かわいそうって言わないで!子供の気持ちをプラスにする「I(アイ)メッセージ」の使い方

母親に「かわいそう」と言わないでとお願いした2つの理由

今回は育児についての記事になりますが、この考え方は大人にでも使えると思うのでお子さんがいらっしゃらない方でも読んでいただけると嬉しいです!

私には生後半年の娘がおりますが、私がかなり放任主義のため身近な人に「かわいそう」と言われることがよくあります。
もちろん娘ラブですし、が死んでも子供は守る!」くらいの気持ちで過ごしていますが、
細かいことが気にならないのできっちりしている方からみると、私の娘は時にかわいそうに見えるのだと思います。

たとえば・・・

  • ボタンがきっちり全部とまっていない(お出かけの時は全部止めてますが1日家にいると1つくらい止まってないことはしょっちゅう)
  • 冬なのに靴下をはかせていないので寒そう(暑いのは嫌がるし、病院でも寒さより暑さに気を付けろと言われた)
  • 泣いているのにすぐ飛んでいかない(トイレや食事など、あと数分で終わるのにという場合は緊急でなければ駆けつけません)
  • まだ小さいのに外出が多くて疲れている などなど

 

下の写真はよかれと思って送ったかわいい写真ですが、ボタンの開閉のほうが気になってしまうこともあるようです。
実母、義母、祖母、友人にも何度か言われたことがあるのでおそらくブログの読者の方の中にもありえなーい!って思う方もいらっしゃるかと(泣)

こういうことを書いて勘違いされると困るので、しっかりと言い分をお伝えしたいのですが(笑)、
毎日一緒に過ごしているので今すぐに行かないとダメそうな泣き声と甘えているだけの泣き声はわかります。っているつもりです。
例にあげたことも、毎日できていないのではなく「そういう日もあるよ!」というだけなので誤解のないようお願いします^^

しかしながら私以外の人は毎日一緒にいるわけではありませんし、偶然バスや電車で隣になった人たちなんかは私の性格や人となりなんていうのもわかりませんから、すぐに「かわいそう」と口から出てしまうのだと思います。

私もついつい使ってしまうこの言葉ですが、私の母親には「かわいそう」と言わないでとお願いしています。
理由は以下の2つ。

〇他人が「かわいそう」ということによって、本人が「私はかわいそうな子」だと思ってしまう

他人にどう思われようと、わが子は私と夫の娘で最高に幸せなはずだと信じています。
身だしなみが完璧でなくても、家事が苦手でも、誰よりも子供を愛しているし結構おもしろママっていいもんだよ!と子供にも自分にも言い聞かせているのです。

家庭によって愛情表現や育児方法は違います。自分ができていることが他人ができるとは限りませんし、何が幸せかは人それぞれ。
勝手に他人の子供をかわいそうにしてしまうのはやめましょう。(思っても子供の前では口に出さないように!)

〇ママ(私)に罪悪感をいだかせることになるのでよくない

初めての育児で毎日試行錯誤、てんやわんやです。常に自分のできる精いっぱいやっての結果がこれなので「かわいそう」の言葉でママの努力を踏みにじらないでほしい!

余裕があるときは何を言われても全く気になりませんが、これで大丈夫かな~?間違ってないかな~?もっと良い方法あるのでは~?
と悩みながら育児をしているので先輩ママに否定をされると「ああしたほうがよかったなぁ」と落ち込んでしまうこともあります。

アドバイスをするならば「かわいそう」ではなく「こうしてみたらどうかなぁ?」などのプラスの言葉を使いたいものです。

母には理由と一緒になるべく使わないようお願いしたのですぐに理解してくれました。
いちいち全ての人にお願いしていられないと思うので、自分が責められてつらかったら基本的には他人の「かわいそう」は無視しましょう!

えらそうに書きましたが、私も他人の子供をみて「かわいそう」とよく思いますし、ついつい出てしまうことも。
自戒も込めてこのネガティブワードは使い方に気をつけねばと思います!

「Iメッセージ」と「Youメッセージ」とは

みなさんは「Iメッセージ」って聞いたことありますか?

アイメッセージとは、「わたしは~」で始まるメッセージのこと。

  • わたしはこう思う。
  • わたしはこうしてほしい。
  • わたしはこうしたい。

「Youメッセージ」はその反対で、「あなたは~」で始まるメッセージのことです。

アイメッセージの話を聞いた時、私の両親はユーメッセージをあまり使わず子育てしてくれたことに気づきました。
また、夫もほとんどアイメッセージで会話をします。そのため夫婦げんかでよくある「なんであなたはいつもそうなの?」「なんでおまえはこれができないんだ?」みたいなやりとりはほとんどありません。実体験としてアイメッセージはとっても良さそう!

 

具体例を挙げた方が分かりやすいので子供が危ないことをした場合について紹介させていただきます。

「(あなたは)なんで危ないことをするの??」
「(あなたは)何回言ったらわかるの??」

あー、あと何か月しかしたら確実に言ってしまいそうなセリフです。
これによって子供に伝わるのは「自分が責められている」という感覚だけだそう。人は責められると拗ねる、怒る、反抗する気持ちが湧いてきます。だから何度叱っても同じことを繰り返してしまうのですね!

 

これでは負のスパイラル。どうやって声をかけたらいいのでしょうか。
このケースでは、親が子供に伝えたいことは子供が危険なことをするので心配。同じことを何度行っても聞いてくれない悲しさですよね。

これをアイメッセージで言い換えるとこんな感じになります。

mari
「危ないことをすると(ママは)すごく心配」

mari
「何度伝えても伝わらないと(ママは)悲しい気持ちがする」

子供も自分が責められたわけではないので、ママを悲しませてしまった、心配をかけさせてしまったと言葉を受け入れやすくなります。

親子関係だけではなく、夫婦や友達、会社の上司部下や同僚などすべてのパートナーシップに使える素敵なアイメッセージ!
ぜひ日常に取り入れていただけるとうれしいです。

あなたの笑顔が見たいから~ママは今日も頑張りまーす♪

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!