海外旅行Tips

ヨーロッパ旅行に必須!ETIAS(欧州渡航情報認証制度エティアス)徹底ガイド

ETIASエティアスとはEU(欧州連合)へ入国する際に必要な欧州渡航情報認証制度です。

聞きなれない言葉ですが、既にアメリカ等で導入されているESTAエスタのヨーロッパバージョンと考えてください。

短期滞在の場合、今まで日本人はビザなしで入国が可能な国がほとんど。ヨーロッパもパスポートと航空券だけあれば気軽に旅行することができました。

しかし2022年からは事前にETIASエティアスの取得が必要となります!!

申請し忘れると本当に入国できないので絶対忘れないようにしておきましょう!(ESTAを見ていると恐らく日本の空港でチェックインの時点で断られると思います)

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

ETIAS(欧州渡航情報認証制度)

ETIASが必要な国一覧

対象国は下記の通り。日本人がよく行くヨーロッパの旅行先はEUを抜けたイギリス以外ほとんど全て必要だと思っておいた方が良いですね。

ほとんどの国のコロナ状況については各国の治安記事に情報をまとめているので、渡航の際の参考になりますように!

  • オーストリア
  • ベルギー
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • イタリア
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルグ
  • マルタ
  • オランダ
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • アイスランド
  • リヒテンシュタイン
  • ノルウェー
  • スイス
  • サンマリノ
  • モナコ
  • バチカン

ETIASが必要な人

冒頭でご紹介した通り、90日以内の短期滞在で観光やビジネスのため入国する全ての人がETIASの対象となります。

別途ビザを持っていれば対象外。今までビザフリーで入国できていた人向けの制度です。

ESTAも同様ですが、過去に前科があるかどうか問われる可能性があります。

前科がある場合のヨーロッパ旅行についてETIASの代理店ページが大変わかりやすいのでぜひ読んでみてください。

ETIASの有効期限

  • 有効期限は3年
  • 最長90日間の滞在可能
  • 即日~4週間で審査完了

ESTAと同じくETIASもオンラインで申請可能。取得までは即日~4週間程度かかることもあるようです。

シェンゲンビザとの違いもまとめてみました。

ETIAS シェンゲンビザ
申請方法 オンライン 大使館での申請・面接
有効期限 3年 6ヶ月

ETIAS申請方法

2021年2月現在、まだ申請は始まっていませんが、各代理店ではすでに流れの解説などが始まっています。

申請手順をご覧になりたい方はetias.co.jpを参照ください。

ETIASまとめ

コロナ禍の前はテロの脅威にさらされていたヨーロッパ。ETIASの取り組みによって犯罪が減り、日本人にとってもより旅行しやすい環境が整っていくでしょう。

正直ひと手間増えてめんどくさいな…と思うところではありますが前向きに受け止めたいですね!

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA