【2018年夏休み】マイルを使った特典航空券で3泊4日石垣島ダイビング旅行へ行ってきた!

今回の記事はなんと私のお友達、みなちゃんがブログに寄稿してくれました(・∀・)

みなちゃんは大学時代のクラスメイト。去年は一緒に台湾に行ったほど今でも仲良しの友達です。

mari
私のマイル講座を受けて、1年間で45,000マイルも貯めたんだって!すごーい!!

本当は一緒に行きたかったんだけど休みが合わなくて今年は断念・・・それではみなちゃんの記事をお楽しみください♪

2018年夏休み羽田⇒那覇経由⇒石垣旅行へ行ってきました!

はじめまして、みなです!

今回はまりちゃんのマイル講座のおかげで、1年で45000マイル貯めることができました。結構たくさんマイルが貯まったので、今年の夏休みはマイルを使って石垣島へ家族旅行に行くことに決めました。クレカ作成や生活網の手続系はなしでもこんなに貯まったので、始めてみて本当に良かったです!

通常は羽田−石垣島の直行便もありますが、本数が少なく特典航空券の予約が出来なかったことと、弾丸那覇観光も予定していたため、特典航空券は羽田−那覇間(無料)で取得。

那覇−石垣島はまりちゃんの講座でお馴染みのスカイスキャナーで検索して、LCC・バニラエア(大人2名で往復約2万円)を予約しました。

関連記事飛行機を少しでも安く予約するコツ!最安値を狙うなら個人旅行

那覇空港LCCターミナルから石垣島へ!

那覇空港に着いてびっくり!国内線ターミナルとLCCターミナルは離れているため、ANA→バニラエアへの乗り継ぎには移動が必要です。国内線ターミナルの前から無料バスが出ていますが、ほぼ満員のバスで10分程度かかります。

LCCターミナルは貨物輸送用倉庫の隣に建てられていて、天井の配管などもむき出し!見るからに倉庫を改装したような簡易建物感が漂ってました(笑)

安くて安全、目的地まで辿り着ければ良いので、設備の質まで必要なし!ということで、手荷物検査を潜り抜け、歩いて飛行機に搭乗!

3泊4日の石垣旅行スタート

石垣空港には19時着。荷物を受け取ると19時15分を過ぎていました。

レンタカーを借りていたので、ショップまでレンタカー会社の車で移動します。

日没は19時半ごろなので、急がねば!

なぜなら、石垣島は街灯が少なく、市街地を抜けて少し走ると真っ暗の中、車のライトのみで走行する事に。

あまり人も居ませんが、慣れない土地での運転なので、用心して急ぎます。

到着日の夕飯や飲み物は石垣島に24時間営業のスーパー(マックスバリュ)で買い、お土産を物色して、さっさとホテルへ。
明朝は8時20分にはダイビングショップ集合なので、早めに就寝です。

ダイビングは「ピュアティダイビングサービス」がおすすめです

石垣島でのダイビングは、3回目。毎回ピュアティダイビングサービスさんにお世話になっています。

私にとって、ダイビングはショップ選びが結構重要なんですよ!

ダイビングはライセンスが必要なのはご存知でしょうか?私は10年前に初心者レベルのOW(オープンウォーター)を取得しました。

しかし、多くても年に1回程度しか潜らないので、いつまで経っても初心者(^_^;)

そんな状態を受け入れてもらえるようなショップを見つけるようにしています。

過去のダイビング歴:東伊豆・サイパン・沖縄本島・石垣島・パラオ・フロリダ近海(平均4ダイブ/回)

mari
私も初めてダイビングの体験をしたのはみなちゃんとパラオに行った時!楽しかったな~。

ピュアティダイビングサービス

住所:沖縄県石垣市川平834−1
電話番号:0980-88-2070
HP:http://purity-diving.com/

初心者がおすすめダイビングショップを見極めるための3つのコツ

良いダイビングショップかどうか見極めるポイントがいくつかあるので、紹介させてくださいね!

①少人数制かどうか

初心者レベルなので、大勢のダイバーと潜ると、私が足手まといかも⁈と思ってしまい、せっかくの旅行も楽しめません。

大きなショップでも、インストラクター1人に対する顧客数は10人までなどの少人数対応をとっていることもありますが、そうは言っても何かと不安。

どの海で潜る時も、ショップ規模が小さく少人数対応しているところを選んでいます。

mari
確かに私もパラオで体験ダイビングの時みなちゃんとインストラクターしかいなかったから安心だった~。結構ドキドキするから人数が多いと怖いかも!

②アットホームかどうか

多くの場合、他のお客さんと一緒に船でダイブポイントまで向かいます。船中での移動や待ち時間を考えると、ショップスタッフがアットホームな雰囲気か否かって結構気になるところ。

お客さん同士の話題を繋いでくれる立場でもあるので重要な役どころなんですよ!

ショップを予約する前に、ホームページやブログをみて、ショップの雰囲気やスタッフ・お客さんの年齢層を参考にしています。

学生や若い人ばっかりのお客さんだと、私のような年齢になるとちょっと厳しいかな…

mari
ビーチツアーに行くと国内も海外も確かに学生が多い!同世代の方が気を使わないかもしれないですね~

③価格や売込みについて

リゾート地ならどのショップもダイブ価格はほぼ同等だと思います。

しかし、レンタル備品やネット割引など、細かな値段設定は微妙に違います。また、ショップによってはダイビング器材の売込みがあったり…と様々なので、その辺りも口コミなどを事前に検索してよく調べてから予約するようにしています。

以上の3つをクリアした私のおすすめショップが「ピュアティ」さん。

ご夫婦でショップを営んでいることもあって、とってもアットホーム!分からない事も丁寧に教えてくれる頼れるショップです。過去に二回お世話になって、楽しかった記憶ばかりだったので、今回もお世話になりました。

石垣島ダイビング1日目

旦那もOW(オープンウォーター)を持っているので、ファンダイブを事前予約。

1日に2ダイブ、2日で4ダイブにトライします。
目的は石垣島ダイブのメイン・マンタに会う事!

船に乗って、出発です。

旦那共々、三年前に石垣島で潜ったきりなので、1ダイブ目は器材準備〜水中での浮力調整(中性浮力)までオサライ。

案の定、マスクに水が入ったり、中性浮力がうまくいかなかったり…。感覚を戻すためのオサライは必要ですね。そんな中、少し潜る(水深10m)程度で、カラフルな熱帯魚と、アオウミガメにご対面!南の島は海が綺麗で透明度も抜群!

2ダイブ目は『通称:マンタシティ』と呼ばれるポイントで潜ります。

マンタシティでは海上で20分ほど待機しました。このポイントに入れる船の数は5隻と決まっていて、溢れた船は他の船が退散するのを待ちます。マンタへの負担も軽減されてるんですね。

20分待って、ようやくダイブ!

マンタが現れることを祈りながら、周辺の魚を見て時間を過ごします。マンタは動体視力が優れているので、潜ったら岩のようにジッと待機(シュノーケリングだと落ち葉のようにジッと)していないと、警戒して現れないとのこと。

結局、この日はマンタに会えず!明日に期待です…。

石垣島ダイビング2日目

ダイビング2日目。この日の1本目はサンゴ礁がテニスコート一面程度に広がっているポイントへ。色とりどりの熱帯魚やカマスの群れ、クマノミにも会えて大満足!

旅行最後のダイブは、マンタシティへリトライ!

マンタを探してウロウロしていたところ、アオウミガメにご対面♪

こんなに近くで見られたのは初めてです!とっても可愛かったけどお目当てのマンタには会えずじまい。

他のショップでもここ2、3日は見られてないようです。残念ですが、次回のお楽しみにします。

ダイビングの後は、ショップに戻って、ランチ(ショップの奥さん手作り!)、ダイビングログを記入して終わりです。来年も石垣島に来て、今度こそはマンタを見たい!

石垣島旅行での食事

旅の印象に残るのはやはり食事!ということで、ガイドブックとトリップアドバイザーを駆使して、2日間の夕飯は事前に調べて、予約して行きました。

「舟蔵の里」(8/6時点 トリップアドバイザー 7位)

沖縄の郷土料理が食べられ、沖縄民謡を見られる『舟蔵の里』へ行ってきました。外観から既に沖縄っぽさ満点!

コースを頼んでいましたが、どれも琉球言語で書かれていていまいち分からず(笑)。料理が運ばれてくるたびに店員さんがひとつひとつ説明してくれます。グルクンの唐揚げは骨まで食べれて美味しかった!

沖縄民謡も見られました。家族連れの方は子供達も踊って、可愛かったです。

「石垣屋」(8/6時点 トリップアドバイザー 13位)

石垣牛が食べられて、唯一ネット予約できるお店ということで、焼肉店『石垣屋』に。

そこそこの値段はしますが、脂も乗っていて、お肉も柔らかく、美味しかった!石垣和牛にぎりはトロける食感で最高です!

関連記事海外旅行で失敗しない!美味しいレストランを見つける5つの方法

3泊4日石垣島ダイビング旅行まとめ

今回は3泊4日石垣島、ダイビングメインの旅行でしたが、いかがでしたか?

石垣島は街歩きも楽しいし、レンタカーでドライブも気持ち良い島です。

また、フェリーで竹富島や西表島などへも行けるので、ダイビングなどのマリンスポーツをしない方は、他の離島へ足を延ばして観光や海遊びをしても良いと思います!

飛行機から見える石垣の海は信じられないほど絶景。

マイルをコツコツ貯めて、かなりお安く旅行ができました!自分でイチから計画する旅行は、計画段階から楽しかったです。まりちゃん、ありがと〜!

mari
みなちゃんの石垣旅行とっても楽しそう!!ぜひ来年は我が家も合流したいです。

日本の離島はその辺の外国よりよっぽどキレイ!海外旅行はちょっとハードルが高いという方は、ぜひ沖縄から挑戦してみてください。

羽田⇔那覇は毎日13便も飛んでいるので、比較的チケットも押さえやすいですよ♪

次へ>>【マイル講座第1回】マイルを貯めて旅へ出よう!年間21万6千の大量ANAマイルの貯め方

無料で216,000マイル貯める方法-初心者のためのマイル講座 陸マイラー編

2018.06.01