わたしのこと

癒し系プロ棋士加藤 一二三(ひふみん)の引退会見に学ぶ、前向きな人生の送り方

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

加藤一二三九段(ひふみん)華麗なる経歴と人物

mari
mari
今日は加藤一二三九段、通称ひふみんの引退会見があったけど見たかな?実はわたし、将棋ファンでひふみんにも会ったことあるんだ!
困っちゃん
困っちゃん
mariさんが将棋ファンなんて全然知らなかったよ。ところでひふみんってあまりすごそうに見えないんだけど将棋の腕はどうだったの??

それはもちろんすごい成績!1954年に当時の史上最年少棋士・史上初の中学生棋士となりました。

神武以来の天才」と呼ばれていましたが、今は「ひふみん」のニックネームがお気に入りのようです。

ここでひふみんのことを良く知らない方のためにwikipediaに詳しく説明してもらいましょう!

略歴

最高齢現役(2017年6月20日引退)、最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位であり、1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である(他には大山康晴が1940年代から1990年代までA級在籍。6つの十年紀でのA級在籍はこの二人のみ)。

14歳7ヶ月で史上初の中学生棋士になった。この記録は2016年に藤井聡太(14歳2ヶ月)に破られるまで62年に渡り守られた最年少記録である。デビュー後4年連続で昇級をして18歳でA級八段という記録は60年近く経った今もなお破られていない。

19世紀・20世紀・21世紀の3つの世紀に生まれた棋士と公式戦で対局した、史上唯一の棋士である。

また、加藤自らを除く、全ての実力制名人と対局経験がある。

大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖を相手に、それぞれ100回以上対局している(百番指し)。

人物

1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)生まれ。カトリック教徒であり、1986年に聖シルベストロ教皇騎士団勲章受章。紫綬褒章受章(2000年)。

京都府立木津高等学校卒業、早稲田大学第二文学部中退。

同年代の棋士からの愛称は「ピン(一)さん」。ファンからは「ひふみん」の愛称で親しまれている。また自身の洗礼名にちなんだ「パウロ先生」という愛称もある。

盤上・盤外においての独特なこだわり、その強烈な個性と言動は老いてなお話題を振りまく棋士であり、数多くの逸話(伝説)を残し続けている。

出典:Wikipedia

ほら、華麗なる経歴でしょ??次はわたしとひふみんの思い出についてお話しします。

出会いは将棋会館での東日本大震災チャリティイベント

2011年4月5日、震災の約1か月後に日本将棋連盟は「東日本大震災チャリティーイベント」を実施。

当時の王座である羽生さん(将棋ファンは○○先生とよぶ)や佐藤康光九段、森内俊之九段らが渋谷駅前で募金活動をおこない、午後は指導対局やサイン会、オークションなどで棋士の皆さんがチャリティ活動に参加されていました。

このころは毎週NHK杯や順位戦をチェックしていたので、わたしも友達をさそい、サイン会に募金というかたちで参加しました。

とってもカジュアルなひふみん。サインをしている間、少し会話もできて和やかな雰囲気。

カツラ芸で有名な佐藤伸也七段(当時六段)。キャッチフレーズは本人曰く、”砂糖のように甘い言葉で深夜に君を寝かさない”

三浦先生もこの後あんなことになるなんて思いもしませんでした。▶将棋ソフト不正使用疑惑はこちら

本当にめちゃくちゃ真面目で研究熱心な方ですから、疑惑はただの疑惑であったと信じています!「忍!!」

ひふみんには「花鳥風月」という言葉をいただきました。サインはこちらが指定するのではなく、棋士のみなさんが何パターンか用意されていてランダムにかえているようでした。

「花鳥風月」とは自然の中にある美しい風物の全てを、象徴的に表現した言葉なので、しばらくリビングに飾っていました。

トップ棋士もたくさん参加したこの震災イベント、たくさんの方が支援したとっても素晴らしいイベントだったと思います。

将棋ブームの火付け役はこのふたり?ひふみんから藤井四段にエール

今日の引退会見では、藤井聡太四段(デビューからの連勝記録を更新中の史上最年少プロ)に対し、「秀才型の棋士。欠点が一つもない」「素晴らしい後継者」とエールを送りました。

藤井四段は「デビュー戦で対局させていただきました。すごく迫力のある方でしたので、自分としても一抹の寂しさもあると思います。」とコメント。

羽生さん以来の将棋界の盛り上がりをみせているスーパー棋士藤井四段ですが、プロデビュー初戦がひふみんだったんですよね。

mari
mari
このふたりのおかげで将棋ブームきそう!わたしは全然強くないけど、まわりに将棋指せる人が増えるといいなぁ。

ひふみんの引退会見に学ぶ、前向きな人生の送り方

引退会見の少し前からミヤネ屋で特集を組んでいて、朝から密着取材をしていました。

引退会見を控えていても、寂しいなんて空気は全くなく、やりきったさわやかな明るい雰囲気でお話しする姿が印象的だったなぁ。

とにかく仕事のオファーはわんさかあるようで、仙台白百合女子大学の客員教授をはじめ、書籍の出版、講演会、映画の主役のオファーまできているそうですよ!(ちなみに将棋ではなく老人ホームの話w)今は固辞しているという映画のオファー、気が変わることを楽しみにしています。

わたしはまだまだ定年退職するのは先のことですが、ひふみんのようにひとつの終わりを新たな始まりと考えて明るく前向きにその日を迎えたいなぁと思いました。

宮根さんから「若かりし頃の先生はものすごく恰好良かったですね!」と言われ「そうでしょう」と即答。健康年齢46歳の秘訣は、いつも自分らしく他の誰よりも自分で自分を肯定することでしょうか?

それとも朝ごはんに食べていたニューオータニのビーフカレー?!美味しそうだったなぁ。

mari
mari
しばらく将棋から遠ざかっていたけど、また将棋会館にも足を運びたいと思います!
マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA