パラオ

パラオの人気ガイドブック6冊読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方リゾートスタイル

この記事を書いた人
マリ@オハヨーツーリズム
当ブログオハヨーツーリズムは世界73ヵ国、7歳娘と35ヵ国滞在した旅行ブロガーのマリが運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ハロー!オハヨーツーリズムのマリ(@mari_ohayotourism)です。

旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。

ネットの弱点はとにかく情報がまとまっていないこと。

また、現地でうまくネットがつながらなかったり、トラブル時の対応を考えると最低1冊は持っていくことをおすすめしたいです。

パラオのガイドブックは少ないのであまり選択肢がありません。

今回は、パラオのガイドブックやパラオに関連する書籍を6冊チェックしてみました!これから購入する方の参考になると嬉しいです。

お得情報

人気ガイドブック1位のるるぶが無料!

るるぶが掲載されている
電子書籍読み放題サービス

楽天マガジン
KindleUnlimited
なんと初月無料でお試し可能◎

月額料金を支払ったとしても
るるぶを1冊読むだけで元が取れるので
購入予定の方は活用してみてください

→ 個人的には、るるぶ以外にブルーガイドやトリコガイド、その他エッセイ系の読み物も充実しているKindleUnlimitedがおすすめです!

ガイドブック以外の持ち物については「パラオに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ながら準備をどうぞ!

パラオのガイドブックは何が一番おすすめなのか?実際に検証してみた

オマーンの旅行前、ガイドブックを求めてジュンク堂と図書館に足を運び、ネットでもくまなく検索してみました。

はっきりガイドブックと呼べるようなものは地球の歩き方シリーズとるるぶのみ。

結局買うのは1~2冊ですから、地球の歩き方シリーズとるるぶかまっぷるがあれば十分かなと思います!

ただ、その他にも読んでいて楽しく、役に立つ書籍もいくつか見つけたので全てご紹介していきます!

地球の歩き方 リゾートスタイル(パラオ)

一番おすすめなのは地球の歩き方 リゾートスタイルです。

通常の地球の歩き方よりコンパクトで持ち運びしやすく、3日~1週間程度の旅行であればこの1冊で事足りると思います。

エリアは下記のものが対象となっています。

コロール島、アラカベサン島、ラカル島、バベルダオブ島、ロック・アイランド、カープ・アイランド、ペリリュー島、アンガウル島、カヤンゲル州

パラオ4泊5日モデルプランやレストラン情報が役に立ちますよ!

mari
mari
小さな本屋では取り扱いがないのでネットでの取り寄せがおすすめです。わたしはいつもAmazonで買ってます。

紙媒体の雑誌もありますが、電子書籍読み放題サービスのKindleUnlimitedに対応しています。初月無料でお試しできるので、購入予定の方はぜひ利用してみてください。

月額料金を支払ったとしても、1冊読めば元を取れてしまうのでおすすめです。

地球の歩き方 リゾートスタイルはこちら

るるぶ(パラオ)

  • 写真が大きくてきれい
  • ツアー旅行で行くなら十分な内容
  • るるぶを買うならKindleUnlimitedがおすすめ

雑誌系の王道ガイドブックるるぶ。

とにかく写真がきれいで、眺めているだけでパラオへ行きたくなってくると思います。

わたしの一押しスポット、クラゲと一緒に泳げる湖、ジェリーフィッシュレイクや天然泥パックの湖についても特集されており、旅行前の計画に使うならピッタリのガイドブック。

地球の歩き方 リゾートスタイル パラオと組み合わせての購入もいいですね。

るるぶもKindleUnlimitedに対応しています。

るるぶパラオ版はこちら

パラオ海中ガイドブック

ガイドブックとは少し違いますが、ダイビング好きなら事前に読んでおきたい1冊を紹介します。

パラオで長年ダイビングガイドをつとめた佐藤 良一氏がパラオの近海のダイビングスポットを魚たちと共に紹介するガイドブック&写真集。

パラオでしか見ることのできない魚や海洋生物を美しい写真で紹介しているのでサブガイドブックとしていかがでしょうか。

私がパラオを嫌いになった理由

幻冬舎から出版されているエッセイ。

海外で料理人になるという夢のために、英語の勉強も兼ねて飛びついたのはパラオ現地での求人。

親日国家で日本人も多いリゾート地での新生活のはずが、そこで待っていたのはトンデモ体験でした。

ガイドブックとしては使えませんが、軽快な文章が読みやすくパラオに行ってみたくなるような1冊です。

あのころのパラオをさがして

1920年から第二次大戦終結までの25年間もの長期にわたって日本の植民地だったパラオも含む南洋の島々。

ビーチリゾートだけではなく、戦跡を訪ねるという目的で旅をする人も少なからずいます。

過去に囚われすぎるのもいけませんが、日本人がこれらの島々を植民地化していたという事実はあまりにも知られていません。

国民すべてが最低限知っておきたい、戦時中の事実。著者によって書き方がかなりわかれるセンシティブなトピックですが、一度はこの手の書籍を読んでおくことをおすすめします。

Diving and Snorkeling Guide to Palau and Yap

英語OKで、シュノーケリング・ダイビングがメインならDiving and Snorkeling Guide to Palau and Yap という英語の書籍もおもしろそうでした。

124ページもあり、パラオとヤップ島に情報がまとめられています。

海外旅行のガイドブックは電子書籍もおすすめ

最近は海外でもインターネットが使えることが多いので、以前ほどガイドブックの必然性高くないかもしれませんが、トラブルに備えて1冊持っていると安心感が違います。

紹介したガイドブックの中にもKindle版やアプリで見られるタイプもあります。

  • 荷物が多いのがイヤだ
  • 2ヵ国以上周る
  • キレイな画質で読みたい

そんなあなたには電子版で決定ですね!

るるぶが無料で読めるサブスク

また、人気ガイドブックランキングで1位に輝いた「るるぶ」を無料で読む超お得な方法を発見しました!!それが「楽天マガジン」と「KindleUnlimited

楽天マガジンは月額たったの418円で1,200誌以上が読み放題なのですが、なんと初月無料です。

わたしも最近友達から教えてもらい、めちゃくちゃお得すぎてハマっています(笑)

mari
mari
そして料金は980円と少し高くなりますが、KindleUnlimitedでも取り扱いが増えましたー!やったー!!

他の書籍も豊富だし、るるぶ1冊の値段でKindleUnlimitedが使えるなんて嬉しすぎますね♪

残念ながらパラオ版は楽天マガジンの対象ではないのですが、人気の観光地はかなり品ぞろえが良いので覚えておくと便利です。

とりあえず楽天マガジンKindleUnlimitedでチェックしてみて内容がよかったら購入するでも良いですよね!旅行が近づいてきたらぜひ使ってみてください♪(※時期によって本が入れ替わるので、対象かどうか、事前に確認してから入会しましょう!)

お得情報

人気ガイドブック1位のるるぶが無料!

るるぶが掲載されている
電子書籍読み放題サービス

楽天マガジン
KindleUnlimited
なんと初月無料でお試し可能◎

月額料金を支払ったとしても
るるぶを1冊読むだけで元が取れるので
購入予定の方は活用してみてください

→ 個人的には、るるぶ以外にブルーガイドやトリコガイド、その他エッセイ系の読み物も充実しているKindleUnlimitedがおすすめです!

この記事を参考に、あなたにぴったりのガイドブックが見つかりますように!

旅行の準備は「パラオに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ればバッチリ♪

パラオに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】70ヶ国を旅した旅ブロガーが、パラオに持っていくべき物や便利グッズをまとめましたおすすめのクレジットカード、カバン、SIMカードについても網羅しており最高のリストとなっています。初心者も旅慣れた方も読んでいただけると嬉しいです!...

あわせて読みたい

パラオを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

パラオで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

ジェリーフィッシュレイクが超おすすめ

安心の日本語ツアーで
パラオを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA