想の人生を送れています。会社員時代には考えられなかったことです。

今のところ会社員に戻る予定はありませんが、今なら戻っても以前よりは良い状態で働けるはず!

だってわたしには何が大切なのかがもうわかっているから。

将来また何か不安になるようなことがあれば自分でも読み返したいと思い記事を書きました。たったひとりにでもメッセージが届けばとても嬉しいです。

もしまだ一度も読んだことないのであれば、ぜひ読んでみてください。

読んだけど忘れちゃったという人は思い出してみてください(笑)

動画や漫画ももちろんおすすめです。もし第4の習慣以降も解説して欲しいという要望があれば追記していこうと思いますのでコメントやTwitterのDMお待ちしています♪

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA