オランダ

オランダ旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

この記事を書いた人
マリ@オハヨーツーリズム
当ブログオハヨーツーリズムは世界73ヵ国、7歳娘と35ヵ国滞在した旅行ブロガーのマリが運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ハロー!オハヨーツーリズムのマリ(@mari_ohayotourism)です。

日本人にはあまり馴染みのないオランダ。

いったいどんな洋服を着ていけばいいの?と悩まれる方も多いはず!

オハヨーツーリズムでは、オランダ旅行に行く際にどんな格好をすればいいのかについて、世界一周経験者、旅のプロのわたしが、季節ごと、シーンごとにおすすめの服装をまとめてみました。

この記事はこんな方におすすめ!
  • オランダに来ていく洋服がわからない
  • オランダのファッションの傾向が知りたい
  • 現地でのマナーがわかならいので不安

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法、避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服を選ぶポイントを紹介します。

アムステルダム ダム広場アムステルダム ダム広場
mari
mari
オランダに行くときの参考になりますように♪
お得情報

海外旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

持ち物については「オランダに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ながら準備をどうぞ!

海外旅行ってどんな服を着れば良いの?

オランダは日本と同じく四季がある国です。

服で荷物を埋めてしまってせっかくのお土産が入らない!なんてことにならないように、事前にチェックしておきましょう。

まずは洋服の必要枚数や履物について、一般的な考え方をお伝えします。

必要な洋服の枚数

旅行の日程もよりますが、わたしは3日以内なら日数分。ワンピースが楽なので多用しています。

しわになりにくいワンピースは旅行の味方しわになりにくいワンピースは旅行の味方

それ以上であれば着まわしてできるようなものを中心に、3日~5日分の洋服を持っていくことが多いです。

柄と無地のセットアップを持っていくと着回ししやすい柄と無地のセットアップを持っていくと着回ししやすい

最近は写真を撮ってブログに載せることも増えたので、特に暑い季節は荷物に余裕があればそれ以上持っていくことも。

秋から春までの間は防寒対策のため、ユニクロのウルトラライトダウンを必ず忍ばせています。

動きやすい服装&靴がマスト

観光スポットをたくさん巡る予定がある方や、石畳など歩きにくい道が多い国では、動きやすい恰好+履きなれた靴がマストです。

旅行で使いやすい黒のサンダル旅行で使いやすい黒のサンダル

特に、靴は重要!

「服に合わないから」という理由でヒールのある靴やパンプスを履くと、現地でひどい目に合います。

せっかくの楽しい観光が、思い出は足の痛みだけ・・なんてことにならないよう、スニーカーなどの歩きやすい靴を履いていくのがおすすめ。

「足が痛くてこれ以上歩けない・・!」なんて同行者にも迷惑をかけてしまうので、おしゃれな靴は日本で楽しみましょう♪

最近履いているスニーカー最近履いているスニーカー

わたしのおすすめはNIKEかニューバランスの白、黒、グレー。シンプルな配色で色んな服に合わせやすいと思います。

また、季節に関係なくビーチサンダルを持っていくのもおすすめ

海外ではバスタブなし、シャワールームのみというホテルも結構一般的。

ホテルでスリッパがない場合やシャワールームでサンダルを使いたいときに重宝するのでビーチサンダルは必需品。

ブラジルのハワイアナスは履き心地、デザイン共に大好きブラジルのハワイアナスは履き心地、デザイン共に大好き

100均のビーサンはすぐに壊れたり、歩くと足が痛くなるので履物は少し高くても良いものを購入されることをおすすめします。

mari
mari
わたしのおすすめは絶対ハワイアナス!シンプルなタイプだと1,000円くらいからあるみたいだよ~

薄手のストールかパーカーがあると便利

薄手のストールやパーカーは、肌寒い時にちょっと羽織るという定番の使い方以外に、日差しが強い場所での日よけ空気が悪く排気ガスが臭い途上国ではマスク替わりとしても役立ちます。

教会やお寺、モスクなどの宗教施設を観光する際など、肌を隠さなければいけないシチュエーションが意外とあります。

1枚持っておくとめちゃくちゃ便利。

更にダサくなりがちな旅行の服装のアクセントにもなるのでおしゃれアイテムとしても一押しです。

身につけるもので防犯対策を

海外旅行ではスリが日常茶飯事。

外国に慣れておらず、危険を回避できる自信がないのであれば、できる範囲で現地の人の恰好に合わせた、カジュアルな服装を選ぶのが無難です。

mari
mari
文化も気候大きく違うので難しい場合もありますが、あまり悪目立ちして犯罪のリスクを高めたくないからです。

例外として、旅行中にオペラなど観劇の予定がある場合はカジュアルすぎるのも問題。ジャケットやよそ行きのワンピース(ドレスの人もいますが、ワンピースでも大丈夫です)を持って行くことをお忘れなく。

また、わたしが海外に行くときは必ずこのセキュリポを使うようにしています。

貴重品はポケットにしまわず、必ずファスナー付きのカバンに入れてカバンから注意をそらさないように気を付けましょう。

貴重品は肌身離さずセキュリティーポーチで管理するのがおすすめです!

荷物を増やさない工夫と収納方法

荷物を増やさない工夫はいくつかあります。

わたしが実践しているのは

  • 下着は100均の紙ショーツを使う
  • ホテルで手洗い洗濯する
  • 現地でコインランドリーを利用する

など。

紙ショーツはAmazonでも購入可

また、荷物のパッキングには圧縮袋いらずで衣類を50%圧縮できる便利な商品もあるので活用しましょう。

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋って、空気を抜いて圧縮する作業が面倒だったり、袋が壊れやすかったり、ひと手間かかるイメージですが、パックバッグなら圧縮の手間なし。ファスナーも丈夫なので安心感も使いやすさも全く違います。

わたしはヨーロッパ1ヵ月旅行(幼児ひとり、大人ひとり)でLサイズ、Sサイズをそれぞれ2つずつ(計4つ)用意して自分の服と子供の服を管理しました。

大きな方に洋服をいれ、小さな方はブラトップや下着、靴下などを収納。

複数購入する場合は、パッと見てわかるように大きさや色を変えると便利です。

LサイズとSサイズをまとめて購入する場合はセット購入がお得ですよ。

パックバッグ
公式サイトをみてみる

オランダ旅行で気を付けるべき服装の注意点

オランダ旅行を安全に楽しむ上で

  • 現地の人の恰好
  • タブーとされる服装
  • 現地での服装マナー

を知ることはとても大事。

トラブルに巻き込まれないためにも、事前にオランダの文化を知っておきましょう。

現地のファッションの傾向

オランダではシンプルで綺麗目な服装の方が多く、女性でもスカートやヒールを履いている人は少なめ。

実際のところあまり日本と変わりませんが、かわいらしい恰好をするというよりカジュアルなおしゃれといった感じ。

mari
mari
オランダは多種多様な民族が暮らす国。自分らしさを大切にする人が多く、ナチュラル志向です。

オランダだけでなく、ヨーロッパではH&Mなどのファストファッションをオシャレに着こなしている人がたくさんいます。

民族衣装「フォーレンダム」

様々な地域で伝統的な衣装がたくさんあるオランダ。

ほとんどの日本人がオランダの伝統衣装と聞いて思い浮かべるのは「フォーレンダム」という街のもの。

女性ならレースの三角巾とストライプのエプロン、男性は赤いシャツが特徴です。

あもちゃん
あもちゃん
男性の場合はスカートとエプロンはなく、ズボン。

お祭りの日や伝統的な儀式の日にはみんながこの衣装を着て、踊りを踊ったり歌を歌ったり♪

まるでおとぎ話に出てくる衣装のようで可愛いですよね!

他の街にもたくさんの伝統衣装があります。場所によっては自分たちで着て撮影したりできるところもありますよ(・∀・)

オランダでタブーとされている服装

オランダでタブーとされている服装は特にありません。

しかし、オランダは他の国に比べて日本人が訪れることが少ない国の一つ。

ひとりひとりが《日本人》として見られるので教会やフォーマルな場所では服装やマナーに配慮してください。

mari
mari
強いて言うなら、ブランド物ばかりのファッションは好まれないようです。

また、ミニスカートは全世界共通でやめたほうが良いと思います。

ミニスカートに高いヒール、ばっちりメイクのような恰好をしているとナンパされたり、性犯罪に巻き込まれてしまう可能性も。

教会見学時の服装

旧教会(Oude Kerk)旧教会(Oude Kerk)

近隣のヨーロッパ諸国に比べて観光地化されている教会はあまり多くはありません。

無宗教が多数をしめるオランダでは服装に明確な決まりはありませんが、教会やモスク、寺院などの宗教的な建物や神聖な場所での露出は基本的にNG×

ストールなどを貸してくれる場合もありますが、入場を断られる場合も。TPOをわきまえた恰好をしましょう。

男性でもハーフパンツはNG!ひじとひざが隠れていればOKと覚えておくと便利です。

そして教会に入ったら帽子やサングラスをとり、携帯は音が鳴らないよう電源を切るかマナーモードにしておきましょう。

mari
mari
あまり気にする必要はありませんが、オランダの見どころである美術館や博物館での観光も同じように考えれば失敗することはありません。

服装以外に、現地の治安や安全に関する情報を知っておくことも大切です。

万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょうエポスカードなら年会費無料な上ポイントまでもらえます!

お得情報

海外旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

オランダ治安・危険情報2024年最新!旅ブロガーが教える注意点と8つの安全対策私が実際にオランダに行って感じたことや気を付けておくべき治安情報をまとめました。日本とは大きく文化が異なり、スリや置き引きなども多いので、くれぐれも対策をとることをおすすめします!詳しい事象も紹介しているのでこれからオランダへ行く方はぜひ参考にしてみてください。...

オランダの季節ごとのおすすめの服装

オランダには四季があります。多くの方がアムステルダムへ訪れると思うのでオランダの真ん中に位置するアムステルダムを基準に気温や降水量をご紹介していきます。

季節によって雨量も気温もかなり違うので、事前にチェックしておきましょう!

おすすめ

外国は日差しが強く
日焼け止めを怠っていると
すぐに日焼けしてしまいます

欧米には最強の日焼け止め
SPF70が売られているほど(!)

\日焼け止めの準備をお忘れなく/

オランダの気温や降水量をチェック

オランダは東京と比べ基本的に涼しい・寒い国です。下のグラフは首都アムステルダムのものです。

真夏でも20度ほどの過ごしやすさで、乾燥しているためカラッとしており、冬は日本よりもずっと冷えます。

オランダの気温と降水量オランダの気温と降水量

気候的な特徴として、天気が変わりやすいというのが挙げられます。

降水量は少ないものの、雨降りの日は多く天気予報を見ると驚かれるかもしれません。

実際1日じとじと降るようなことはなく、ザっと降ってまた日が出て、また雨というような感じです。

オランダ旅行ベストシーズンは春~夏(4月・5月・6月・7月・8月)おすすめ季節と旅費の安い時期・月別の気温この記事ではオランダの「観光に向いている季節」と「旅費が安い季節」の2つの観点からベストシーズンをご紹介します。季節ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!...

オランダ春の服装(3月・4月・5月)

オランダの春は3月〜5月で、平均最高気温は15度ほど平均最低気温は3度〜10度

服装は、スプリングコートよりも厚いコートを着ましょう。真冬に着るような厚手のコートはいりませんが、朝晩はとても冷えるので、まだまだ防寒具が必要です。

セーターや軽めのダウンジャケットが1枚あると安心。厚めのストールがあると気軽に体温調節できるので重宝します!

日差しが強くなり始めるころ。日本製の日焼け止めを忘れずに持っていきましょう。

オランダ夏の服装(6月・7月・8月)

国立美術館国立美術館

オランダの夏は6月〜8月。

日本の初夏のような気候で、平均最高気温が20度〜25度平均最低気温が10度〜15度

夏の時期は半袖で過ごしても大丈夫ですが、朝晩は少し肌寒いです。

さらに日によっては一日中15度前後であることもあるので、必ず長袖、もしくは脱ぎ着できる上着を持っていきましょう。

また、この時期の日差しはかなりきついです。日焼け対策はマスト!

mari
mari
日光が苦手な人は、サングラスを持参することをおすすめします。

オランダ秋の服装(9月・10月・11月)

オランダの秋は8月中旬頃〜10月で平均最高気温は約10度平均最低気温は0度〜9度

この時期はどんよりとした空気で、降水量も多く霧状の雨が降ることが多いです。

オランダ人は傘をささない人も多いですが、せっかく旅行に行って体調を崩したらもったいないので、折り畳み傘を持っていくのがおすすめ。

mari
mari
石畳は大変滑りやすいので、滑り止めのついた靴で行くと安心です。

11月からはより一層冷え込み、冬の足音が聞こえてくる季節です。防寒具はしっかりと用意していきましょう。

重さか機能性か悩みどころですが、風が強いと軽くて小さい傘はすぐ壊れます。天気に不安があるなら丈夫なものをおすすめします。

オランダ冬の服装(12月・1月・2月)

オランダの冬は日本の北国とほとんど同じように考えて大丈夫!

平均最低気温は-10度〜0度で日によって大きく変わります。最も寒い1、2月の時期は氷点下を下回る日も多く、防寒はしっかりとしていきましょう。

室内ではセントラルヒーティングのためポカポカ。ヒートテックを何枚も着込むよりは上着で調節するのがベター。

16時頃には暗くなってしまうので街歩きというよりは芸術を楽しむ季節。オペラやコンサートへはおしゃれをして出かけましょう。

クリスマスシーズンはアムステルダムの観光に多くの人が訪れます。

mari
mari
人混みを歩くことも多いのでヒールなどは避け歩きやすい靴で観光を楽しんでください。

オランダをもっと楽しむ

シティパス

オランダで使えるシティパスを調べました。通常3つの選択肢がありますが、コロナでオランダパスが発売中止だったので今回は2つに絞って説明します。

わたしが一般的な旅行者にすすめるなら、アイアムステルダム・シティカード。

変更もあるので、到着後観光案内所で最新情報をゲットしておきましょう!

対象エリア 対象施設 料金 公共交通機関
アイアムステルダム アムステルダム 70以上
対象外施設注意
60ユーロ(24時間)
85ユーロ(48時間)etc

運河クルーズ
ミュージアムカード オランダ全土 450以上 64.9ユーロ ×
オランダパス オランダ全土 対象外施設注意 選択可能

アイアムステルダムシティカード(I amsterdam City Card)

アイアムステルダムシティカード(I amsterdam City Card)アイアムステルダムシティカード(I amsterdam City Card)

アムステルダム単独で色々周りたいなら絶対おすすめ。

市内の乗り物が乗り放題、美術館や運河クルーズが無料になりとってもお得です!わたしは72時間チケットを愛用しているGetyourguideを使って購入しました。

  • 24時間(60ユーロ)
  • 48時間(85ユーロ)
  • 72時間(100ユーロ)
  • 96時間(115ユーロ)
  • 120時間(125ユーロ)

ただし人気2トップのゴッホ美術館、アンネフランクの家では利用できないので(ズルいよね笑)計算を間違わないよう気を付けてくださいね!

出発前に購入できます

GetYourGuideで
アイアムステルダムカードをみてみる

ミュージアムカード(Museumkaart)

ミュージアムカード(Museumkaart)ミュージアムカード(Museumkaart)

その他の地域も周遊するならミュージアムカードもあり。

400の美術館、博物館が1年間入場無料。しかもたったの64.9ユーロというので購入の筆頭候補でしたが現在は旅行者の場合ルールが変更になりました。

31日で5回しか利用できないので、ちょうど5つくらいの施設を周る人にはぴったりですがわたしには少し足りない…。

1つ13ユーロ以上する美術館に絞ってミュージアムカードを使い、そのほかは個別購入で対応しました。うまい使い分けができて満足しています。

各シティパスの詳細比較へ別の記事にまとめました。

オランダ旅行必携!お得なミュージアムパス/シティカード徹底比較【アイアムステルダムカード|ミュージアムカード】オランダにも美術館や乗り物が割引になるお得なシティカードやパスないか調べたところ、3種類のサービスが見つかりました! 選択肢がある...

現地ツアーに参加する

オランダは比較的治安もよく個人旅行でも十分楽しめます。

しかしおそらく想像以上に大きな都市なので、限られた時間での移動リスクや、トイレの場所、重要な場所の見逃しを避けることを考えると、不慣れな方は現地ツアーに参加するのがおすすめです。

わたしもオランダガイド倶楽部で半日現地の日本語ガイドを利用し、オランダの生活や文化について沢山教えてもらいました。

オランダガイド倶楽部がおすすめ

ベルトラで
日本語ツアーを探す

おかげで記事がより充実したものになり大変満足しています。

また最近のお気に入りはGetYourGuide

ツアーの種類が豊富で、チケットの取り扱いも多くおすすめです。眺めているだけで楽しくなるものがいっぱいあるのでぜひチェックしてみてください。

観光の注意点

アムステルダムはオランダ国内では最も治安の悪い都市と言われています。日中は旅行者も多く普通に観光できますが日本とは全くレベルが違います。

ヨーロッパ旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事

どんな都市でも旅行者の多い中央駅周辺や観光地周辺は注意が必要です。

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

年会費無料でこれはお得すぎ

エポスカード
公式サイトをみてみる

関連記事オランダ旅行におすすめのクレジットカードの選び方

おすすめ治安の良い人気エリアでホテルを探す

旅行の準備は「オランダに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ればバッチリ♪

ガイドブック

オランダ関連の書籍を10冊以上読んでおすすめしたいガイドブックをまとめました。

正直その国をしっかりと堪能したいなら地球の歩き方1択といっても過言ではありません。

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやっぱり地球の歩き方。

全467ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

オランダ・ベルギー版はこちら

アムステルダム、ハーグ、デルフト以外の地方都市の情報が詳しく載っているので周遊するには欠かせない1冊

オランダのハイライトはもちろん、美術館内の見どころや、オランダ料理などグルメに関しても詳しく紹介されています。

現地で体調を崩した時や犯罪に巻き込まれた時の連絡先や緊急時の医療会話まで載せているのは本当に素晴らしいと思います。

また、kindle版のみ分冊版があるため、オランダにしか行かないという方は分冊版がおすすめです。

通常版よりお値段が安くなるのが嬉しいですね♪

オランダ人気ガイドブック12冊読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方世界一周経験した旅ブロガーがオランダのガイドブックを12冊読み漁っておすすめの選び方や書籍をご紹介します!47都道府県制覇、海外70ヵ国行った私が見つけたガイドブック選びのポイントを押さえておきましょう。...

 

オランダの服装まとめ

オランダは四季があり、季節によって気候が大きく異なります。

また1日の変化もあるので、体調を崩したり、凍えるような思いをしないでいいように、しっかり事前準備を心がけましょう。

写真にも残るので、ぜひ旅先でのファッションも楽しんでくださいね!

おすすめ

圧縮袋なしで衣類を50%圧縮
HOLICCのPackBagが超便利!!

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋のように
空気を抜く手間は一切なし

\ LサイズとSサイズの2展開 /

パックバッグ
公式サイトをみてみる

※複数購入はセット購入がお得です

あわせて読みたい

すべての記事をみる

 

東京⇔オランダの航空券は中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった10万円のチケットが見つかることも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎが悪いので個人的には直行便が断然おすすめ。

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

アムステルダムでぜひ泊まっていただきたいのがピューリッツァーアムステルダム

17世紀と18世紀築のカナルハウス25棟を連結した素晴らしいホテルはここでしかお目にかかれません。

アンネフランクの家にほど近く、運河も見られるお部屋を取ればオランダを堪能できますよ!

モダンで朝食も美味しい誰にでもおすすめできる一押しのホテルです。

ピューリッツァーの
料金をチェックしてみる

オランダを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!
オランダ 大聖堂

オランダで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

風車や市内ツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
オランダを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA