ブルガリア

ブルガリアの治安・コロナ危険情報2021年最新!旅ブロガーが教える6つの注意点と安全対策

東ヨーロッパのバルカン半島にあるブルガリアへ年末年始の家族旅行で行ってきました!

日本にいるとなかなかブルガリアの情報が入ってこないので、旅行前に「ブルガリアの実際の治安はどうなんだろう?」と心配になる方もいるかもしれません。

この記事では世界一周経験者、旅のプロのわたしがブルガリアの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

ブルガリア治安の記事を読むとわかること
  • ブルガリアで起こる犯罪手口
  • ブルガリアの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと
mari
mari
ブルガリアに行くときの参考になりますように♪

東京⇔ブルガリアの航空券はアジアの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索してお得なチケットを探しましょう!!年末年始にカタール航空往復10万円台でソフィアOUTのチケットをとりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ブルガリアをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

ブルガリアの治安について

ブルガリアの治安は概ね良好といえます。

殺人などの凶悪犯罪から窃盗罪などの軽犯罪まで、犯罪の発生率自体は近隣のヨーロッパ諸国と比べても低いという統計結果がでています。

ですが、観光客の多い首都ソフィアやヴァルナなどでは、観光客を狙った犯罪が多発しているため、旅行中は十分注意してくださいね!

外務省の安全情報

2021年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。危険レベルも日本と同じく0レベルと治安の良さがうかがえます。

他のヨーロッパ諸国に比べると落ち着いてはいますが、ソフィアなどの大都市では旅行者をターゲットとしたスリや置き引きなどの窃盗が多く発生しています。

また、ヨーロッパというとテロの影響を心配される方も多いと思いますが、今のところブルガリアではテロ事件は起きていません。

(1)ブルガリアでは,反政府組織や国際テロ組織の存在は確認されていません。
(2)しかしながら,ブルガリアはテロ活動が盛んな中東諸国とターゲットとなる可能性の高い西欧諸国との中間点に位置する地理的要因から,これまでにもトルコ・ギリシャから西欧諸国を目指す難民に紛れてブルガリアへの入国や通過を試みたイスラム過激派構成員を治安当局が拘束した事例があり,治安当局は引き続き国境周辺の警戒・監視活動を重点的に実施しています。(海外安全ホームページより引用)

もちろん、必要以上に恐れることはありませんが渡航前には、たびレジなどから最新の治安情報やテロに関する情報を入手しておくことを忘れずに行いましょう!

コロナウィルスに関する情報

下記のグラフは感染者数(赤)死者数(黒)の推移を表しています。

ブルガリアでは2021年1月現在、ビザなしの日本人に入国制限をとっていませんが、いつ変更になるかわかりませんので渡航の際は十分注意してください。

  • 特定対象国から入国→入国可(陰性証明提出不要)
  • 特定対象国以外の国から入国→陰性証明を提出しない場合は入国不可
  • 英国からの入国→入国不可

《コロナの影響について》
2021年1月現在、ブルガリアの感染症危険情報レベルは3。渡航中止勧告(感染症)発令中です。

この地域への渡航は中止することをおすすめします。

在ブルガリア日本国大使館、1月9日の情報は以下の通り。

グラフ上感染者数は減ってきているものの、世界的に見ても大きな影響を受けた国のひとつと言えそうです。

  • 1月8日新規感染者数867名、新規死者数56名。
  • 累計死者数8,017名(人口当たりの累計死者数で世界第10位)
  • 直近7日間の死者数441名(人口当たりの直近7日間の平均死者数で世界第12位)

在ブルガリア日本大使館の「新型コロナウィルス関連情報」が日々更新されているので、渡航の際は必ずチェックしてください。

犯罪データ

ブルガリア内務省の発表によると、2018年の犯罪の総認知件数は96,753件。前年に比べると9.3%減少しています。

このようにブルガリアでは近年、犯罪の発生率はどんどん減少しており、2018年の犯罪総認知件数は2010年の約3分の2まで減少しています。

mari
mari
とはいえ、日本と犯罪発生率を比べると殺人は約5倍、強盗は約12倍なので日本と同じ感覚でいるのは危険ですね!

ブルガリアで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

ブルガリアで起きている犯罪のほとんどが金品を狙った財産窃盗犯!

ソフィアの中心部や中央駅、中央バスステーション周辺、トラムや市内バスの車内といった人の多い場所で発生しているのが特徴です。

  • バス・トラムの車内や教会等の観光地で、数人のグループに取り囲まれバッグから財布を抜き取られた
  • 繁華街を歩行中、背中に背負っていたバッグから財布や貴重品を抜き取られた
  • 繁華街の店舗内で買い物中、若い女にぶつかりざまにバッグから財布を抜き取られた
  • レストランで食事中に椅子にかけていたバッグを盗まれた
  • 友人とベンチに座っていたときに、ロマ人風の女性に携帯電話の操作方法を聞かれて教えている間に横に置いていたバッグを盗まれた
  • 長距離列車の中で、手荷物を枕に仮眠していたところ現金や貴重品の入ったバッグを盗まれていた

ブルガリアの人々からすると、日本人=お金持ち(多額の現金を持ち歩いている)というイメージがあるため、スリや置き引きの格好のターゲットになりえます。

ブルガリアに在住している日本人でも普段の生活の中で被害にあっているため、慣れない旅行者は人一倍気をつけなければなりませんね!

強盗に注意

スリや置き引きよりもタチが悪い強盗も発生しているため、注意が必要です。

  • 道を案内してもらうため男2名を車両に同乗させたところ、付近の森に誘い込まれて暴行を受けるとともに現金等を強奪された
  • 夜間歩行していたところ、暗がりから現れた覆面をかぶった男に首を絞められ現金などを強奪された
  • ソフィア市内で流しのタクシーを拾ったところ、言語の問題から運転手と意思疎通がうまくいかず目的地に到着後、料金の支払いに関して口論に。激高した運転手により首を絞められ、リュックサックを強奪された

過去には、睡眠薬をつかった昏睡強盗事件に日本人旅行者が巻き込まれたケースもあります。

バーやレストラン、繁華街などで親しげに話しかけてくるブルガリア人もいますが、中には犯罪目的で近付いてくる人もいるので注意しましょう。

タクシーのトラブルに注意

ソフィア空港やソフィア市内中心部ではぼったくりタクシーの被害が多く報告されています。

基本的にタクシーはメーター制ですが、はじめから高い料金が設定されていたり、不正に改造されているパターンもみられます。

ブルガリアのタクシーは黄色い車体と料金の表示が義務づけられているため、どれに乗っても同じに感じますが、料金体系はタクシーによって異なるので注意が必要です。

乗車する前には車体に表示されている料金表を必ず確認したうえ、電話番号と車体番号をメモしておくと間違いありません。

フェニー
フェニー
流しのタクシーを捕まえるよりホテルやレストランのスタッフにお願いして、信頼できるタクシーを呼んでもらう方が安全です。

サッカーファンによる暴動に注意

ブルガリア人はサッカーが大好き!サッカーの試合後にファン同士による小競り合いやけんかが見られることも少なくありません。

無関係な者に対する暴行事件も発生しているため、騒ぎを起こしそうなサポーターの近くでのサッカー観戦を避けたり、競技場内外で騒いでいるグループにはみやみに近付かないように注意しましょう。

また、競技場の周辺だけでなく、ソフィア市内の地下鉄駅や公共交通機関、路上でもサポーターが騒いでトラブルになることもあります。

フェニー
フェニー
サッカーを観戦しに行かなくても巻き込まれてしまう可能性があるので十分注意してください。

ブルガリアで女子旅をするなら気をつけておきたいこと

概ね治安が良いとされるブルガリアですが、基本的に夜間の女性の単独行動は避けたいところ。レストランの帰りなど遅くなった場合は歩いたりせず、タクシーを使いましょう。

ブルガリアに限った話ではありませんが、親しげに話しかけてくる人やナンパには応じず、自分の身は自分で守るということを忘れずに行動しましょう。

睡眠薬をつかった昏睡強盗事件では、女性を狙ったグループもいると聞きます。

華美な身なりは控えて、目立つ行動は避けるように心がけましょう。

ブルガリアで子連れ旅行をするなら気をつけておきたいこと

子連れ旅行だとどうしても荷物が多くなりがちですよね・・。

子どもに気を取られているうちにスリや置き引きをされないよう気を付けましょう。

また、ブルガリアでは喫煙率が高く、路上喫煙も一般的です。学校や病院内などの公共施設や飲食店内部は禁煙とする条例が施行されていますが、歩きたばこをする人も少なくありません。

たばこの煙も気になりますが、すれ違いざまに子どもにタバコの火があたってしまわないよう気をつけましょう。

mari
mari
東京のように人がたくさん集まっている道というのは多くないので大丈夫だとは思いますが、一応頭に入れておいてくださいね!

ブルガリアで注意すべき危険エリア

ブルガリアととひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ソフィア中央駅

ソフィアの中でも一番注意すべきなのはソフィア中央駅!

最も大きな駅であるソフィア駅はまさにブルガリアの玄関口。各都市との接続はもちろん、ルーマニアと繋がっている国際列車などもあり、さまざまな人が集まる場所です。

さらに国内線・国際線のバスターミナルが隣接しているということもあり、いろんな国の人や旅行者でごったがえしています。

人が多いということは、スリや置き引きを目的とした犯罪者も多く集まるということ。ホテルにチェックインする前で荷物が多い場合などは特に気を付けてください。

また、親切に声をかけてきて手伝いを申し出てくるような人もいますが、後に多額のお金を請求されたというトラブルも起きています。

ソフィア市内

日本人旅行者の多くがソフィア市内でスリや置き引き、強盗などのトラブルに巻き込まれています。

先述したソフィア中央駅はもちろん、多くの観光客が行きかうソフィア中心部は特に注意して歩きましょう。特に注意が必要なエリアは下記のとおりです。

  • ソフィアホテルバルカン~ツム百貨店~ハリ商店街を結ぶ地下通路
  • スヴェタ・ネデーリャ広場
  • マリア・ルイザ通り
  • ヴィトシャ通り
  • 国立文化宮殿(NDK)周辺
  • ホテル・プリンセス周辺
  • ウエスト・パーク(ザパデン・パルク)周辺
mari
mari
日中怖いなと感じることは一度もありませんでした。むしろ平穏な雰囲気がむんむん。

麻薬中毒者がたむろする『ヴァシーリレフスキー通り』や売春宿がある『フリストボテフ通り』、『スリーヴニッツァ通り』にはなるべく近寄らない方がベターです。

スーハレカ地区

サッカー場がある『Суха рекаスーハレカ地区』。

サッカーの試合後にファン同士による小競り合いやけんかが見られることも少なくありません。

近くにいただけでも巻き込まれる可能性があるため、そのような集まりをみたら速やかに立ち去りましょう。

フェニー
フェニー
特にチェスカ・ソフィアとレフスキー・ソフィアのソフィアのチーム同士の試合ではトラブルが多発しているみたい・・

ロマの居住区

ブルガリアには『ロマ』と呼ばれるいわゆるジプシーの人たちが住んでいる地区があります。

もちろん、ロマの人たちが危険という訳ではありませんし、おだやかでフレンドリーな人も多いです。

ですが、ロマの居住区は生面に問題があったり、売春や麻薬犯罪の温床にもなっている場所もあるため無暗に近づかないようにしましょう。

代表的なロマの居住区はブルガス市のロマ人貧民街、ブルガリア東部のVarnaバルナAytosアイトスKarnobatカルノバト、南東部のSlivenスリベン、また中部のKazanlakカザンラクなどです。

ブルガリアで犯罪にあわないために気をつけたい6つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

ブルガリアの危険な場所は上記に記載したところが主なものです。他の都市でも同じではありませんが、似たようなところはあるので、ホテルで確認してみてください。

現金を大量に持ち歩かない

日本人は多額の現金を持ち歩いているというイメージがあるため、スリや置き引きのターゲットになりやすくなります。

ブルガリアのクレジットカードの普及率は概ね良好ですがタクシーは使えないと思っておいた方がよいでしょう。

1回の外出に使う分だけ持ち歩くようにし、残りの現金はホテルのセーフティーボックスなどに入れて保管しましょう。

mari
mari
一度盗まれてしまった現金が戻ってくるということは、ほぼありません。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

また、郊外の幹線道路には売春婦が声をかけてくるエリアもあります。

ブルガリアで売春行為は犯罪!その気がなくても巻き込まれては大変です。一切相手にしないようにしましょう。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

派手な服装はせず荷物は少なめに

ヨーロッパの冬というと、ダウンジャケットにパンツスタイルでお出かけする人がほとんどです。

日本のようにあまり華やかな恰好をしているとすぐに観光客だとわかって狙われてしまうかもしれません。

なるべく現地に馴染むようなカジュアルな恰好を心掛け、荷物も少なめにお出かけしましょう!

ブランドバッグや紙袋をもっていると「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。普段派手な洋服を好む方は気を付けてくださいね。

夜間の一人歩きは避ける

基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

ヴィトシャ通りなどの繁華街では、夜遅くまでお酒を楽しむ人々も多くいますが、一本道を外れると薄暗く人通りが少ないということも多くあります。

レストランやバーの帰りは極力タクシーを使うようにしましょう。

安全な地域でホテルを予約

ソフィアに泊まるなら安全で立地の良いソフィアの中心地に宿泊するのがおすすめです!

ソフィアのメインストリートである『ヴィトシャ通り』の周辺には4~5つ星の安心できるホテルがいくつもあるのでチェックしてみてください。

ブルガリアで治安の良い
ソフィア中心地でホテルを探す

ブルガリア旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

ブルガリア旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWi-Fiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外Wi-Fiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWi-Fiをみてみる

ブルガリアで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品ブルガリアで使えるレンタルポケットWiFiについて、価格や速度など様々な利点を徹底解説!世界一周経験あり、60カ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪わたしが愛用しているメインカードはアメックスのSPGカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅まで無料ででスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

ブルガリアの治安まとめ

ヨーロッパの中でも比較的治安のよいブルガリア。

最新の治安に関する情報を入手し、最低限のことを守ればトラブルに巻き込まれる可能性もぐんと低くなります。

自分の身は自分で守るということを忘れずに、すてきなブルガリア旅行にしてくださいね♪

ブルガリアをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ブルガリアの航空券はアジアの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索してお得なチケットを探しましょう!!年末年始にカタール航空往復10万円台でソフィアOUTのチケットをとりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

ソフィアでぜひ泊まっていただきたいのがインターコンチネンタルソフィア!!

booking.comでアレクサンドル・ネフスキー大聖堂の写真に一目ぼれし年始に泊ってきたのですが最高でした。

口コミ評価も抜群で、人気観光地へ徒歩圏と立地も抜群。そしてなんとインターコンチへお正月に1.3万円(東京の半額以下)で泊まれるという素晴らしさ…!!

スタッフもとても親切で朝食も美味しいのでぜひチェックしてみてください!

インターコンチネンタルの
料金をチェックしてみる

ブルガリアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ブルガリアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

世界遺産リラの僧院が人気!!

日本語ツアーで
ブルガリアを案内してもらいましょう♪

日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA