リヒテンシュタイン

リヒテンシュタイン治安・コロナ危険情報2021年最新!旅ブロガーが教える注意点と6つの安全対策

ヨーロッパで4番目に小さな国、リヒテンシュタイン。

そこに国があるなら行かねば!ということでスイス旅行のついでに行ってきたところ牧歌的で平穏な空気漂う素敵な場所でした。

この記事では世界一周経験者、旅のプロのわたしがリヒテンシュタインの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

リヒテンシュタイン治安の記事を読むとわかること
  • リヒテンシュタインで起こる犯罪手口
  • リヒテンシュタインの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと
mari
mari
リヒテンシュタインに行くときの参考になりますように♪

リヒテンシュタイン をもっと知る

旅ブロガーの一押しクレカ
SPGの詳しい特典を読んでみる  

リヒテンシュタインの治安について

リヒテンシュタインリヒテンシュタイン

リヒテンシュタインは人口が4万人もいない小さな国。

住んでいる人が少ないので治安は悪くありませんが、旅行者が一定数いることからスリや詐欺などの軽犯罪は発生しています。

外務省の安全情報

2021年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報は出ていません。危険度レベルも0です。

リヒテンシュタインでテロの可能性は低いとは思いますが、いつどこでテロが起きてもおかしくありません。渡航前にたびレジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

コロナウィルスに関する情報

下記のグラフは感染者数(赤)死者数(黒)の推移を表しています。

《コロナの影響について》
2021年1月現在、リヒテンシュタインの感染症危険情報レベルは3。渡航中止勧告(感染症)発令中です。

この地域への渡航は中止することをおすすめします。

感染者数は2020年12月半ばごろにピークを迎えましたが、人口が少ないため最多で62人と、周辺他国に比べて極めて少ない人数です。

2021年現在はピークも越え、10名以下を記録する日が続いています。

リヒテンシュタインへ入国する際は10日間の隔離義務があり、PCR検査が陰性だった場合も短縮される事はありません。

また、リヒテンシュタインへはスイスかオーストリアから陸路での入国となります。

渡航の際はどちらかの国の入国状況を確認しておく必要があります。2021年1月現在、日本からの渡航者に対しては両国ともに入国制限は設けられていません。

隔離義務さえクリアすれば入国は可能ですが、国内全域で飲食店や娯楽施設の営業制限など、細かな規制が設けられているので、この冬の時期の渡航は全くおすすめできません。

在リヒテンシュタイン日本国大使館の「新型コロナウィルス関連情報」が日々更新されているので、渡航の際は必ずチェックしてください。

犯罪データ

リヒテンシュタインの犯罪統計によると、2018年の犯罪件数は1978件で前年に比べ13%も増加しています。

内訳は軽犯罪と薬物が多くなっており少し怖いですね・・・。

アジア人は多額の現金を持ち歩いている人が多いとされ、くり返しアジア人ばかり狙う輩もいるので、十分な対策をとるようにしてください。

リヒテンシュタインで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

比較的安全といわれるリヒテンシュタインでもスリや置き引きの被害は発生しています。

旅行者が集まる空港、ホテル、主要観光地などでは特に注意を払いましょう。

ホテルや空港は、なんとなく街中より安全な感じがしてしまいますが、油断は禁物!

声をかけてくる人に注意

お隣のスイスで日本人を狙ったクレジットカード詐欺の報告がありました。

見知らぬ人がクレジットカードを貸してくれ等と怪しい言葉をかけてきたら絶対に無視しましょう。

リヒテンシュタインで女子旅をするなら気をつけておきたいこと

リヒテンシュタインの女子旅で特に注意すべきことは夜遊びとナンパです。

mari
mari
薬物の犯罪も多く、夜遊びをしている若者には要注意。

治安もよく、夜歩きもできる街ではありますが、夜間は酔っ払いが増えてナンパされる確率も高まります。性犯罪に巻き込まれないようくれぐれも注意してください!

リヒテンシュタインで子連れ旅行をするなら気をつけておきたいこと

リヒテンシュタインに子連れで旅行する方はあまり多くないと思いますが、スイスやリヒテンシュタインは子連れ旅行にかなりおすすめだと思います。

他のヨーロッパ諸国と比べて移民が少なくテロの脅威が少ない、自然がいっぱいで景色が最高!それでいてヨーロッパの雰囲気を存分に感じることができる。

物価はめちゃくちゃ高いので覚悟は必要ですね・・・。

リヒテンシュタインで注意すべき危険エリア

リヒテンシュタインとひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。
特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

シュテットル通り

首都ファドゥーツのメインストリートがシュテットル通り。

それほど旅行者は多くありませんので、メインストリートといってもそれほど込み合うことはありません。

イベント時など季節によって混雑する場合があるので土産物屋に夢中になって荷物をすられないよう気を付けましょう。

公共交通機関内

リヒテンシュタイン内の乗り物というよりは、リヒテンシュタイン行きのバスや電車内のスリや置き引きに注意しましょう。

特に大きなバスターミナルはスリがたくさん集まる場所。荷物から目を離さないようしてください。

リヒテンシュタインで犯罪にあわないために気をつけたい7つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

リヒテンシュタインでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、クレジットカードが使えます。

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにし
てください。

またケチャップすりなどによって何か汚物を体につけられた際にも、ふき取ろうとする人は絶対無視してください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

置き引き対策をする

空港や駅など、ついつい荷物を床に置いておきたくなりますが、一瞬の隙に置き引きされることがほとんど!油断は禁物です。

レストランなどでは、場所取りなどに荷物をおいて席を離れなりすることのないようにしましょう。ホテルの朝食ブッフェなどでも油断できません!

席に座っているときも荷物は膝の上などに置き、いすの後ろにかけたりしないようにしましょう。

スリなどは音なので注意を引いて犯行に及ぶことがあるので、例えばコップなどが割れてもそっちばかりに気をとられないようにしましょう。

スリ対策をする

貴重品、パスポート、スマホなどもスリに狙われやすいので、リュックなどに入れて背負って持つのはやめましょう。

ナイフなどでリュックを切られて荷物を抜かれる可能性があります。リュックを持つ際は体の前に持つようにしましょう。

とにかく身軽にして出かけるのがポイントです。貴重品や現金も必要最小限にして、常に身体から離さないように持ち歩きましょう!

夜間の一人歩きは避ける

基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

特に女性の場合は十分気をつけてくださいね!

フェニー
フェニー
比較的治安が良いとされるリヒテンシュタインですが、日本と同じような感覚でいるのはNG!

安全な地域でホテルを予約

ヨーロッパでホテルを予約するなら安すぎる宿よりある程度高級なホテルへ宿泊しましょう。

立地が良い場所を起点に観光すれば荷物を持ち歩かずに済みますしスリのリスクも軽減できます。

リヒテンシュタインで人気の
エリアでホテルを探す

リヒテンシュタイン旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

リヒテンシュタイン旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWiFiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外WiFiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWiFiをみてみる

リヒテンシュタインで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品リヒテンシュタインで使えるレンタルポケットWiFiについて、価格や速度など様々な利点を徹底解説!世界一周経験あり、60ヵ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、海外では何が起こるかわかりません。万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪わたしが愛用しているメインカードはアメックスのSPGカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅まで無料ででスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

リヒテンシュタインで得する人気クレジットカードおすすめ4選!元クレカ社員が選んでみた《2021年最新クレカ活用術》クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、リヒテンシュタイン旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、リヒテンシュタイン旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...

リヒテンシュタインの治安まとめ

ヨーロッパの中では治安のよいとされているリヒテンシュタイン。小さな町で人もそれほど多くないので基本的には安心して旅行を楽しめると思います。

自然豊かな国でトラブルに遭わないよう、荷物の管理だけはしっかりと行ってくださいね!

リヒテンシュタイン をもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔リヒテンシュタインへ行くならチューリヒまでの航空券を買って電車で行くのが1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった7万円のチューリヒ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!私もスイスからバスを乗り継いでリヒテンシュタインを巡りました。

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

リヒテンシュタインでぜひ泊まっていただきたいのがパルクホテル ゾンネンホフ!!

ファドゥーツにはホテルが少ないのでハイシーズンにはすぐに埋まってしまう口コミも抜群のファドゥーツNo1ホテルです。

ライトアップされたファドゥーツ城がみえ、ロマンチックな雰囲気満点!食事はミシュランの星付きレストランで、とっても美味しくスタッフのサービスも素晴らしいのでカップルにも家族にでも超おすすめです。

パルクホテルの
料金をチェックしてみる

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA