オマーン

マスカット国際空港から市内へのおすすめ移動方法《オマーン空港アクセス》

この記事を書いた人
マリ@オハヨーツーリズム
当ブログオハヨーツーリズムは世界73ヵ国、7歳娘と35ヵ国滞在した旅行ブロガーのマリが運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

オマーンの首都マスカットにあるマスカット国際空港はオマーンの空の玄関口です。

マスカットの市街地から約32キロの距離にあるこの空港は、オマーン・エアのハブ空港とされている他、オマーン空軍のマスカット空軍基地としての機能もあります。

マスカット空港には新旧2つのターミナルがあり、新しい方は2018年に完成したばかりでピカピカ!

旧ターミナルは現在、LCC専用のターミナルとして利用されているそうです。

空港に到着してほっと一息ついたら早速ホテルや市内に向かわなければいけませんね。

空港から市内までの移動方法は何が一番お得?
公共交通機関の乗り方は難しい?

知らない土地では色々不安を感じると思います。旅慣れているわたしですら初めての空港は結構緊張するもの。

事前に知っていれば不安が安心に変わります。今回の記事では空港アクセスについてわかりやすくまとめてみました!

この記事を読んでわかること
  • マスカット国際空港から市内へのアクセス方法
  • おすすめの移動方法
お得情報

海外旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

マスカット国際空港基本情報

「マスカット国際空港」はオマーンの首都・マスカットにある国際空港で、オマーン・エアのハブ空港となっています。

日本からの直行便はないため、タイやドバイ、カタールを経由して行くのが一般的です。

空港からマスカットの中心地までは車で20~30分程度、距離にして約30キロなので、そう遠くありません。

マスカット国際空港から市内へのおすすめアクセス方法は2つ!

マスカット国際空港マスカット国際空港

オマーンは完全な車社会。電車もないのでどこへ行くにも基本的にはバス・タクシーの2択となります。

  • タクシー
  • バス

タクシーは高いけれど快適、バスは安いけれど旅行の状態によっては不安を感じるということでどちらも一長一短。

可能であればホテルの送迎サービスをを利用するのが最も安心な方法ではないかと思います。

自力でホテルまで行く方の為に、2つの方法について詳しくご紹介しますね!

タクシー

マスカット国際空港 タクシー乗り場マスカット国際空港 タクシー乗り場

市内までタクシーで移動する場合は、空港のタクシー乗り場を利用します。

オマーンのタクシーは路線バスに比べて価格が高く、市内中心部まで10OMR程の料金がかかりますが日本と比べると格安ですよね。

他の交通機関が路線バスしかないため、大きな荷物を持っている場合は大変ですし、土地勘もない場所でバス停からホテルまで自力で移動するのも疲れます。

また、マスカットは比較的治安の良い都市と言えど、夜間のバス移動は不安。

知らない土地での快適さと安心を取ると思えば、やはり高くてもタクシーがおすすめ。

料金

7~10オマーンリアル(メーター制)

所要時間

市内中心部まで約30分

営業時間

24時間

バス

ホテルまで直行してくれるタクシーが安全で快適ですが、運賃の安い路線バスを利用したい人も多いですよね。価格は1OMRと格安。

タクシーよりも時間はかかりますが、1OMRで市街地まで移動できるのは魅力的。

しかもマスカット市内を走るバスは2019年に運行を始めたばかりなのでとっても綺麗で快適!

あもちゃん
あもちゃん
全車両エアコンが完備されていて、Wi-Fiまで使える!

移動費はできるだけ抑えたいと考えている人や、明るい時間帯に空港から市街地まで移動する人におすすめです。

空港を経由して市内に向かうには1B系統のバスを利用します。

これに乗れば市内中心部の大きなバス停であるRuwiバスステーションまで行くことができます。

料金

1オマーンリアル

※料金は予告なく変更になる可能性があります。

所要時間

市内のメインバスターミナル(Ruwiバスステーション)まで約40分

運行間隔・運行時間

30分に1本間隔で運行

オマーンをもっと楽しむ

現地ツアーに参加する

わたしはほとんどの時間をプライベートツアーを使って過ごしました。

マスカットだけであれば個人旅行でも十分ですが、オマーン人やオマーンで働く外国人と話すのはとても楽しいし、沢山質問をすることで中東への理解がさらに深まりました。

連絡先も交換し、今でも時々やりとりするほど。オマーンではぜひローカルとの交流を楽しんでください。

わたしはattomantoursにお世話になりました。

おすすめホテル

オマーンはとても治安が良いので、特に泊まってはいけないエリアというのはありません。しかしマスカットでホテルを探すならQurm付近のホテルが一押しです。

クラウンプラザマスカットクラウンプラザマスカット

わたしはクラウンプラザ(一押し)、インターコンチネンタルWマスカットに宿泊しました。ロケーションが素晴らしく目の前がビーチです。

Wマスカット ファビュラスルームWマスカット ファビュラスルーム

市街地から離れますがアルブスタンパレスリッツカールトンがマスカットで最高のホテルだと思います。

リッツカールトンアルブスタンパレス外観リッツカールトンアルブスタンパレス外観

もう少し安いホテルがよければ日本食レストランが入っているファラジホテルが老舗で日本人に人気です。



Booking.com

最高級ホテルリッツカールトンアルブスタンパレス

リッツカールトンアルブスタンパレスリッツカールトンアルブスタンパレス

今まで泊まった中でも5本の指に入るほど豪華絢爛なリッツカールトン。

アラブサミットのためスルタン肝いりで建てられたとあって、壮麗で気品あふれるホテル。

アルブスタンパレスリッツカールトン(Al Bustan Palace, a Ritz-Carlton)アルブスタンパレスリッツカールトン(Al Bustan Palace, a Ritz-Carlton)

夢のような滞在ができるので、ぜひ1日ホテルでゆっくりしたいですね!

リッツカールトンアルブスタンパレス宿泊記ブログ|朝食・ラウンジ・プラチナ特典【マスカットおすすめホテル|子連れ】リッツカールトンアルブスタンパレスの宿泊記。部屋の様子、朝食、館内設備やサービスなど感じたこと、エリート会員の特典やアップグレードの様子を詳しく紹介しています。...

観光の注意点

オマーンはアラブ諸国の中でも旅行者を積極的に受け入れており、治安も悪くありません。

また、いくら治安のよいオマーンでも海外旅行保険は絶対に必要です。

スリや強盗はいなくても、食事や気候が合わず体調を崩すということもあり得ますし、交通事故のリスクは日本より高いです。

どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前に保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

年会費無料でこれはお得すぎ

エポスカード
公式サイトをみてみる

関連記事オマーン旅行におすすめのクレジットカードの選び方

またイスラム諸国を旅する際の注意点もぜひ目を通しておきましょう!

日本人ムスリムが伝授!イスラム諸国を旅する際の注意点イスラム教は生活と密着した宗教で、イスラム教徒には信じるべきことや義務、タブーがたくさんあります。 日本人にあまり馴染みがない宗教...
オマーン治安・危険情報2024年最新!旅行者が注意すべき8つの事と危険スポット世界一周経験者、旅のプロの私が実際にオマーンに行って感じたことや気を付けておくべき治安情報をまとめました。治安は全般的に良好ですが、スリや置き引きの被害が多いためくれぐれも対策をとることをおすすめします!詳しい事象も紹介しているのでこれからオマーンへ行く方はぜひ参考にしてみてください。...

旅行の準備は「オマーンに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ればバッチリ♪

オマーン旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】70ヶ国を旅した旅ブロガーが、オマーン旅行に持っていくべき物や便利グッズをまとめましたおすすめのクレジットカード、カバン、SIMカードについても網羅しており最高のリストとなっています。初心者も旅慣れた方も読んでいただけると嬉しいです!...

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

オマーンのガイドブックは恐ろしく少ないのであまり選択肢がありません。

地球の歩き方1択といってよいでしょう。

他の国もしかりですが、ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやっぱり地球の歩き方。

内容は充実しているとはいえませんが、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

ドバイとアラビア半島の国々版はこちら

わたしはオマーンを知るための55章も購入し、読み込みました。

「エリア・スタディーズ」にはファンも多く、旅という捉え方だけではなく学びとしてオマーンに行く予定がない人でも面白く読めると思います。

オマーン人気ガイドブック6冊読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方世界一周経験した旅ブロガーがオマーンのガイドブック5冊を読み比べました!値段・情報量を星で格付けしているのでこれからガイドブックを購入する予定の方必見です。...

 

マスカット国際空港⇔市内行き方・アクセスまとめ

市内への移動方法は、子どもや年配の方が一緒の場合や、大きな荷物を持っている場合は負担が少ないタクシー。

1人旅で価格重視ならバスがおすすめです。

旅のメンバーや目的によってご自分にあった交通手段を選んでみてください!

オマーンを楽しむなら現地ツアーがおすすめ!

オマーンで観光地を満喫するなら
現地ツアーの手配がおすすめ

手配旅行や同行の相談も承ります♪

オマーンを隅々まで旅したわたしが旅行の
コーディネートをお手伝い

信頼できる現地ツアー会社を紹介します

問い合わせ
メールを送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA