3/25外務省から海外渡航自粛要請が出ました

外務省から海外渡航自粛要請が出たので、海外旅行はしばらく中止してください。外務省のHPは毎日更新されているので、新しい情報が出ましたらまた更新します。

一日も早い終息を心から願っています。

ハンガリー Hungary

ハンガリー治安・危険情報2020年最新!旅のプロが教える注意点と8つの安全対策

中央ヨーロッパに位置するハンガリーは、ドナウ川に二分される首都ブタペストを中心とした国。

ワインやフォアグラ、パプリカなどが安く手に入りますし、またヨーロッパ温泉大国としても有名です。

旅行者に人気の国でもありますが、難民問題やテロ事件などの影響を受け、治安が心配になるいるかと思います。

今回はそんなハンガリーの治安について最新情報をお届けしたいと思います!

ハンガリー治安の記事を読むとわかること
  • ハンガリーで起こる犯罪手口
  • ハンガリーの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと
中欧周遊も楽しい!!

JTBでハンガリーツアー
を探してみる

東京⇔ハンガリーの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復たった7万円のブダペスト行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!私はウィーンまで直行便で行ってから中欧電車の旅をしました。

公式リンクスカイチケットでハンガリー行きの格安航空券をみてみる

ハンガリーの治安について

基本的にハンガリーはヨーロッパ諸国に比べ、治安は良好とされています。

多くの難民がブタペスト市内に押し寄せ、駅の周りが難民キャンプでいっぱいになってしまったこともありますが、すぐに解消され、現在は特に気にする必要もないかと思います。

mari
mari
しかし、ホームレスは少なくないので路上で寝ている人をあちこちで見かけます。

ヨーロッパで頻発しているテロ事件ですが、今のところハンガリーでテロ事件は起きていません。必要以上に心配することはないですが、渡航前には外務省の安全情報をチェックしておきましょう。

殺人や強盗などの事件は人口比率でいえば、日本より高い確率で事件が発生していますが、ほとんどがスリや置き引き、ひったくりなどの犯罪です。

これらの犯罪には旅行者も巻き込まれる可能性がかなり高いので、油断せず気を引き締めて旅行を楽しみましょう!

外務省の安全情報

2020年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。

また近年ハンガリー国内でテロが起きてはいませんが、念のため渡航前に旅レジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

犯罪データ

ハンガリーで1年間に発生する犯罪件数は約22万件。

5年前と比較すると半減しているため治安については良くなってきており、ヨーロッパ全体を通してもよい国と言えるでしょう。

あもちゃん
あもちゃん
とにかく旅行者が気を付けるのはスリ、置き引きですね!

ハンガリーで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

ハンガリーはスリ、置き引きの犯罪が非常に多いです!

地下鉄やバスなどの公共交通機関内は特に注意が必要ですし、空港や観光地でも油断してはいけません。

実際にあったケースは以下の通りです。

  • 列車内でうたた寝をしていたところ、目を覚ますと座席脇の荷物がなくなっていた。
  • 空港の両替所で両替手続き中に、ビンが割れるような大きな音がしたので、音の方に注意を向けた隙に荷物が盗まれていた。
  • 地図をかざして話しかけられている隙に、もう一人に荷物を盗まれる。
  • 小銭をばらまいて、拾ってあげているうちに荷物が盗まれる。
  • ケチャップやアイスクリームを相手の服につけ、ふき取っているうちにもう一人が荷物をとる
  • レストランで会話に夢中になっているスキに、足元の荷物を盗る。
  • 長距離列車では、荷物を棚に上げるのを手伝うふりをしたり、窓の外からノックしたりして注意を引きつけた間に仲間の犯人が座席上の荷物を奪うケースも。
フェニー
フェニー
どれも旅行中に起こりそうなことばかりだね!

こちらの注意を引き、荷物を奪っていくというやり口がポピュラーなので、話しかけられたり、音が聞こえたときこそ、荷物に注意を払うのが良いかもしれませんね。

声をかけてくる人に注意

声をかけてくる人に注意しましょう!

前述した通り、声をかけて注意を引き、その隙に荷物を盗まれるというケースがとても多いのです。

基本的にスリは単独犯ではなく、2人一組で行う場合が多いです。1人が注意を惹き、その間に貴重品をスるといったやり方。

また、ブタペスト市内では旅行者向けの飲食店や土産物屋によるぼったくりの被害も発生しています。

mari
mari
片言の日本語で話しかけられても相手にしないようにしましょう。

強盗・ひったくり・暴行に注意

スリや置き引きもありますが、もっと怖いのが強盗・ひったくり・暴行です。

金銭を要求される場合が多いので、脅されたり暴行された場合は戦わずに金品を置いてすみやかに去ったほうが良いです。

実際にあった事件は下記のとおり。

  • 町中のATMなどで引きおろしをしている際に、ナイフや拳銃を突き付けられ現金を奪われる
  • 夜道を一人で歩いていたら後ろから来た犯人に首を絞められ、現金を奪われる。
  • スプレーを顔に吹きかけられたり背後から突き倒され、金品を奪われる
  • 露出狂によるつきまとい
フェニー
フェニー
首を絞められるなんてコワい・・命より大切なものはありませんね!

偽警官に注意

ブタペスト市内ではごくまれに偽ものの警察官に遭遇することがあります。

英語で「ポリス」と言いながら、財布とパスポートの提示を求め、返された時には、お金が抜き取られているといった手口です。

デモに注意

近年ハンガリー国内では、労働者の残業上限引き上げなど政府に対する抗議集会、大規模なデモが行われることがあります。

事前に旅レジなどでデモの情報を入手し、当日は現場に近づかないようにしましょう。

ハンガリーで注意すべき危険エリア

ハンガリーととひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ブダペスト市内

ブダペスト市内は多くの旅行者が集まるので、スリや置き引きが多いエリアです。

特に、5区(くさり橋やVaci通りなど)、8区(ブダペスト東駅(Keleti palyaudvar)など)、13区、6区(Andrassy通りなど)などで多発しているため、注意が必要です。

ブタペスト東部

ブタペストは比較的安全に観光が楽しる都市ですが、市内の東部はあまり治安のよいエリアではありません。

ブタペスト市内よりも東側に伸びるラーコーツィ通りを進んでいくと、廃墟のような建物群が目立つようになります。

全体的に薄暗い雰囲気で、治安が不安視されているので、近づかない方が良いと思います。

ハンガリーで犯罪にあわないために気をつけたい8つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

ハンガリーでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、クレジットカードが使えます。
万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

また、両替店や両替をすると声をかけてくる人の中には、金額をごまかしたり、偽札を紛れ込ませる人もいます。損をしないためにも、ATMなどでクレジットカードによるキャッシングをおすすめします。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにし
てください。
またケチャップすりなどによって何か汚物を体につけられた際にも、ふき取ろうとする人は絶対無視してください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

置き引き対策をする

レストランなどでは、場所取りなどに荷物をおいて席を離れなりすることのないようにしましょう。ホテルの朝食ブッフェなどでも油断できません!

さらに、席に座っているときも荷物は膝の上などに置き、いすの後ろにかけたりしないようにしましょう。

mari
mari
スリなどは音なので注意を引いて犯行に及ぶことがあるので、例えばコップが割れてもそっちばかりに気をとられすぎないように!

スリ対策は万全に!

貴重品、パスポート、スマホはスリに狙われやすいので、まとめてリュック入れて背負って持つのはやめましょう。

ナイフなどでリュックを切られて荷物を抜かれる可能性があります。リュックを持つ際は体の前で持ったり、リュックの口を常に閉じておくのも重要です。

また貴重品は1箇所にまとめず、分散させて持ち歩くようにしましょう。

派手な服装はせず荷物は少なめに

ヨーロッパの冬というと、黒をメインとした暗いシンプルな服装でお出かけする人が多いです。

日本のようにあまり華やかな恰好をしているとすぐに旅行者だとわかって狙われてしまうかもしれません。なるべく現地に馴染むようなカジュアルな恰好を心掛け、荷物も少なめにお出かけしましょう!

ブランドバッグや紙袋をもっていると「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。普段派手な洋服を好む方は気を付けてくださいね。

偽警官に気を付ける

警察官は職務執行に際して,身分証及び警察章(バッジ)の両方を提示する義務があるので、本当にその提示した身分証が本物かどうか確認するため、再提示しましょう。

「大使館に連絡して」や「現地にいる知人に連絡する」などと伝えることで勝手に逃げていくケースもあるので、声をかけられても悪いことをしていない限り、むやみにパスポートや財布を渡さないようにしましょう。

安全な地域でホテルを予約

ハンガリー(ブタペスト)でホテルを予約する際には、スリなども注意して安全で明るい地区にホテルを予約するのがおすすめです。

ペスト地区は夜遅くでも旅行者でにぎわっているため、周囲に人が多く、夜でも比較的安全なため、おすすめです!

ブタペストで人気の
エリアでホテルを探す

ブタペストのおすすめホテル!

ハンガリー旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

ハンガリー旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWiFiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外WiFiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWiFiをみてみる

ハンガリーで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品ハンガリーで使えるレンタルポケットWiFiについて、価格や速度など様々な利点を徹底解説!世界一周経験あり、60ヵ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、海外では何が起こるかわかりません。万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪私が愛用しているメインカードはANAのワイドゴールドカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅までたった500円でスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

ハンガリーの治安まとめ

ハンガリーはヨーロッパの中では比較的治安のよい国とされています。

首都のブタペストは景観も美しく見どころもいっぱい♪

主要都市、観光地、公共交通機関内ではスリや置き引きなどが多発しているので、被害にあわないよう注意して行動しましょう。

mari
mari
楽しい旅行にするためにもきちんと準備をして出発しましょー!
すべての記事をみる

 

東京⇔ハンガリーの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復たった7万円のブダペスト行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!私はウィーンまで直行便で行ってから中欧電車の旅をしました。

公式リンクスカイチケットでハンガリー行きの格安航空券をみてみる 

子連れハンガリー基本情報!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)中世の面影を色濃く残す中欧の国「ハンガリー」。 ブタペストでドナウ川を眺めながらセンチメンタルな気分になったのを今でもはっきり覚え...
 

おすすめホテル

ブダペストでぜひ泊まっていただきたいのがコリンシアブダペスト!!

世界遺産のアンドラーシ通りまでたった300mという抜群の立地で観光の拠点にとっても便利!

THEヨーロッパのホテルといったゴージャスな雰囲気たっぷりで、歴史的なロイヤルスパではサウナスチームバスも楽しめます♡

朝食も充実しており、ファミリー、カップル共におすすめできるブダペストの超おすすめ高級ホテルです

コリンシアの
料金をチェックしてみる

ハンガリーを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ハンガリーで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

市内観光やナイトツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
ハンガリーを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA