やっぱり南仏!麗しのコートダジュールマルセイユ MSC地中海クルーズ2日目

マルセイユ基本情報。治安は大丈夫?

人口約85万人、パリに続き第二位。

近郊には古都エクス=アン=プロヴァンスがあり、マルセイユとその近郊の小都市を併せた人口は約135万人に及びます。

温暖な地中海性気候で、雨は少なく太陽にも恵まれているマルセイユはパリの2倍も晴れの日が多いのだとか。

mari
気になる治安だけど、残念ながらマルセイユはフランス一治安が悪いといわれているのよね。

普通に大通りを歩いていて治安の悪さを感じることはありませんが、ひとりで裏通りに入ったり、大きな荷物をかかえて駅前をウロウロしていると危ないので注意が必要です。

移民の大半が南仏に集中してしまっているので貧困からスリや強盗などが多いようです。日中観光地は人がたくさんいるのでそれほど心配することはないですよ!

マルセイユでの過ごし方

マルセイユにはお昼頃到着しました。

マルセイユでは母とY美ちゃんは現地ツアーに参加するので別行動です。

毎日船内新聞が(しかも日本語で!)配られツアー内容、価格、時間を教えてくれるんです。事前予約もできますが私たちは前日の夜に予約という方法で参加。

私たちは、ちょうど夫の誕生日だったので2014年にオープンしたばかりのショッピングモール「Les Terrasses du Port」でショッピング&食事を楽しみました!

日本未上陸のブランドもあっておもしろいです。

レストランは日本でも人気のダロワイヨで♡オープンテラスは少し肌寒いながらも美味しい食事でお祝い♪

ケーキもいただき大満足です。フランスなのでカフェの料金はお高め(日本の1.5倍くらいの価格かな)

南仏は3度目。フランスは大好きでもう何度も足を運びました。

マルセイユは12年ぶり。一番の見どころノートルダム・ド・ラガルドへバスで移動します。
このバスがいつ来るのかよくわからなくて困った。海外でWIFIが使えるといいのですが、国内から申し込むと高いのでダウンタウンでしかつなげないことが多い・・・。もう少しお金に余裕ができたらネット代は節約せずにすませたいですね。

丘の上に建っている素晴らしい大聖堂です。

坂がわりと急なので少し疲れますが見晴らしは最高。光をいっぱいに取り込んで内装も輝いています。
夫はカトリックなので宗教的な話を教えてもらえるので以前より教会を楽しむことができるようになりました。

私は世界史が得意だったので、比較的歴史の知識には長けていますが宗教色が強いものは深く勉強しないとよくわからないんですよね。

コートダジュールの青が美しい。

この景色を12年前にみたことを思い出しました。
初めてのヨーロッパ、フランスだけで8日間。またここに返ってこられるとは思いもしなかったので感慨深いです。

当たり前ですが、どこも港町なので必ず海と船がセットで見られます。
普段東京では見ることのできない光景で、眺めているだけで飽きません。

マルセイユではお土産をたくさん買ったので観光時間があまりとれずバタバタしてしまいました。
フランスのスーパーマーケットでチョコレートやクッキーをたくさん買いました。紀伊国屋で600円くらいするお菓子が半額くらいで買えます。

ヨーロッパのお土産はあまり安くありませんが、その分食品は美味しいものが多いのでついスーパーでたくさん買ってしまうんです。
海外旅行好きの人には定番ですが、土産物屋ではなくスーパーが楽しいので是非行ってみてくださいね!

来た道を帰ります。

近くでみるときれいなグリーンですね。

この教会はなんなのかよくわからなかったけどとても綺麗でした(薄っぺらい表現ですいませんw)!

船に戻って母とY美ちゃんと合流しました。ふたりはコートダジュールツアーに参加していましたが、自由行動になったとたん待ち合わせの場所に戻れるか心配になり、同じツアーのバッチをつけている外国人を探してかなり早めに集合場所へ向かったようです。

もったいないようですが、ドキドキしながらカフェで待っているというのも思い出になりますし、還暦のふたりがちゃんと自分たちで行動できたのがえらい!

パリが人気のフランスですが、少し長めの休みが取れたら是非南まで足を延ばしてみてください。ただし夏に限ります!冬は天気がね。。

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住、一児の母でブラジル人夫と国際結婚。 年中頭の中は海外旅行のことでいっぱい。育児についても研究中で今の夢はパワーブロガーになること。どうぞよろしくお願いします!