飛行機の子供料金は意外と高い?国内線と国際線の違いを完全解説!




今回はみんなが気になる飛行機の子供料金についてまとめてみました!

そもそも国内線と国際線ではかなりルールが違うので、しっかりポイントを押さえてみてください♪

\mariのおすすめサイト/
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

国内線ANA/JALの子供料金(小児・幼児)

まずは国内線の料金から!ほとんどの人がANA/JAL利用だと思うので2社を元に説明していきます。

  • 大人……12歳以上=大人運賃
  • 小児……3歳~11歳=半額・50%
  • 幼児……8日~2歳=無料

飛行機の場合は学年ではなく、完全に年齢で線引きされます。

小学校6年生でも12歳になっていれば大人運賃なので電車とは違うことを覚えておいてくださいね!

無料なのは2歳まで。3歳になったその日から小児料金がかかります。

mari
更に注意しなければいけないのが小児料金「半額」の罠!

通常みなさんが購入してる割安の航空券「先割」「旅割」「旅得」などは正規料金からかなり安くなっています。

私が良く利用する羽田⇒岡山のチケットの場合、特割は16,590円で購入できますが、子供(小児)は31,690円の半額で、片道15,845円とほぼ大人と同料金です。

片道だけだと更に高いので、子供18,245円、大人16,590円となるわけ!こうなったら普通に大人料金の特割で2つ予約してしまいましょう。

フェニー
飛行機の場合は必ずしも子供料金の方が安いとは限らないんだね( ゚Д゚)

3歳を超えたら、小学校に通うまでは新幹線移動が圧倒的にお得です。

また大人1名につき同伴できる幼児は2人まで、大人の膝に乗せてOKな幼児は1名だけなのでそれ以上は座席を予約する=料金がかかるということもお忘れなく!

国内線LCCの子供料金

幼児はいいけど小児はかなり高い!それならLCCはどうなんだろう?と考える方もいらっしゃいますよね?

残念ながらLCCは子供料金の設定がなかったり、幼児は2歳からと判定するなどルールが厳しいケースが多いです。

  • 大人……2歳以上=大人運賃
  • 幼児……8日~1歳=無料

フェニー
乳幼児のみ無料で、2歳児から大人と同等の料金がかかってくるんだ~

バニラエアは「子供割」を設定するなど、各種キャンぺーンによって安くなることも!

LCCはそもそも信じられないような低価格のチケットも出ているのでチェックして損はありません。

国際線子供料金(小児・幼児)

  • 大人……12歳以上=大人運賃
  • 小児……2歳~11歳=75%
  • 幼児……8日~1歳=普通運賃の10%

大きな違いは小児料金が50%ではなく75%!国内線と違って大人の格安運賃の75%となりますが、それでも大人料金の方が安くなることも多いです。面倒でも損するともったいないので毎回比べてみてくださいね!

幼児の場合、国内線と比べて

  • 対象年齢が1年短い
  • 席を使用しなくても普通運賃の「10%」の料金を支払う

という点が異なります。

mari
普通はせいぜい1万円前後だと思うけど、ビジネスクラスを予約してしまうと大変なことになるので気をつけてね!

国際線LCC子供料金(小児・幼児)

  • 大人……2歳以上=大人運賃
  • 幼児……8日~1歳=無料

国内線と同じく、2歳以上で大人運賃です。

しかしながら、幼児の場合ひざに乗せれば無料になることがほとんど!

mari
航空会社や路線によっては幼児料金を払わいといけないケースもあるので使用する航空会社のHPで確認しよう

子供が3歳で飛行機に乗るのに年齢確認はされるのか?バレる?

記事を書く前にリサーチしていると、「3歳 年齢確認」「3歳 バレる」と検索している人が多くてびっくりしました。

どうやら本当は3歳になってるのに、運賃を払いたくないので2歳と嘘をついて搭乗する人がいるようです。

国際線はパスポートが必要なので確実にバレます。国内線は子供も大人もわざわざ年齢チェックをされることはありませんが、これは絶対やめましょう。

mari
そもそもなぜ3歳になったら有料になるかというと、膝の上ではなく席を確保する必要があるから!

困っちゃん
なんでなんで??重くてもお母さんやお父さんが頑張れば抱っこできるんじゃないの?

もちろん何も起きなければ1時間くらいのフライトは抱っこで耐えられるかもしれません。

でも考えないといけないのは「もしも」の場合!

乱気流に巻き込まれて急降下したら、私たちが考えられないほどものすごい重力がかかります。大人が支えらえるレベルではありません。

困っちゃん
だから子供に座席を確保してシートベルトしないといけないんだね~なるほど!

フェニー
車も飛行機も同じ。万が一の時に何か起きないようできる限り対応するのが親の責任というものですね!

飛行機代は高いので気持ちはわからなくもないですが、別の方法を探しましょう。

頑張って安いチケットを探すか私のようにマイルを貯めればかなりお得に航空券をゲットすることができますよ!

飛行機の子供料金まとめ

年齢によってかなり金額が変わってきてしまうので、できれば一度小さい時に飛行機の経験を積みたいところ。

記憶には残らないかもしれませんが、旅の経験はしっかりと子供の中に残っています。

あもちゃんも、もうすぐ2歳。国際線の料金は跳ね上がってしまいますが、これからも一緒に旅に出たい!

来年からはマイルで旅行できるよう頑張ります(・∀・)

次へ>>初心者のためのマイル講座~年間21万6千の大量ANAマイルの貯め方~