サウジアラビア

サウジアラビア旅行おすすめの服装と現地で浮かないコーデ【タブー】

この記事を書いた人
マリ@オハヨーツーリズム
当ブログオハヨーツーリズムは世界73ヵ国、7歳娘と35ヵ国滞在した旅行ブロガーのマリが運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ハロー!オハヨーツーリズムのマリ(@mari_ohayotourism)です。

サウジアラビアは国土の大半が砂漠地帯で、日差しが強く、年間を通して乾燥しています。

四季と言えるような感じはなく、ほぼ夏と冬のみと考えて良いでしょう。冬は冷えるのでしっかりとした防寒が必要!

イスラム圏でもありますし、気候が日本と大きく異なるサウジアラビアへ旅行される方の中にはいったいどんな洋服を着ていけばいいの?と悩まれる方も多いはず!

露出が少ない服+アバヤを羽織るスタイルが定番でした露出が少ない服+アバヤを羽織るスタイルが定番でした

そこで今回はサウジアラビア旅行に行く際にどんな格好をすればいいのかについて、世界一周経験者、旅のプロのわたしが、季節ごと、シーンごとにおすすめの服装をまとめてみました。

この記事はこんな方におすすめ!
  • サウジアラビアに来ていく洋服がわからない
  • サウジアラビアのファッションの傾向が知りたい
  • 現地でのマナーがわかならいので不安

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法、避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服を選ぶポイントを紹介します。

mari
mari
サウジアラビアに2週間滞在して隅々まで旅行しました♪ぜひ参考にしてみてください!
おすすめ

圧縮袋なしで衣類を50%圧縮
HOLICCのPackBagが超便利!!

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋のように
空気を抜く手間は一切なし

\ LサイズとSサイズの2展開 /

パックバッグ
公式サイトをみてみる

※複数購入はセット購入がお得です

海外旅行ってどんな服を着ればいいの?

海外旅行へ行くとなると、たくさん写真を撮りますし、お洒落な服を色々持って行きたくなります。

お洒落を楽しみたいけど、お土産も色々買いたいし、荷物をたくさん持って移動するのはイヤですよね。

服で荷物を埋めてしまってせっかくのお土産が入らない!なんてことにならないように、事前にチェックしておきましょう。

まずは洋服の必要枚数や履物について、一般的な考え方をお伝えします。

必要な洋服の枚数

旅行の日程もよりますが、わたしは3日以内なら日数分。ワンピースが楽なので多用しています。

しわになりにくいワンピースは旅行の味方しわになりにくいワンピースは旅行の味方

それ以上であれば着まわしてできるようなものを中心に、3日~5日分の洋服を持っていくことが多いです。

柄と無地のセットアップを持っていくと着回ししやすい柄と無地のセットアップを持っていくと着回ししやすい

最近は写真を撮ってブログに載せることも増えたので、特に暑い季節は荷物に余裕があればそれ以上持っていくことも。

秋から春までの間は防寒対策のため、ユニクロのウルトラライトダウンを必ず忍ばせています。

動きやすい服装&靴がマスト

観光スポットをたくさん巡る予定がある方や、石畳など歩きにくい道が多い国では、動きやすい恰好+履きなれた靴がマストです。

旅行で使いやすい黒のサンダル旅行で使いやすい黒のサンダル

特に、靴は重要!

「服に合わないから」という理由でヒールのある靴やパンプスを履くと、現地でひどい目に合います。

せっかくの楽しい観光が、思い出は足の痛みだけ・・なんてことにならないよう、スニーカーなどの歩きやすい靴を履いていくのがおすすめ。

「足が痛くてこれ以上歩けない・・!」なんて同行者にも迷惑をかけてしまうので、おしゃれな靴は日本で楽しみましょう♪

最近履いているスニーカー最近履いているスニーカー

わたしのおすすめはNIKEかニューバランスの白、黒、グレー。シンプルな配色で色んな服に合わせやすいと思います。

また、季節に関係なくビーチサンダルを持っていくのもおすすめ

海外ではバスタブなし、シャワールームのみというホテルも結構一般的。

ホテルでスリッパがない場合やシャワールームでサンダルを使いたいときに重宝するのでビーチサンダルは必需品。

ブラジルのハワイアナスは履き心地、デザイン共に大好きブラジルのハワイアナスは履き心地、デザイン共に大好き

100均のビーサンはすぐに壊れたり、歩くと足が痛くなるので履物は少し高くても良いものを購入されることをおすすめします。

mari
mari
わたしのおすすめは絶対ハワイアナス!シンプルなタイプだと1,000円くらいからあるみたいだよ~

薄手のストールかパーカーがあると便利

薄手のストールやパーカーは、肌寒い時にちょっと羽織るという定番の使い方以外に、日差しが強い場所での日よけ空気が悪く排気ガスが臭い途上国ではマスク替わりとしても役立ちます。

教会やお寺、モスクなどの宗教施設を観光する際など、肌を隠さなければいけないシチュエーションが意外とあります。

1枚持っておくとめちゃくちゃ便利。

更にダサくなりがちな旅行の服装のアクセントにもなるのでおしゃれアイテムとしても一押しです。

身につけるもので防犯対策を

海外旅行ではスリが日常茶飯事。

外国に慣れておらず、危険を回避できる自信がないのであれば、できる範囲で現地の人の恰好に合わせた、カジュアルな服装を選ぶのが無難です。

mari
mari
文化も気候大きく違うので難しい場合もありますが、あまり悪目立ちして犯罪のリスクを高めたくないからです。

例外として、旅行中にオペラなど観劇の予定がある場合はカジュアルすぎるのも問題。ジャケットやよそ行きのワンピース(ドレスの人もいますが、ワンピースでも大丈夫です)を持って行くことをお忘れなく。

また、わたしが海外に行くときは必ずこのセキュリポを使うようにしています。

貴重品はポケットにしまわず、必ずファスナー付きのカバンに入れてカバンから注意をそらさないように気を付けましょう。

貴重品は肌身離さずセキュリティーポーチで管理するのがおすすめです!

荷物を増やさない工夫と収納方法

荷物を増やさない工夫はいくつかあります。

わたしが実践しているのは

  • 下着は100均の紙ショーツを使う
  • ホテルで手洗い洗濯する
  • 現地でコインランドリーを利用する

など。

紙ショーツはAmazonでも購入可

また、荷物のパッキングには圧縮袋いらずで衣類を50%圧縮できる便利な商品もあるので活用しましょう。

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋って、空気を抜いて圧縮する作業が面倒だったり、袋が壊れやすかったり、ひと手間かかるイメージですが、パックバッグなら圧縮の手間なし。ファスナーも丈夫なので安心感も使いやすさも全く違います。

わたしはヨーロッパ1ヵ月旅行(幼児ひとり、大人ひとり)でLサイズ、Sサイズをそれぞれ2つずつ(計4つ)用意して自分の服と子供の服を管理しました。

大きな方に洋服をいれ、小さな方はブラトップや下着、靴下などを収納。

複数購入する場合は、パッと見てわかるように大きさや色を変えると便利です。

LサイズとSサイズをまとめて購入する場合はセット購入がお得ですよ。

パックバッグ
公式サイトをみてみる

サウジアラビア旅行で気を付けるべき服装の注意点

サウジアラビア旅行を安全に楽しむ上で

  • 現地の人の恰好
  • タブーとされる服装
  • 現地での服装マナー

を知ることはとても大事。

トラブルに巻き込まれないためにも、事前にサウジアラビアの文化を知っておきましょう。

現地のファッションの傾向

サウジアラビアの人口の約半分が外国人であり、多種多様な民族が混在しています。

外国人の割合としてはインド人が多く過半数を占め、パキスタン人、バングラディッシュ人、フィリピン人が続きます。

サウジアラビア人か出稼ぎ労働者かの判別はとても簡単。

サウジアラビア人友人のタメルサウジアラビア人友人のタメル

男性の場合はサウジアラビア人の多くはトーブと呼ばれる白い衣装をまとい、シュマッグという赤白の千鳥格子柄スカーフを纏っています。

ディルイーヤのカリグラフィーアーティストディルイーヤのカリグラフィーアーティスト

民族衣装を着ていればサウジアラビア人、そうでなければその他の国の人の可能性が高いので参考にしてみてください。

サウジアラビアの国教はイスラム教なので女性はキャミソールや短パン等の露出のある服は着ません。

ZARAでの買い物も全身真っ黒の女性が多数ZARAでの買い物も全身真っ黒の女性が多数

地元の女性はアバヤを着ていますし、イスラム教徒の女性はヒジャブ(髪の毛を隠すスカーフ)をつけ、身体のラインを出さないように、長袖、ロングスカートを着ています。

日本から持って言ったサンダル日本から持って言ったサンダル

旅行者はアバヤの着用を求められませんが、モスクの近くや田舎に行くとき様にアバヤを新調し、半分くらいは着用していました。

砂除けや日よけとしてアバヤをよく着用した砂除けや日よけとしてアバヤをよく着用した

日よけと砂除けになるので、意外と実用性も高く、コスプレとして写真映えもするのでなかなか良かったです。

履物は日本から履いて行ったスニーカーの他、ホテルでも使えるような少し良いサンダルとビーサンを持っていきました。

水場やちょっとしたハイキングも含めローカルは常にサンダルだったので、わたしの場合スニーカーの出番はなかったです。

旅行者も現地の人に合わせるべき?

結論から言うと、できる範囲で現地の人の恰好に合わせたほうが良いというのがわたしの考えです。

日本から遠いエリアであることに加え、なじみの薄いイスラム圏なので、難しいとは思いますが、その土地になじんだファッションをしている方が犯罪に巻き込まれるリスクも減ります。

日本と同じようにお洒落な恰好をして旅を楽しみたいのも理解できますが、イスラム諸国では、特に女性は服装に注意が必要。

イスラム諸国の旅する際の注意点や現地の文化や習慣、避けた方が良い服装などをポイントを紹介しているので、「日本人ムスリムが伝授!イスラム諸国を旅する際の注意点」もあわせて読んでみてだくさい♪

日本人ムスリムが伝授!イスラム諸国を旅する際の注意点イスラム教は生活と密着した宗教で、イスラム教徒には信じるべきことや義務、タブーがたくさんあります。 日本人にあまり馴染みがない宗教...

サウジアラビアでタブーとされている服装

サウジアラビアの地元の人は実は伝統を守って暮らしているムスリムが多いのですが、サウジアラビア自体が観光業に力を入れているため、外国人に関しては厳しい服装のコードはありません。

しかし、やはりイスラム教の国ですので、女性はスカートや短パンなど露出は避け、身体のラインが出る服も避けた方がいいと思います。

とはいえ実際に行くとヨーロッパからの旅行者は露出の高い恰好をしているのでダメというわけではないし、羽織物をもっておけば特に問題はありません。

イスラム諸国を旅する基本的な考えとして露出を推奨しないだけです。

聖地メディナへは正装でのぞむ聖地メディナへは正装でのぞむ

観光客の場合髪の毛を隠さなくても問題ありませんが、モスクに入る際は絶対必要ですし、髪を隠していると「あ、この人はイスラムのことをわかっているな」ということで敬意を払われたり親切にされることが多いです。

mari
mari
男性は女性に比べてタブーは少ないですが、短パンなど過度な露出は避けましょう。

モスク・教会見学時の服装

イスラム教の聖地メディナイスラム教の聖地メディナ

サウジアラビアにはたくさんのモスクがあり、旅行者が見学できる所もあります。

モスクを訪れる場合は街を歩いている時以上に注意が必要です。

有名で観光客がよく訪れるモスクでは羽織るものを貸してくれるところもありますが、観光客が多いと足りなくなる場合もあるので、街歩きの時から自分で用意しておくと安心‼

モスクはムスリムにとって、とても神聖な場所。イスラム教の習慣や文化に敬意を払い、露出した格好で行くのは避けたいですね。

高級ホテルやレストラン

サウジアラビアには高級ホテルが多くあり、リゾートスタイルの服装をした外国人旅行者も沢山。

しかし、ホテル内のレストランではやはりドレスコードがあります。

タンクトップや襟の付いていないトップス、短パン、ジーンズ、ビーチサンダルでは断られる場合があるので注意が必要。

もし高級なホテルやレストランで食事をする予定がある場合は、きちんとした服装を1着用意しておきましょう。

高級ホテルでは外国人も多いため、世界共通のドレスコードにしたがっていれば問題ありません。

服装以外に、現地の治安や安全に関する情報を知っておくことも大切です。

万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょうエポスカードなら年会費無料な上ポイントまでもらえます!

お得情報

海外旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

サウジアラビアの季節ごとのおすすめの服装

サウジアラビアと一言にいっても、実は沿岸部と内陸部では気候が異なります。

沿岸部は高温多湿で温暖な気候。一方首都リヤドがある内陸部は乾燥傾向にあります。

日本人が訪れるような都市でいうと、の夏は平均気温が40度を超え、想像以上に暑く、街歩きは相当体力を消耗します。

冬(11月~3月)は20~30度で、日本の秋くらいの気候に近いので比較的過ごしやすいですが、砂漠の特徴で夜は結構冷え込みますので、注意が必要です。

国土の大半は砂漠のため、乾燥していて日差しも強く、年間を通して日焼け止めなど紫外線対策は必要です!

おすすめ

外国は日差しが強く
日焼け止めを怠っていると
すぐに日焼けしてしまいます

欧米には最強の日焼け止め
SPF70が売られているほど(!)

\日焼け止めの準備をお忘れなく/

サウジアラビアの平均気温や降水量をチェック

サウジアラビアの平均気温と降水量サウジアラビアの平均気温と降水量

ここではサウジアラビアの年間平均気温と年間降水量をご紹介します。

見て分かるとおり、夏は大変暑く、逆に雨はほぼ降らない砂漠特有の気候です。

サウジアラビアに四季はなく、夏と冬があるのみです。晴れが多く過ごしやすいサウジアラビア旅行のベストシーズン11月半ば~3月前半と言われています。

サウジアラビア旅行ベストシーズンは冬(11月半ば・12月・1月・2月・3月前半)おすすめ季節と旅費の安い時期・月別の気温この記事ではサウジアラビアの「観光に向いている季節」と「旅費が安い季節」の2つベストシーズンをご紹介します。季節ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!...

サウジアラビアの夏(4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月)

サウジアラビアの夏は長く、湿度も高いため、とても暑いです。平均最高気温は30度~46度、平均最低気温は20度〜30度。

日焼け止め、帽子、薄手のストールなど紫外線対策を絶対忘れないようにしてください!

その他サングラスや日傘などもお忘れなく。

しかし夜には涼しくなり、日中の気温差がありますのでご注意を。

わたしはイスラム諸国を旅行する時は、真夏でもTシャツではなく、薄い長袖の服を着ています。

mari
mari
肌を露出しないことに加え、強い日差しから肌を守ってくれ一石二鳥ですね!

また、薄い長袖のパーカーやストールなどを持参すると便利!砂漠地帯ではスカーフを巻いていると砂が髪につくのを防いでくれますよ♪

サウジアラビアの冬(11月・12月・1月・2月・3月)

この時期は過ごしやすく、日中の平均気温は25度前後。平均最高気温は21度~28度、平均最低気温は9度〜14度。

気温差があるので、涼しい格好と少し暖かい格好の2種類のパターンがあると良いと思います。

冬に雨が降ることはありますが、雨がずっと降っていることはありません。

アルウラーは朝晩結構冷えましたアルウラーは朝晩結構冷えました

山岳地帯に行かれる場合は、標高も高く雪が降ることもあるのでダウンがあると安心です。

日本に比べて格段に紫外線は強いので、冬でもしっかりと紫外線対策をしてください。

折り畳み傘は重さか機能性か悩みどころですが、風が強いと軽くて小さい傘はすぐ壊れます。天気に不安があるなら丈夫なものをおすすめします。

室内での冷房対策

外がとても暑いため、その反動か室内はエアコンが効きすぎていて寒いと言うことがよくあります。

特に真夏の高級ホテルや高級レストランでは冷房がガンガンに効いていおり、室内との気温差が激しいので、体調が崩れないように注意しましょう。

羽織るものやストールなどを持っていくと重宝しますよ♪

ビーチでもTPOに合わせて

サウジアラビアではプライベートビーチが多く、その場合は外国人の利用も多く、日本で海を楽しむ格好で問題ありません。

しかし、公共ビーチではできるだけ肌の露出が少ないワンピースの水着や、特に無料ビーチは地元の人だらけのため、女性は服を着たまま海に入ることをおすすめします。

地元の女性はアバヤのまま足だけ海に浸かっていたりするんですよ~!!初めて見たらびっくりすると思います!

mari
mari
リゾートホテルの中では外国人が多いので、ドレスコードを守っていれば、そこまで服装を気にしすぎることはありません。

リゾートには欠かせないワンピースは1枚でさまになりますし、夏らしい花柄ワンピースもおすすめです♪

レストランのディナーではワントーンでまとめてスタイリッシュにして、エレガントな雰囲気を演出しましょう。

サウジアラビアをもっと楽しむ

現地ツアーに参加する

わたしはほとんどの時間を個人旅行でまわりました。幸いなことにリヤドとジェッダ近隣に友人がいたので、わからないことがあればすぐ相談できたのが大きかったです。

場所によっては、ツアーの利用が大変おすすめです。サウジアラビア人やサウジアラビアで働く外国人と話すのはとても楽しいし、沢山質問をすることで中東への理解がさらに深まりました。

連絡先を交換して、今でもやりとりできる人が数人います。サウジアラビアではぜひローカルとの交流を楽しんでください!

おすすめホテル

最高級ホテル ザリッツカールトンリヤド

ザ リッツ カールトン リヤドザ リッツ カールトン リヤド

今まで泊まった中でも5本の指に入るほど豪華絢爛なリッツカールトン。リヤドとジェッダのホテルで最高のおもてなしを受けました。

もともと本当に王家のパレスだったとあって、調度品の高級感も半端ありません。

ザ リッツ カールトン リヤドザ リッツ カールトン リヤド

宿泊料金が高いので、アフタヌーンティーや朝食の利用でもいいと思います。ぜひ観光スポットのひとつとして足を運んでみてください!

mari
mari
夢のような滞在ができるので、1日ホテルでゆっくりしました。

もう少し手ごろなホテルがよければ、フォーポインツ バイ シェラトン リヤド カルディアがおすすめ。

日本人商社マンの御用達ホテルの様で、沢山の日本人に会いました。30年通っている人も、ここが使い勝手が良いとほめていました。

観光の注意点

サウジアラビアはどこも治安がよく危ないと感じることは全くありませんでした。

治安の心配はほとんど気にせず大丈夫だと思いますが、サウジアラビアはカードが使えるお店が大半なので、念のため大金は持ち歩かないようにしましょう。

治安についての詳細は「サウジアラビア治安・コロナ危険情報旅行者が注意すべき7つの事と危険スポット」をご覧ください。

サウジアラビア治安・危険情報2024年最新!旅行者が注意すべき7つの事と危険スポット私が実際にサウジアラビアに行って感じたことや気を付けておくべき治安情報をまとめました。日本とは文化や街の雰囲気が全く違うので、くれぐれも記事をよく読んで安全対策をとることをおすすめします!詳しい事象も紹介しているのでこれからサウジアラビアへ行く方はぜひ参考にしてみてください。...

海外旅行保険は必要

また、いくら治安のよいサウジアラビアでも海外旅行保険は絶対に必要です。

スリや強盗はいなくても、食事や気候が合わず体調を崩すということもあり得ますし、交通事故のリスクは日本より高いです。

どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前に保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

年会費無料でこれはお得すぎ

エポスカード
公式サイトをみてみる

そのほかクレジットカードについては「サウジアラビアで得する人気クレジットカードおすすめ」の記事で詳しく解説しています。

旅行の準備は「サウジアラビアに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ればバッチリ♪

サウジアラビア旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】70ヶ国を旅した旅ブロガーが、サウジアラビア旅行に持っていくべき物や便利グッズをまとめましたおすすめのクレジットカード、カバン、SIMカードについても網羅しており最高のリストとなっています。初心者も旅慣れた方も読んでいただけると嬉しいです!...

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

サウジアラビアのガイドブックは恐ろしく少ないのであまり選択肢がありません。

地球の歩き方1択といってよいでしょう。

他の国もしかりですが、ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやっぱり地球の歩き方。

内容は充実しているとはいえませんが、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため旅の満足度が格段にあがります。(ただサウジの場合は古すぎて役に立たないのが正直なところ

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

ドバイとアラビア半島の国々版はこちら

わたしはサウジアラビアを知るための55章も購入し、読み込みました。

「エリア・スタディーズ」にはファンも多く、旅という捉え方だけではなく学びとしてサウジアラビアに行く予定がない人でも面白く読めると思います。

サウジアラビア人気ガイドブック6冊読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方世界一周経験した旅ブロガーがサウジアラビアのガイドブック6冊を読み比べました!おすすめの書籍を紹介しているので、これからガイドブックを購入する予定の方必見です。...

サウジアラビアの服装まとめ

サウジアラビアは外国人が大半とは言え、イスラム教徒が大半を占める国。

イスラム教徒の服装は、日本人は慣れないことが多く、空港に降り立った瞬間から、自分たちとの違いを肌で感じると思います。

現地の習慣だけでなく寒暖差、日差しと乾燥にも気をつけながら、現地の女性にならってスカーフなどでオシャレを楽しんできてくださいね!

おすすめ

圧縮袋なしで衣類を50%圧縮
HOLICCのPackBagが超便利!!

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋のように
空気を抜く手間は一切なし

\ LサイズとSサイズの2展開 /

パックバッグ
公式サイトをみてみる

※複数購入はセット購入がお得です

あわせて読みたい

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA