デンマーク

デンマークの人気ガイドブック7冊+α読んで徹底比較!おすすめは地球の歩き方

旅のお供といえばガイドブック!インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。

ネットが使えなかったり、トラブル時には本当に助かるので最低1冊は持っていくことをおすすめします。

デンマークのガイドブックはあまり種類が多くないし、「北欧」の一括りにされているガイドブックはどうなんだろう??とお悩みの方もいるかもしれませんね。

今回は、デンマーク(北欧含む)のガイドブックを7冊と北欧に関する本をランキングにしてみました!これからガイドブックを購入する予定の方必見です♪

おすすめ!

人気ガイドブックランキング1位に輝いた「るるぶ」が無料で読める!

るるぶが読み放題になるソフトバンク系列の電子書籍サービス「ブック放題」では、通常月額500円で雑誌や漫画が読み放題。

なんと今なら初月無料でお試しできます

ガイドブックが読み放題のサービスは珍しいので必見です!

ブック放題の公式サイトをみてみる

デンマークをもっと知る

旅ブロガーのメインカード
SPGのすごい特典を知る  

デンマークのガイドブックは何が一番おすすめなのか?実際に検証してみた

デンマークをはじめ、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドにはあまり国別のガイドブックはありません。

「北欧」と一括りにされており、内容も物足りないものが多い印象です・・・。

それぞれ素晴らしい国ばかりではあるものの、特に小さなデンマークでは長期滞在する旅行者が少なくそれほど情報が必要ないのかもしれませんね。

mari
mari
大手の「まっぷる」で北欧版が発売されていなくてちょっとびっくり!

とはいえ、デンマークに特化したガイドブックもいくつか見つけたので、わたしのおすすめランキングをご紹介します♪

デンマークのおすすめガイドブックランキング

1位:現地で絶対役に立つ!『地球の歩き方』

情報量を求めるならやっぱり「地球の歩き方」ははずせません!わたしが現地に持って行くならやはり、地球の歩き方一択

紙の本だと、北欧(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド)の4か国がまとめられているので、デンマークしか行かない方は、kindleのデンマーク分冊版を購入するのがおすすめです!

フェニー
フェニー
荷物にならないし、価格も安いので一石二鳥!

地球の歩き方の特徴は、コペンハーゲン以外の都市も掲載があること。他のガイドブックは、ほとんどコペンハーゲンの情報しかありませんので、他の都市にも訪れる方は地球の歩き方を見てみてください(とはいえ、多くはありませんが)

基本的な見どころは網羅していますが、特にマイナーな情報はないかな・・。地球の歩き方と言えど、基本情報などは4か国まとめての情報でした。

コペンハーゲンは自転車大国ということもあり、サイクリングに関するページが多め。船の情報も結構ありました。

個人旅行で行かれる方や現地で行きたい場所を考えるタイプの方にはおすすめですが、短期滞在やツアーで訪れる方にはあまり必要ないかもしれません。

おすすめ度 ★★★★☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★☆☆☆(kindle版は★★★★★)
情報量 ★★★★★
出版社 ダイヤモンド・ビッグ社

2位:情報量もデザインも◎『デザインとおとぎの国 デンマーク』

次におすすめなのが「デザインとおとぎの国 デンマーク」という地球の歩き方編集室が出版しているデンマークの本。

表紙から素敵な雰囲気です♡地球の歩き方に比べると写真が大きめ+レイアウトがすっきり&おしゃれなので、読みやすいと思います。

mari
mari
情報量も多く、地球の歩き方に遜色ありません!

代表的な有名スポットはもちろんおさえてありますし、デパートや陶器のショップなどの情報も結構載っています。

お料理の写真や雑貨やインテリア・お土産の紹介ページがとても素敵で、読み物としても楽しめますよ♪

るるぶなどの他の有名ガイドブックよりは濃い内容となっているので、個人旅行でも使えると思います!ただ、出版されたのが2011年なので、お店の情報はネットなどで最新情報をチェックしたほうが良いかも。

mari
mari
Amazonでチェックすると、中古の取り扱いがほとんどだったのが残念!
おすすめ度 ★★★☆☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★☆☆☆
情報量 ★★★★☆
出版社 ダイヤモンド・ビッグ社

3位:3日でまわる北欧 in コペンハーゲン

思わずノルウェーに行きたくなるような「コペンハーゲンの街歩きガイド」。あまりガイドブック感はありませんが、街歩きやショッピングの参考になります!

地元のおすすめ店なども充実していて、他のガイドブックよりも本当の北欧の姿が見えるような感じがします。

北欧に関する著書をいくつも出版している森 百合子さんという北欧が大好きな方が書いているので、なんだか愛を感じますよ・・♡

写真も綺麗でとても素敵!構成もわかりやすくて読みやすいのですが、地図がおおざっぱだったり、観光情報が少なめなのでこれ1冊だときついかも・・。

なので、地球の歩き方などをメインにして、街歩き・ショッピング用のサブ本として持って行くのがおすすめです♪

おすすめ度 ★★★★☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★☆☆☆
情報量 ★★★★☆
出版社 スペースシャワーネットワーク

4位:kindle版がおすすめ!『ララチッタ』

大人カワイイ女子旅案内がコンセプトのララチッタ。

残念ながら『北欧』という一括りのガイドブックなので、上位2つのガイドブックに比べると情報は薄め・・。

デザイン&アートスポットの紹介や「カフェで味わう“ヒュッゲ”なひととき」など女性をターゲットにしたテイストなので、女子っぽい雰囲気が好きな方に♪

kindle版だと2018年版にアップデートされていますし、価格もやすく持ち運びにべんりなので、kindleを読める環境がある方はkindle版の方がおすすめ

コペンハーゲンの他に掲載があるのは、ヘルシンキ・ストックホルム・オスロ。

あもちゃん
あもちゃん
女子旅で北欧周遊する方にはぴったりかもしれませんね。
おすすめ度 ★★★☆☆
値段 ★★★☆☆
持ち運びやすさ ★★★☆☆(kindle版は★★★★★)
情報量 ★★☆☆☆
出版社 JTBパブリッシング

5位:持ち運びしやすい『タビトモ』

ララチッタと同じくJTBパブリッシング出版のタビトモ。値段も同じです。

タビトモの特徴は、とにかく持ち運びしやすいこと!B6変というかなり小さなサイズなので、現地でサッと取り出して使うのに便利です。

そのぶん、お家で旅の計画を練ろうとしたときには、ちょっと見にくいかも・・。

ララチッタと同じ出版社・同じ価格ですが、タビトモはクセがなく、基本情報や有名スポットがまんべんなく掲載されているイメージ。

ララチッタが女子向けの素敵なプランを提案する本だとしたら、タビトモは必要な基本情報をギュッとコンパクトにした感じです。

mari
mari
ツアーで訪れる方や短期滞在の方におすすめです。
おすすめ度 ★★★☆☆
値段 ★★★☆☆
持ち運びやすさ ★★★★★
情報量 ★★☆☆☆
出版社 JTBパブリッシング

6位:かわいい雰囲気の『ことりっぷ』

ララチッタよりさらにかわいい雰囲気の「ことりっぷ」。

かわいくておしゃれな北欧デザインを全面にアピールしているようなガイドブックです。とにかく素敵な雰囲気の写真が多いですが、これ1冊で個人旅行はキツイと思います。

女性が好きそうな素敵なお店が載っているので、おしゃれなお店を探すのにはいいかも。ただ、出版が2015年でAmazonでは中古の取り扱いしかないのが残念です!

おすすめ度 ★★☆☆☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★★☆☆
情報量 ★★☆☆☆
出版社 昭文社

7位:ちょっと内容が薄いかも!?『るるぶ』

もともと、「るるぶ」「まっぷる」などの雑誌系のガイドブックはあまり購入しないのですが、るるぶ北欧はちょっとおすすめできないかも・・。

4か国掲載しているので仕方がないとはいえ、情報がかなり薄い感じがします。

コペンハーゲンの収録も10ページちょい。内容的には「フィヨルド・オーロラ・ムーミン!」を推しているので、コペンハーゲン観光はどこへ行ってしまったのか・・という印象(笑)

mari
mari
正直言って、デンマークの観光ではあまり使えないかも・・。

写真は大きくて見やすいので、すべて観光付きの北欧周遊ツアーに参加する方にはちょうど良いのかもしれません。

ブック放題なら初月無料なので試し読みがおすすめです!

おすすめ度 ★☆☆☆☆
値段 ★★★☆☆
持ち運びやすさ ★★☆☆☆
情報量 ★☆☆☆☆
出版社 JTBパブリッシング

番外編:もっと北欧が好きになれる本4選

ガイドブックではありませんが、北欧の文化を知ったり、オーロラについて学べる本もおすすめです♪

ノルウェー気分を盛り上げるのに使えると思います!

①かわいくて読みやすい♡『かわいい北欧』&『北欧が好き! 』

この2冊は、ナシエさんという方が書いているコミックエッセイです。

現地で役に立つガイドブックとは違いますが、かわいいお土産や北欧の文化などを漫画で勉強できるので旅行の前に読んでおいて損はないと思います。

ナシエさんが実際にお買い物にいったりオーロラを見に行ったりする様子が描かれているので、漫画を通して北欧良好を追体験できるイメージ。

北欧に興味がある方は、読み物として楽しめると思います!イラストもかわいいし、何より読みやすいですね♪活字が苦手な人にはかなりおすすめ。

mari
mari
文字が好きなら森百合子さん、活字が苦手ならナシエさんの本ってイメージかな??
おすすめ度 ★★★☆☆
値段 ★★★☆☆
持ち運びやすさ ★★★☆☆(kindle版は★★★★★)
情報量 ★★☆☆☆(ガイドブックとしては)
出版社 『かわいい北欧』イースト・プレス/『北欧が好き! 』ダイヤモンド・ビッグ社

②北欧旅行の余韻に浸れそうな『北欧のおもてなし』

北欧が大好きな森 百合子さんの『北欧のおもてなし』は、まったくもってガイドブックではないのかもしれませんが、北欧式のパーティやお料理のレシピなど、北欧のおもてなしを知ることができます!

実際に旅行先で手に入れた食器や食材を使って、お家で北欧式のパーティをするのも楽しそう♪

北欧のお料理をつまみながら、楽しかった旅行の思い出をおしゃべりして、旅行の余韻に浸る・・なんていうのも良いかもしれませんね♡お料理が好きな方にはおすすめの1冊です。

mari
mari
レシピもざっと見、特別な食材がたくさん出てくる感じではなかったので、お家でも再現できそうでしたよー!
おすすめ度 ★★★★☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★☆☆☆
情報量 ★★★☆☆
出版社 主婦の友社

③オーロラ・ウォッチングガイド: 一生に一度は見たい絶景の楽しみ方

オーロラを観に行く予定がある方は事前にオーロラについて勉強するのも良いかもしれませんね。

オーロラは自然現象なので、短期間のツアーだと運にまかせる感じが強いですよね・・。日本ではなかなか見られないし、せっかく北欧まで行ってオーロラを観るならオーロラに詳しくなっちゃいましょう!(笑)

ちょっと教科書っぽい雰囲気はありますが、写真の撮り方も細かく書いてあるので参考になると思います。

絶対にきれいなオーロラを観るぞ!!!と意気込んでいる方にはおすすめの1冊です!

おすすめ度 ★★★☆☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★☆☆☆
情報量 ★★★★★
出版社 誠文堂新光社

④ヒュッゲをテーマにした『ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方』

デンマーク人にとって大切な言葉があります。それがヒュッゲ!

日本語でピタッとはまる言葉はありませんが、ほっとくつろげる心地よいリラックスしている時間のことを指し、動詞としても使うんです。

家族や友人など人とのかかわりをとても大切にするデンマーク人。特別なことをしなくても、家で大切な人と過ごしてゆっくりするその時間こそがヒュッゲ=幸せの時間

わたしもデンマーク人にならってぜひ取り入れたいと思いました。こういった素敵な習慣や文化を知れることも旅の醍醐味。

mari
mari
写真やデザインも素晴らしいので癒されます・・♡
おすすめ度 ★★★★☆
値段 ★★☆☆☆
持ち運びやすさ ★★★☆☆
情報量 ★★★★☆
出版社 大和書房

デンマーク旅行のガイドブックは電子書籍もおすすめ

最近は海外でもインターネットが使えることが多いので、以前ほどガイドブックの必然性高くないかもしれませんが、トラブルに備えて1冊持っていると安心感が違います。

紹介したガイドブックの中にもKindle版やアプリで見られるタイプもあります。

  • 荷物が多いのがイヤだ
  • 2ヵ国以上周る
  • キレイな画質で読みたい

そんなあなたには電子版で決定ですね!

るるぶが無料で読める「ブック放題」

また、人気ガイドブックランキングで1位に輝いた「るるぶ」を無料で読む超お得な方法を発見しました!!それが「ブック放題

月500円で雑誌や漫画が読み放題なのですが、なんと初月無料です。

わたしも最近友達から教えてもらい、めちゃくちゃお得すぎてハマっています(笑)

他の読み放題サービスも使ったことあるけどガイドブックが読めるというのは本当に珍しいです(他に知りません・・・)。

とりあえずブック放題でチェックしてみて内容がよかったら購入するでも良いですよね!旅行が近づいてきたらぜひ使ってみてください♪

月額500円で読み放題!
雑誌のラインナップをみてみる

この記事を参考に、あなたにぴったりのガイドブックが見つかりますように!

次へ>>一番人気は『るるぶ』!最強海外旅行ガイドブックを選ぶため50人に聞いてみた

あわせて読みたい

東京⇔コペンハーゲンの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった10万円以下で夢のコペンハーゲンへ♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

 

おすすめホテル

コペンハーゲンでぜひ泊まっていただきたいのがラディソン コレクション ロイヤル ホテル コペンハーゲン!!

モダン建築の巨匠あのヤコブセンがデザインを手掛けた、北欧デザイン好きにはたまらない素敵でなホテル♡

お部屋にはヤコブセンの代表作スワンチェアとエッグチェアが置かれ、インテリアを楽しむ旅行者から大人気です。

中央駅、チボリ公園もすぐそばですし、ファミリールームも用意されているので子連れでも快適な旅行になること間違いなしです♪

ニューハウン付近が希望なら絶対に「71 ニューハウン ホテル」をチェックしてみてください。1800年代の倉庫を改造したなんともいえない趣のある大好きなホテルです。

ラディソンコレクションの
料金をチェックしてみる

デンマークを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

デンマークで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

市内観光やクルーズも大人気

安心の日本語ツアーで
デンマークを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA