「PeX」と「.money」ポイントサイトの交換先はどっちがいいの?

以前ポイントサイトのからANAマイルに交換するためには、ポイントサイト→「PeX」か「.money」を経由して→メトロポイント→ANAのマイルというルートを使うというお話をしたのをおぼえていらっしゃいますか?

その時の話を忘れてしまった方は「陸マイラー必須の「ソラチカ」で年間216,000ANAマイルが貯まるからくり」

こちらを先にお読みくださいね!

ここでもこの内容についてザックリとですが復習しておきましょう。

ポイントサイトからANAのマイルに交換することを考えた場合、ポイントサイト→直接ANAのマイルというルートもあるのですが、これだととても損をしてしまいます。

というのは下の図のように、せっかくためたポイントが「1:0.3」になってしまうんです。

メトロポイント→ANAマイルの流れに乗せることによって「1:0.9」3倍になるのがわかります。

ちょっとめんどくさくても、このひと手間が非常に大切になるのがわかっていただけたでしょうか?

では、今回のテーマについてお話していきますね!ポイント交換ルートとして欠かせないのが「PeX」と「.money」です。

ではこの「PeX」と「.money」いったいどちらを使うのが良いのでしょうか??

「PeX」と「.money」ポイント交換するならどっちがお得?

比較しやすいように今回は以下3つのポイントについてくらべてみました。

  1. 有効期限
  2. 交換手数料
  3. 交換レート

1.「PeX」と「.money」有効期限の違いはあるの?

<PeXの有効期限>

「PeX(ペックス)」の場合1年に1回ログインすれば、ポイントは失効しないので、PeXにポイントを移しておけば、各サイトの有効期限を気にする必要はありません。

<.money(ドットマネー)の有効期限>

一方ポイントサイトから「.money(ドットマネー)」に交換したマネーの有効期限は、交換日から6ヶ月後月末です。

キャンペーンで増額となった分のポイントは少し遅れて付与されるので、ボーナスマネーの有効期限は付与日の当月月末となります。

mari
うーん私のようにズボラなタイプはポイントを失効させてしまいそう・・・

2.交換手数料

<PeXの交換手数料>

PeXはほとんどの場合手数料無料ですが、陸マイラーとして必須のメトロポイントへの交換には、500pt(50円相当)手数料がかかります。

<.money(ドットマネー)の交換手数料>

「.money」は交換手数料完全無料のサービスです。もちろんメトロポイントにも手数料無料で交換できるので、手数料という点では.moneyに軍配が上がります

3. 交換レート

ポイント交換元 PeX .money
ハピタス 100% 100%
ポイントタウン 100% 未対応
ちょびリッチ 90% 100%
ポイントインカム 100% 100%
GetMoney 100% 100%

比較すると「.money」の方がレートが高いのは<ちょびリッチ>だけでした。

<ちょびリッチ>だけをメインで貯めたい人でなければ、PeXと.moneyの交換レートはほぼ同じと考えてよさそうです。

ただし「.money」の場合交換時のポイントを増量してくれるキャンペーンを頻繁に実施しているので、キャンペーンをうまく利用すればPeXよりも高レートでポイントを交換することも可能です。

貪欲に貯めたい人はやや「.money」の方がおすすめでしょうか。

まとめ あなたの性格によって交換サイトは使い分けよう!

今回比較した結果をまとめると、頻繁にポイントを交換できて情報管理もマメな方はレートもよく、交換手数料もかからない「.money」をおすすめします。

反対に管理が苦手で私のようにズボラな方は手数料は50円とわずかな金額ですので「PeX」の方が安心かな?

mari
私は有効期限の管理が苦手だし、ポイント失効のリスクが怖いから今まで通り「PeX」を使っていこうかな!

 

「PeX(ペックス)」からメトロポイントへの移行方法

PeXにログイン。家族などパソコン共有している人がいる場合、間違ってほかのアカウントでログインしないように気を付けてくださいね。

<交換先をみつける>をクリック

<Tokyo Metro To Me Card>を探してクリック

交換申し込みへボタンの後、秘密の質問(ご自分で事前に設定している質問)に答えて必要なポイントを交換します。

「メトロ会員番号」の入力欄がありますので、ソラチカカード表面に記載されている「お客様番号 / ANA Number(ANAマイレージクラブ番号と共通)」を入力。
姓名をローマ字半角英数大文字で入力後、交換するポイント数の入力です。
mari
PeXは10ポイントで1円相当なので、桁を間違えないようにね!
交換手数料が500PeXポイント(50円相当)取られるので、私は一気に51万ポイントとか97万ポイントなんておそろしいポイント数を交換しました。

ただしこの後のメトロポイントからANAマイルへの交換は毎月2万までというルールがあります。

メトロからANAマイルへの移行で何ヶ月もかかってしまうことには変わりありません。

PeXに貯めておけば気が変わったときに現金やnanaco、LINEのポイントにも交換することができるのでPeXにそのまま貯めておくのもいいかもしれませんね!

交換予定日は約2か月後と表示されます。

厳密に言うと当月の15日までに行ったものが、翌月の11日頃にメトロに確定するので旅程が迫っている人は交換する日付に気を付けてください!

例1) 9/15に申請 → 10/11頃に交換完了(約1か月後)

例2) 9/16に申請 → 11/11頃に交換完了(約2か月後)

1日違いで、約1ヶ月も遅れてしまうので注意です。

「.money(ドットマネー)」からメトロポイントへの移行方法

ドットマネーを運営しているアメーバは、有効期限の前にお知らせメールを送ってくれるのですが、たくさんのメールに埋もれてしまって見落とす可能性もあるので自分で管理した方が安心です。

.moneyにログインし、<マネーをつかう>をクリック。

ここで間違ってJALマイルやANAマイルを選ばないでください。
メトロポイントからANAマイルへは0.9で交換できるため、300ポイントは270マイルです。

JALは0.52、ANAは0.28なのでメトロポイントからANAマイルがいかに高レートかわかりますね!

※運悪くソラチカカードが作れなかった方はここでマイレージに交換することも可能です。

お客様番号と移行期間についてはPeXと同様になりますので、上記ご参照ください^^

初回交換時のみ、本人情報登録(名前・ドットマネー暗証番号・メールアドレス)とSMS認証による本人確認が必要です。また、ここで登録した暗証番号は今後交換するために必要な情報になりますので、必ず控えるように注意して下さい。 

困っちゃん
しつこいようだけど、「.money」は期限が短いのでうっかり忘れてポイントを無駄にしないよう気を付けてね~

ポイント交換サイトは残念ながら紹介制度はありませんが、こちらに登録先のリンクを貼っておきますのでどちらかの登録をしてみてくださいね!

▼▼▼

PeXはこちら

.moneyはこちら

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!