インドネシア

JGC修行搭乗記④成田⇒バリビジネスクラス王様シート搭乗記

旅ともだちのスヌヌーピーさんがブログを閉鎖するということで、過去に行ったJGC修行の搭乗記を寄稿してくれることになりました。

わたし自身はANA上級会員のSFC修行しか経験がなく、いつかJALのJGC修行をしてみたいなぁという気持ちはあるものの特に現状予定はありません。

「お得」「コスパ」という観点だけでいうと毎月のように飛行機乗るという人以外はどちらか持っていれば十分だと思いますが、修行自体はとてもおもしろい経験になるので気になるならぜひ挑戦してみてください!

それではスヌヌーピーさんのJGC修行搭乗記第4弾ぜひご覧ください♡

JGC修行成田クアラルンプール⇔バリ搭乗記(往路)

マレーシア航空A350-900

JGC修行ラスト、はじめてマレーシア航空を利用しました。

セールで購入したバリ(デンパサール)行きです。

ずっと行ってみたいと思っていたので、念願の出発です!

ルートと運賃

マレーシア航空のセールでビジネスクラスを発券しました。

成田⇒クアラルンプール⇒デンパサール ビジネスクラス 予約クラスD/Z 積算率125%

116,460円(往復) 5,716FOP(片道)(NRT⇒KUL:4,173FOP+KUL⇒DPS:1,543FOP) FOP単価10.2円

マレーシア航空は燃油サーチャージ代が航空券代に含まれています。

サーチャージ代が高いとJGC修行でマレーシア航空の存在感が増してきますね。

プライオリティレーン

チェックインを終え、保安検査場へ。

成田空港の北ウィングにはプライオリティレーンがあります。

ここは、ワンワールドのステイタスがなくてもビジネスクラス以上で通れるんです!

赤組修行中で、ビジネスに乗る人は迷わず北ウィングへ。

逆に南ウィングは、ステイタスがある人しか通れないプライオリティレーンがあります。

ビジネスクラス バルクヘッド

シートはギャレーとお手洗いすぐ後ろのバルクヘッド。前にシートがなく、王様シートだったので9Kを選択しました。

バシネットを置く部分がモニターの上、台になっていました。

ANAやJALは自分のシートのスペースにバシネットをつけるので、動ける範囲が限定されますよね。

バルクヘッドは、バシネットをつけても自分のスペースを侵さないんです。

これってママにとってかなり嬉しくないですか?

デメリットとしては、立ち上がらないと様子が見えない感じでした。

9Kは、うるさかったり出入りが気になったりとあまり人気がない席ですが、私は全然気になりませんでした。

(もちろんノイズキャンセリングヘッドフォンは必須ですが)

王様シートは両側に広いテーブルがあります。

真ん中席を比べると、スペースの違いが一目瞭然。

足元も広いです。フルフラットにしても足を広げることもできます。

モニターも大きい。

シートカバー?があったのでかけました。

マレーシア航空の羽毛布団がふかふか!超級に暖かかったです。

寒がりの私でも暑いくらいでした。

マレーシア航空のマークもかわいい。

席に着くと、 離陸前にウェルカムドリンクでアップルジュースをいただきました。ノンアルコールです。

アメニティ

AIGNER(アイグナー)はドイツ・ミュンヘンで生まれた高級ブランド。

シートベルトサインがはずれたら、アメニティが配られました。

中身は、アイマスク、靴下、くし、歯ブラシ、リフレッシュミスト、マウスウォッシュ、ボディローション、リップクリームです。

バッグ自体は洗面所で使えるようフックがついています。

機内食

ドリンクはシャンパンと炭酸水をお願いしました。

機内食は事前にオーダーできるシェフオンコールでオーダー済みです。

最初にサテ、好きなだけもらえます。

チキンと牛、3本いただきました。

続いてサラダとスープ。

最後にメインミール、牛ヒレ肉のバルサミコソース。おなかいっぱいです。

デザートはバニラアイスかフルーツが選べました。私はバニラアイスを。

はじめて乗ったマレーシア航空A350-900のビジネスクラス。

この王様シート、最高です!自分のスペースが広すぎます。

シートの左右に大きなテーブルがあって物を置き放題ひじかけ放題。

隣に人がいないのでストレスフリーでした。

そして、デンパサールに行くために乗り継ぎます。

JGC修行⇒クアラルンプール⇒デンパサール搭乗記

マレーシア航空ボーイング737-800

搭乗開始は45分遅れでしたが、定刻通り出発しました。

シートは1F。さきほどのシートと比べると随分古いですね。

席に着くと、飛行機が動く前にウェルカムドリンクを頂きました。

オレンジ、アップルジュース、グァバ、お水などソフトドリンク。

飲み物はビールとスパークリングウォーターを。シャンパンもありました。

機内食

機内食は一番上に書いてあるチキンをセレクト。

お腹いっぱいですが、やっぱり食べたい。

骨付きの手羽元ともも肉。

お肉がかなりボリューミーでおいしかったです。お米は不思議な味がしました。

ケーキはとても甘かった。

JGC修行⇒デンパサール⇒クアラルンプール搭乗記

スパの送迎バスに送ってもらい、15時にングラライ空港に到着。

3時間前からチェックインできるのですが16:15まではまだかなり時間に余裕があります。

ングラライ空港は、エアコンが入っていないのか、超暑い!

最初はベンチ2座ってたのですが、暑さに耐えられず、上にファンが回ってる飲食店に。

ここもエアコンが入ってるわけじゃないのでファンの真下を確保。パイナップルスムージーをいただきました。

1830搭乗開始だったけど、結局19時過ぎくらいになり、出発は約30分のディレイ。

マレーシア航空

行きと同じようなシート。モニターも小さめ。

機内食

機内食はチキンにしました。

マレーシア航空の機内食、海外だからかガーリック強め。

食べると口がすっごく臭い笑!マスクしてるから余計にそう感じるのかもしれません。

あっという間に到着です。ここでも嬉しいファーストレーンがありました。

乗り継ぎの間はゴールデンラウンジで一休み。

JGC修行⇒クアラルンプール⇒成田搭乗記

搭乗開始はまたしても遅れ、4、50分遅れでようやく機内へ。

マレーシア航空ビジネスクラス

機内食

機内食はシェフオンコールで頼んでいたもの。

ゴールデンラウンジで食べすぎなかったため、お腹が空いた状態で機内食をいただきます。

いつもラウンジでお腹いっぱいになっているので機内食を楽しめるの初めてかも!

前菜、メインのチキンが骨付きでとても大きいです。さすがシェフオンコール。美味しくいただきました。

デザートはフルーツ。ご馳走様でした。

乗り継ぎ便はやっぱり疲れます。

ようやく成田、長かったです。

JGC修行成田⇔デンパサール搭乗記まとめ

実はマレーシアからバリ島への搭乗前、チケットに記載された搭乗口で、搭乗開始時刻から30分以上待っていたんです。

まったく搭乗開始にならないどころか、乗る飛行機の便すら表示されない。。。

あまりにも不安になり、少し移動してモニターでゲートの確認。なんと、ゲートが変更になっていた!

しかもちょうど反対の搭乗口だったので、思いっきりダッシュで向かいました。乗り継ぎの方は油断せずに気をつけてくださいね。

SFC、JGCの修行もついに終わりです。たくさん飛行機に乗れるのは嬉しいけど私は直行便が好きだと実感しました。

ダブルホルダーとしてこれからもたくさん飛行機に乗ろうと思います。おつかれさまでした!

 

インドネシアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

インドネシアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

離島ツアー・スパが大人気

安心の日本語ツアーで
インドネシアを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA