エストニア estonioa

エストニアベストシーズンは夏!避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。

旅行会社に質問すると「エストニアのベストシーズンは夏」と回答されると思います。

なぜなら…

  • エストニアと日本の気候はわりと似ていて四季がある
  • 気候的には6~9月の夏が過ごしやすい
  • 夜21時~22時ごろまで明るいので観光しやすい
  • 夏は晴れている日が多い

このページでは、観光に向いているベストシーズン》《旅費の安さから見たベストシーズン》など様々な視点でベストシーズンを解説していきます。

四季ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

バルト三国の周遊がおすすめ!

JTBでエストニア
ツアーを探してみる

東京⇔エストニアの航空券はエアチャイナまたはカタール航空が1番が安いです。

個人旅行が好きなら スカイチケットで一括検索がおすすめ!!キューバもハワイもバリも最安値だったのでスカイチケットで航空券を購入しました。

公式リンク スカイチケットでエストニア行の格安航空券を見てみる

エストニアの観光ベストシーズンは『夏』

エストニア・タリン旧市街

エストニアのベストシーズンはズバリ夏です!

夏と言っても、エストニアの夏は短く、6月〜8月中頃までの期間。

夏の期間は気温が毎日25度前後となり、半袖もしくは薄手の長袖で過ごしてちょうどいいくらいの日本の初夏のような気候です♪

夏のエストニアをおすすめする3つの理由

晴れている日が多い

ヨーロッパといえば、曇り空を想像する人が多いかもしれません。

しかし、夏の間は晴れている日が多く、素晴らしい町並みがより一層輝きを増します。

時折日本の夕立のような強い雨が降ることもありますが、そのほかのシーズンに比べると頻度は多くありません。

エストニアは世界的にみても日照時間が短い国なので、現地のエストニア人もみんな夏を楽しみにしています。

mari
mari
川沿いの公園で上半身裸で寝ているおじさんなどもいて、みんな思い思いに夏を楽しみます。

日照時間が長い

エストニアは北緯59.26度と、かなり北に位置しています。

そのため、夏至付近になると日没が23時ごろに。

mari
mari
20時には真っ暗になってしまう日本からすると考えられないですよね・・・!!

せっかく旅行に来たのだから、長く遊びたい!という方にぴったり♪

朝も早くから明るくなるため、1日の活動時間を長く取ることができるのもいいですね!

野外で食事ができる

エストニアは言わずと知れたビールの楽園です。

SAKUとA.Le Coqというビールが2大トップです。

気持ちいい風に吹かれながら野外で一杯…といきたいところですが、エストニアでは屋外での飲酒は禁止。

mari
mari
お祭りや屋台などで購入したものはOKです。

しかし、レストランのテラス席では飲酒は可能!このテラス席はサマータイムの間しか設置されません。

エストニアンラガービール・アレキサンダー

気持ちいい風に吹かれながらお外で一杯…最高です!

夏は日も長いので、20時ごろに飲んでも明るいのが面白いですね♪

エストニアの旅費が最も安い時期は『1月・2月・4月・10月~12月前半』

パックツアーが安くなるのは「冬と春」

エリアにもよりますが、エストニア行きのパックツアーは、1月・2月・4月・10月~12月前半までの期間が割安な場合が多いです。

また、春休み直後の4月の前半や年末年始後1月後半も比較的安いので狙い目ですね!

これは、エストニアに限ったことではありませんが、下記の期間はツアー料金が高騰します。

  • 年末年始
  • GW(ゴールデンウィーク)
  • 秋の連休
  • 夏休み
フェニー
フェニー
もともとエストニアツアーはヨーロッパの中では旅費が高い方ではありませんが、旅行者が多くなる時期はやはり高騰します!

個人旅行(航空券)が安くなるのは「冬と春」

一般的にエストニア行きの航空券が安くなるのは年末年始、春休みを除く冬から春にかけてと言われています。

LCCで日本からエストニアに行くことは現段階では難しいですが、フルキャリアでも、日にちによっては往復10万円ということも多いです!

また、フィンランドまで行ってしまえば、そこから片道3000円ほどでフェリーで行くこともできます!

また、フィンエアーのユース料金(25歳以下)では日本・エストニア間が片道200ユーロで出ていることもあるので、こまめにチェックしておく必要があります。

航空券の情報をまめにチェックするのがおすすめ!

旅行にかかる値段は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安くエストニア旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

格安航空券を探すなら「スカイチケット」

ちなみに、格安な航空券を取るのに私が愛用しているのは スカイチケットというサイト。

用事もないのに時々のぞいて安いチケットがないかチェックしています(笑)

国際線はもちろん、国内線も格安チケットが見つかるので気づいたらポチっと買ってしまうことがあり恐ろしいです・・・。ぜひのぞいてみてください♪

ホテルを安く予約するなら「booking.com」

1年のうちでホテルの値段も変動しますし、ホテルによってまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言いにくいです・・。

そのため、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切です。

私はヨーロッパのホテルの場合はいつも、booking.comで探します。他のホテルサイトと比較し、色々検証してみた結果、取り扱いホテルの数と値段が最安になることが多かったのでおすすめですよ!

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。100泊以上予約してきましたが、一度もトラブルになっていないのでご心配なく!

  • パックツアーが安くなるのは「1月・2月・4月・10月~12月前半」
  • 個人旅行(航空券)が安くなるのは「1・2月」
  • 少しでも安くすませたいなら、まめに情報チェック!

エストニア旅行を避けたほうが良い時期

絶対に旅行を避けたほうが良い!という訳ではありませんが、秋(9月〜11月)とクリスマスイブ〜当日は避けたほうが良いと思います。

秋(9月〜11月)

エストニア・タリン旧市街

9月ごろから日照時間がかなり短くなってきます。

mari
mari
そして何と言っても、毎日曇り空!

大雨が降る、ということはあまりないのですが、傘をさすかささないか迷う程度の雨が常に降っています。

曇りの日には一日中太陽が出ない、なんてこともあります。

クリスマスイブ〜当日

タリン・クリスマスマーケット

ヨーロッパにしては珍しく国民の半数以上が無宗教というエストニア。

そんなエストニアでも、クリスマスイブの日にはお店が早く閉まり、当日はおやすみ、というところも多いです。

やはり家族で過ごす、というのが一般的なようです。

他のヨーロッパ諸国は23日から完全にお店をやならないところも多いので、それに比べると空いている方ではあります。

しかし、せっかくクリスマスにヨーロッパに旅行に行って何もできなかった、ということは寂しいので、もし行く場合はしっかり計画を練りましょう!

エストニアの年間平均気温・降水量

エストニアの気温と降水量

タリンの最高気温と降水量を調べてみました。エストニアは九州くらいの小さな国なので、国全体で気温はあまり変わりません。

エストニアの気候の特徴は寒暖差が激しいことです。

夏は涼しくて過ごしやすいな~と思っていたら突然寒くなった。なんてこともあるので、必ず体温調節できる上着はマスト!

mari
mari
脱ぎ着が簡単で体温調節しやすい服装を心がけましょう。

エストニアの季節の特徴は四季があること

エストニアには日本と同様に四季があり、それぞれの季節にそれぞれの魅力がたくさんあります。

春(4月中旬〜5月)

エストニア・菜の花畑

エストニアは町の中心部から少し離れると、自然が広がるのんびりとした国です。

春になるとそこかしこに菜の花が咲きます。

エストニアの中世ヨーロッパの建物と合わさって、物語に入り込んだかのような景色を味わえます♪

夏(6月・7月・8月中頃)

エストニアの夏は6月〜8月中頃までと日本に比べ短く、残暑になることもなく、8月中頃からは徐々に肌寒くなってきます。

mari
mari
短い夏を楽しもうと、夏の間は行動が活発になるエストニア人が多いです(笑)

夏の時期はとても気候がよく、気持ちの良い日が続くのでテラス席でのんびりしながらくつろぐのもおすすめです!

エストニア・タリンの小道

また、北欧から気軽にくることができるため、夏にはヨーロッパ中の人々がバカンスに訪れます。

夏にエストニアを訪れた際はサーレマー島など、リゾート地も訪れて見ましょう!

日光が強いので日焼け止めとサングラスは必須。

秋(8月中旬頃・9月・10月)

秋から次第に日照時間が短くなり、天気も悪くなっていきます。

すっかり寒くなるシーズンなので、防寒対策もしっかりと。

秋には紅葉を見ることができるので、夏とはまた違った景色を楽しめます。

冬(11月・12月・1月・2月・3月)

天気の悪さと日照時間の短さは相変わらずですが、クリスマスがやってきます!

タリン・クリスマスマーケット

タリン旧市街の中央の広場には大きなクリスマスツリーが出現。

12月1日から、ロシア正教のクリスマスである1月7日まで開催されます。

クリスマスマーケット・肉屋

たくさんのソーセージやチーズ、黒パン、ニット小物などを買うことができます!

おすすめはホットワイン。一杯3ユーロ〜4ユーロで身も心も温まりホッとします。

クリスマスマーケットを思う存分楽しむためにもしっかり防寒して行きましょう!

エストニアの人気季節イベント

エストニアで行われる、人気のイベントをまとめてみました。

夏至祭

タリン・ラエコヤ広場

冬に日照時間がとても短くなる北欧諸国にとって、一年で一番日が長い夏至はとても大切な日。

エストニアの夏至祭ではキャンプファイヤーを囲み火をまたぐことで、悪運を追い払う、という意味があるんだとか。

エストニア各所でイベントが催されているので、気軽に参加してみましょう!

歌と踊りの祭典(5年に一度)

5年に一度開かれる歌と踊りの祭典はユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。

1869年から始まり、伝統が受け継がれ続けています。

エストニア各地から伝統衣装に身を包んだ人々が参加し、その参加者数は15万人にも。

ソ連の占領下でエストニアの歌を歌うことが禁止されていた時代にもその伝統を守り、歌い続けたことから、歌と踊りの祭典はエストニア人のアイデンティティの結晶でもあります。

無料のものからチケットが必要なものまで様々な演目が用意されているので、自分が見たいチケットを用意しましょう!

特設ホームページで購入することができ、今後の予定は2019年に開催され、その次は2024年です。

キヒヌニッティングフェスティバル

道でニット小物を売るお店

バルト三国といえば、独自の伝統がらを施した編み物が有名です!

それぞれの国によって少しずつ柄が違うのがとっても可愛い♡

そんな可愛い編み物を存分に味わえるお祭りが、6月の夏至の直前の3日間にエストニアのキヒヌ島で行われます。

目的はキヒヌ島独自の編み物文化の保持と発展。

3日間の間に手袋、靴下、セーター、帽子、ベルトなど、ありとあらゆる物を編むためのワークショップが開催されます!

それらを島の編み物名人たちに教えてもらえるなんてとっても素敵ですよね♪

そのほかにも灯台や美術館を巡る島のツアーや、キヒヌ島の子ども達によって奏でられる音楽とのダンスなど、様々なアクティビティに参加することができます!

祭りの終わりにはきっとあなたも編み物名人になっているはず!

毎年ホームページが変わるので、参加したい人は「Kihnu Knitting Festival」で検索してみましょう!

エストニアのベストシーズンまとめ

エストニアには四季があり、それぞれ違った表情を見せてくれます!

おとぎの国をより楽しむために、一つの季節だけではなく、違う表情を見せるエストニアを訪れてみてください♪

東京⇔エストニアの航空券はエアチャイナまたはカタール航空が1番が安いです。

個人旅行が好きなら スカイチケットで一括検索がおすすめ!!

公式リンク スカイチケットでエストニア行の格安航空券を見てみる

すべての記事をみる

 

おすすめホテル

タリンでぜひ泊まっていただきたいのがサヴォイ ブティック

タリン随一の高級ホテルとして人気が高く、立地も抜群なので子連れの滞在にもとてもおすすめです。

1890年創業の歴史あるホテルに滞在すれば特別な気分になりますよ!朝食も美味しいと評判の誰にでもおすすめできる一押しのホテルです。

サヴォイの料金
をチェックする

子連れエストニア基本情報!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)エストニアに行く前に押さえておきたい現地の物価、治安、天気、服装、ビザ、チップ、お土産情報などを全てまとめました。旅行前にお気に入り保存か印刷していくことをおすすめします!...
エストニアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

エストニアで観光地を満喫するなら
ベルトラ で現地ツアーを手配しよう!

プライベートツアーが超おすすめ!!

安心の日本語サポート付きで
エストニアを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ
公式サイトをみてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA