20万円以下で世界一周!?LCCでの世界一周は驚きのコスパだった!

最近よく聞くLCCってなぁに?

mari
こんにちは!みなさんは世界一周に興味ありますか?私はもちろんとっても興味ありです。
普段は会社員なのであまり長期休暇がとれませんが今日はLCCと世界一周を組み合わせた素敵な情報をみなさんに紹介したいと思います!

『LCC』とは「Low Cost Carrier」の頭文字をとっており、直訳の通り格安航空会社のことです。
反対にANAやJALなどの大手航空会社を「レガシーキャリア」と呼びます。

「レガシーキャリア」に対抗するようなビジネスモデルで『LCC』は発展してきました。
何よりも価格の安さが売りですね。

行先によっては半額以下だったりキャンペーンで数百円になることもある『LCC』。違いはたくさんあるのですが主な違い(ここでは安い理由)をご紹介します。

  • マイルが貯まらなかったり、サービスが独自のもの
  • ターミナルやチェックインカウンターの場所が不便
  • 手荷物の制限が厳しく、追加料金が発生することがある
  • 機内設備がカット(座席モニターなし等)されていて座席が狭い
  • 機内サービスが充実しておらず、食事や飲み物など有料であることが多い
  • 変更や払い戻しができない場合がある。

wikiによると日本での就航は1998年9月 – スカイマーク、羽田-福岡間が初めてなので歴史はまだまだ浅いです。

ちなみに日本国内を飛んでいる『LCC』はこんなにあるんですよ!

  • スカイマーク SKYMARK AIRLINES東京/羽田・札幌/新千歳・名古屋/中部・神戸・福岡・鹿児島・沖縄/那覇ほか
  • ジェットスター Jetstar東京/成田・大阪/関西・札幌/新千歳・名古屋・高松・松山・福岡・大分・熊本・鹿児島・沖縄/那覇とオーストラリア・香港・東南アジアほか
  • ソラシドエア Solaseed Air東京/羽田・神戸・宮崎・大分・熊本・長崎・沖縄/那覇
  • スターフライヤー Starflyer東京/羽田・大阪/関西・北九州・福岡・釜山
  • ピーチ Peach成田・大阪/関西・札幌/新千歳・仙台・福岡・長崎・鹿児島・沖縄/那覇・新石垣・ソウル・香港・台北
  • バニラエア Vanila Air東京/成田・札幌/新千歳・沖縄/那覇・奄美大島・台北・高雄・ソウル・香港
  • エアアジア・ジャパン東京・大阪/関西・札幌・クアラルンプール・バンコクほか

そんなLCCで世界一周なんて可能なの?

LCCはレガシーキャリアと比べて長距離のルートはあまり得意ではありません。
これはそもそも短い区間をたくさん飛行することで利益を出すというビジネスモデルなのでLCCで世界一周するとなるとかなり小刻みにフライトを重ねる必要があります。

今回私の友人が「エアアジアXのハワイ就航(2017年6月28日~)を記念してLCCのみでの世界一周ルートを作ってくれました!
日本からハワイへの直行便はLCCでは初めてとなり、とっても嬉しいニュースですね。残念ながら関空(KIX)からの就航なので私は利用機会があまりないのですが大阪に遊びに行ったついでにハワイというのも楽しそう!

プロもびっくりのLCCのみ、おもしろ世界一周ルート

レガシーキャリアを利用した通常の世界一周ルートとは違い、とっても面白いルートになっています。

  • 訪問国:アメリカ/カナダ/アイルランド/ドイツ/トルコ/UAE/フィリピン/シンガポール/台湾
  • 訪問大陸:北米/ヨーロッパ&中東/アジア
  • 訪問都市:10都市
  • 利用エアライン:9エアライン

【ルート】

関西→ホノルル→バンクーバー→トロント→ダブリン→ベルリン→イスタンブール→ドバイ→マニラ→シンガポール→台北→関西

【エアライン詳細】

  • エアアジアX(関西→ホノルル)
  • ウエストジェット(ホノルル→バンクーバー→トロント→ダブリン)
  • ライアンエアー(ダブリン→ベルリン)
  • ペガサス航空(ベルリン→イスタンブール)
  • フライドバイ(イスタンブール→ドバイ)
  • セブパシフィック(ドバイ→マニラ)
  • ジェットスターアジア(マニラ→シンガポール)
  • スクート(シンガポール→台北)
  • ピーチ(台北→関西)

 

LCCでの世界一周旅程の気になる料金は??

気になる航空券代総額ですが、約¥174,000〜になりそうです!11フライトも飛んでめちゃくちゃ安くないですか??
年末年始のハワイや夏季のヨーロッパだと1往復だけでこのくらいの金額になっちゃいそうですよね!

航空券代の算出に関しては、下記の条件のもと税金や各手数料込みの額を合計した必要最低限の額で見積もってくれました。
・5/11時点で利用可能な各搭乗区間の最安運賃を適用
・スタンダードシートをアサイン

そのためスタンダードシートのアサイン以外のサービス(受託手荷物/機内食/ブランケットの利用/より快適なシートへの変更etc.)は追加料金がそれぞれ必要になりますが、快適な旅を楽しむには、フライト時間に応じてぜひ追加したいものです

 

【内訳】

  • エアアジアX:¥20,700〜
  • ウエストジェット:US$310+C$290≒¥59,382〜
  • ライアンエアー:EUR69≒¥8,541〜
  • ペガサス航空:EUR71.1≒¥8,801〜
  • フライドバイ:US$149.5≒¥17,023〜
  • セブパシフィック:AED561.2≒¥17,395〜
  • ジェットスターアジア:PHP4,838≒¥11,028〜
  • スクート:SGD243≒¥19,607〜
  • ピーチ:NT$3,040≒¥11,435〜

Total:約¥173,912〜

LCCへの愛がひしひしと伝わってくるとっても素敵なLCCのみ世界一周ルート!行けば一生の思い出になることはもちろん、みんなを驚かせること請け合いです。
お金がないけど時間はあるというそこのアナタ!ちょっと話題作りに出かけてみませんか??

▼2つのブログランキングに参加しています。記事がお役に立ったという方はポチっとしていただけるとうれしいです!

 ブログランキング・にほんブログ村へ