自由の女神

ニューヨーク自由の女神!行き方・料金・見どころ完全ガイド

ニューヨークと言えば誰もが思い浮かべる『自由の女神』!ニューヨーク唯一の世界遺産でもあります。

映画やテレビなどで見たことがあるおなじみの像ですが、やはり一度は本物を見てみたいですよね。

自由の女神は大きな像なので、近くに行かなくても遠目に見ることはできますが、今回は自由の女神があるリバティー島まで行って見学する方法をご紹介します。

自由の女神に行くならニューヨークシティパスがお得!

ニューヨーク観光に外せない

ニューヨークシティパスの料金
対象スポット・購入方法をみてみる

東京⇔ニューヨークの航空券は中国の経由便が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復6万円台でニューヨーク行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでニューヨークへの格安航空券をみてみる

ニューヨーク唯一の世界遺産『自由の女神』とは?

フェリーから見た自由の女神フェリーから見た自由の女神
mari
mari
自由の女神ってなんのために造られたの?

自由の女神はとっても有名なのでいろいろ知っている方も多いと思います。

事前に知識を入れておくとさらに楽しめるので、自由の女神の歴史についてざっくりとお伝えしていきますね!

ニューヨークの自由の女神像は、アメリカ合衆国の独立100周年を記念してつくられた像。独立を記念してフランスからプレゼントされました。

パリで設計され、NYに運ぶため分解!なんと214個ものパーツに分けられ、NYまで運ばれたというのだからとっても大変だったでしょうね。

設計にはエッフェル塔で有名なギュスターブ・エッフェルも参加していました。

フェニー
フェニー
ちなみにパリにも自由の女神があります。

1984年には文化遺産として世界遺産に登録。

9.11のテロが起きた後は、自由の女神像もテロの標的となるのではないか・・という噂が広まり、3年ほどリバティー島への上陸すら禁止されてしまいます。

女神像の台座部分の展望台までは3年ほどで公開が再開されましたが、安全上の理由で女神の冠にある展望台の再開までには8年もかかりました。

現在も、女神の頭部にある展望台は人数制限&予約必須となっています。

mari
mari
もっと昔は女神が持っている「たいまつ」の部分まで登れたそうですよ!

自由の女神への行き方・アクセス


photo by denisbin

自由の女神は、リバティ島(Liberty Island)という小さな島にあります。

リバティ島はマンハッタン島の南西約2.7kmに位置しており、島まで移動するにははスタチュー・クルーズ(船)に乗らなければなりません。

スタチュー・クルーズの乗り場は、バッテリーパークから出航しているので、バッテリーパークへのアクセス方法をご紹介します♪

メトロで最寄り駅まで行く

フェリー乗り場の最寄り駅は、ボウリンググリーン(Bowling Green)駅と、サウスフェリー/ホワイトホールストリート(South Ferry-Whitehall Street)駅です。

ボウリンググリーン駅からは、徒歩3分くらい、サウスフェリー/ホワイトホールストリート駅からは徒歩8~10分くらいです。

フェニー
フェニー
タイムズスクエア駅から1番線のダウンタウン行きに乗り、最終のサウスフェリー駅まで行くとわかりやすいです!

バッテリーパークへ向かう


photo by Travis Grathwell

ハドソン川沿いにあるバッテリーパーク。

とっても美しい公園で、たくさんのモニュメントが所々に点在しているので散策するのも◎

チケット売り場は、「キャッスル・クリントン・ナショナル・モニュメント」というレンガ造りの建物の中にあります。


photo by Jazz Guy

ちなみに、キャッスル・クリントン・ナショナルモニュメントは米英戦争のために建てられた城塞だったそうですよ。

ここまで来ると自由の女神が見えます♪

自由の女神 チケット情報

自由の女神(リバティ島)に行くには、チケットの購入が必要です。

チケットの購入方法は、以下3つのいずれかになります。

  • 現地の窓口購入
  • オンラインで事前購入
  • ニューヨークシティパスを使う

自由の女神の冠部分の展望台まで入場するなら予約が必須なので、公式サイトから予約するのがおすすめです。

チケットは3種類ある

自由の女神の見学するチケットは3種類あります。

  1. Reserve Ticket(リバティ島に上陸するのみ)
  2. Pedestal Reserve Ticket(台座まで行ける)
  3. Crown Reserve Ticket(台座、冠まで行ける)

すべてのチケットにリバティ島・エリス島(移民博物館)へのアクセス(船代)とオーディオツアー料金が含まれています。

①Reserve Ticket

自由の女神の内部に入る必要がないならこのチケットでOK!

当日購入可能で、ニューヨークシティパスを使った場合このランクのチケットになります。

大人:$ 18.50 / 子ども(4-12歳):$ 9  / シニア(62歳以上):$ 14
3歳以下は無料入場料

②Pedestal Reserve Ticket

自由の女神の台座まで入場できるチケットです。
なぜか、上陸だけのチケットと同じ価格・・。前は$3くらい差があったようですが、今は同じ価格のようです。

同じ料金なら台座までのチケットの方がお得感がありますね♪

大人:$ 18.50 / 子ども(4-12歳):$ 9  / シニア(62歳以上):$ 14
3歳以下は無料入場料

③Crown Reserve Ticket

自由の女神の冠部分まで入場できるチケットです。

予約しないと手に入らないチケットですが、人数制限があるので直前の予約では入手困難と言われています。

11/1に予約カレンダーを見たとき、3月末まで予約可能でしたので5カ月前から予約できるようです。

ちなみに、11/1にチェックしたとき予約可能な最短日時が1/7の13:00~でした。やはり、直前の予約は厳しいようですね・・。

大人:$  21.50 / 子ども(4-12歳):$ 12  / シニア(62歳以上):$ 17
3歳以下は無料入場料

あもちゃん
あもちゃん
冠の部分まで登りたいなら早期予約が必須です!

シティパスはそのままだとリバティ島上陸のみ

自由の女神は、ニューヨークシティパスが使えます。

ですが、シティパスを使うとリバティ島に上陸するのみになってしまうので、自由の女神内部には入ることができません。

でも「Reserve Ticket」と「Pedestal Reserve Ticket」は同じ価格なのに、、なぜ??

と、調べてみたらシティパスをチケット窓口でアップグレードできるそうです!

ニューヨークシティパス公式サイトによると、どうやら限られた数のようですが、先着順に追加料金なしでOKのようです。

関連記事『ニューヨーク シティパス』徹底ガイド!使ってみたら最高だった!

出発前にネットで購入できる

ニューヨークシティパス
公式サイトをみてみる

自由の女神の見どころ


photo by Fredrik Rubensson

チケットを購入したらスタチュー・クルーズでリバティ島へGO!

スタチュー・クルーズは、9:00~17:00の間20~25分間隔で運行しています。

バッテリーパーク(25分間)⇒リバティー島(5分間)⇒エリス島(10分間)⇒バッテリーパーク
という感じで船が往復しています。

その日のスケジュールを公式サイトで確認できるので、訪れる前にチェックしてみてください!

バッテリパークからも自由の女神が見えますが、船に乗ってどんどん近づいていきます♪

船内では、ドリンク・軽食や自由の女神のグッズなどが売っています。

スタチュー・クルーズからの景色もすごい!


photo by Jason

スタチュー・クルーズから見る自由の女神はもちろん、どんどん離れていくNYの街並みもとってもきれい(・∀・)

天気が悪くなければデッキに出ることもできるので、船の外に出てNYの風を感じましょう!!

セキュリティチェックをしてから乗船するので、繁忙時期はそこそこ並ぶ可能性もあるので注意。

自由の女神を見に行くなら半日程度の時間は空けておくと良いと思います。

リバティ島について船を降りたら、出口付近にオーディオガイドの貸し出しを行っているので、日本語のものを借りるのを忘れずに!

mari
mari
オーディオガイド込みの料金なので、ぜひ借りてみて!

近くで自由の女神を見られるのはリバティ島ならでは

自由の女神は、はっきり行ってアクセスしにくい場所です・・。

でも自由の女神を一番近くでじっくり見られるのはリバティ島ならでは!


photo by woosh2007

自由の女神像は、地上から約93 mの高さ、225tもの重さがあります。

ちょっと見にくいのですが、足元には引きちぎられた鎖と足かせが。

これは、弾圧や抑圧からの解放と人類は皆自由で平等だということを表しているんだとか。

女神像の冠部分には、7つの突起がついています。

mari
mari
この7つの突起には、7つの大陸と7つの海に自由が広がるという意味が込められているんだって!

ちなみに、自由の女神はブロンズ製。完成直後は茶色かったのですが、年月とともに酸化し、いまの緑色に近い色になりました。

せっかく時間をかけて行くのですから、自由の女神の展望台にもぜひ登ってみてください♪

カフェやお土産屋さんなども入っています。

ヘリコプターや観光クルーズでの見学もおすすめ


photo by SandyResponseNPS

自由の女神の顔をじっくり見られるヘリコプターツアーもおすすめ!

上空からの景色も素晴らしいですが、世界遺産でもある自由の女神を上空から独り占めできるのってかなり特別な体験ですよね・・!

地上から見上げる自由の女神像とはひとあじ違う風景を楽しめます。15分・20分・30分のコースがあるので、スケジュールに合わせて選べます。

日本語OKのベルトラから簡単に予約でき、とても人気のコースとなっています。

また自由の女神は夜間ライトアップされるのですが、その姿がなんとも素敵!

ライトアップの時間帯はスタチュー・クルーズが運行されていないため、サークルライン観光クルーズの夜のクルーズがおすすめです。

関連記事サークルライン観光クルーズが最高だった!行き方・見どころ完全ガイド

私は昼間のクルーズに参加しましたが、お昼でも十分楽しめました(・∀・)

自由の女神まとめ

ニューヨークのシンボルとしてあまりに有名すぎる自由の女神。

ちょっとアクセスしにくい場所ではありますが、下調べしておけば全く問題ありません♪

ぜひ、近くで『自由の女神』を堪能してみてくださいね!

自由の女神に行くならニューヨークシティパスがお得!

ニューヨーク観光に外せない

ニューヨークシティパスの料金
対象スポット・購入方法をみてみる

ニューヨークを効率よく観光するならコレ!
ニューヨークシティパス

ニューヨークは
観光地・見どころが多く
入場料金が少々高め…

そんなニューヨークをお得に回るなら
通常料金より40%オフになる
ニューヨークシティパスがおすすめ!

\対象スポット・料金まとめ/

ニューヨークシティパス
詳細をもっと読む

ニューヨークシティパス
公式サイト(英語)