【子連れSFC修行】プレエコで宮古島へ修行に行ったら想像以上に最高だった!withブロ友ちゃん




SFC修行でやっと1万5000PPを超えたビギナー修行僧のmariです。3月28日~ブロ友のりらちゃんと宮古島に修行へ行ってきました♪

※2018年4月4日に記事更新しました






宮古島基本情報 子連れ旅行や治安は大丈夫?

子連れおすすめ度 ★★★★★
ベビーカーおすすめ度 ★★★★
海外初心者向け
ショッピング ★★★
食事 ★★★★
物価の安さ ★★★★

宮古島は日本なので言わずもがな治安は良好です。

個人的には幼児連れにもめちゃくちゃおすすめ!沖縄本島と比べて見どころが少ないので、あまりバタバタせずにゆったりリゾート気分を味わえます!

食事は美味しいですが、個人的には北海道や九州のグルメと比べると★は-1かなぁ。めちゃくちゃ美味しい!っていうよりは素朴な味です。

買い物は琉球ガラスくらいしかほしいものはありませんでした。買い物より自然を感じに行く場所です。ベビーカーはたいていホテルで貸し出ししているようだったのでそれなりのリゾートホテルに宿泊される場合は持っていかなくてもよいかもしれません。

子連れでプレミアムエコノミー(プレエコ)に乗るのは迷惑?

子連れでプレエコまたはビジネスクラスに搭乗するのは正直結構緊張します。

10席の限られた人たちしか乗れないプレミアムクラスは、お金持ちオーラが出ている人や会社員のちょっと偉そうなオジサマ(部長とか?!)で占有されているので小さい子連れで騒がしいと実際かなり迷惑だと思います。

(高いお金払ったのにギャーギャー騒ぐんじゃない!!と叱られてしまいそう)

あもちゃんは1歳にして既に20フライト以上飛んでいて飛行機に慣れているし、機内で寝てくれる率が高いので大丈夫だろうと腹をくくったものの、実際搭乗する時はドキドキ。

結果的に半分以上寝てくれたので、広々プレエコは快適で一生プレエコ以外は乗りたくないな・・・と思うくらい気に入ってしまいました。実現できるように精進します(笑)

プレエコのランチ♪

もし、私のように幼児連れでプレエコ・ビジネスクラスの搭乗を迷われている場合、子供がグズグズタイプならやめておいた方がいいかもしれません。

mari
CAさんや周りの乗客の方は優しくて親切な方が多いものの親がプレッシャーに耐えかねて旅が楽しくなくなってしまうかも!

で、肝心の宮古島ですが、本当に最高すぎて、なんでタッチ(空港まで飛んで観光せずにとんぼ返りすること)する人がいるのかわけわからん状態です!!

宮古・石垣(離島)での移動はレンタカーがおすすめ

今回迷った挙句、SNSで相談したら全員に「レンタカーいるよ!!」と強くすすめられたのでレンタカーを借りることにしました。

小さい車だったのでなんとチャイルドシート3つというギリギリ(笑)

ガソリンを入れて返す時に600円台という驚異の安さを記録するほど、距離は走りませんでしたが、子供とウロウロするのに借りて良かったと思います。

東急に泊まる場合は、ホテルの目の前に何台もタクシーが待機していたので運転嫌いな人はタクシーもありかも。

SFC修行先に沖縄の離島(宮古・石垣)は超おすすめ!子連れ家族連れにも最適です

基本的に国内旅行は海外旅行に比べてあまりテンションが上がらないのですが、沖縄の離島を完全になめてました。

飛行機から見える景色、空港に降り立った瞬間の熱気、ここは天国かと見まごうほど美しいビーチ!海外旅行並みに大興奮。

mari
私の国内絶対王者は「屋久島」だったけど、宮古島は屋久島に匹敵するほど気に入ったよ!!

しかもしかも、今回ブログ仲間のぐっちーが宮古島に偶然いたのでドローンで空撮までしてもらったんです。見てくださいこの映像!!

この後ろに見えるホテルが私たちが今回宿泊した「宮古島 東急ホテル&リゾーツ」

ホテルから直接海に出ることも出来るのでとにかく便利!

最近観光地ではドローンで空撮してくれるプランというのもあるみたいです。一生モノの思い出になるので予算に余裕がある方は一度試してみてはいかがでしょう?

興味ある方は私の友人ぐっちーに繋ぎますのでご遠慮なく♪(割引してくれるよう頼んでみます笑)

子連れなら宮古島 東急ホテル&リゾーツへの宿泊が超おすすめ!

東急ホテル&リゾーツはおそらく宮古島で「シギラベイサイドスイート アラマンダ」に次いで高級ホテル。

私たちが宿泊した時も繁忙期だったので一泊22,000円でした。(大人2人、子供3人でシェアしました)

シギラもものすごく素敵ですが、1泊10万円超えだった(時期によります)のと、幼児が騒いで良さそうなホテルではなかったので今回は見送り。

お子様が5歳以上であれば、シギラや思い切って民泊・ゲストハウスというのもおもしろそうですが、私たちのような幼児連れは断然東急をおすすめします!

部屋からの景色♡

宮古島 東急ホテル&リゾーツおすすめポイント

  • キッズルームあり
  • お砂場セット・浮き輪の無料貸し出しあり
  • 幼児用の浅いプールあり

宮古島はリゾートなので天候が悪いとほぼ楽しめません。そんな時、東急にはキッズルームや幼児用プールがあるので子供も楽しめること間違いなし!

そもそもファミリー向けに作られているので、朝ごはんのバイキングも子供メニューがたっぷり用意されているし何かと便利。

りらちゃんとも、次回もここに宿泊してもいいね!と話すくらい快適でした。

大きなベッドにはしゃぐ娘たち

子連れ宮古島旅行2泊3日メンバーとかかった費用(予算)

  • 旅のメンバー mari ・りらちゃん・あもちゃん(1歳)H君(1歳)Yちゃん(4歳)の5人
  • 旅費 ホテル「東急ホテル&リゾーツ」2泊 88,400円 飛行機 mari ⇒プレエコ大人1名:72,580円 りら家⇒エコノミー2名:約4万円×2名
  • 食費 初日居酒屋1家族4,000円 2日目ホテルランチ1家族3,500円 カフェ1,000円 夜お弁当500円 3日目おむすび等500円 
  • レンタカー 7,500円 ガソリン600円

家族旅行だと最低でも15万円くらい~っていうところでしょうか。国内旅行ってやっぱり高いなー。ホテルはもっと安いところでもアリだし、LCCやマイルを使えば航空券も安くおさえられそうです。

3月下旬に海開き、春休みの宮古島は一足早い夏休みが楽しめます

また、3月にもかかわらずこんなに美しい海で既に海水浴ができます。

3月29日の日中の気温はだいたい26度前後。海はまだ冷たいものの日差しは強いので水遊びに最適。

東京では桜が満開でしたが、こちらはハイビスカスが色とりどりに咲いていて、もはや初夏の様相でした。

47都道府県を制覇してから国内に興味ある場所はあまりなかったのですが、春休みの離島めぐりは毎年恒例にしようと思うくらい気に入りました。

mari
3月は有給消化月間の方も多いと思うので、ぜひ家族で出かけてみてね!

>>>次へ「宮古島旅行記2泊3日予算とスケジュール大公開!(1歳児・4歳児)」