海外旅行保険が無料!年会費無料のクレカ公開
旅のノウハウ

クレジットカード付帯以外の海外旅行保険が必要な4つのケース

本ブログでも海外旅行保険について何度か言及してきましたが、今回はクレジットカード付帯以外の通常の海外旅行保険について語りたいと思います。


クレジットカード付帯の海外旅行保険で不足なケース

今年1年、40フライトこなしましたがクレジットの保険で済まさなかったのは一度だけです。

キューバでは海外旅行保険を英語翻訳したものを持っていく必要があるということだったので当日ネットの保険に加入しました。

mari
mari
個人的にはクレカで済ませない方が良いケースが何パターンかあると考えます。

アメリカ(ハワイ、グアム)の医療費は超高額

ひとつめがアメリカへ渡航する場合。

アメリカの医療費は驚くほど高額です。私の友人でアメリカ滞在中に緊急手術が必要となり数千万請求されました。

数百万ではないですよ!数千万です(・Д・)

盲腸などの軽度な手術で数百万、重大な事故や病気の場合、一夜にして数千万円の支払いが生じるケースがあり得ます。

保険に加入していない場合、おそらく払わずにいったん帰国することになるかと思いますが、永久に米国へ入国できないばかりか長期にわたって督促と戦わなければならなくなります。

若くて持病もなければ大丈夫かもしれませんが、高齢者や病気持ちの方は絶対に上限なしか相当高額な保険に加入するようにしてください!

中東、北アフリカなど情勢が不安定な場所も注意

アメリカ以外で気をつけたいのが治安や政治的な情勢が悪い都市。

具体的には中東や北アフリカなど旅の中級者以上が渡航先として選ぶ場所です。

他の国と比べ、観光バスが襲われたり、何らかの事件に巻き込まれる可能性がやや高いと言えるので、大きな事故に備えて救援費用が高額なものを選びましょう。

秘境などの僻地または長距離の車移動

同様に秘境などの僻地も保険の補償を厚くしておくことをオススメします。

モロッコに旅行した時、アトラス山脈で大きなバスの事故がありました。私たちの数台前のバスが横転し、血まみれの人がたくさんいて本当に恐ろしかったのを覚えています。

しかし、もっと恐ろしかったのが「こういう事故はよくあるんだよ」というドライバーの一言。

寒暖差が激しく道路が凍結している山道。モロッコではこう行った事故が頻繁に起こると知りました。

mari
mari
モロッコに限らず、外国では日本よりはるかに高い確率で交通事故が起こります。

外国で車に乗ったことのある人ならわかるでしょう。みんかめちゃくちゃ運転荒いのに道が悪い!!

もし事故が起こった場所が秘境だったら?場合によってはヘリが出動するかもしれません。

渡航先や観光目的に合わせて保険を選ぶことが必要です。

90日を超える長期旅行

最後に、世界一周などの長期旅行でも旅行保険に加入することをすすめます。

クレジットカード付帯の保険は基本的に90日以内が条件になっていることが多いので、3ヶ月以上継続して旅行する方は要注意!

クレカだけで期限を伸ばせる裏技もないわけではありませんが、長期旅行の場合色々とトラブルのリスクも上がってきます。

mari
mari
1年を超えて旅行している旅人の中には無保険の方もたくさんいます。

2012年、旅行中に保険が切れ、病院へ行かなかったことで亡くなってしまったご夫婦のことはご存知でしょうか?

旅ロック夫妻はマラリアに感染したのを高山病と誤った判断をして夫婦ともに亡くなりました。

旅行記を読んでいた私は本当に衝撃的すぎて・・・改めて旅で注意しなければいけないことを考えさせられました。

フェニー
フェニー
これはとてもレアケースだと思うけど、保険がないから病院行かないは本当に危険!

ガイドブックやネットで事前に情報を調べ、感染症に気をつけなければいけない国かどうかはよくよく気をつけておきましょう!

海外旅行保険まとめ

今年はニューヨークへ行きましたが、海外旅行保険に改めて加入しませんでした。

滞在が短く、危険なアクティビティもしないので「不要」と判断しましたが、保険はなんといっても「万が一」に備えるもの。

何かあった時に後悔しても時すでに遅しとなりかねません。クレジットカード付帯の条件を確認し、ご自分に必要か不要かぜひ一度検討してみてくださいね!