国際結婚と子育てのこと

教育ママに超おすすめ!アドラー心理学「ほめない・叱らない」勇気づけの子育てとは?

妊娠中に子供が生まれたらどんな子育てをしようかドキドキワクワク!

趣味のネットサーフィンで良さそうな教育法を片っ端から読み込んでいました。

そんなわたしの2017年ベストブックをご紹介したいと思います!

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

アドラー心理学「勇気づけ」を使った子育て方法

わたしの超おすすめはベストセラー嫌われる勇気です。

定番中の定番ですが、まだ読んだことがないという人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか??

そこでみつけた「アドラー心理学の勇気づけの子育て論」!!に興味津々。

mari
mari
ほめても叱ってもいけないってどういうこと??

これから長い子育てがスタートする中でたくさんの情報を取捨選択していくことになります。

わたしはこの本からとても大きな影響を受けました。

この本から学んだことをベースとして子供とともに成長していきたいと思います。

『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』とは、心理学者アルフレッド・アドラーの思想を、物語にしてまとめた自己啓発書。

mari
mari
累計発行部数は135万部超え、ドラマ化されるほど大ヒット♪

残念ながらドラマは書籍と全然違っておもしろくないという評判でしたので、ドラマをみてつまらないと思ったあなた!いったんドラマのことは忘れましょう(笑)

アドラー心理学は叱らないしほめない

最近よく聞く子供の「自己肯定感」を上げる。という言葉。

とにかく叱ったり、怒ったりするのではなくほめて子供の意欲や能力を伸ばしていこうというもの。

わたしもこの意見には賛成。

両親はわたしをほめて伸ばしてくれたので、なるべく感情で叱ることのないようにしようと思っていました。

しかしアドラー心理学的にはほめてもいけない。

その理由は、こうです。

「ほめるという行為には『能力のある人が、能力のない人に下す評価』という側面が含まれています。」(p.197)

アドラーは対等な関係、つまり「横の関係」を築くようにすることが良好な人間関係を築くのに必要だということを提唱しており、

ほめることによって上下関係、つまり「縦の関係」をつくることを明確に否定しています

子供とはいえ一人の独立した存在。

両親がわたしにそうしてくれたように、わたしもできることならこどもと対等の関係でいたい。

mari
mari
じゃあこのアドラー心理学わたしにぴったりでは!?

アドラー心理学的育児の具体例

こどもと過ごしていると、一日でほめる場面がたくさんあります。

わたしの口癖も、「えらいねー」「すごいねー」「かわいいねー」ばかり。。

mari
mari
そんな時、アドラー心理学的にはどういう声掛けをすればいいのか見ていきましょう。

子供がお手伝いをしてくれたときにかける言葉。

たとえば、あなたと対等なパートナーが仕事を手伝ってくれたら?あなたは相手になんと言うでしょうか?

「えらかったね」という方はあまりいませんよね?

「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるか、

「うれしかった」と喜びの言葉を伝えるか、

「たすかった!」とお礼の言葉を伝えるかもしれません。

そうなんです!!!

パートナーやお友達に手伝ってもらったときをイメージして子供に声をかけると簡単にできそうじゃないですか??

mari
mari
とはいえわたしはほめられたらとっても嬉しいたちなので、場面によってうまく使い分けていくつもり。

自分が両親や夫にどう声をかけてもらったら嬉しいのか、考えれば簡単ですね!本当に基本的なこと。

子育て以外でもすべての人間関係にも使える考え方で、この本に出会えて本当に良かったと思います。

「嫌われる勇気は」非常にわかりやすくストンと心に落ちてくるので未読の方はぜひ書店か図書館で♪

あわせて幸せになる勇気も超おすすめなのでセットでどうぞ!

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

POSTED COMMENT

  1. Moyo より:

    こんにちは(^^)先日いらしていただいた美容院のMoyoです。
    「嫌われる勇気」読みました!面白かったです♪ありがとうございます。
    できたら連絡いただけますか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA