海外旅行保険が無料!年会費無料のクレカ公開
旅行の持ち物・必需品

海外旅行におすすめのモバイルバッテリーと機内持込で注意しておきたい3つのこと

みなさんはモバイルバッテリーを持っていますか??

私は一日中スマホを使うので(どうにか減らしたいとは思ってるんだけどね・・・)、外出先でバッテリーがなくなってしまうことが多々あります。

そんな時に超便利なアイテムがモバイルバッテリー!今日は海外に持っていくのにおすすめのモバイルバッテリーと持ち込みの際の注意点についてご紹介していきます!


「Anker PowerCore 」シリーズは海外旅行に超おすすめ

メガネより小さいAnker PowerCore 10000(黒)白はノーブランド

私が何度も買い替えをするほどお気に入りのブランドがAnkerです。

Google検索でエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立されたアメリカの会社で、現在は中国に本社を移して世界で活躍しています。

初めてモバイルバッテリーを購入したのはもう数年前のことですが、当時から他の商品と比べて口コミ・レビュー評価が突出して高く、値段もお手頃なので浮気せずAnker一筋です。

「Anker PowerCore 10000」は軽くて持ち運びに便利

10,000mAhの「Anker PowerCore 10000」はAmazonなどネット通販で3,000円以下で購入できとってもリーズナブル。

mari
mari
大容量にもかかわらずポケットにも収まるほどコンパクトで、たったの180gしかありません

Amazonの商品紹介によると、iPad Pro(9.7)に約1回、Galaxy S9に約2回半、iPhone XSに約2.6回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能となっています。

「Anker PowerCore 20100」はPC・タブレットの充電も◎

10,000mAhでは少々心もとないという欲張りな方には2倍の容量「Anker PowerCore 20100」も用意されています。

iPhone XSに約5.3回、Galaxy S9に約5回、iPad Pro(9.7)に約2回の充電が可能です。またApple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能という超フルパワーの電池ですね!

mari
mari
これだけ大容量で缶ジュース1個分(350g)ほどの重さしかないというのだから技術の進歩ってすごいですよね~

Ankerの補償サービスが手厚くて素敵

Ankerには「①30日間の返品返金保証」「②18ヶ月製品長期保証」とふたつの保証制度があり、不具合時のサポートが充実しています。

以前1年ほど使った後、急に電池が膨らんで本体が熱くなってきました。充電器の事故で火災になったというニュースも記憶にあって、不安になったのでサポートに連絡。

結局すぐに新しいものに交換してくれ、安心した状態で海外旅行へ持っていくことができました。旅行前で急いでいたので早めに送ってもらえないか頼んだところ、快諾いただきますますファンになりました。

フェニー
フェニー
こういうところで、ファンがつくか離れるかも分かれますよね~

モバイルバッテリーは色んなメーカーから発売されており、カラフルで可愛いものも沢山ありますが、私はとにかくAnkerが一押しです!

AnkerモバイルバッテリーUSBで充電可能

モバイルバッテリーを持って飛行機に乗るときの注意点

モバイルバッテリーを持って飛行機に乗る場合、気をつけなければいけないポイントが2つあります。

  1. 受託手荷物に預けることができない
  2. 飛行機によって持ち込み制限があるため100Wh以下のものを選ぶ

リチウムイオン電池は受託手荷物の預け入れができない

飛行機では発火の事故に備えて「リチウムイオン電池」を使用した機器の預け入れを禁止しています。

具体的には以下のような製品が対象となります。

  • モバイルバッテリー
  • iQOSなどの電子タバコ
  • デジカメやパソコンのバッテリー

万が一機内で発火してしまった時、手荷物なら素早く対処できるというのが理由なので、絶対にスーツケースに入れっぱなしなんて言うことの内容に注意しましょう!

mari
mari
忘れてたら高確率で没収・破棄されますよ~!!

保安検査場で発見となるので、国内線や日本発なら預かってくれることもあるようですが、外国は問答無用のケースが多いそうです。

チェックインの時に必ず「モバイルバッテリーなど入っていませんか?」と聞かれるので万が一忘れていてもここで気づけるはず(・∀・)自分が事故の原因になったらと考えると恐ろしすぎる・・・

モバイルバッテリー持込制限(中国系は特に注意!!)

2016年~モバイルバッテリーの容量についてもルールが追加されました。だいたい航空会社で似たようなルールになっているので、ANAの予備電池に関する取扱い規定を抜粋しました。

ワット時定格量(Wh)数量制限機内持ち込みお預け
100Wh以下のもの制限なし不可
100Wh以上160Wh以下のもの2個まで不可
160Whを超えるもの不可不可

中華系エアラインだけやや厳しく、下記のようなルールがあります。

「公称容量160whを超えるモバイルバッテリーの持ち込みは固く禁じる。100wh超かつ160wh以下のモバイルバッテリーについては、航空会社の許可を得ることを必須とし、2個を超えてはならない。」

mari
mari
実際私もこのルールを知らず、誤って大きな容量のモバイルバッテリーを持ち込んでいたかもしれない!?と一瞬ヒヤッとしました(;’∀’)

しかしながら、実際100Whとは約27,000mAh(=27Ah)相当。市販の商品を買ってまず超えることはないと考えて良いでしょう。上記でおすすめしたAnkerも当然100Wh以内となっているので問題ありません。

最も注意が必要なのは、規定は守っているけど容量の表記がない製品です。中国では容量の分からないものは没収される確率が高く、一度没収されるとまず戻ってこないのでうっかり持ち込まないよう本当に気をつけてね!!

フェニー
フェニー
今のところ中国が一番厳しいので、ここに合わせて準備しておけば安心だね~

Ankerのモバイルバッテリーを持って快適な旅を楽しもう!

海外旅行先で充電を気にせずスマホを使えるというのはかなりストレスが減ります。

慣れない場所で急にスマホが使えなくなったらかなり不安・・・。Googleマップ、カメラ、行きたい場所のリスト、SNSなど旅先で大活躍のアプリもたくさんあるので、そもそもスマホが使えないなんていう状況は回避したいものですね♪

ABOUT ME
Mari
Mari
ブラジル夫フェニーと、2歳児あもちゃんと3人暮らし。フリーランスのライター兼ブロガーです。夢は家族で世界一周♪毎月海外旅行しています。