海外旅行保険が無料!年会費無料のクレカ公開
旅行中の豆知識

海外旅行で大ピンチ!紙がないし流せない!世界のおもしろトイレ事情

海外旅行に出かけると、食事が口にあわなかったり、言葉がなかなか通じなかったり不便なことが多々あります。

私はその「不便さ」が何とも言えず楽しいのですが、ひとつだけどうしても日本が恋しくなるものがあるんです。

mari
mari
そう、タイトルにある通りトイレです!!

きれいで快適な日本のトイレ。まさか世界でも同じようなトイレが使えるなんて思っていませんか??

今日は世界のおもしろトイレ事情をご紹介したいと思います。


トイレットペーパーを使ってトイレに流せるのは世界的に少数派

外国に行ったことがない人には衝撃かもしれません。

日本でトイレに行ったらトイレットペーパーがあるのは当たり前。

さらにトイレットペーパーを使ったらトイレに流すのが当たり前。

実は世界を見渡すと、これは全然当たり前のことではないんです( ゚Д゚)!!

日本と同様にトイレットペーパーを使って流せることができるのは実は少数派。

フェニー
フェニー
そもそも紙を使わず、水で洗い流すという国もたくさんあります!!

mari
mari
紙を使って流せるのは欧米を中心とした先進国だけなんですよ~!

水を使って流すというのはわかったけど、紙を使った場合それはどこに捨てればいいのでしょう?

トイレットペーパーは使えるけど流せない

トイレットペーパーをトイレに流してはいけない場合、たいていトイレにゴミ箱が用意されています。

女性用の生理ナプキンなどを捨てるゴミ箱より、もう少し大きいサイズで蓋がついていないことが多いです。

困っちゃん
困っちゃん
ナプキンもここへ捨ててOKです。

衛生上とても良いとはいえませんが、

  • 日本よりも下水管が細くて詰まりやすい
  • トイレットペーパーの品質が悪く水に溶けにくい

といった各国の事情があるので仕方ありません。

ゴミ箱に捨てることを知らない日本人や欧米人のせいでトイレが詰まってしまうことがよくあるそうです(;’∀’)

mari
mari
日中なら覚えているんだけど、夜中や寝起きでトイレに行った時はつい忘れて流してしまいがち・・・

トイレにゴミ箱がおいてあったら基本的に紙を流すなのサインです。面倒だし不衛生ですがここは相手のルールに従いましょう。

トイレットペーパーを使わず水で流す

主にイスラム圏で多く見られるのがトイレットペーパーを使わず水で流すタイプのトイレ。

トイレに蛇口(ホース)がついており、トイレットペーパーがどこを見ても置いていない場合は覚悟しましょう。

mari
mari
イスラムでは不浄は水で清めるという教えがあります。

汚物は水で洗い流すのがもっとも清潔であり、紙で拭くなんて汚いでしょ?という発想です。

古くからウォシュレット文化を取り入れており、最先端といえなくもないですね!

とはいえこれがなかなか難しい。。。どうやって洗えばいいのか慣れていない日本人なら服や下着がビショビショになってしまいそう。

そして水で濡らした後はどうすればいいの・・・??

フェニー
フェニー
暑い国だとそのまま自然乾燥。人によっては紙で拭く人もいるようです。

トイレットペーパーを置いていない、捨てられないという国はたくさんあります。

アジアだとインド・ベトナム・フィリピン・マレーシア・タイの一部。トルコや中東、アフリカにもたくさんありました。

トイレに行くときは必ずイレットペーパーを持参しましょう!!

持っていくのを忘れたら、勇気を出してイスラム式ウォシュレットに挑戦してみてください。意外と爽快かも!?しれませんよ(・∀・)

外国では有料トイレも一般的

最近は日本でも有料トイレを見かけることがありますが、基本的に公衆トイレは無料です。

外国では多くの国で有料トイレを採用しており、ショッピングモールや街の中にも有料トイレがたくさんあります。

ヨーロッパでは1ユーロ前後の費用がかかることが多く、トイレにお金を払うなんてい嫌だな~と思うかもしれませんが、私はむしろ有料トイレが大好きです!

mari
mari
有料トイレだと清掃が行き届きて、安全なことが多いから!

外国の無料トイレは衝撃的な汚さです。みなさんが想像している30倍くらい汚い(笑)

パリでどれだけ切羽詰まっていても、ここでするくらいなら道でするというレベルの公衆トイレがありました。

それに比べて1ユーロ払って清潔なトイレで用を足せるなら大満足と言っても過言ではありません。

フェニー
フェニー
有人と無人のところがあります。たいてい小銭しか使えないので準備しておきましょう!

ひとつの部屋にトイレが2つ?

トイレに入ってみてびっくり、トイレによく似たもうひとつの便器のようなもの(蓋と便座なし)が置いてあることがあります。

どうやって使うのかもよく分からず、使ったこともありませんでしたが今回調べて良く分かりました(笑)

mari
mari
これは日本でいうところのウォシュレット、ビデなんだって!

水かお湯を溜めて手で洗浄するタイプと、上向の水栓から水を出して直接洗うタイプがあり、トイレの後、夜の営みの後、シャワーの代わりに大活躍だそう( ゚Д゚)

日本と違って多くの国では硬水です。そのため日本式のウォシュレットを使うとパイプが詰まってしまい、うまく設置できないのだとか。

毎日シャワーを浴びる習慣のないイタリアやフランスなどのヨーロッパで使われてることが多いので、旅行中に見つけたらぜひ使ってみてください♪

日本のトイレは世界一!

高級ホテルや空港などでは日本と同様のトイレも多く、清潔で快適なトイレライフを送ることができますが、街中の公衆トイレやレストランのトイレのレベルはまだまだ日本には遠く及びません。

一昔前まで中国のドアなし、壁なしトイレの話がよく聞かれていたように、世界にはまだまだ青空トイレも存在します。

「郷に入っては郷に従え」なるべく外国の文化をリスペクトし、受け入れる心構えではいるものの、トイレだけはやっぱり日本が世界一と言わざるを得ません。

mari
mari
いちいちゴミ箱を捨てなくていいのは本当に便利!

今日も1日日本のトイレに感謝して、用を足そうと思います(笑)