旅の便利サービス(Wi-Fi・送迎)

2019年ニューヨークのネット事情とおすすめWiFi徹底検証

ニューヨークでインターネットを使う場合、Wi-Fiレンタルが必要かどうか気になるところ。

今回はニューヨーク旅行に4度行った私がみなさんの不安を取り除いていきたいと思います!

東京⇔ニューヨークの航空券は中国の経由便が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復6万円台でニューヨーク行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでニューヨークへの格安航空券をみてみる

ニューヨーク旅行にレンタルWiFiが必要な人と不要な人

まずはじめに、あなたの携帯のキャリアが「ソフトバンク」であればわざわざWi-Fiを借りる必要はありません。

SoftbankはアメリカのSprintという会社と提携を組んで「アメリカ放題」というサービスをやっているので現地でも問題なくネットを使うことができます。

レンタルWi-Fiが必要な人
  • ソフトバンク以外のキャリアを使っている人
  • ソフトバンクだけどたくさん動画を見たい
mari
mari
ソフトバンクの人は本当にうらやましい!私も前回(2016年)使いましたが電波も問題なく入って使い勝手がよかったです。

ニューヨークで最も安くインターネットを使うには

まず、ニューヨークでインターネットを使う方法は大きくわけて4つあります。

①現地のフリーWiFiを使う
②現地のSIMカードを購入して使う
③携帯会社の定額プランを使う
④レンタルWiFiを借りる

この4つの方法の中で最もおすすめなのが、レンタルWiFi or 現地のSIMカードです!

mari
mari
今回は、なぜこの2つがお得でおすすめなのか解説します!

また、海外のネットを使う手段について詳しく知りたい方は「海外旅行でインターネット|SIMフリー端末・レンタルWi-Fi・データローミング徹底比較」にまとめてありますのでご覧ください。

複数人ならグローバルWi-Fi、ひとり旅なら現地SIM

レンタルWiFi or 現地のSIMカードがお得でおすすめ!と言いましたが、旅行に行く人数や、選ぶWiFi会社によってもお得さが異なるので、注意が必要です。

そこで、WiFi大手3社と、日本の電話会社、現地SIMの価格を比較してみました!

通信会社別に、7日間使った場合1日当たりの料金を算出しました。表の一番右側に、2人で使った場合に1人あたりが支払う金額を並べています。

Softbankの0円が圧倒的な破壊力ですね・・・。

通信会社7日間の場合1日あたり2人で使う
イモトのWiFi11,060円1,580円790円
グローバルWiFi6,450円921円460円
jetfi(ジェットファイ)8,960円1,280円640円
ドコモ6,860円980円980円
au6,860円980円980円
ソフトバンク0円0円0円
MVNO(空港)$60~$8.50$8.50
Lycamobile(市内)$23~$3.30$3.30
T-moile(市内)$30~$4.30$4.30

この表を見ると、「現地SIM安い!!」と思いがちですが、複数人で使えるレンタルWiFiは、一緒に使う人数が多ければ多いほど、一人当たりの値段が安くなります!

それに対し、現地のSIMカードは、1台のSIMフリースマホに上記の料金が課せられます。

そのため、3人いれば、$3.30×3=$9.90(約1,124円)と割高になってしまうので、ひとり旅向きと言えそう。

大体1台のレンタルWi-Fiで4~5台の端末をつなげるので、複数の端末を持って行く方にもおすすめです。

結論から言うと、料金だけで選ぶなら、ソフトバンクユーザーでなければ、グローバルWiFi現地の格安SIMを探してみるのがお得という結果になりました。

ニューヨークのネット事情完全比較

海外旅行でWi-Fiを使う方法を比較した表
フェニー
フェニー
ここからは、ニューヨークのインターネット事情を解説します!

ニューヨークで使える通信手段は大きくわけて4種類。それぞれメリットとデメリットを紹介します。

無料で使える「現地のフリーWiFi」

最も手軽で安いのが現地のフリーWiFiです。旅慣れた人や携帯の電源をオフして旅したい人におすすめです。

フリーWiFiの一番の欠点はいつでもどこでもといかないところ。「今使いたいのに!!」というイライラが抑えられないうえ、セキュリティが怪しいので金額以外のメリットはありません。

mari
mari
クレジット情報を悪用されたことがあります。利用には十分注意してください!

ニューヨークは無料のWi-Fiスポットがとても多いのですが、美術館などほとんどの場所でうまくつなぐことができませんでした。

観光客が多い場所ではネットはかなり不安定で使いにくいと感じました。スタバは比較的つながりやすいので、急にWiFiが必要になった際にはスタバに寄るのがおすすめです!

<メリット>

  • 無料で使える

<デメリット>

  • 個人情報の登録や使用制限があるケースがある
  • 使える場所が限られる
  • セキュリティの安全面が気になる

「現地のSIMカード」を購入する

日本ではdocomo、au、Softbankをはじめとした通信会社と契約する時、その会社のSIMカードがスマホに挿入されています。

契約時はその会社のSIMカードしか使えないロックがかけられているのですが、長く使うとロックを解除することができ、その状態をSIMフリーと呼びます。※端末を一括で支払っていればすぐに解除できるケースあり。

私は頻繁に海外行くためスマホをSIMフリーにしています。

理由は現地のSIMカードが一番安いことが多いから!通常は日本より安価なSIMカード、ニューヨークに限っていうと空港で買えるSIMカードはかなり高額だったので注意してください。

普段現地SIMを購入する人も、アメリカではレンタルWiFiを検討してもよさそうです。

mari
mari
JFK空港の自動販売機でSIMを買うと、1Gで$60~80。アジアの10倍近い料金に驚愕でした(笑)

街中の家電量販店や小売店ではもう少し安いSIMも売っていますが、探す手間と設定を考えると全くおすすめできないオプションです。

フェニー
フェニー
自分でアクティベーションできる人ならSIMカードもアリだね!!

<メリット>

  • 割安な料金で使える(ただしニューヨークの空港は高い!!

<デメリット>

  • その国の対応周波数に合ったSIMフリーの携帯電話がないと×
  • 面倒な初期設定をしなければならない場合も
  • 音声通話可能SIMだといつもの携帯番号が使えない

レンタルWi-Fiを借りる

複数人で旅行するならレンタルWiFiがもっともおすすめです。レンタルWiFiの料金はやや高めではありますが、なんといっても電波の良さと、複数人でシェアできるのが最大のメリット!

あもちゃん
あもちゃん
たいてい4~5台で繋げられることが多いので、4人で割れば激安ですね!!

また、日本で事前に借りられるので使い方など日本語でレクチャーを受けられるのも魅力です。海外旅行にそれほど慣れていない方にはレンタルWiFiが最も使い勝手が良いと思います。

4Gプランで補償などのオプションなしの場合、グローバルWiFiが一番安い結果となりました。

<メリット>

  • 日本で予約できるので安心
  • 簡単に使えてキャリア定額プランより安い
  • 複数人数・端末で使える

<デメリット>

  • 事前申し込みが必要
年間利用者数100万人

グローバルWi-Fi
公式サイトをみてみる

日本の携帯電話会社の定額プランを利用する

冒頭でもお伝えしたように、アメリカに限ってソフトバンクが無料で使えます。格安SIMは基本的に海外では通話しか使えません。

同じ金額ですが、docomoとauについて詳しくみていきましょう。

docomo

docomoは1日定額980円のプランを用意しています。

こちらは日本で契約しているパケットをそのまま消費することになるため、通常日本で大容量プランに加入されている方はそのまま使えば問題ありません。

 

普段あまり使わないので、すぐに上限を超えてしまうという方に、海外ダブル定額というプランもあります。パケ放題ですが、1日2,980円と高すぎるのであまりおすすめできません。

au

auもdocomoと同様に定額プランがあります。ご自分が加入してるプランを確認し、最適な商品を選択ください!

 

<メリット>

  • 申し込み不要でカンタンに使える

<デメリット>

  • 料金が高い
  • 複数人でシェアできない

ニューヨークのレンタルWi-FiならグローバルWi-Fiがおすすめ

海外でも簡単にインターネットが使える時代になって便利になりましたよね!

とくに緊急時には、インターネットができると本当に便利!すぐにインターネットに繋げるよう、環境を整えておくことは本当に大切ですよ。

グループでの旅行や、難しい設定が苦手な方は、お得なグローバルWiFiがおすすめ!

通信会社7日間の場合1日あたり2人で使う
イモトのWiFi11,060円1,580円790円
グローバルWiFi6,450円921円460円
jetfi(ジェットファイ)8,960円1,280円640円

有名どころの大手三社のと比較しても、お手頃価格なのが嬉しいですね♪

上記の料金は、速度の速い 【4G/LTE】かつオプションなしの料金です。保険をつけると値段があがりますが、管理に不安がある方は補償をつけておいたほうがいいですよ!

mari
mari
WiFiの保険とは、破損や紛失、盗難にあった場合の修理代金や再調達代などの補償がつくプランのことです。

グローバルWiFiは24時間365日のサポートもあり、空港カウンターも全国14か所に設置されているという使い勝手の良い会社です。

金額も一番安いので、ニューヨークのWi-FiならグローバルWi-Fiがおすすめです。

ニューヨークのネット事情まとめ

ニューヨークのネット事情について調べたところ、空港のSIMカードの値段が他国に比べて圧倒的に高いことが判明しました。

また、Softbankのアメリカ放題のサービスもニューヨークならではですね!

私は通常、旅慣れている人には現地のSIMカードをおすすめしています。

しかし、アメリカに限って言うとアクティベーション(SIMカードを自分のスマホに入れ替えて設定すること)を自分でやらなければいけなかったり、自分でSIMカードを売っている場所を見つけなければいけないので他の国よりハードルが高いと感じました。

東南アジアだと激安なうえに、設定まで全てお店のスタッフやってくれるので楽チンです。

英語が得意でない方は、やはり日本からレンタルWiFiを借りていくことを強くすすめます!それでは素敵な旅になりますように♪ニューヨークは最高ですよ!!

ニューヨークでWiFiを使うなら

グローバルWi-Fi
公式サイトをみてみる

 

ニューヨークを効率よく観光するならコレ!
ニューヨークシティパス

ニューヨークは
観光地・見どころが多く
入場料金が少々高め…

そんなニューヨークをお得に回るなら
通常料金より40%オフになる
ニューヨークシティパスがおすすめ!

\対象スポット・料金まとめ/

ニューヨークシティパス
詳細をもっと読む

ニューヨークシティパス
公式サイト(英語)