ソロモン諸島

子連れガダルカナル旅行記!1泊2日のソロモン諸島へ行ってきた

ソロモン諸島、ホニアラと言われてもピンと来ない人が多いですよね?

首都ホニアラのあるガダルカナル島は、第二次世界大戦の激戦地。『永遠のゼロ』の舞台にもなったといえばご存知の方も多いはず。

日本軍部隊の多くが補給路を絶たれ、多数の餓死者を出したことから、略称のガ島から餓島(がとう)とも呼ばれた日本とゆかりのある場所です。

今から75年前、2万人もの日本兵が戦死し撤退したガダルカナル。多くの場所がそうであるようにここもまた平穏を取り戻していました。

ソロモンをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

子連れガダルカナル旅行記!1泊2日のソロモン諸島

ガダルカナルに行く人の多くが戦跡地またはダイビングなどのマリンスポーツを目当てにしています。

わたしたちのような子連れノホホン旅行は珍しいかもしれません。

わたしは広島生まれで原爆で亡くなった親戚もいるため、戦争教育は比較的しっかりと受けてきました。

が、

1歳児連れで戦跡巡りも難しい・・・。(とにかく数がめっちゃ多い)

なんといっても憧れのwakabunさんとの旅行だし。

今回は戦争に思いを馳せるのは飛行機の中だけにして、現地では思い切りリゾートを楽しんできました。

またいつかしっかり勉強して再訪するのもいいかもしれない。そんな風に思った平成最後の夏です。

ニューギニア航空でソロモン諸島へ。手つかずの自然といった感じの山々。

飛行機に乗っているとやっぱり日本兵も同じ景色を見たのかなと想像してしまいます。

街が見えてきた!

ホニアラ国際空港(旧名ヘンダーソン国際空港)・市内移動と両替

とっても小さくて何もない空港ですが、第二次世界大戦中にはこの飛行基地を巡って日米両軍が熾烈な戦闘を繰り広げたそうです。10万人近い日米兵士が戦ったなんて信じられない。

パスポートコントールにはエアコン(家庭用w)がたくさんあるのについていないのか力不足なのかめっちゃ暑い!

mari
mari
ビザは不要です。

ここでもパプアニューギニアと同じく無料のSIMカードをもらえますが使えないので時間の無駄になる可能性も・・・。

空港にATMはなく、両替するなら両替所で現地通貨ソロモン諸島ドルへ。レートはまあまあみたい。

わたしたちの宿泊するホテルにもきれいなATMがありました。どこかしらでおろせそう。

タクシーがどこにいるのか探します。

こんな石碑も。アジアやミクロネシアではよく見かけますよね。

空港からタクシーで戦跡地巡り&ホテル送迎

もともとチェックインには早いので、タクシーで少し戦跡地を周ってからそのままホテルに行こうかと話していました。

たむろっている運転手と交渉するも、想定より高くはっきりしない。

海外タクシーでよくある「レートが変わったんだ」とのこと。これは本当に変わったのか言ってるだけなのかすぐにはわからないのがツライところ。

交渉中に日本語ペラペラの男性が間に入ってくれました。
交渉はwakabunさんに任せていたのでよく聞いてなかったけど、ホテルのツアーは高いから想定より高くてもタクシーの方が良いよって感じ。

親切な人でトラブルがあれば連絡をくださいと言って立ち去っていきました。

結局MAX300ソロモンドル(4,200円)しか持っていないよということで、その中で折り合った金額で出発です。

戦跡地巡り

せっかくなので1ヵ所だけ行ってみました。

戦跡地を少し周りたいといってもたくさんあるので、どこがいいんだ?といった具合。

山からもってきた飛行機などが展示されています。

8月のガダルカナルは暑く、ここで戦うの厳しかっただろうなぁと思いが巡ります。

子供たちが楽しそうに走り回っているとほっとする。

今はまだ何もわからないけど、たくさん勉強して一緒に学んでいきたいね。

のどが渇いたという娘にココナツジュースをくれました。無料みたいで子供3人とももらった。

その場であけてくれてキンキンに冷えていておいしい。

ソロモン諸島には多くの戦跡地があります。またいつか。

mari
mari
戦跡地の後はマーケットに行くことにしました。

ホニアラ中央市場(セントラルマーケット)

信号がないので下からくぐれるように道があります。

市場大好き!!

野菜はこのようにある程度の大きさにまとめられて床で売っているスタイル。

フィッシュアンドチップスらしいので1使ってみることに。チップスはさつまいもで甘くておいしかった!

子連れだとどこへ行っても話しかけられます。特にこの日は3人でおそろいの洋服(東南アジアで買った)来てたからかわいかったんだよな~。

ほぼ全員ニコニコ?笑顔で。

それにしても野菜に日があたりまくってるけど大丈夫??

旅行者用なのかお土産も充実。アクセサリーや

オイル香水など。

このナッツも買ってみた。ゆりね?みたいな感じで生っぽいような白くてやわらかい触感とリッチな味。

ナッツは30円くらい。袋で大量には売ってなくてどこもこのスタイル。

島国なので魚介もたくさん置いてました。

色とりどりの魚たち。

魚を食べそびれたのが残念。

海です。暇そうに座っているだけの大人もたくさんいました。

物価もめちゃくちゃ高いし、どうやって暮らしてるんだろう。

コーラル シー リゾート & カジノ(Coral Sea Resort & Casino)

マーケットの後はホテルへ。お金払う時3時間だからもう100ドル?って請求されたけど「いや2時間でしょ」っていったら大丈夫だった。

周っている間は子供のことも気にかけてくれていい人だったけど、観光に携わる人はあわよくば精神が旺盛だからね。

ホテルは新しくてとてもきれい。

プールもあって、ここでも子供たちは大はしゃぎ!

部屋もとても素敵だったんですが、ベッドがダブルしかないのでエキストラを入れなければならず、パイプベッドで残念。

子供たちは本当にプールが大好き。一緒に色んな遊びをしました。

今回の旅行で一番思い出に残ったのはプール遊びだなぁ。

ホテルから見える海。

綺麗だけど砂浜がないので遊べないのがちょっと残念。お魚はたくさん見えました。

子供が大きくなったらシュノーケリング行きたい。

ホテル朝食

ホテルの朝食はビュッフェではなくオーダー式。なかなか美味しかった。

ロブスター入り(ちょっとしか入ってないけど結構おいしかった)

あもちゃん用にパンケーキを

フルーツも甘くておいしいのに、あもちゃんは旅行中全然食べてくれませんでした。

スイカはいつものざっくり切ったものしかスイカと認識しないようです(笑)

pacific paradise seafood restaurant(Pacific Casino Hotel)

夕食は中華!ホニアラの有名ホテルPacific Casino Hotel内にあるpacific paradise seafood restaurant。

なんとここ知り合いの旦那様が経営しているレストランなんです。奥さんがJICAでソロモンへ滞在している時に出会ったそう。

オーナーのJohnは体調不良で残念ながら会えなかったのですが、たくさんサービスしてくれました。

なんだかんだで中華はうまい(笑)

絶対食べられないだろうと思っていた炒飯(ミディアム)も5人でペロリ。

茄子の炒め物がすごいおいしかった。南国は野菜が新鮮でおいしいです。

島めぐりでアジアの食事が恋しくなったらおすすめなので行ってみてください。

最高のサンセット。

ガダルカナルの旅も24時間で終了。また来てもいいなというくらい大満足。

ソロモン諸島お土産

余っていたお金で空港のお土産屋さんへ

ホテルに置いてあって気に入ったボディ用ココナツオイルと石鹸を買いました。

空港で日本語ペラペラのアメリカ人に声をかけられ色々とお話。戦争の取材でホニアラに滞在していたということで色々教えてもらいました。

こんなところでアメリカ人と戦争の話をするなんて感慨深いものがあります。

帰国フライト

飛び立ちました。

こんなにきれいな海を見ながら、兵士たちは何を思ったのだろうとまた考えてしまいました。

二度と日本へは帰れないと思いながら、なんときれいな色だと思うことはできるのでしょうか。

子連れソロモン諸島旅行まとめ

パプアニューギニア、ソロモン3泊5日の弾丸旅行ではありましたがめいいっぱい楽しむことが来ました。

帰国してからもブログのため色々調べたり勉強できて本当によかったです。

なかなか辺鄙なところではありますが、日本人としてもう一度大きくなった子供と再訪したいです!

3泊5日の弾丸旅行記をはじめから読む>>子連れパプアニューギニア!成田⇒ニューギニア航空で首都ポートモレスビーへ

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA