チケットお得情報

ニューヨーク シティパス使い方・買い方徹底ガイド!NY観光におすすめ

ニューヨーク旅行のことを調べていたら、素晴らしいチケットがあることが判明しました!!

mari
mari
それがニューヨークシティパスです!!

ニューヨークの主要観光スポットを訪れるならかなりお得に入場できるのです。

上手く使えば40%も割引になるという超お得なニューヨークシティパスの特徴や対象スポット、購入の仕方などをご紹介します♪

実際最大の6ヵ所全てで使い切りましたが、かなり良かったのでこれからニューヨーク旅行へ行く人には絶対知っておいてもらいたいな~(・∀・)

出発前にネットで購入できる

ニューヨークシティパス
公式サイトをみてみる

東京⇔ニューヨークの航空券は中国の経由便が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復6万円台でニューヨーク行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでニューヨークへの格安航空券をみてみる

ニューヨークシティパスとは?

ニューヨークシティパスは、ニューヨークの6つの観光スポットの入場券がブックレットになっているパスのことを指します。

6つのスポットのそれぞれの通常料金を支払うよりも少なくとも40%ほどお得!

観光スポットの入場料も決して安くはないニューヨーク。お得に観光スポットを周りたいならパスをうまく利用して効率よく観光するのが良いでしょう。

有効期限は9日間。ニューヨークシティーパスを使えるすべてのスポットを周るには最低3日はかかるので、旅行の日程に合うなら本当におすすめです♪

フェニー
フェニー
ニューヨークの観光名所はどこも混雑必至!
mari
mari
シティパスを買って効率よく楽しく観光スポットを周っちゃいましょう♪

一緒に行った友達のみなちゃんと2泊4日(48時間)で5つのスポット、私は3泊5日(72時間)で7つの観光スポットを周ることができました!!

ニューヨークシティパスの対象スポット

ニューヨークシティパスの対象スポットはぜんぶで9つ!

  1. エンパイアステートビルディング
  2. アメリカ自然史博物館
  3. メトロポリタン美術館
  4. トップオブザロック or グッゲンハイム美術館
  5. 自由の女神とエリス島 or サークルライン観光クルーズ
  6. 9.11メモリアルミュージアム or イントレピッド海上航空宇宙博物館

最大6つのスポットまで入場できるのですが、対象のスポット自体はぜんぶで9つあります。

4~6番目のスポットはどちらか選択できるので、思ったより自由度が高いですね♪

私が実際に行ってきた観光スポットをオレンジ色にしてみました。

4番のトップオブザ・ロックは閉店ギリギリの23時に行ったせいか?なぜか(たぶんミス)チケットを出さなくていいと言われたので無料で入れました(笑)

mari
mari
というわけで最終日にグッゲンハイム美術館にも行けて超ラッキー♪

ニューヨークシティパスの料金

現在は、大人用:$126、子供用:$104です。

2018年3月1日に改定されたばかりでちょっとだけ値上がりしたみたい。

パスを使わずに入場した場合の入場料金です↓

大人料金
(18歳以上)
子ども料金
エンパイアステートビル49ドル49ドル
アメリカ自然史博物館27ドル22ドル
メトロポリタン美術館25ドル12ドル
トップオブザロック展望台34ドル34ドル
グッゲンハイム美術館25ドル18ドル
自由の女神とエリス島18.50ドル18.50ドル
サークルライン観光クルーズ37ドル37ドル
9.11メモリアルミュージアム26ドル17ドル
イントレピッド海上航空宇宙博物館33ドル33ドル

こうして一覧にしてみると、ニューヨークシティパスのお得さがわかると思います!

このリストの中の観光スポットに3~5つは行く!という方はパスを購入しても損はしないでしょう。

私の場合7ヵ所223ドル分まわったので44%OFFで超得したw

フェニー
フェニー
ニューヨークシティパスは入場料金がお得なだけじゃないんだよね!
mari
mari
うんうん、その他にも様々なメリットがあるので紹介するね♪

ニューヨークシティパスのメリットは?

ニューヨークシティパスは料金のお得さはもちろん、様々なメリットがあります。

いくつかご紹介しますので、購入の参考にしてみてください♪

チケット売り場に並ぶ必要なし!

各観光スポットでチケットを買う必要がないので、スイスイ入場できるのもかなり良い!

場合によっては料金以上にパスの恩恵を感じられるポイントです。私たちもこれを決め手に購入を決めました。

ニューヨークはいつも混雑しているので、時短したい方にもぴったり。場所によっては、ニューヨークシティパス専用の入口が設けられている場合も。

一度パスを購入するだけで良いので、キャッシュレスで観光スポットに入場できるて便利です♪

mari
mari
全く売り場に並ばないでよいのかと思っていましたが、一部列に並ばされるケースもありました。結局時短にはなりましたが、完全に並ばなくて良いというわけではなさそうです。

子連れ旅に嬉しい5歳未満の子どもが無料の場合も!

大人用のパスを購入すると、5歳未満の子どもが無料で入場できるスポットが多いのも魅力。

子連れニューヨーク旅をするなら、パスの購入は本当におすすめ♡

場所によって異なるので、訪れる前にチェックしてみてください!

エンパイア・ステート・ビルディング無料
アメリカ自然史博物館2〜5歳:13ドル、1歳以下:無料
メトロポリタン美術館無料
トップ・オブ・ザ・ロック無料
グッゲンハイム美術館無料
自由の女神&エリス島4~5歳:9ドル、3歳以下:無料
サークルライン観光クルーズ3~5歳:35ドル、2歳以下:無料
911メモリアルミュージアム5歳以下:無料
イントレピッド海上航空宇宙博物館5歳:24ドル、4歳以下:無料

嬉しいクーポンつき♡

観光スポットの入場の他にも、お店での割引クーポンが付いてくるのも嬉しいポイント。

メイシーズやブルーミングデールズなどの百貨店で使える15%割引チケットや、各美術館のショップで使える割引券などが付いてきます。

無料でアメニティがもらえる場合もあるので、いろいろ使えそうですね!

ニューヨークシティパスの購入方法

パスはインターネットで簡単に購入できますので、出発前に購入しておきましょう。

最近では、紙のブックレットではなく、スマホでバーコードをかざすだけのモバイルパスが主流です。

英語ではありますが、ニューヨークシティパスで簡単に購入ができますよ♪

mari
mari
私とみなちゃんはベルトラで購入したよ♪サイクリングの無料券($20)もついてきて圧倒的にお得でしたー♪

①チケットの枚数を入力

②支払い方法や通貨を選ぶ

③購入者情報を入力

③チケット情報と支払情報を入力(クレカで購入の場合の画面です)

購入確定ボタンを押すと、入力したメールアドレスにメールが届きます。

メールにはQRコードが記載されているので、それをスマホで見せるかプリントして見せる形で入場します。

たったこれだけで、割引&チケット売り場に並ばないというメリットが得られるのでおすすめです♡

フェニー
フェニー
購入方法も使い方もすごく簡単なので、英語が苦手という方でも大丈夫♪
出発前にネットで購入できる

ニューヨークシティパス
公式サイトをみてみる

それでもやっぱり英語が不安なら、日本語で購入する方法もありますよ。

ニューヨークシティパスの日本語購入ページをみてみるicon

ニューヨークシティパスのイマイチだった点(デメリット)

私の場合6枚どころか7回分使い倒したので超満足でしたが、美術館に全く興味がない人にはあまり向かないパスかもしれません。

mari
mari
ただしアメリカの美術館、博物館は桁外れなので普段美術品に興味がなくても楽しめると思います!

また初回引き換えはやっぱり列に並ばないといけなくて面倒だったし、本当にここに並べばよいのか迷ってしまうことも何度かありました。

トップオブザ・ロックとエンパイアステートビルは両方登る必要はありませんし、(もちろんそれぞれ良さがあるし、私は両方体験してめっちゃ良かった!)夜中閉店ギリギリに行けば全然列はなかったです(・∀・)

シティーパスは簡単かつお得なパスだった!

メリットデメリットを考えましたが私は購入して本当によかったですね。個別に行くと高いので、そもそも観光するのを躊躇してしまいます。

過去にエンパイアもロックフェラーも登らなかったのも料金の問題がありました。初めにチケットを購入することで、その後お金の計算をせず観光に集中できるというのは素晴らしいと思います!

mari
mari
ニューヨークの観光スポットをたくさん周りたいという方にはかなりおすすめ!絶対使った方がいいよ!

ただし、指定のスポットに訪れる予定がない方にはあまりお得ではありません。

旅行の日程や旅の好みにもよると思うので、シティパスの中に行きたい場所があるかよくチェックしてから購入してください♪

フェニー
フェニー
シティーパスでお得にニューヨークを楽しもうね~♪
出発前にネットで購入できる

ニューヨークシティパス
公式サイトをみてみる

ニューヨークを効率よく観光するならコレ!
ニューヨークシティパス

ニューヨークは
観光地・見どころが多く
入場料金が少々高め…

そんなニューヨークをお得に回るなら
通常料金より40%オフになる
ニューヨークシティパスがおすすめ!

\対象スポット・料金まとめ/

ニューヨークシティパス
詳細をもっと読む

ニューヨークシティパス
公式サイト(英語)