海外旅行保険が無料!年会費無料のクレカ公開
旅のノウハウ

プライオリティパスの作り方と使い方・メリットデメリット完全ガイド

このブログでもSFC修行やラウンジについて何度かご紹介してきましたが、なんといっても最強のラウンジカードといえば「プライオリティパス」をおいて他にはないでしょう。

mari
mari
空港で出国審査を終えた後や長時間の乗り継ぎなどで大活躍のプライオリティパス!

今回はお得にプライオリティパスを作る方法、作ってわかったメリットデメリットを解説していきたいと思います。


プライオリティパスとは

プライオリティパスとは日本や世界の空港にあるラウンジのサービスを提供するプログラムのこと。

通常ラウンジというのは、

  • 各航空会社のビジネス・ファーストクラスのチケットの所持者
  • 各カード会社のゴールドカード保有者
  • 3,000円程度のお金を支払って使うことのできる

有料の待合室のようなもの。

ゴールドカードといってもカード会社はたくさんありますし、自分の持っているゴールドカードで使えるラウンジとなると数は限られてくると思います。

例えばJAL国際線の「サクララウンジ」であれば以下の人たちしか使用することはできません。

  • ファーストクラスチケット所有者
  • ビジネスクラスチケット所有者
  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • JMBプレミア会員
  • JALグローバルクラブ会員

かなり分かりづらいと思いますが、JALカードを持っている上級会員(かなり利用のある人)や高額のチケットを購入する一部の人しか使えないということはなんとなくわかっていただけると思います。

しかし!!

プライオリティパスのカードを持っていれば、ファーストクラスに搭乗しなくても、例えば格安のLCCのフライトの搭乗前でもラウンジを利用することができます

プライオリティパスのカードのお得な入手方法

通常、プライオリティパスのホームページからカードを申し込んだ際の料金をご紹介しましょう。

めっちゃ高い!!と思いませんでしたか??私は思いました(笑)

スタンダート・会員でも10回あたり299USドル。1回あたり30USドル(3,000円前後かかってしまいます・・・)

いくらラウンジが利用したいと思っても躊躇される値段。3000円あったらLCCで国内フライトチケット買えてしまいそうだしw

ラウンジが利用したい、でもできるだけ安くしたい

そんな方におすすめなのが「プライオリティパスがついてくる楽天プレミアムカード に入会する」という方法です。

よく楽天カードのCMでは「年会費、入会費が無料」とやっていますが、楽天プレミアムカードはゴールドの扱いなので年会費10,000円となっています。

年会費はかかるものの楽天プレミアムカードに申し込み(あるいは通常の楽天カードから切り替え)をすると、プライオリティパスのカードが無料でついてきます!

これ本当にすごいことなんですよ!!通常3万円かかるプライオリティパスが1万円で保有できるというのはめちゃくちゃお得!!

現在、新規入会で最大13,000ポイント、楽天カードからの切り替えで5,000ポイントがもらえるキャンペーンも行っているのでかなりおすすめです。

公式サイトをみてみる

楽天プレミアムカード

ちなみにクレジットカードを申し込んだとしてもプライオリティパスのカードは届きません。

カードが届いたのち、楽天e-naviにてプライオリティパスの申し込みが必要になりますのでその点だけ注意してください!プライオリティパスの有効期限は2年間です。

プライオリティパスが使える場所

プライオリティパスのホームページやアプリから都市名、空港コードを検索するだけでその空港で使うことのできるラウンジが表示されます。

1つの空港に複数のプライオリティパスのラウンジがあることもあるのでハシゴしてみるのもおすすめです。

関西国際空港(kix)の中にあるラウンジを検索してみました。

空港の中はとても広いのでラウンジを探すのも一苦労!行く場所が決まったら、どこにあるのか、営業時間は大丈夫か必ず確認しておきましょう。

ラウンジに着いたらプライオリティパスを提示

ラウンジに着いたらプライオリティパスと搭乗券の提示を求められます。

そのあとレシートにサインをして終了!当然お金は払いません。(もしプライオリティパスのカードを持っていない同行者がいたら、その分は支払わなくてはいけません)

ラウンジで出来ることとメリット

空港ラウンジ空港ラウンジ

無料の軽食・ドリンク(アルコール含む)

ラウンジの規模にもよりますが、軽食などの食事、飲み物が用意されています。

国によってはお酒(ビールやワインなど)も用意されているのが嬉しいですね!

肝心のお味ですが、ラウンジによってまちまちです。イマイチなところもある反面、その国で食べた一番おいしいものはラウンジにあったという経験もあるので侮れません。

レストランを兼ねているラウンジもありほどですから存分に楽しんでくださいね♪

充電ができる

これはすごく便利!

空港内で充電できるところはたいてい人が集まっていてコンセントが埋まっていることが多いのです。

パソコン、スマホ、デジカメなどゆったりソファーに座って充電できるのはありがたい。

無料でWIFIが使える

空港内にも無料Wi-Fiはありますが接続が悪かったり、時間制限があったりするのでイライラすることも(;’∀’)

ラウンジ内では制限なくネットに接続できるのも便利。待ち時間が長い時にスマホがないなんて考えられない時代になりました・・・。

シャワーが無料で使えるラウンジもある

ラウンジシャワーラウンジシャワー

ラウンジによってはシャワーが使えるところもあります。

シャワーを使いたいといえばタオルも一式貸してくれるので、搭乗前に旅の汚れを落としておきたい人にはおすすめです!

夜便でシャワーが使えると本当にラッキー♪有料だと1,000円前後するので無料で浴びれるなら絶対浴びたいですね(笑)

ラウンジを使えることの優越感

これは気持ちの問題ですが、個人的にはラウンジを使えるのはカッコイイなと思います。

多くの人が込み合ったベンチで休む中、ゆったりとしたソファーに座ってお酒やコーヒーを楽しむのは気分がよいもの。

mari
mari
プライオリティパスを持っててよかった!と思う瞬間です。

こんな風に、プライオリティパスを持っているだけで搭乗前の待ち時間を快適に過ごすことができるのが大きなメリット!

海外でキャンセル可能の搭乗券を利用して数か月ラウンジに入り浸った人がいるというニュースがありました。それほど居心地がいいということかもしれません(笑)

プライオリティパスのデメリット

こんなにメリットばかりのプライオリティパス。もちろんデメリットもありますのでご紹介していきます。

プライオリティパスのラウンジがない空港、国がある

全世界1200ヵ所あるとはいえ、中にはラウンジがない空港、国もあります。

mari
mari
なぜかオーストラリアにないようでガッカリでした・・・。

営業時間外だと利用できない

たとえば夜中のフライトだと開いていない場合があります。また開いていても食事の提供が少なかったり、なかったり。

使うつもりがあるなら事前に営業時間のチェックはしておきましょう!

使う頻度によってはコスパが悪い

年に何度も空港を利用する人なら問題ありませんが、海外旅行は1年に1~2回しか行かないという方には少しもったいないと思います。

ラウンジの利用は1回3,000円前後ですから、最低3回以上利用すると思った方に最適なカードといえるでしょう。

同行者が入れないから自分も使わなかったという意見もよく聞きます。ご自分に必要かどうかよく考えてから作成してみてくださいね!

プライオリティパスまとめ

今回の記事ではプライオリティパスについてご紹介しました。

空港での待ち時間、特に帰国時などは疲れもたまっていることが多いですよね!子連れの場合、サンドイッチなどの軽食がとれるのは本当に助かります。

プライオリティパスをお得に作って旅行をさらに快適なものにしてみてください♪

プライオリティパスをお得に作るなら

楽天プレミアムカード