シンガポール

SFC修行旅行記③シンガポールへ行ってきた!1泊2日弾丸女ひとり旅

旅ともだちのスヌヌーピーさんがブログを閉鎖するということで、過去に行ったSFC修行の旅行記を寄稿してくれることになりました。

ブログがあったから繋がった縁。今では週末にタコ焼きパーティーまでする仲。大人になってからできた大切で素敵な大事にしたい友達です。

SFC修行もわたしとはまた全然違うので、きっと参考になることも多いのではないでしょうか。

それではわたしと同い年のスヌヌーピーさんのSFS修行旅行記ぜひご覧ください♡

mari
mari
3回目はシンガポールです!

SFC修行1泊2日弾丸シンガポール旅行記

SFC修行3回目、シンガポールに行きました。一人旅デビューは昨年、海外修行は2回目です。海外旅行は何度も行っているし、英語が出来なくても何とかなっています。

でも今回はあまりにも、自分の情弱ぶりを痛感する滞在に。それでも、今までもこれからも、海外に行くことが楽しみです!

情強(普通以上)の方は、こんな原始人もいるんだな、ふーんと思ってもらえれば。。。

海外はよく分からないからドメ専という方には、何も知らない人間も意気揚々と海外修行行っていますよ、ということをお伝えできたらいいなと思います。

《羽田⇒シンガポール》プレミアムエコノミー搭乗記

ルートと運賃

  • 羽田 ⇔ シンガポール プレミアムエコノミー 往復115,650円  PP単価 10.8円

正式に片道いくらかは記録をとるのを忘れました。往復の金額を記載します。

  • 往路:羽田10:45発、シンガポール17:30着 NH841便
  • 復路:シンガポール0:40発、羽田8:30着 NH804便

ANAラウンジ

前回は免税店を見て回ったのですが、今回はまっすぐラウンジへ。2週間ぶりです。114番ゲート付近の方だと思います。朝の9時半、空いていました。

朝ごはんを食べていなかったので、炭水化物を摂取。お茶漬けとカレーとビール。朝から贅沢!平日なので、サラリーマンとしては特に優越感です。

飛行機の見える窓際に座りました。JALばかり見えます笑。

最近は修行のため海外に行くスパンも短くなっているし、慣れないブログも書いているので、前より旅行先(修行先)の下調べが後回しになってきています。

今回は全然調べていない。。シンガポールの予習をしようとバッグをさぐると、ガイドブックを家に忘れたことに気が付きました。ショック。

今回のためだけに買ったのに・・・! でもないと困る。ラウンジ入り口の目の前が本屋さんだったので、迷わず購入しました。

プレミアムエコノミー

今回は窓側のお席。なんだか前回のプレミアムエコノミーより広く感じます。というより、全然違う!でも機材は同じです。

前回と違うところは窓側の席だということ。

当たり前ですが、左右に人がいるのと、片方にしかいないのと全然違いますね。圧迫感が全然ない。席が広く感じました。やっぱり端っこっていいな!

そして今回のお隣さんは海外の方でした。日本人だと修行僧かな?と変に意識してしまうので(私だけ?)、海外の方の方が気がラクでホッとするんです。

機内食

海の幸丼と迷って根菜入りチキンハンバーグを選択。

ラウンジでご飯を食べてきたので、あまりお腹が空いていませんでしたが、不思議と食べられます。

ちなみに、スパークリングワインを飲んでる人を見ても、修行僧ではないかと思ってしまいます。もはや過敏症です笑。

飛行機を予約する際の座席について

修行をしたことで、飛行機を予約する時どの席が良いのか真剣に考えるようになりました。

窓際の席、端っこの席、最高!

でも私、水分の摂取量が半端なく多いんです。

真夏だと、食事も含めたら1日8リットルくらい摂っている日もありました。(水・お茶代がかかりすぎて、どのくらい飲んでいるか数えました。)

もちろん真冬はそれほどではないですが、水分を摂った分だけお手洗いに行く頻度も増えます。

プレエコは、窓側の席から出るために、通路側の人にいったん席を立ってもらわないといけない。

なんだかすごく申し訳ない気持ちになります。だから、ガマンしてガマンして、ようやく立つ。でも、それはストレスになるし、寝るにも映画を見るにも完全に集中できません。

そうすると、私に最適なシートは通路側かなぁ。座ったことないけど、1列目だと前が広いんだよなぁ。1列目取れたらそこがいいな。

時間はたっぷりあるので、どの席がいいかを真剣に考えて時間をつぶしました。

SFC修行シンガポール観光1日目

チャンギ空港到着

チャンギ空港に到着。シャングリラホテルのような、グリーンティのいい香りがする。 この香り大好き!空港を香らせるなんてオシャレ。

そして、2週間前はこの空港を猛ダッシュしていたのだなと、なんだか感慨深いものがありました。

イミグレが激混みです。日本の混雑とは別物ですね。ほとんど前に進まない。

ようやく通過した後、スーツケースを取りに向かいます。

イミグレで時間がかかったため、手荷物の優先は関係なく、すべてのスーツケースがピークタイムの回転寿司のように回っていました。

プレミアムエコノミー、すごく快適だけど、席によって感じ方が変わるなと思いました。

窓側でも通路側でも、片側にしか人がいない方がやはり圧迫感が少ない。当たり前だけど、どうせ乗るなら少しでも快適な席がいい。

他人にとって最適な席と、自分に最適な席、それぞれ違うんだろうなと感じた搭乗でした。

おそらくエコノミーだったら、狭くても「運が悪かったな」で終わってる気がします。プレエコは少し高い分かなり期待しちゃいますね!

レンタルWiFiからSIMカードへ挑戦

海外に行くとき、いつもはグローバルWiFiを借りていたのですが、ひとり旅だと結構高いですよね。

海外simだと安く済みそうだし、ルーターを持たないでいいから荷物も軽くなる。今回の修行から、海外simにチャレンジしようと決めました。

チャージ(top up)もできて使い勝手の良さそうなstarhub、ネットでさんざん調べたけど、プランは理解できません。

とりあえず、チャンギ空港のUOB銀行の両替所で買えるらしい、ということで向かいました。

よく分からないまま、32$のsimを選択しました。

お姉さんが設定してくれるというのでケータイを渡します。そこで出てきた画面がこちら。よく分からないのでキャンセルボタンを押しました。

どうやら接続ができなかったようです。

もう一度simを抜き差しして、同じ画面。またキャンセルを押すと、「やはり設定できなかった」と言われ、「simフリーケータイを買ってきたら設定しますよ」と言われて、購入も設定もならず。

うそでしょ。今回、海外simを使う予定だったので、レンタルwifiはないんです。ネット接続できないなんて、考えられない!

私のケータイは、ドコモから格安simに変更していますが、ドコモ解約前にsimロック解除をしています。(していたつもりでした。)

チャンギ空港のWiFiも接続不可

simはあきらめて、とりあえず空港のWiFiに接続したい。インフォメーションセンターでパスワードをもらいました。

実は、公共のwifiに接続するためにパスワードが必要だということを知ったのは、シンガポールに来た当日でした。(行きのガイドブックで)。

普段はレンタルwifiしかつなげないので、知らなかったのです。

結局、パスワードを入力する画面まで到着できず、ここでもネット接続を断念しました。。

いつもは配車アプリを利用して移動しますが、ネット接続ができないのでタクシーでホテルまで移動。

シンガポールのタクシーは清潔だしぼったくりもないし、こんな状況なので、ホッとしました。

コートヤード・シンガポール・ノベナ

2017年11月に新しくできたホテル、コートヤードシンガポールノベナに宿泊しました。

空港からホテルまではタクシー、日本円で片道2,500円弱です。

タクシーの中はすごく清潔、ぼったくりもなかったし、シンガポールのタクシーは安全安心なんですね。

宿泊はべストレート申請を試みましたが、失敗に終わりました。

キャンセルができるオープニングスペシャルレートが設定されており、それより安いサイトを見つけることができませんでした。残念。

価格は281.31SGD、日本円にして23,000円弱です。東南アジアのホテルは安いイメージがありますが、シンガポールは高いです。

ホテルのWiFi接続に挑戦

ホテル到着、早速WiFiをつなげたい。パスワードを入力することはわかっているのですが、入力画面にどうやってたどり着くのかが分かりませんでした。

家族に連絡をしたいのでここは諦めず、ロビーに行ってスタッフへお願いしました。

何をどういじったのかよくわかりませんでしたが、アンドロイドの私のケータイでは、ブラウザではなくクロームからログイン画面にたどり着いていました。

メモメモ。

これでようやくネット接続!!

海外で一人、インターネットなしは現代だと考えられませんね。

部屋は広くないけど、新しいだけあってすごくキレイ。インテリアや置いてあるものも洗練されていて、ムダをはぶいてる感じ。

テレビはなぜかインフォメーション以外写せなかったです。私の海外あるある。

室内の温度調節もしっかりできました。超寒がりには重要です。25℃だと湿気が気になり、24℃だと寒い。24℃でフリースを着ていました。

ホテルラウンジ

ホテルに着いたのは19時半過ぎ。お腹も空いたしビールも飲みたい。

チェックインの時にラウンジのことを何も言われなかったので、部屋にあるガイドをチェック。

ラウンジのことがどこにも書いていない。。22階のレセプションまで行って確認しました。ラウンジは、ない。。

がーーーん。

楽しみにしてたのに。ショック過ぎました。

ラウンジの替わりに、通常マリオットゴールドとプラチナ会員は、33階のルーフトップバーで17時から19時は軽食と飲み物が無料のようですが、もう完全に時間が過ぎています。

ラウンジを楽しみにし過ぎていた私は、思考回路が停止状態。。。ラウンジ、ビール、お腹空いた。。

スタッフに「近くに飲食店はありますか?」と聞くと、「春節だから飲食店は全部閉まっている」と言われました。

あとから考えると、すべて閉まっているなんてありえないのですが、この時の私はすでに意気消沈で頭まっしろ。海外に来て、お腹空いてひもじい思いをするなんて。

「ロビー横のレストランでは、春節の特別メニューがありますよ」と案内されましたが、そそられない。

「33階のループトップバーなら、ご飯はないけどおつまみならある」と言われ、そちらに向かうことにしました。

ルーフトップバー

テラス席へ座り、ビールとミニバーガーを頼みました。

タイガービア2本とミニバーガーで41SGD、日本円で約3,350円。高級だわ。

3人掛けくらいの大きいソファでゆったりしていたのですが、夜景の撮影に中国勢がやってきて、私の座っているソファの左右を陣取ってきました。

なんてパワフル。その勢いに圧倒され、そそくさとバーを後にしました。

そういえば、来るときの機内でちょうど新聞記事を見ました。

今年の中国の旅行者は過去最高の650万人以上で、関係が冷え込んでいる台湾や韓国渡航者は減り、その分が東南アジアに流れているという内容。

きっとシンガポールへの渡航者も、今まで以上に増えているんでしょうね。

ショックの連続の1日目も終わりです。

SFC修行シンガポール観光2日目

シンガポールの春節

シンガポール行きを決めたのは年末のこと。

今まで、春節ムードが高まる海外には行ったことがありますが、ドンピシャの時期には行ったことがありませんでした。

まさか重なるとは思っていなかったので、調べもしてなかった、、。

何が困るって、お店がほとんど閉まっていることです!

滞在したホテル、コートヤード・シンガポール・ノベナに併設されてるロイヤルスクエアは、オープンしているのは飲食店1軒のみ。

その隣のショッピングモール、ノベナスクエアではファストフードのチェーン(サブウェイ・スターバックス・バーガーキング)や2,3軒の飲食店しか空いていませんでした。

だから、空いてるレストランは激混み。

オーチャードのチャターボックスでチキンライスを食べました。

関連記事在住者が選ぶオーチャードで人気のグルメレストランおすすめ4選

オーチャードの高島屋も、地下のスーパーも閉まっていて、高級ブランドのお店がいくつか空いているくらいでした。

なのでまともな写真が全くありません。

なんてこった・・・。これを教訓に今後は春節には要注意と心に刻みます。

一応マーライオンへ行ってマリーナベイサンズの写真を撮る定番の観光だけはしました。人がとても多かったです。

海外simに再挑戦

starhub simがどうしても諦めきれません。これがあれば、これからの海外修行もこのsim1枚で済むんです。

ノベナ駅のセブンイレブンで再びstarhub simの購入を希望しました。

スタッフのお兄さんが設定してくれるということでおまかせ。

再び、解除PINを求める画面が現れます。誕生日とか、0000、1234を入れてもダメ。

ここからお兄さんがかなり頑張ってくれました!

まず、「ケータイの設定を英語にしてほしい、そうしたら分かるよ」と言われ、英語設定に。どうしても解除PINの画面が出るので、これが何かが分からず誰かに電話してくれました。電話の受話器を渡され話すことに。。

「このケータイはどこで買ったの?」「契約は日本なの?」「simロック解除はしてあるの?」までは聞き取れ、つたない英語で話したのですが、その後はお手上げ。。

英語がよく分からず、お兄さんに受話器を返すのでした。、

おそらく他店舗のスタッフに連絡してくれたのだと思うのですが、そこまでしてくれて、なんだかすごくうれしかったです。

コンビニは一人で回しているので、お客さんが来たらレジで会計を行い、終わったら私のケータイをいじる。ずっとそれを繰り返してくれました。

日本人のお客さんが来たら、英語が話せるか聞いてくれました(笑)。通訳してもらおうということだったと思います。残念ながら英語を話せる人はいませんでしたが、やさしさにほっこり。

結局、試行錯誤の末どうにもならず、あきらめることにしましたが、これはシンガポールでしか買えないので、接続できなくても買って帰ることにしました。

帰り際、「thank you so much」と私が言うと、「お役に立てずごめんね」というような言葉が返ってきました。

そんなあったかい言葉を言われると思っていなかったので、心がぽーっとあったかくなりました。

今回のシンガポールでの旅は、調べものができない不安が大きかったので、気持ちがどうも上がらない。むしろ沈んでいて、シンガポールの印象と、この沈んだ気持ちが結び付きそうでした。

でもお兄さんのおかげで、シンガポールっていいところじゃん!と、また来たいなという気持ちになりました。

チェックアウト

プラチナチャレンジ3滞在目も、新しいホテルで快適に過ごすことができました。

上層階のお部屋にしてもらい、16時までのレイトチェックアウトも叶ったので、時間ギリギリまでホテルでゆっくりしました。

レイトチェックアウトの16時までお部屋にいましたが、お昼にチェックアウトしようと午前中にバタバタするいつもと全然違う。最終日までゆったり、これが思いのほか良い!

ただ、ラウンジがないのは残念過ぎました。そう思うと、私が一番マリオットゴールドに求めることは、ラウンジでゆったり過ごすことだったのだなと再確認できました。

そして、日本に戻りこのホテルを検索してみると、ビジネスホテルって書いてある・・・。やはりそうだったんですね。

次にシンガポールに来た時には、ラウンジのあるほかのホテルに泊まってみたいなと思いました。

チャンギ国際空港

シンガポールで1日の滞在を終え、チャンギ空港へ向かいます。

いつも羽田発着ですが、今回は間違えて成田行きを購入してしまいました。成田から自宅へのルートは、時間もお金もいつも以上にかかるので、ちゃんと注意しなきゃ。

今回もプレミアムエコノミー。SFC修行でビジネスクラスの深夜便に乗ったことはありますが、プレミアムエコノミーの深夜便ははじめてです。

チェックイン

出発3時間前にチェックインしました。焦るより余裕がある方が好きです。

搭乗券と、ANA国際線手荷物ルールの紙、SATSラウンジのインビテーションを受け取りました。

免税店では、Charles&Keithでお財布をゲット。マレーシアでよく買物をしていましたが、シンガポールのお店なんですね。

海外旅行用のお財布はいつも100均のポーチだったので、まともなお財布を購入しました。

合皮だと思いますが、値段の割に高見えな気がして大満足♪ 40SGDくらいでした。

関連記事チャールズ&キースおすすめ人気商品

この後TWGの紅茶も買いました。

関連記事TWG完全ガイド!おすすめ紅茶16選

チャンギ空港のWiFiとSATSラウンジのWiFi

ホテルをチェックアウトしてから5時間、その間はもちろんネット接続ができませんでした。搭乗まで、WiFiをつなげたい。

チャンギ空港到着、再びインフォメーションセンターでパスワードをゲットしました。

免税店も見て、SATSラウンジに落ち着き、いざ接続。クロームから入るとパスワード入力画面に行ける!もらったパスワードを入力します。

でも、接続できない。

音痴あるあるな気がします。その通りやっているのになぜかできないんです。

ラウンジの受付に行き、接続ができないことを伝えると、SATSラウンジのWiFiiに接続してくれました。ラウンジWiFiがあったんですね!

6時間ぶりに、ケータイを使うことができました。

思いのほか空いているラウンジ。しかし、マッサージチェア2台は埋まっていました、人気ですね。

ここでのんびりビールを飲み、搭乗を待ちました。最近、タダでビールをたくさん飲んでいる気がします。最高だ!

そして搭乗の少し前にお手洗いにてメイク落とし完了。

知り合いはいないので、スッピンだってOK。メイクを落とさないで寝ると、1日で3歳肌が年をとると言いますからね。カオナシになったって、メイク落としはマストです!

プレミアムエコノミー搭乗記

深夜便なので、シートを倒せるようになったらすぐに寝たいのです。

プレミアムエコノミーの一番後ろなので、後ろの席を気にせずMAXまで倒せるところがいいところ。

今回は通路側のお席でした。お手洗いに行きたいときに気兼ねなく行ける、これは相当なストレスフリーです。

いざ就寝。

フラッシュの音(お手洗いの水を流す音)がめちゃくちゃ気になります。

私の席は、お手洗いの前の席でもあるのです。昼間はあまり気にならなかったけど、深夜だとすごく気になる。

確かにお手洗いって、かなりの爆音で勢いよく流れますよね。新幹線くらいだと思っていると、自分で流すフラッシュ音にビックリするほどです。

あまりに気になって眠れない、しかも後ろのお手洗いはエコノミー席の前のお手洗いでもあるので、使用はひっきりなし。

ノイキャンイヤホンをつけていても、その爆音が耳に入ってしまいます。眠れない。。

なんとか音を消そうと、ヒーリングミュージックをかけました。結構な音量でかけるのですが、フラッシュの音だけは聞こえます。。もう、この音に敏感になっているので余計です。

結局、音が気になってほとんど眠れませんでした。

そして寝起きはなんだか首が痛い。ビジネスクラスでは必要なかったネックピローは、プレミアムエコノミーでは活躍しそうな予感です。

機内食

朝5時半くらいから朝食が配られます。

今回は鮭のおかゆをチョイス。

寝起きでさすがにビールは飲めませんでしたが、次回はトライしてみようかなと思います。

SFCシンガポール旅行記まとめ

今回の修行は、自分の情弱ぶりを思い知らされる旅となりました。

自分では、情強ではないけど普通くらいかな、と思っていたのでなんだかショックでしたが、情弱を認めることにします!

でも、こんなに何も分かっていない自分でも、十分海外楽しめるなぁと思いますし、新しいこと(自分なりに)にもチャレンジしたい、海外simだって諦めない!そう思っています。

(後日よく調べてみたら、ケータイはsimロック解除ができていませんでした。simロック解除した私の記憶は何なのだろう。。。)

そしてシートの座席ですが、プレエコなら、気兼ねなくお手洗いに行ける通路側を選択するという考えが固まりました。

深夜便だと、音が気になるのでお手洗いとの位置関係も次回からよく見ていきたいと思います。

次はクアラルンプール、思いっきり楽しみます☆

修行の教訓
  • 窓際の席もいいけど通路側の席も捨てがたい
  • ケータイのsimロック解除は絶対する(当たり前)
  • ネット接続が心配な人はレンタルWiFi一択(でも私はsimをあきらめない)
  • 春節だけは時期をチェック
  • 深夜便でお手洗い近くの席はフラッシュ音が気になる
  • プレエコ深夜便はネックピローがあった方がよい
マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA