エストニア estonioa

エストニア旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

日本人にはあまり馴染みのないエストニア。

いったいどんな洋服を着ていけばいいの?と悩まれる方も多いはず!

そこで今回はエストニア旅行に行く際にどんな格好をすればいいのかについて、世界一周経験者、旅のプロの私が、季節ごと、シーンごとにおすすめの服装をまとめてみました。

エストニア服装の記事はこんな方におすすめ!
  • エストニアに来ていく洋服がわからない
  • エストニアのファッションの傾向が知りたい
  • 現地でのマナーがわかならいので不安
mari
mari
エストニアに行くときの参考になりますように♪
エストニア旅行ならバルト三国の周遊がおすすめ!

JTBでエストニア旅行
ツアーを詳しく見てみる


海外旅行ってどんな服を着れば良いの?

エストニアは日本と同じく四季がある国です。

そのためベストな格好は行く時期によってかなり変わってきます。

どんな航空会社でも荷物制限があるので、無駄な荷物は省きたいですよね…!

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法や避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服をぶポイントを紹介しているので、こちらも併せて読んでみてだくさい♪

海外旅行に持っていく洋服の選び方!必要枚数と避けるべきコーデもご紹介海外旅行へ行くとなると、気になるのが服装選び。 現地の気候や気温に合った服装はもちろんですが、”旅先でのおしゃれも楽しみたい!”と...

エストニアのファッションの傾向

エストニアの服装は日本とあまり変わりません。

H&M、ZARA、Bershkaなどの日本でも馴染みがあるヨーロッパのブランドの服装が着られています!

また、古着を切ることにあまり抵抗がなく、自分好みの古着を安く手に入れている人もいます。

お化粧はもともと派手な顔の人が多いので、濃い人は少ないですが、眉毛はしっかり描いて、口紅は派手な色の人が多いです。

伝統衣装「ラフヴァロイヴァド(Rahvarõivad)

エストニア・伝統衣装

エストニアの伝統衣装に、特別な名前はついていません。

Rahvarõivadというのはエストニア語で「人々の着るもの」を意味します。

地域によって形は異なりますが、基本的に上はブラウスとベスト、下はスカートやズボンになっています。

現在ではお祭りの日を中心に、歌と踊りの祭典では出演側も観客側も伝統衣装を着用します。

あもちゃん
あもちゃん
もちろんお祭りの日だけではなく結婚式などのお祝いの日にも着ることもあります♪

昔は普段着としても着られていたようですが、今では特別な時に着る服となっています。

mari
mari
ポジション的には日本の着物と似ているかも!?

旅行者も現地の人に合わせるべき?

結論から言うと、出来る範囲で現地の人の恰好に合わせたほうが良いというのが私の考えです。

mari
mari
文化も気候大きく違うので難しい場合もありますが、あまり悪目立ちして犯罪のリスクを高めたくないからです。

日本と同じようなかわいらしい恰好をして旅を楽しみたいのも理解できますが、できるだけカジュアルな服装を選んだ方が無難だと思います。

また、オペラや観劇の予定がある人はスーツやよそ行きのワンピース(ドレスの人もいますが、ワンピースでも大丈夫です)を持って行きましょう!

エストニアでタブーとされている服装

エストニアでタブーとされている服装は特にありません。

寒さ対策に重点をおきましょう。

エストニアは他の国に比べて日本人が訪れることが少ない国の一つ。

一人一人が”日本人”として見られるので教会やフォーマルな場所では服装やマナーに配慮してください。

また、ミニスカートは全世界共通でやめたほうが良いと思います。

ミニスカートに高いヒール、ばっちりメイクのような恰好をしているとナンパされたり、性犯罪に巻き込まれてしまう可能性も。

教会見学時の服装

タリン:アレクサンダー・ネフスキー大聖堂

多くの人々が無宗教のエストニアといえども教会は特別な場所です。

騒がれたり、蔑ろにされたりすると嫌な気持ちになるものです。

服装にあまり決まりはありませんが、派手すぎる格好や露出が高い服は避けましょう。

そして教会に入ったら帽子やサングラスをとり、携帯の電源は切るのがマナーです。

エストニアの季節ごとのおすすめの服装

エストニアには四季があります。小さな国なので、国内であまり気温差はありません。

季節によって雨量も気温もかなり違うので、事前にチェックしておきましょう!

エストニアの気温や降水量をチェック!

エストニアは東京と比べてかなり涼しいです。

夏は30度を超える暑さの日もありますが、基本的には初夏のような気候で、夏でも最高気温が25度前後であることがほとんど。

エストニアの気温と降水量

11月〜2月はほぼ毎日氷点下になります!訪れる際はしっかり防寒してください。

春の服装(4月・5月)

エストニア・サーレマー島

エストニアの春は4月と5月で、平均最高気温は10度〜16度平均最低気温は0度〜6度です。

服装は、スプリングコートよりも厚いコートを着ましょう。

真冬に着るような厚手のコートはいりませんが、朝晩はとても冷えるので、まだまだ防寒具が必要です。

エストニアはバルト三国の中で一番平均気温が低い国です。

周遊される際は、エストニアでも寒くない服装を心がけましょう!

ストールがあると気軽に体温調節できるので重宝します。

夏の服装(6月・7月・8月中旬)

エストニア・タリン

エストニアの夏は6月〜8月中旬頃までです。

日本の初夏のような気候で、平均最高気温が20度〜24度平均最低気温が10度〜15度

夏の時期は半袖で過ごしても大丈夫ですが、朝晩は少し肌寒いです。

さらに日によっては一日中15度前後であることもあるので、必ず長袖、もしくは脱ぎ着できる上着を持っていきましょう。

私はリネンの服を着たくて買ったばかりのノースリーブのリネンワンピースを早速着たら寒すぎて凍えそうな思いをしました(笑)

日中が暖かくても、油断しないようにしましょう!

また、この時期の日差しはかなりきついです。建物が白いものが多いので、とても眩しく感じます。

mari
mari
日光が苦手な人は、サングラスを持参することをおすすめします。

秋の服装(8月下旬・9月・10月)

エストニア・タリン

エストニアの秋は8月中旬頃〜10月で平均最高気温は10度〜16度平均最低気温は3度〜9度

秋は毎日のように霧状の雨が降ります。

エストニア人は傘をささない人も多いですが、せっかく旅行に行って体調を崩したらもったいないので、折り畳み傘を持っていくのがおすすめ。

mari
mari
石畳は大変滑りやすいので、滑り止めのついた靴で行くと安心です。

日本の秋、というよりは、日本の初冬の方が気候的には近いように思います。

カーディガンや厚手のパーカーなど、暖かさと体温調節のしやすさの両立ができる服装がベストです!

冬の服装(11月・12月・1月・2月・3月)

エストニア・サーレマー島

エストニアの冬は11月〜3月と長く、平均最高気温は11月と3月は3度前後、10月〜2月は-10度から-3度

平均最低気温は0度〜-10度で日によって大きく変わります。

同じ緯度の他の国に比べると暖かいと言われているエストニアですが、時には-20度を下回ることもあります。

腰までしっかり覆うことができるコート、マフラー、手袋、耳当てもしくはニット帽、厚手の靴下を必ず持って行きましょう。

エストニアの市場やお土産やさんでニット小物を調達することも可能です!

雪の水分が多く石畳の上を歩く時にとても滑るため滑り止めのついたブーツやトレッキングシューズがあると安心です。

バルト三国最寒の国ですので、しっかり防寒しましょう!

エストニアの服装まとめ

エストニアは四季があり、季節によって気候が大きく異なります。

特に、バルト三国を周遊される方は、一番寒いエストニアの気候に服装を合わせて準備するようにしてください!

タリンおすすめホテル

タリンでぜひ泊まっていただきたいのがサヴォイ ブティック

タリン随一の高級ホテルとして人気が高く、立地も抜群なので子連れの滞在にもとてもおすすめです。

1890年創業の歴史あるホテルに滞在すれば特別な気分になりますよ!朝食も美味しいと評判の誰にでもおすすめできる一押しのホテルです。

サヴォイブティックの
料金・空席情報をチェックしてみる

エストニアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

エストニアで観光地を満喫するなら
ベルトラ で現地ツアーを手配しよう!

プライベートツアーが超おすすめ!!

安心の日本語サポート付きで
エストニアを隅々まで堪能できます♪

個人旅行でも日本語ガイドがあれば安心

ベルトラ
公式サイトをみてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA