ロシア

ロシア治安・コロナ危険情報2021年最新!旅ブロガーが教える注意点と7つの安全対策

「おそロシア」なんて言葉がネットでは使われていたりしますので、なんとなく治安が悪そう・・なんてイメージを持っている方も多いかもしれませんね。

有名観光地などでは、スリやひったくりなどの事件が多発してはいますが、一部地域を除いては渡航を中止するレベルではありませんよ。

今回は、そんなロシアの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

ロシア治安の記事を読むとわかること
  • ロシアで起こる犯罪手口
  • ロシアの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと

東京⇔ロシアの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった4.5万円のモスクワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!アエロフロートも安いので直行便もおすすめ。

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ロシアをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

ロシアの治安について

外務省の安全情報

2021年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは全域で危険情報、危険レベル1となっています。

モスクワなどロシアの大きな都市については、危険レベルは1。きちんと危険なポイントを把握し、危機管理をしっかりすれば充分観光も楽しめます!

しかし、チェチェン、イングーシ、ダゲスタン、北オセチア・アラニア、カバルダ・バルカル、スタヴロポリ地方及びカラチャイ・チェルケス共和国などのロシア連邦の共和国には危険レベル3、渡航中止勧告がでています。

mari
mari
どうやら、これらの共和国では武装勢力による攻撃やテロ事件が相次いでいるようです。

また、ロシア全域で見てもテロ事件は少なくありません。外務省はテロについて以下のように注意喚起をしています。

●チェチェン,イングーシ,ダゲスタン,北オセチア・アラニア,カバルダ・バルカルの各共和国では,武装勢力による攻撃や自爆テロが多数発生しており,民間人にも多くの被害者が出ていることから,これらの地域への渡航はどのような理由であれ止めてください。既に同地域に滞在されている方は退避手段等につきあらかじめ検討してください。

●スタヴロポリ地方及びカラチャイ・チェルケス共和国においても上記と同様にテロの脅威が存在していますので,これらの地域への渡航はどのような理由であれ止めてください。
●首都モスクワやサンクトペテルブルク等の大都市では過去に地下鉄駅や国際空港においてテロ事件が発生しており,多数の死傷者が出ていますので十分に注意してください。

●ウクライナとの国境付近は緊張状態が続いており,砲弾による死者も発生しています。また,同地域では関連当局による旅券,査証等の確認が厳しく実施されており,申請と異なる旅程が発覚した際には長時間拘束される可能性もありますので,注意してください。

もちろん必要以上に心配することはありませんしが、渡航前にたびレジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

コロナウィルスに関する情報

下記のグラフは感染者数(赤)死者数(黒)の推移を表しています。

《コロナの影響について》
2021年1月現在、ロシアの感染症危険情報レベルは3。渡航中止勧告(感染症)発令中です。

この地域への渡航は中止することをおすすめします。

感染者数は12月末に2万8,000人を超えています。しかし、未だに2万人近い感染者が毎日出ている状況ですので、ロシアに限らず、冬の期間中ヨーロッパへ渡航することは全くおすすめできません。

日本からの入国は、PCR検査と14日間の自己隔離がありますが、2020年11月より、ビザの発行と入国の制限は緩和されています。

在ロシア日本国大使館の「新型コロナウィルス関連情報」が日々更新されているので、渡航の際は必ずチェックしてください。

犯罪データ

旅行者が多く訪れる都市部では、外国人を狙った強盗事件やスリ、置き引き、詐欺、クレジットカードやキャッシュカードのスキミングなどが多発しています。

外務省のデータを見ると、日本人も多く被害に遭っているようなので、現金を多く持ち歩いたり、派手な格好をしたりするのは避けたいですね!

上記のような軽犯罪も少なくありませんが、発生件数が上がってきているのが、「テロ的性質をはらんだ犯罪」や「過激主義による犯罪」です。

ロシアの内務省によると、2016年時点で、テロ的性質をはらんだ犯罪は38.7%も増えているとのことだったので、テロに関しては細心の注意が必要と言えそうです。

ロシアで頻発する犯罪の具体的事例

ひったくり・スリ・置き引きに注意

モスクワやサンクトペテルブルク、ウラジオストクなどの大都市では、ひったくりやスリ、置き引きなどが多発しています。

電車やバスなど公共交通機関にのっている間にリュックが破られ、貴重品だけ抜き取られるケースや肩からかけていたハンドバックのヒモを切られ、そのままひったくりされるという事件が起きているようです。

フェニー
フェニー
バッグにダメージを与えてまで貴重品を持って行こうとするので要注意ですね!

また、どの国でもある手口ですが、地元の人が声をかけてきて、応じている間に貴重品がすられるというケースも頻発しているので、いかるなるときも荷物・貴重品の管理は気を抜けないですね。

不良警察官に注意

残念ながら、ロシアの警察官の中には信頼できない輩も少なくないようです・・。

勝手がわからない外国人旅行者に対して、罰金と称した現金を不当に要求する事件が発生しているので、注意が必要です。

実はロシアではいかなる場合でも、警察官がその場で罰金を要求することは禁じられています。身の危険を感じた場合は例外ですが、基本的に支払いは断固拒否するようにしましょう。

外務省が言うには、そのような警察官に出会った時は、先方の氏名,階級等についてメモし、大使館・総領事館に連絡するのが良いそうです。

言葉の壁があるので少し難易度が高そうですが、専用のフォーマットまで用意されているのでプリントして持って行くと便利なのかもしれませんね。

外国人排斥主義者による攻撃に注意

外国人排斥主義者などの人たちによる、外国人への攻撃や暴行が発生することがあります。

日本人に外見が似ている中央アジア系の人たちへの攻撃があるので、日本人であっても巻き込まれる可能性があります。実際に日本人の旅行者が、不意に胸元にひじ撃ちをくらい、中指を立て挑発してきた・・なんて事案も。

金品などの強奪を目的としない暴行事件の発生も少なくないので、なるべく人通りの少ない場所は避けるようにするのがベターです。

ヒトラーの誕生日(4月20日)や「民族統一の日」(11月4日)の前後は外国人排斥運動が活発化する可能性が考えられるので、旅行をするなら避けたほうが良いかもしれません。

デモに注意

一般市民によるデモに関しては、政府が強く取り締まるようになってきてはいるようですが、現在でもモスクワ市内では、ウクライナ情勢に関する反戦集会や抗議集会等が開催されています。

SNSなどで呼びかけをして、大量の参加者を呼び集めているようで、数万人規模となることもあるんだとか・・。今のところ平穏な集会で終わることが多いようですが、一部マナーに欠けるような市民は逮捕されるケースも。

旅行中のトラブルを回避するためにも、興味本位でこれらの集会やデモには近づかないようにしましょう。

ロシアで女子旅をするなら気をつけておきたいこと

女子旅だけでなく、男性にも言えることですが、酔っ払いには気をつけましょう!

ロシアといえば「ウォッカ」ですが、アルコール度が高いお酒を常飲する国だけあって、酔っ払いの多いこと!

しかも、アルコール度数10%未満はアルコールには含まれないので、ビールなんかはソフトドリンク扱いなので驚きです。

酔っ払い・アル中であろうオジサンがフラフラしているのは珍しくないようなので、特に女性は気を付けるようにしましょう。

しつこく絡んできたり、同情を引いてお金をせびろうとする輩もいるようです。

mari
mari
アルコールが入ると異性に絡みたくなるのは万国共通な気がします・・。

ロシアで注意すべき危険エリア

ロシアととひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

空港

ロシアの空港では、置き引きや不良警察官による現金の要求が頻発しています。

良くある手口としては、2人組の不良警察官がパスポートの提示を求め、応じると「到着通知に不備があるから罰金を払え」と言い、罰金と称した現金をその場で払わせるといったやり方。

到着通知に不備なんてないと主張すると諦めて去っていたという事例もあるので、慌てず支払いを拒否するようにしましょう。くり返しになりますが、その場で罰金を払うことはロシアでは認められていませんので大丈夫です。

駅や地下鉄

駅や地下鉄は多くの人が利用するので、テロの標的となりやすい場所です。

長居する場所ではありませんので、利用したらすぐ離れるのが良いでしょう。特に電車や地下鉄の発着駅がある大きな駅周辺では、犯罪が多いというデータがあるので、夜間には近づかないようにしましょう。

中でも、

  • 無許可デモが発生しやすい「マヤコフスカヤ駅付近」
  • テロの標的になりやすい「連邦保安庁関連施設に近接する駅」(ルビャンカ駅など)

には注意喚起が出ているので、訪れる予定のある方は気を付けてくださいね!

モスクワ

モスクワでは銃器による殺人事件や暴行事件が多く発生しています。

というと、ものすごくおそろしいイメージを与えてしまいそうですが、数日の観光旅行であれば、凶悪な事件への遭遇率はそこまで高いとは言えないと思います。

それより頻発しているのが、スリや置き引きなどの窃盗事件です。日本人も多く被害にあっているので、なるべく荷物は持たず地味な服装ででかけるようにしましょう。

外務省によるとモスクワの中では、マネージ広場やプーシキン広場などが危険地域と言われているようです。

このほかにも通りの少ない場所や裏通り、人がたむろしている場所は注意が必要です。

サンクトペテルブルク


ロシア随一の観光地サンクトペテルブルクもモスクワと同様スリが多発しています。

特に世界三大美術館に数えられるエルミタージュ美術館、血の上の救世主教会内部など写真撮影している間にあっという間に財布やパスポートをすられる旅行者が続出

パリやローマなどの大都市と同じくらいの警戒が必要です。

また、着ぐるみを着たパフォーマーの写真を撮るとお金を請求されるので払いたくない人は誤って撮らないように気をつけましょう。

ウラジオストク

モスクワに比べると、近年犯罪の発生率が下がってきているウラジオストク。

ウラジオストクで発生した事件の大半は、スリやひったくりなどの窃盗事件です。発生場所の多くは路上や公園、広場などの公共の場所なので、観光する際には気をつけましょう。

多く狙われているのは、バッグや財布、スマホなどの定番品から、コートや上着などの衣類まで多種多様。レストランやカフェなどのお店の中でも持って行かれるので、十分注意しましょう。

mari
mari
また、ウラジオストクでは、アジア系の外国人が多く住んでいるので、どちらかというと日本人に対しては好意的な土地柄だそうですよ。

ロシアで犯罪にあわないために気をつけたい7つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

ロシアでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

アメリカなどの経済制裁によってクレジットカードが使えなくなった時期がありますが、現在は解消され、問題なく使うことができます。

現地のローカルマーケットなど、一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いてクレジットカードが使えます。

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

関連記事ロシアで得する人気クレジットカードおすすめ4選!元クレカ社員が選んでみた

パスポートは肌身離さず持つ

ロシアでは外国人は常にパスポートを携帯するよう法律で決められているので、パスポートを肌身離さず持つようにしましょう。

街中で警察官による検査が実施されているので、パスポートを見せるよう要求されることも。パスポートを持っていないと、罰金を請求されますので外出する際には必ず携帯しましょう。

ただ、スリやひったくりが多いので、かばんの中に入れておくのはちょっと心配かも・・。首から下げられるようなポーチに入れるなど、工夫したほうが安全です。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。仲良くなったと思ったロシア人に物陰に連れていかれ、暴行されたり強盗されたりする事件も発生しています。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

派手な服装はせず荷物は少なめに

日本のようにあまり華やかな恰好をしているとすぐに旅行者だとわかって狙われてしまうかもしれません。なるべく現地に馴染むようなカジュアルな恰好を心掛け、荷物も少なめにお出かけしましょう!

ロシア人の間で蛍光色のファッションが流行ったこともあるようですが、シンプルな恰好を心がけると良いと思います。

ブランドバッグや紙袋をもっていると「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。普段派手な洋服を好む方は気を付けてくださいね。

夜間の一人歩きは避ける

基本的に夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

夜になると酔っ払いが歩いている可能性がグンと上がるので、一人歩きや深夜まで出歩くのは極力避けたほうが良いでしょう。

そして、ロシアのお酒は度数が強いものが多いので、お酒を嗜む方は、自分自身も酔っ払わないように気を付けたいところですね!

安全な地域でホテルを予約

モスクワでは市内の中心部に多くの宿泊施設が集まっています。

有名観光スポットのクレムリンや赤の広場などの周辺は料金が高いホテルが多いですが、セキュリティもバッチリなので滞在日数が短いならこの辺りのホテルがおすすめです。

リーズナブルなホテルの方が良ければ、やや郊外のベラルーシ駅やパベレツカヤ駅周辺のホテルを考えるのも良いかもしれません。

モスクワで
ホテルを探す

ロシア旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

ロシア旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWi-Fiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外Wi-Fiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWi-Fiをみてみる

ロシアで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品ロシアで使えるレンタルポケットWiFiについて、価格や速度など様々な利点を徹底解説!世界一周経験あり、60カ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、海外では何が起こるかわかりません。万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪わたしが愛用しているメインカードはアメックスのSPGカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅まで無料ででスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

関連記事海外旅行人気NO1エポスカードは国内でも超使える!お得な4つの魅力徹底解説

ロシアで得する人気クレジットカードおすすめ4選!元クレカ社員が選んでみた《2021年最新クレカ活用術》クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、ロシア旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、ロシア旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...

ロシアの治安まとめ

日本と比べると殺人やテロなどの事件が多い国ではありますが、十分気をつければ観光を楽しめるはず!

「おそロシア」なんて言われますが、観光で訪れるなら他の国でもあり得るような事象がほとんどです。外国だということを忘れずに、リスク管理をしっかり行いましょう♪

mari
mari
パスポートの携帯だけは忘れずに!

ロシアをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ロシアの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった4.5万円のモスクワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!アエロフロートも安いので直行便もおすすめ。

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

モスクワでぜひ泊まっていただきたいのがメトロポール(Metropol)!!

ボリショイ劇場の向かいという最高の立地でなんと主要観光地まで徒歩5分。
朝ごはんが豪華すぎて大満足でした♪子連れにも超おすすめの5つ星ホテルです。

メトロポールの
料金をチェックしてみる


サンクトペテルブルクならベルモンド グランド ホテル ヨーロッパが一押し!

こちらもパーフェクトな立地と、エレガントな内装に豪華な朝食と完璧なホテルでした。すぐにでも泊まりに来たいほどお気に入りのホテルです。

グランドホテルの
料金をチェックしてみる

ロシアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!
9月のモスクワ

ロシアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

市内・郊外観光が大人気

安心の日本語ツアーで
ロシアを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA