フランス France

モナコ治安・危険情報2019年最新!旅のプロが教える7つの注意点と安全対策

モナコはF1やカジノなどでも有名で、セレブが集まるゴージャスな場所。

実際にモナコがどんな場所か気になりますよね!

この記事では世界一周経験者、旅のプロの私がモナコの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

モナコ治安の記事を読むとわかること
  • モナコで起こる犯罪手口
  • モナコの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと
mari
mari
モナコに行くときの参考になりますように♪

モナコの治安について

じつはモナコは、ヨーロッパの中でもっとも治安が良い国と呼ばれているほどです。

しかし冒頭でご紹介したように、セレブが住む国としても有名なので、自分の格好に注意しないと危険人物として見なされる可能性もあるんだとか!?

でも心配はいりません!

ビーチ以外での水着姿や裸足に注意したり、カジノやレストランでのドレスコードマナーを守っていれば大丈夫です♪

スマートカジュアルの服装を持っていくのはマスト。

mari
mari
モナコは515人もの武装国家警察で、国をしっかり守っているそう!
フェニー
フェニー
人口は、約3万2000人だからそう考えると警察官多いよね!

外務省の安全情報

2019年6月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。危険度レベルも0です。

モナコ国内では大規模なテロ事件が起きたことはありませんが、数々のテロ事件が発生しているフランスと国境を接しているので注意は必要です。

もちろん必要以上に心配することはありませんが、いつどこでテロが起きてもおかしくありません。

渡航前に旅レジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

犯罪データ

モナコの人口10万人当たりの殺人発生率はなんと・・・約0人!(日本は約0.3人)と言われています。

日本よりも低く、ほぼ凶悪犯罪の発生は低い傾向にあります。

しかし、置き引きやひったくりの窃盗に合う可能性もあるため、パスポート、現金、航空券、スマホ、カメラなどの荷物管理には充分注意してください!

ヨーロッパの中では比較的安全とされるモナコですが、国外の人間による犯罪にも警戒は必要です。

特に、日本人は多額の現金を持ち歩いている人が多いと目をつけられています。くり返し日本人ばかり狙う輩もいるので、十分な対策が必要ですね!

モナコで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

比較的安全といわれるモナコでもスリや置き引きの被害にあう日本人が多いので、注意が必要です。

mari
mari
実際におきた事例をご紹介します!
  • 地図等をかざして話しかける、目の前でコインをばらまく、ホーム側から電車の窓を叩くなど注意をそらされている隙に、別の人が荷物を盗む
  • モナコに行くまでの電車や駅構内でのスリ
  • ケチャップやアイスクリームを相手の服にこすりつけ、ふき取っているうちにもう一人が荷物を盗む
  • カジノやディスコ内でのスリ
  • 従業員を装って室内の清掃や浴室の修理などと理由をつけて部屋に入り、荷物を持ち去る
フェニー
フェニー
モナコに行くためにフランスやイタリア、ニースを経由するから交通手段に注意しないといけないね!

声をかけてくる人に注意

本当にあったスリの事例を見て頂くとわかるように、スリはグループで行われることが多いです。

基本的にスリは単独犯ではなく、2人一組で、1人が注意を惹き、その間に貴重品をスるといった手口です。

親切そうに声をかけてくる人にも注意しましょう。

デモに注意

モナコは、デモが起こることは少ないのですが、フランスの大規模なデモの影響でイベントが中止されている過去があります。

なので、「旅レジ」などで事前にフランスやイタリアのデモの情報を収集したうえで、観光に訪れることをおすすめします!

mari
mari
2015年11月29日に地球温暖化対策を求めるデモがモナコでも行われたようです

偽札に注意

大富豪が住む国として有名なモナコでも、偽札が流通しているとの報告もあります。

お金の授受の時に、少しでも違和感のある紙幣は受け取らないようにすることがマストです!

モナコで注意すべき危険エリア

モナコとひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

モナコ・モンテカイロ駅

モンテカイロ駅は、旅の素敵なはじまりを演出してくれるモナコの玄関♪

唯一の鉄道駅なため、世界各国のさまざまな人が集まる場所です。そのため、どうしてもスリや置き引きを企む人も多くなります。

車内や列車を待つ間など、常に荷物には気を配っておきましょう。

カジノ

世界中のカジノ好きが集まるモナコのカジノ!

エントランスには警備員が配置され、内部のセキュリティは万全なものの、スリや置き引きに注意するように呼びかけられています。

mari
mari
いくら安全でも油断は禁物ってことだね!

ホテル

安全対策万全のおしゃれなホテルでも、やはりいろんな国の人が集まるので、しっかり部屋の戸締まりには注意してください!

お部屋を出る時は、窓や金庫の施錠の確認もお忘れなく♪

観光名所やショッピングモール

モナコは、基本的に街中に監視カメラなどがついていて安心。

しかし人が集まる観光名所やショッピングモールは、買い物客や観光客を狙ったスリなどが発生する可能性があります。

携行品に気を付けながら歩くようにしましょう!

とくに、夏やF1のシーズンは観光客が増える時期なのでご注意を。

プールやビーチ

モナコのプールやビーチは、とっても綺麗で大人気♪子連れの家族やカップルでいっぱいになります。

なので、ここで注意したいのが置き引き!!

必要最小限の荷物だけにして、管理には充分に注意してくださいね。

モナコで犯罪にあわないために気をつけたい7つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

モナコでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、クレジットカードが使えます。

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

またケチャップすりなどによって何か汚物を体につけられた際にも、ふき取ろうとする人は絶対無視してください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

置き引き対策をする

空港や駅など、ついつい荷物を床に置いておきたくなりますが、一瞬の隙に置き引きされることがほとんど!油断は禁物です。

レストランなどでは、場所取りなどに荷物をおいて席を離れなりすることのないようにしましょう。ホテルの朝食ブッフェなどでも油断できません!

席に座っているときも荷物は膝の上などに置き、いすの後ろにかけたりしないようにしましょう。

スリなどは音なので注意を引いて犯行に及ぶことがあるので、例えばコップなどが割れてもそっちばかりに気をとられないようにしましょう。

スリ対策をする

貴重品、パスポート、スマホなどもスリに狙われやすいので、リュックなどに入れて背負って持つのはやめましょう。

ナイフなどでリュックを切られて荷物を抜かれる可能性があります。リュックを持つ際は体の前に持つようにしましょう。

とにかく身軽にして出かけるのがポイントです。貴重品や現金も必要最小限にして、常に身体から離さないように持ち歩きましょう!

夜間の一人歩きは避ける

基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

フェニー
フェニー
治安が良いとされるモナコですが、日本と同じような感覚でいるのはNG!

モナコの安全な地域でホテルを予約

モナコには素敵なホテルがたくさん!せっかくの滞在なので少し奮発してはいかがでしょう?

お隣のニースも近いので、ニースからの日帰りでも楽しめますよ♪

モナコで人気の
高級ホテルを探す

モナコのおすすめホテル!

モナコ旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

モナコ旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWiFiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外WiFiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWiFiをみてみる

モナコで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品海外旅行に行く際、絶対に忘れられない私の必需品となっているのがスマートフォン! きっとみなさんも、日本だけでなく海外でも気兼ねなく...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪私が愛用しているメインカードはANAのワイドゴールドカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと何か便利なのですが、年会費が高いのでなかなか思い切りが必要ですよね?

そんな人におすすめなのがエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高くとってもおすすめの1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

モナコの治安まとめ

ヨーロッパの中では治安のよいとされている、モナコ。

モナコには英語が話せる人が多かったので言葉も通じやすく、私は楽しく観光できました♪

ついつい観光に夢中になりやすいですが、身の回りの貴重品をきちんと管理して、楽しい思い出だけを持ち帰ってくださいね♡

人気ガイドブックランキング1位「るるぶ」が無料!

ソフトバンク系列の電子書籍サービス
ブック放題 」を利用すると
月500円で雑誌と漫画が読み放題。

なんと!!
人気ガイドブックランキング1位
「るるぶ」が読み放題になります。

しかも今なら1ヶ月無料でお試しできます!

旅行が近づいてきたら
ぜひ使ってみてください♪

1ヶ月無料で
るるぶを読んでみる

POSTED COMMENT

  1. アバター れもん より:

    モナコに7月に旅行に行くのでとても参考になりました。その他の記事も読ませていただきます。

    まりさんは何か危険な目にあったりしましたか?

    • Mari Mari より:

      ありがとうございます^^お隣のフランスは地下鉄や路上で怖いなと感じる場面は多々ありましたが、モナコは全くそんな感じはなかったです!楽しんできてください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA